Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

【論文(Letter)】SARS-CoV-2の空気感染(2020.10.6作成) #新型コロナウイルス

まとめました。
0
bokemontaro @hichachu

Airborne transmission of SARS-CoV-2 | Science SARS-CoV-2の吸入がCOVID-19の主要な感染経路を表すという圧倒的な証拠がある。 最も効果的な制御戦略を確保し、公衆に明確で一貫性のあるガイダンスを提供するために、分野を超えたウイルス感染のモードに関する議論を調和 science.sciencemag.org/content/early/…

2020-10-06 09:22:44
bokemontaro @hichachu

させることが急務となっている。そのためには、エアロゾルと液滴を区別するための用語を明確にし、従来の5μmではなく、100μmのサイズのしきい値を使用しなければならない1)。 このサイズはエアロゾルの空気力学的挙動、吸入能力、および介入の有効性をより効果的に分離することができる。 液滴(100μm

2020-10-06 09:24:57
bokemontaro @hichachu

より大きい)に含まれるウイルスは、通常、発生源から2m以内に数秒で地面に落下し、近くの個体に小さな砲弾のように噴霧することができる。 その移動範囲が限られているため、物理的な距離を置くことで、これらの液滴への曝露を減らすことができる。 エアロゾル(100μmより小さい)に含まれるウイルス

2020-10-06 09:25:48
bokemontaro @hichachu

煙のように空気中に数秒から数時間にわたって浮遊したままになり、吸い込むことができる。これらのウイルスは感染者の近くに高濃度に濃縮されているため、近くにいる人に最も簡単に感染することができる。しかし、感染性ウイルスを含むエアロゾル(2)は、2m以上の距離を移動し、換気の悪い室内空気中に

2020-10-06 09:27:29
bokemontaro @hichachu

蓄積し、超拡散現象を引き起こすこともある(3)。COVID-19の患者の多くは症状がないが、呼吸や会話の際には、ウイルスを含んだ数千個のエアロゾルが放出されるが、飛沫ははるかに少ない(4-6)。 したがって、人は飛沫に飛ばされるよりもエアロゾルを吸い込む可能性の方がはるかに高い(7)ので、注意の

2020-10-06 09:28:24
bokemontaro @hichachu

バランスを空気感染から守ることにシフトしなければならない。 マスクの着用、社会的距離の取り方、および衛生面での取り組みの既存の義務に加えて、我々は活動を屋外に移動させること、換気やろ過を利用した室内空気の改善、およびリスクの高い労働者の保護を改善することの重要性についての

2020-10-06 09:29:16
bokemontaro @hichachu

文献2 ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/P… Patients with respiratory manifestations of COVID-19 produce aerosols in the absence of aerosol-generating procedures that contain viable SARS-CoV-2, and these aerosols may serve as a source of transmission of the virus.

2020-10-06 09:37:28
bokemontaro @hichachu

文献3 onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/in… After that rehearsal, 53 members of the SVC among 61 in attendance were confirmed or strongly suspected to have contracted COVID‐19 and two died. Transmission by the aerosol route is likely; it appears unlikely that either fomite or ballistic droplet

2020-10-06 09:40:13
bokemontaro @hichachu

文献4 More studies of the filtering efficiency of different types of masks are also needed. COVID-19 has inspired research that is already leading to a better understanding of the importance of airborne transmission of respiratory disease. science.sciencemag.org/content/368/64…

2020-10-06 09:41:47
bokemontaro @hichachu

文献5 These observations confirm that there is a substantial probability that normal speaking causes airborne virus transmission in confined environments. pnas.org/content/117/22…

2020-10-06 10:14:31
bokemontaro @hichachu

文献6 Exhaled breath samples had the highest positive rate (26.9%, n=52), followed by surface swabs (5.4%, n=242), and air samples (3.8%, n=26). COVID-19 patients recruited in Beijing exhaled millions of SARS-CoV-2 RNA copies into the air per hour. academic.oup.com/cid/advance-ar…

2020-10-06 10:15:47
bokemontaro @hichachu

文献7 The short-range airborne route is found to dominate at most distances studied during both talking and coughing. The large droplet route only dominates when the droplets are larger than 100 μm sciencedirect.com/science/articl…

2020-10-06 10:20:37
bokemontaro @hichachu

文献8 controls targeting airborne transmission as part of an overall strategy to limit infection risk indoors. Appropriate building engineering controls include sufficient/effective ventilation, possibly enhanced by particle filtration and air disinfection sciencedirect.com/science/articl…

2020-10-06 10:25:51

呼吸器内科医@換気、マスクしよう、リソース重要、調子悪かったら休む @neznezxmail

10/6追記-2 Prather先生、Marr先生、そしてMilton先生方によるScienceへのLetter 以下要約 ●SARS-CoV2の吸入がCOVID-19の主要な感染経路という圧倒的な証拠がある ●全ての人のために分野を超えたウイルス感染経路に関する議論を合わせていくことが急務である (1) pic.twitter.com/KjivmCzJDG

2020-10-06 12:04:16
拡大
呼吸器内科医@換気、マスクしよう、リソース重要、調子悪かったら休む @neznezxmail

●そのためにはエアロゾル(aerosols)と飛沫(droplets )を区別するための用語を明確にし、サイズは従来の5μmではなく、100μmの閾値を使用しなければならない ●このサイズはエアロゾルの空気力学的挙動、吸入されうる性質、そして介入の有効性をより効果的に区別する (2)

2020-10-06 12:18:30
呼吸器内科医@換気、マスクしよう、リソース重要、調子悪かったら休む @neznezxmail

●飛沫(100μm以上)に含まれるウイルスは、通常、発生源から2m以内に数秒で地面に落下し、小さな砲弾(tiny cannonballs)のように近くにいる人に噴霧されうる ●その移動範囲が限られているため、物理的な距離を置くことで、これらの飛沫への曝露を減らすことができる (3)

2020-10-06 12:21:52
呼吸器内科医@換気、マスクしよう、リソース重要、調子悪かったら休む @neznezxmail

●エアロゾル(100μmより小さい)に含まれるウイルスは、煙のように空気中に数秒〜数時間にわたって浮遊したままになり、吸入されうる ●これらは感染者の近くに高濃度に濃縮されているあめ、近くにいる人に最も簡単に感染させてしまう (4)

2020-10-06 12:25:48
呼吸器内科医@換気、マスクしよう、リソース重要、調子悪かったら休む @neznezxmail

●しかし、感染性ウイルスを含むエアロゾルは2mを超えて移動し、換気が不良である屋内空間の空気中に蓄積し、superspreading eventsを引き起こす ●COVID19患者(多くは無症状)は呼吸や会話をしているときに、何千者ウイルスを含んだエアロゾルを放出するが、飛沫は遥かに少ない (5)

2020-10-06 12:33:31
呼吸器内科医@換気、マスクしよう、リソース重要、調子悪かったら休む @neznezxmail

●したがって、人は噴霧された飛沫よりもエアロゾルを吸い込む可能性が遥かに高いので、空気感染から防御することに注意のバランスをシフトしなければならない (6)

2020-10-06 12:36:21
呼吸器内科医@換気、マスクしよう、リソース重要、調子悪かったら休む @neznezxmail

●マスクの着用義務、ソーシャルディスタンス、および衛生面での取り組みといった既存の対策に加えて、我々は、活動を屋外に移すこと、換気やろ過を利用した屋内空気の改善、および高リスク労働者の保護を改善することの重要性についての明確な指針を追加することを公衆衛生当局に強く求める (7)

2020-10-06 12:39:47
呼吸器内科医@換気、マスクしよう、リソース重要、調子悪かったら休む @neznezxmail

補足 ①1枚目、2枚目→プレプリント ②3枚目→2枚目のアクセプト版(International Journal of Infectious disease) ③4枚目→1枚目と同じグループ、アクセプト版(scientific reports) ④後は数々の事例報告 +上記Letterの先生方やShelly先生、Jimenez先生方の検討など  が根拠になるのかなと。。。 pic.twitter.com/6ZlCTGseMQ

2020-10-06 13:03:22
拡大
拡大
拡大
拡大

残りを読む(30)

コメント

内田 @uchida_kawasaki 2020年10月6日
まとめを更新しました。
0
内田 @uchida_kawasaki 2020年10月7日
まとめを更新しました。
0
内田 @uchida_kawasaki 2020年11月1日
まとめを更新しました。
0