10周年のSPコンテンツ!
160
Minoru Hirota @kawauso3
なんで人間の劇があるのに、人形劇作ったかな
カール・F岡・レーフラー @290cart
それ逆だよ RT @kawauso3 なんで人間の劇があるのに、人形劇作ったかな
Minoru Hirota @kawauso3
@290cart えー。人間の劇ができないから人形劇的な流れですか。っていうかなんでこの時間に起きてらっしゃるんですかw
kj3 @plus4_kj3
@kawauso3 少人数で済む、再現する環境が持運び可能になる、演じる主体の性別・年齢・体格に縛られる事なく人形を介して楽に演じる事が出来る、例えば擬人化した動物やモノでも、という事でしょうか?
カール・F岡・レーフラー @290cart
@kawauso3 時差ボケw。あのね、芝居小屋ができるのは歴史的にはけっこうあとになってからなのね。本来の芸は辻でやるもので、旅芸人が基本。その中に傀儡師というのがいて、彼らが物語を語るときに人形を遣ってやった、と。紙芝居に近いんだけど。
Minoru Hirota @kawauso3
@290cart @plus4_kj3 なるほど! っていうか朝4時台とは思えぬ濃い返事がw そう見ると、初音ミクのライブはリバイバルというか、大きな歴史の流れの中でのより戻しって見方もできますね。
カール・F岡・レーフラー @290cart
@kawauso3 @plus4_kj3 というより、ようやく明治維新の呪いが解けた、というふうに思ってますが、ワタクシ。
kj3 @plus4_kj3
@kawauso3 @290cart 自分もエレうた物はそういう作者たちの「依り代」感がある辺りを面白がってる節がありますw
Minoru Hirota @kawauso3
@290cart @plus4_kj3 おー! 外国コンプレックスとか旧価値観を禁止したい的な話ですかね? 150年ぶりのより戻し!
カール・F岡・レーフラー @290cart
@kawauso3 ま、平安末期からあったわけ、人形劇。濃い国でしょw
Minoru Hirota @kawauso3
@290cart 以外と人形劇の表現方法を拝借したり、古典をMMDで上演したりすると広がりそうですよねー
カール・F岡・レーフラー @290cart
@plus4_kj3 @kawauso3 そうそう、依り代!霊的なものが憑依しちゃうわけね。日本的シャーマン世界wそしてそこにどうしようもなく儚さを感じちゃう日本人(自分も)。ああ、よかった日本人で。
カール・F岡・レーフラー @290cart
以外と→意外と。道行ものとかは人形ダンスミュージックなので、ぜひやって欲しい感じです RT @kawauso3 以外と人形劇の表現方法を拝借したり、古典をMMDで上演したりすると広がりそうですよねー
Minoru Hirota @kawauso3
@290cart 校正がw 逆に文楽のあの顔で初音ミクを作ってほしいです
カール・F岡・レーフラー @290cart
それはどうかなあw RT @kawauso3 校正がw 逆に文楽のあの顔で初音ミクを作ってほしいです
Minoru Hirota @kawauso3
@290cart 斜め下から撮った写真に、キャプションで「でぃば、でぃば」とか明朝体で入れたらすごく決まりそうな気がしますが
カール・F岡・レーフラー @290cart
@kawauso3 ということでこれ以上は、僕の授業をお金払って聞きに来て下さいwお安くしとくよ!
kj3 @plus4_kj3
作者がミクに演じさせ、更にそのミクが何かを演じている構造。そこに共感を見出す視聴者。
kj3 @plus4_kj3
適度なデフォルメは普遍的な共感を呼び起こす敷居を下げてくれる。
KAWARA aka.ちくわソックスP @KAWARAsan
@290cart @kawauso3 MMD人形浄瑠璃説を唱えてます。勝手に演目借りたり、人形を借りたり、音楽借りたり。そういう借用から昇華させる技は、まさに日本の伝統だと思ってます。なので、明治維新からの解放という言葉も、すごく理解できます。
Minoru Hirota @kawauso3
@KAWARAsan @290cart ふたを開けてみたら、日本文化の延長だったってのが、風土的な呪縛を感じるというか、不思議ですよね
カール・F岡・レーフラー @290cart
@kawauso3 文楽のお姫様の人形っていうのは、当時の「萌え顔」だったと考えるほうがいいと思う。その萌え顔の人形に、火責め水責め&逆さ吊りとかやるんだもんwはっきり言って「ヘンタイ」w
Minoru Hirota @kawauso3
@290cart まさに見せ物! Lat式もいつかそんな日が!
KAWARA aka.ちくわソックスP @KAWARAsan
やっぱMMDのルーツだw RT @290cart: @kawauso3 文楽のお姫様の人形っていうのは、当時の「萌え顔」だったと考えるほうがいいと思う。その萌え顔の人形に、火責め水責め&逆さ吊りとかやるんだもんwはっきり言って「ヘンタイ」w
残りを読む(1)

コメント

ざ_な_く&890P@VOCALOID&VTuber @z_n_c_890_P 2011年7月12日
今の話の流れってミクというよりMikuMikuDanceの話に近い気がしますが、人形をVOCALOIDエンジンに置き換えて考えればいけるのかな?
月戌🐔🐍🐷㌠ @_moondoggie 2011年7月12日
歌舞伎が元々人形浄瑠璃の「写し」をやるのは浄瑠璃がご先祖様だから、てのは聞いたことありますな
Rick=TKN @RickTKN 2011年7月12日
やっぱり日本は戯画化と本歌取りの文化なんだな。
りんもっく@新呉鎮守府 @lynmock 2011年7月12日
なるほど。やってることは昔も今も変わらないわけだ。
@freezing__ 2011年7月12日
MMD人形浄瑠璃説とか。そういう講義やる大学のためなら受験勉強頑張れるかもな。
ののまる @nonomaru116 2011年7月12日
初音ミクの代表曲の1つとしてデPの「曾根崎心中」があるのはある意味象徴的、とか言ってみるてst
ナゴドチケ譲りますCalucifer @Chigami 2011年7月12日
やはり萌え文化は知らず温故知新をしてるなw
三月レイ@内調39課ニコ技室 @mitsukirei 2011年7月12日
MMDの日本文化。そういや初期から触手もあったなぁ
蒼井カッコウ @aoikakkoh 2011年7月12日
文楽≒アニメ説は昔考えたことがあった。生身の人間よりも抽象的な人形やアニメ絵がキャラクターを演じることによって、余分なノイズのない純粋な物語世界が構築される、みたいな。
蒼井カッコウ @aoikakkoh 2011年7月12日
生身の役者が演じる以上、実写や演劇はどうしても役者その人の存在が混入することになる。逆にそれこそが役者の演技を見る魅力で、スター俳優がまぶしく輝く理由だとも思うけど。
蒼井カッコウ @aoikakkoh 2011年7月12日
アニメや人形浄瑠璃にしても視覚的には抽象的な創作物であったけど、声だけは常に生身の声優や太夫を使わざるを得なかった。その点ミクさんは声までもが抽象化したという点で、エポックな存在なのかもしれないなあ。
岡一輝 @okaikki 2011年7月12日
西洋の場合だと、人間の演じる劇はメインカルチャー。ギリシャ悲喜劇に源を持ち、中世に置いては教会での聖書や聖人に題材を採った説教劇。一方、人形劇はというと、偶像崇拝の末裔であり、旅芸人や異教徒などの生業、つまりサブカル、カウンターカルチャーという意味合いが強くなるわけで。
岡一輝 @okaikki 2011年7月12日
演劇と人形劇の違い、それはあるいは、キャラクターという非日常の存在が、現実に人格のある人間に憑依するか、本来人格を持たない物質に憑依するかの違い、とも思われるわけです。人間に憑依するならば、それはあくまで架空のもの、役が終わればキャラは消えますが、物質であれば、ひとたびキャラがそこに宿れば、再び物質に還すのはなかなかにままならないと。
Rick=TKN @RickTKN 2011年7月12日
それもままならない。渥美清が「寅さん」以外できなくなったように。それを考えるとモノに役を宿らせる方が良いのかも。@okaikki 人間に憑依するならば、それはあくまで架空のもの、役が終わればキャラは消えます
岡一輝 @okaikki 2011年7月12日
そういえばレナード・ニモイも『私はスポックではない』って本出してたなあ。そのあとで『私はスポック』って本も出してたけど。しかし、この場合、映画っていう要素もあるかも。舞台ならば、役者の生身の人間の部分がみえるけれど、フィルムではソレはうかがい知れない。
岡一輝 @okaikki 2011年7月12日
フィルムやビデオというメディアを介すると、元が生身の人間でも、人形に近い存在になってしまうのかな。だからこそ生身の部分を晒すパパラッチに需要があったり。そも、生身と人形の区別をつける必要もない。江口愛実とか、古くは芳賀ゆいとか。
岡一輝 @okaikki 2011年7月12日
となれば、アニメキャラなどのヴァーチャルな存在が盛り上がる一方で、声優とかコスプレとか歌ってみたライブとか、生身で体験するライブ系が盛り上がる、コレは表裏一体のムーヴメンとあqwせdfrtgyふj……知恵熱が出てきたので終了ッ
ちゅーせん @chuusen 2011年7月13日
@okaikki @RickTKN 役は乗り移るものではなく人格の一部を抽出する物、というのが私の見解なので、前出の「デフォルメされたキャラクター」という意味においては、人形のそれとほぼ同義とみなせるかと思います。 では人と人形との違いは何か、というと、それはそのキャラクター性が舞台の中から出てきたのか、外から出てきたのか、という違いかな、と。そういう意味で二次創作によって沸き上がってきた初音ミクのキャラクター性は人形のそれととても類似しているとみなせるのかな、などと考えてみました。
菊地ゆき @botan_yuki 2011年7月13日
バルトの「表徴の帝国」そのまんまのはなしでおもしろい
れどめ @redome_25 2011年7月14日
アニメキャラもまた人形劇回帰なのかなあ?実写ではないという点ではMMDとアニメキャラは共通だと感じるのだけど。それともMMDという汎用性の高さと、ボーカロイドが「人形役者」でありそもそもの役柄が決まってない白紙の個性を持っているという共通認識の点で違うのかな?
CAW=ZOO@喪中 @CAWZOO 2011年9月20日
日本人は昔から未来に生きていた
はれたやん @haretayan 2011年9月22日
@okaikki @RickTKN @chuusen @redome_nico 人形は「デフォルメされたキャラクター」=「容姿」。たとえば歌舞伎の女形が男に成(戻)れるのに対し、文楽の娘は娘。(1/3)
はれたやん @haretayan 2011年9月22日
ただし娘でさえあれば、彼女の個性は白紙。基本的に「1つの人格」を表現するために創られるアニメキャラとの違いは、そこかな。(2/3)
はれたやん @haretayan 2011年9月22日
なので、ボーカロイドや人形は、アニメキャラよりは、手塚治虫のハリウッドシステム、ひいては当たり役のキャラクターを私生活でも求められた往年のハリウッドスターに近いというのが私の印象。(3/3)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする