Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2020年10月5日

東電・福島第一原発の汚染水の陸上でのモルタル固化

東京電力の資料などより
0
大島堅一 @kenichioshima

水面下で交渉してしまい、表にでたときはもう議論の余地無しですか。→福島原発の処理水 海洋放出の協議大詰め:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

2020-10-04 20:55:51
大島堅一 @kenichioshima

経産省は、勝手に「関係者」を狭め、見えないところで話をつけてしまうということをしているのです。メディアも異常性に気づいていないようです。このような国は、高レベル放射性廃棄物を適切に処分することはできないでしょう。

2020-10-04 21:02:20
大島堅一 @kenichioshima

そもそも、福島第一原発をどのように廃炉するのか、何をもって廃炉というのか、ということも実ははっきりしていません。エンドステートがはっきりしないのに、なぜか2041〜51年に完了することを前提に話が進んでいます。日経の記者は、意味がわかってないのでしょうか。

2020-10-04 21:04:29
大島堅一 @kenichioshima

将来世代にかかわり、結果が不確実である問題であればあるほど、できるかぎり広い範囲で議論をする必要があり、そうでなければ、政策の正当性がなくなると考えるべきです。

2020-10-04 21:06:16
大島堅一 @kenichioshima

トリチウムを含む処理水を流さなくてもすむ方法はありますし、アメリカでの実例もあります。なぜか、経産省の資料では、実例がないかのように書かれていました。そこで、なぜ実例がないか、検討したのかについて情報公開請求を行ったところ、(続く)

2020-10-04 21:14:03
大島堅一 @kenichioshima

この会議の資料は東京電力が作ったもので、経産省は検討しておらず、したがって存在していないと答えてきました。素直に解釈すれば、東京電力の示した資料をそのまま鵜呑みにしているのです。これでまともに検討したと言えますか。

2020-10-04 21:15:24
大島堅一 @kenichioshima

陸上でのモルタル固化という方法もありながら、東京電力が出してきた選択肢をそのまま鵜呑みにして、他の可能性を検討していないのです。なお、東電は、タンク設置箇所以外での廃棄物置き場の整理をしており、敷地はかなり空いてくるようになります。

2020-10-04 21:25:12
大島堅一 @kenichioshima

福島原発事故で生まれた放射性廃棄物は膨大です。原子力発電50年の歴史で生まれた(生まれる)放射性廃棄物の量を超えるものが、この事故ででてきました。福島第一原発をどうするのか、エンドステートを考えてから、将来に最もリスクの低い方法をとるべきでしょう。

2020-10-04 21:27:40
大島堅一 @kenichioshima

高レベル放射性廃棄物問題といい、除去土壌問題といい、福島第一原発廃炉といい、どれもこれも論点ありまくりなのですが、メディアの多くはどうもわかってないみたいです。よくわかっている記者さんが配置転換されたりしますので、何も知らない素人のような状態に戻ってしまうんですよね。

2020-10-04 21:29:53
大島堅一 @kenichioshima

当初、地下埋設の例は実績有りとしていましたが、東京電力の資料で「なし」とされ、そのまま、地下埋設は検討もされなくなりました。その経緯に関する情報開示請求したところ、これは東電がつくったものだから作成も保有もしていないと、資源エネ庁は言ってきました。論点そらしに見えます。

2020-10-04 22:02:51
大島堅一 @kenichioshima

ALPS処理水の処分にあたって、決定的に重要な案だと思いますが、葬り去ったわけです。非常に意図的のように思えます。 pic.twitter.com/fWAMBTUSuc

2020-10-04 22:04:49
拡大
大島堅一 @kenichioshima

これが13回会合で出された資料で、実績ありとされている。 pic.twitter.com/0RXuYsQB9F

2020-10-04 22:07:21
拡大
拡大
大島堅一 @kenichioshima

それが16回資料では、実績「なし」とされ、それ以降、選択肢として検討されなくなる。 pic.twitter.com/LlAwUtnVjd

2020-10-04 22:08:31
拡大
大島堅一 @kenichioshima

ちなみに、タンクを増設するための敷地外の土地の可能性について議論されました。しかし、このとき政府では、地元に対して意思の確認を行っていないことが、別の開示資料でわかっています。

2020-10-04 22:10:36
大島堅一 @kenichioshima

開示資料は沢山あるんですが、時間がなさすぎて、皆さんにお知らせできていないです・・。興味深いものも沢山あるんですが、他にやることがありすぎです。

2020-10-04 22:11:38
大島堅一 @kenichioshima

もともと委員会で検討していた埋設案を、東京電力がつくった資料で否定してしまったのに、これについて経産省は、東京電力が作った資料だから知らない、というのはあまりにもお粗末。流さなくてもよい案はあるのに。

2020-10-04 22:13:28
大島堅一 @kenichioshima

トリチウムや他の核種を含む処理水を、そのままあっという間に流すことはできません。何十年もかかってしまいます。リスクも漁業に対する影響もでるでしょう。それより、モルタル固化、コンクリートピット処分は、費用もそれほどかからず実行可能な代替案です。葬り去らないでください。

2020-10-04 22:17:44

コメント

しょうちゃん @show__chan 2020年10月5日
実例があるなら、具体的に出さなきゃ意味がないね。 おそらく規模や諸条件が違いすぎて、具体例出したらつっこまれるからワザと出さないんだろうけど。
5
笹かま @voyageur105 2020年10月5日
原発推進、反原発の本を読んだことがあるけど、どちらにせよ。文末には未来に問題を投げ掛けることになっていたな。
0
bigfoot @bigfoot61135928 2020年10月5日
トリチウムは世界中の原発でずっと海に放出され続けているし自然界にも大量に存在するのに、なぜ福島第一原発のトリチウム放出にだけ反対するのだろう??
4
bigfoot @bigfoot61135928 2020年10月5日
ここで触れられているモルタル固化という方法は処理水と砂とセメントを混ぜてタンクに入れるというやり方らしいですが、東京ドーム数個分の大きさのタンクとおそらく数千億円規模の費用が必要になります。
5
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2020年10月5日
言いたいことはわかるが水和物にして固めたモルタルをどこに処分するのか、固めたモルタル内のトリチウムが漏洩した場合にまた放射脳が発狂しないのか、技術的に不明要素が多いのでとりあえず賛成も反対も不可能
3
kartis56 @kartis56 2020年10月5日
処理水を汚染水呼びしてる時点で議論の土台にすら立ってない
1