「”キャラクター”は著作物じゃない」知財高裁で「二次創作の同人誌にも著作権がある」と認められた裁判、同人作家は知っておくべき

>「キャラクター」は登場人物の絵そのものではなく、背後の設定
249
スドー🌰 @stdaux

知財高裁の判決が掲載されました。同人誌の法的位置づけについては以後これがリーディングケースになると思われます。 courts.go.jp/app/hanrei_jp/…

2020-10-07 15:29:20
MW岩井 @mwiwai

二次創作のBL同人誌がスキャンされ、Webサイトで無料公開されていた件の裁判。 結果は「(二次創作かどうかは関係なく)他人の著作物を複製し、公開したことは著作権違反」無料公開サイト側の敗訴で、請求額は1,000万円。 二次創作だから訴えられないと思ってたんでしょうね news.yahoo.co.jp/byline/kurihar…

2020-10-08 15:11:07
まとめ BL同人作品には著作権があるし、原作の権利も侵害していない?栗原潔さんによる知財高裁で出た判決の解説がわかりやすい 二次創作が法的にまったく問題ないということではないんで要注意な 29960 pv 231 20 users
弁護士さんによる解説
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

話題の同人誌の知財高裁判決、同人誌にかかわる方はもちろん、それ以外の方にもかなり面白い判決だと思いますので、簡単にお話ししたいと思います。 わかりやすくするため、いささか正確性に欠ける点もありますがご容赦ください。 ものすごく長文です。

2020-10-09 12:49:04
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

事案はシンプルです。 Xさんが描いた漫画を、Y社がXさんに無断でY社のサイトに掲載しました。そこで、Xさんが著作権侵害を理由に損害賠償を請求した事件です。 ほかと違うのは、Xさんがコミケにも参加する同人作家で、Xさんの漫画が有名なアニメや漫画の設定や登場人物を題材んにした同人漫画なこと。

2020-10-09 12:49:05
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

これは判決分の別表にもまとめられているのですが、Xさんは、たとえば有名な「TIGER&BUNNY」や「刀剣乱舞」「おそ松さん」などを題材にしたBL漫画を描いています。 ネットで見てみたところ、たとえば「おそ松さん」をテーマにしたものは、6人兄弟や髪型、名前などは同一ですが、絵は印象が違います。

2020-10-09 12:49:05
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

そこで、Y社はこう反論します。 「いやいや、だってXさんの漫画、元ネタのキャラクターをパクッてるじゃん。自分が元ネタの著作権を侵害しときながら、こっちに著作権侵害を主張するとか、おかしくね? 裁判所がこれに手を貸したら、違法な同人誌で金儲けすることを認めちゃうことになるよね」

2020-10-09 12:49:05
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

裁判所はなんといったか? まず、大前提として、Xさんの漫画はXさんが創作したもので著作物であり、Xさんが著作権者であることを認めました。 Y社はこの点を争ったようですが、Xさんが独自に漫画を描いていることはたしかなので、Xさんの著作権が認められることにはさほど争いはないと考えられます。

2020-10-09 12:49:06
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

で、Y社の反論にはこう返しました。 「Xさんが元ネタのキャラクターをパクってるっていうけどさ、そもそもキャラクターは、具体的なアニメの絵そのものじゃなくて、具体的な絵を超えた、みんなが持ってる抽象的なイメージなわけ。つまりキャラクターは創作的な表現じゃないから、著作物じゃないよね

2020-10-09 12:49:06
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

ここ、むちゃくちゃわかりにくいですよね。 実は、裁判所がここでいってる「キャラクター」は、みなさんがおそらくイメージされてる「キャラクター」とは違うのではないかと思います。 裁判所がいう「キャラクター」は、その登場人物の絵そのものではなく、背後の設定みたいなものですね。

2020-10-09 14:42:24
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

たとえば、ドラえもんを例にとってみましょう。 ドラえもんの設定は、未来からきた猫型ロボット、耳がない、青い…など。 この設定こそが裁判所のいう「キャラクター」です。 この設定をオリジナルに描いても著作権侵害にならないということですね。 ここは混乱しやすいので、ぜひご注意ください。

2020-10-09 14:42:25
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

さて、裁判所の判断に戻りましょう。 裁判所はXさんの漫画の元ネタがシリーズものである点にも触れています。 シリーズものの漫画の場合、前の漫画と後の漫画はテーマや設定、主要な登場人物は見た目や性格は同一で、後の漫画には新しい展開(ストーリー)が付けられるじゃないですか。

2020-10-09 14:42:25
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

そうすると、後の漫画は前の漫画をもとにこれをアレンジしたもの、難しい言葉でいうと二次的著作物なんです。 二次的著作物は、原作に新たな創作性を加えて創られたものをいいます。 たとえば、ある原曲に新たな伴奏をつけて編曲した場合、その編曲は、原曲をもとかなした二次的著作物です。

2020-10-09 14:42:25
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

この場合、編曲て新たに創作したのは伴奏部分になるので、編曲の独自の著作権はこの伴奏部分に発生します。 原曲の著作権はそのまま行き続けるわけですね。 だかは、編曲の著作権を侵害した場合、侵害されてるのは原曲の著作権か、編曲独自の著作権かを分けて考える必要があります。

2020-10-09 14:42:26
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

裁判所もこの点をとらえ、Y社に対し 「Xさんの漫画が元ネタの著作権を侵害してるっていうなら、元ネタのどのシーンか特定してよ。後のアニメなら、後のアニメ独自の創作的な部分を特定する必要があるよね。これを特定してないY社の主張は不十分でしょ」 このあたりはちょっと傍論感があるかもですね。

2020-10-09 14:42:26
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

裁判所の判断は続きます。 「Xさんの漫画と元ネタを比較したけど、主人公の見た目や服など基本的な設定部分以外は似てないよね。結局、Y社の著作権侵害の主張立証は不十分だよね」 裁判所の判断はいよいよまとめへ突入します。

2020-10-09 14:42:27
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

Xさんの漫画は元ネタの著作権を侵害してないし、仮に侵害してたとしても基本的な設定部分に限られてて、それ以外の部分はXさん独自の著作権が成立してるよね。どっちにしろ、Xさんが、著作権侵害で損害賠償を請求するのはOK」 このほか、わいせつに関しても判断してますが割愛します。

2020-10-09 14:42:27
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

さてさてここからいえるのはこのあたりかと。 ・元ネタの設定(裁判所はこれを「キャラクター」といってます。混乱しやすいのでご注意を!)をパクっても著作権侵害にあたらない。 設定なのか表現なのか非常に微妙な判断なことも多く、表現が似ていれば著作権侵害にあたる可能性もあるのでご注意を。

2020-10-09 14:52:44
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

・元ネタの著作権を侵害している場合でも、自己の著作権侵害を理由に損害賠償を請求することは可能。 面白い判決なのでぜひご一読を。 courts.go.jp/app/files/hanr… リーディングケースであるポパイ・ネクタイ事件はこちら。 courts.go.jp/app/files/hanr… 先生方、間違いなどご指摘お願いいたします🙇

2020-10-09 14:52:44
リンク copyright.rima21.com 『キャラクターの著作物性 ポパイネクタイ事件』(最高裁H09.07.17) | 著作権ビジネス相談センター 『キャラクターの著作物性 ポパイネクタイ事件』(最高裁H09.07.17)一 漫画において一定の名称、容貌、役割等の特徴を有するものとして反復して描かれている登場人物のいわゆるキャラクターは、著作物に当たらない。二 二次的著作物の著作権は、二次的著作物において新たに付与された創作物部分のみについて生じ、原著作物と共通し、その実質を同じくする部分には生じない。三 連載漫画において、登場人物が最初に掲載された漫画の著作権の保護期間が満了した場合には、後続の漫画
裁判所が使う「キャラクター」のわかりにくさ
水撫月 怜香 @Ray_mnzk

これ、裁判所の言う「キャラクター」ってのは概念とかイデアみたいなものなのかな、と思う。 同じ登場人物をいろんな人が描くと人によって作画などが違ってくるけれど、そのどれもがその「登場人物」だもんね。「○○と言えばこういうキャラ」という部分を差すんだろうな。 twitter.com/ebisawa_miyuki…

2020-10-09 15:53:06
弁護士 高木良平 @ryouheitakaki

海老澤先生の解説は分かり易いんだけど、裁判所の「キャラクター」という言葉の使い方はめっちゃ分かりにくい twitter.com/ebisawa_miyuki…

2020-10-09 14:46:57
海老澤美幸 ebisawa_miyuki @ebisawa_miyuki

@ryouheitakaki 高木先生、ありがとうございます! そうなんです、裁判所の「キャラクター」の使い方、めっちゃわかりにくいですよね…涙

2020-10-09 14:53:23
残りを読む(9)

コメント

ふみづき @fumiduki_neko 2020年10月9日
とりあえず知っておくべき
1
ろんどん @lawtomol 2020年10月9日
例えば「宇宙から地球にやって来て、普段は一般人として暮らしてるけど、いざという時は変身して、空を飛び怪力を発揮し銃弾など物ともせず透視能力を持つ、皆を助けるスーパーヒーロー」が、外見はまったく似てなくても、ことごとく「スーパーマンの著作権侵害」になったらマズイですよね…
118
ピピン @jaijv64Sl1dBl5D 2020年10月9日
なるほど設定をパクる分には著作権侵害にはならないって判断か 妥当といえば妥当だよな 例えば俺は1万36歳の悪魔だぜ!お前ら蝋人形にしてやろうか?ってキャラを作ったとして デーモン閣下がいやそれ俺の考えた設定だ著作権侵害だと怒ってもデーモン閣下って名前でもなければ白塗りでもないみたいな場合は確かにパクリと言い切れないもんな
37
Hndtwlftig @hndtwlftg 2020年10月9日
知るなら一審の争点から全部見ないと、誤解したまま独り歩きしそうな話題。 ニュースやツイッターの情報レベルだと、安易に「知っておくべき」とは言いづらいな。 「判決文を読む」という意味なら良いと思うけど。
47
@boAThOwS 2020年10月9日
となるとTVの初代仮面ライダー以外の仮面ライダーは法的には二次創作扱いなのかな。著作権の齟齬がないから表面化しないだけで。
0
ですの @_desuno_ 2020年10月9日
これ訴えられた側がおまえ二次創作してるだけで著作権あるところなんかねーよって言ったのに対して、裁判所がいやいや二次創作でも著作権認められる部分はあるからね。って話だから二次作家が一次に訴えられたらそれはそれでキャラクターの類似性がどこまであるかは争点になりそうではあるんだよなぁ
103
シッズ〇@ゲーム専用垢 @shizzumaru 2020年10月9日
例えばおそ松さんのキャラクターの著作権は赤塚プロだけど、 そのキャラクターの恋愛模様を描いたBLのBL部分に関してだけは二次創作者にも著作権はある、 って話ってことでいいんだよね?そんで今回の件で訴えられた無料同人サイトの管理人は、 その二次創作者の著作権に違反したと。 難しいな
33
時雨 @light_snow 2020年10月9日
https://togetter.com/li/1604975 原告側の著作権侵害をめぐる主張と司法判断を抜粋した裁判の経過と、控訴審判決についての法律・知財関係者のツイートを収録したまとめはこちらです。興味のある方は併せてご参照ください。
9
時雨 @light_snow 2020年10月9日
裁判所が判決文で言っている「キャラクター」を、日常会話で使うのと同じ「キャラクター」と捉えるからややこしくなるという弁護士氏の指摘はその通りだと思う。同じ自然言語で書かれているからといって、法律関連の文章を自然言語の感覚のまま読み解こうとしてはいけないという、よく言われる話の一例。
37
苺花見に欲をかけたらラッキー7 @adgjmpt_1011110 2020年10月9日
まとめタイトルはミスリードじゃないかなぁ。
61
つよし(清野剛) @tseino 2020年10月9日
このキャラクターの定義だと画像の無い小説のキャラクターには著作権が認められなくならんのか?良いのか悪いのかまでは分からんけど
0
醤油屋 @koikuthi 2020年10月9日
二次創作同人の著作権盗用性が問題になる場合 ふつう版権元から警告されるところから始まるのでは。 裁判に持ち込まれることがあるかどうか? そもそも傍論を拡散する意味とは。
1
ささみくん @3_3_me 2020年10月9日
tseino 別に小説に限らず、漫画もアニメも同じやで。
8
denev @_denev_ 2020年10月9日
「Xさんの漫画は元ネタの著作権を侵害してないし、」んなわけねーだろ。
7
ささみくん @3_3_me 2020年10月9日
_denev_ 裁判所「本件各漫画が、原著作物の著作権侵害に当たるとの主張は失当である」
26
なおた @prime_naotan 2020年10月9日
この裁判長、ディズニー作品の二次創作物だったとしても同じ事言える?
1
かつまたいさ(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2020年10月9日
無邪気に拡大解釈してると痛い目に遭うやつだ…。保護されないのはアイデア部分であって、特定のキャラが保護されないはずもなし。
52
denev @_denev_ 2020年10月9日
3_3_me それを争えるのは権利をもってる者であって、何の権利も持ってない奴が勝手に決められることではありません。
13
denev @_denev_ 2020年10月9日
「元ネタの設定をパクっても著作権侵害にあたらない。」んなわけねーだろ。
7
aitsuki @aitsuki2 2020年10月9日
途中、音楽の話出すから、わかりづらくなってる。音楽は勝手に伴奏載せたら違法だぞ
6
Ito Manabu (まなびぃ) @manaby76 2020年10月9日
まず初めに「アイデアには著作権は及ばない」という前提があるからね。当然、アイデアには他の知的財産権の範疇にかかるけど。
23
masao @namiyome 2020年10月9日
_denev_ いえ、著作権侵害にはならないって話です。著作物というのは「表現されたもの」でなければならず、設定自体は表現されたものではないからです。文章や絵など、何らかの形で表現されて初めて著作物としての必要条件をひとつクリアします(他にも要件があるので、表現しただけではまだ著作物とは言えない)。
45
カメ太 @kameta999 2020年10月9日
私が描いた絵を無料公開してくれたら1000万入るわけか。やってほしい
0
denev @_denev_ 2020年10月9日
この裁判は「Y社がXさんの権利を侵害してるかどうか」なんだから「Xさんが原作の権利を侵害してるかどうか」に関しては、なにひとつ決められないし、その筋合いも、権限もない。
64
denev @_denev_ 2020年10月9日
この判決をもって本物の権利者が二次創作に対して権利侵害を訴え出ることが封じられたわけではないし、改めて本物の権利者が訴え出て、今度こそ動かぬ根拠を突きつけて、著作権侵害が成立することだって、十分にありえる。
9
denev @_denev_ 2020年10月9日
namiyome それを決めるのは裁判所です。裁判を通じてね。
0
masao @namiyome 2020年10月9日
_denev_ ちげーよ。単なる設定は著作物ではないというのは著作権法での定義であって、裁判所が決められるものでない。裁判所ができるのは設定なのか表現なのかという判断。
52
aitsuki @aitsuki2 2020年10月9日
別にキャラクターのデザイン権が放棄されたわけじゃないのでは? じゃないと、デザイナーが成り立たないだろ
6
aitsuki @aitsuki2 2020年10月9日
3_3_me デザイン権は生きてるぞ。じゃないとキャラのコピーしたグッズが作り放題になる
27
masao @namiyome 2020年10月9日
aitsuki2 その通りです。「キャラクターの設定は著作物ではない」という当たり前のことが再確認されたものであって、「キャラクターデザインは著作物ではない」という判決ではないです。
33
masao @namiyome 2020年10月9日
aitsuki2 おそらくですが「漫画やアニメについても、キャラクターデザインを使わずにキャラクターの設定だけ使うのであれば著作権侵害にはならない」という意味での「漫画もアニメも同じ」かと。
22
たけ爺 @take_ji 2020年10月9日
「表現」が保護されるのであって、”独特な髪形・衣装(制服とか)”・”独創性のある口調(今まで誰も使っていない言い回し)”はキャラクターの『表現』として保護対象。 性格・設定・世界観は『表現ではない』ので非保護対象。 「著作権の基本」として既に散々言われている。
20
なおた @prime_naotan 2020年10月9日
「Xさんの漫画が元ネタの著作権を侵害してるっていうなら、元ネタのどのシーンか特定してよ。後のアニメなら、後のアニメ独自の創作的な部分を特定する必要があるよね。これを特定してないY社の主張は不十分でしょ」 という裁判所側の意見に対して「Xは原作の"シーン"や"設定"ではなく、"デザイン権"を侵害しているから著作権違反である」と言えば主張が通るのかな(Xの作品に著作権が存在している事は否定出来ないけど)。
4
なおた @prime_naotan 2020年10月9日
しかしこれ、他人様のキャラクターを無断使用して(盗んで)金儲けしてる盗人が、自分の作品を盗んだ盗人にキレるという、まさに盗人猛々しい案件だ。不愉快。
21
Briza Maxima @maxima_briza 2020年10月9日
大抵の二次創作ファンは「一次創作キャラクターの二次創作」を見たいんであって、二次創作で生まれた模倣キャラに対して関心がある人はかなり少数なんじゃないかな。それが多少有名になっても「でもそれってパクリじゃん」で一蹴されそう。元ネタが無名で二次創作が大ヒットとかになるとまたややこしくはなりそうかな?
1
mailerdemon @mailerdemon3 2020年10月9日
つまりドラえもん最終話事件みたいに、本人の絵柄で本人が描きそうな話を描くと訴えられると。いっそ訴えられるのが原作理解度の高さを示すまであるな
4
蠢犇 @ugomekihisimeki 2020年10月9日
キャラクターに著作権は認められないってのアイディアに著作権はないっていう基本に立ち返ればまあ当然だろうなとは思った
29
rollmaki @rollwomaku 2020年10月9日
判決文から抜粋すると「著作権侵害が問題となり得るのは,主人公等の容姿や服装など基本的設定に関わる部分(複製権侵害)に限られるものといわざるを得ない」ので、そこは元の著作権者と二次創作者間での話の持って行き方によっては関係してくる物だけど、二次創作者と無断アップロードしてたwebサイト間の訴訟では本題ではなく脇道になってしまうって事だよね。
4
未完缶 @citrus_hanayu 2020年10月10日
盗人がどうとか言ってるやつがいるが、「Xさん」が盗人かどうかを決定するのは一次著作権者であって、権利者は気に入らなければいつでも訴えられるんだぞ。
62
QtyOTv @QtyOTvRdNt 2020年10月10日
今後はパクリ漫画が大手を振ってジャンプを埋め尽くす、とまではならない。ってことと思って良いのか?
0
minmin @minmin00130136 2020年10月10日
二次創作って「盗人猛々しい」って言われるけど、全員が「これをネタにしてヌケる絵描いて一儲けしてやるぜげへへ」って目的で同人誌出してるわけじゃないわよね… 好きな作品の話をファン同士でふくらませて、たまには装丁に凝った物理の本を刷って、みたいな遊びすら「窃盗」「金儲け」扱いなのかしら… 私は二次創作ノータッチだけどね
25
ToTo@お疲れモード @toto_6w 2020年10月10日
mailerdemon3 色んなとこで何度も書いてるけどドラえもん最終回同人誌は訴えられてない。作者はコロコロでも描いてたので普通に連絡がつき呼び出されて話し合いで解決してる。
19
ゆきやけ @yukiyake_ 2020年10月10日
盗人猛々しいって感覚が何というかな、それこそ二次創作であろうが丸コピした側が許されるわけないでしょうに、というだけの話なのに
39
Plate @Plate13579 2020年10月10日
「アイデアは著作物ではない」「二次的著作物の著作権行使に際してクリーンハンズの原則を厳しくみられることはない」という2点をかなり明瞭に示してる判例だと思う。後者についてはだいぶ前に棘でももめた覚えがあるが、今後は本件を参照すれば話が早くなる。
24
はくしん2世 @233033sato 2020年10月10日
この裁判でわかること「それを決めるのはお前じゃねぇんだよ」
28
わちもふすき @wachimofsky 2020年10月10日
ひこにゃんで揉めたやつは幻だった…? 見た目と服以外似てないから立証不十分がまかり通るのが俺には理解できない…そこ大事ちゃうんけ それはそれ、これはこれという話ならわかるんだけど
0
ダルジィ @M0NcDTpW7UOFJd9 2020年10月10日
叩きたいだけのイナゴを黙らせられる判例が出てよかった
16
ダルジィ @M0NcDTpW7UOFJd9 2020年10月10日
日露戦争の創作物を描くたびに同じ論法で無断使用されては滅茶苦茶になる
0
delig @delig72447944 2020年10月10日
オラエモンは何が悪かったの?!
0
ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ @5rilla_5rilla_5 2020年10月10日
簡単に言うと「その二次創作の元となったものと絵柄全然違いますよね。でもあなたのやった無断転載は絵柄どころかデータそのまんまですよね。あなたはそっちもパクってるからお互い様だって言いましたけど原告のやったこととあなたのやったこと、意味合い全然違いますよ」って言ったってことですか。
43
hiront@nagoya @hiront758 2020年10月10日
大雑把に言えば、漫画なら絵の類似度で判断されるし、小説なら文章の類似度で判断される。キャラクター性では左右されない。
5
ウラリー㌠ @urary777 2020年10月10日
prime_naotan 金を払って買った作品からアイデアを頂いて創作をした場合、その創作が盗作となるか否かは甚だ怪しいのでは。著作権法上、キャラクターの使用自体に制限がない以上は。
2
里海雪@ @sato_umi_yuki77 2020年10月10日
これそれはそうとしてその元になった二次の原作がXさん訴えたらやっぱり勝てる奴だろうな
7
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2020年10月10日
ニュアンス的には「キャラクターに著作権はない」よりも「設定が一次創作物と完全に一致していても、二次創作者のオリジナリティがあるのであれば、その部分は保護される」といったところかな。
28
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2020年10月10日
キャラクターの設定=アイデアの範疇なので、それ自体の剽窃は著作権侵害にならないのは過去の判例を見ても明らかなんだよね。トレスが問題になっても、絵柄コピペが問題にならないのと同じ。
10
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2020年10月10日
原作の権利(著作権)を二次創作者が侵害しているかどうかと、二次創作者の権利(著作権)を二次創作同人誌を転載している連中が侵害しているかどうかも別の話。親告罪だからね。まして、原作者が二次創作OKを出してるなら、何ら後ろめたいところはない。
9
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2020年10月10日
この件で一番凄いのは、高裁判決だから今後の判例になるって事だよね。二次創作の無断転載で困ってる人は覚えておこう。云うて、原作をまんまトレス・転載しているヤツとか、原作の商標を勝手に使ってるヤツとか、グッズ厨は論外やから勘違いすんなよ。
30
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2020年10月10日
この判決自体は歓迎すべきものだけど、同時に拡大解釈する輩が出ないかちょっと心配にはなる。
2
宮部珠江 @YumyumDiner 2020年10月10日
料理のレシピに著作権がないのと同じような話になるのかな?レシピ(アイデア)を模倣しても著作権侵害にはならないけど、それを出力した記事や本の内容をコピー、転載すると侵害になるってやつ。
10
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2020年10月10日
デザインの保護は意匠権の範疇で、口調などはアイデアの範疇だから保護されんよ。知ったかぶりで適当な事云うの止めて。 RT take_ji:「表現」が保護されるのであって、”独特な髪形・衣装(制服とか)”・”独創性のある口調(今まで誰も使っていない言い回し)”はキャラクターの『表現』として保護対象。
1
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2020年10月10日
tikuwa_zero 「アイデア(設定、デザイン)」は「著作物ではないので保護されない」が、「アイデアを元に創造された絵や作品」は「著作物なので保護される」が正しい。
13
denev @_denev_ 2020年10月10日
namiyome 「著作権法で保護されるべき著作物であるか否か」は、法律の条文だけでキレイに線を引けるようなもんじゃありません。あなたがいくら「これは合法です」と言い張ろうが、権利者も同じように思うとは限りません。二次創作をするのであれば、いつでも権利者は権利を行使できるということを頭の片隅に入れておきましょう。
2
ありよし/コアロン @TnrSoft 2020年10月10日
つまり、公式と解釈違いならセーフ!!
4
KPCG10 @KPCG10 2020年10月10日
これ、被告の主張どおり「同人作家に著作権はなく原作側の物だろう?」を正とすると、同人の違法アップロードに関して原作者や出版社・アニメ制作会社などからさらに大きな損害賠償を請求されてしまうヤブ蛇パターンですよねぇ。被告も頭悪いな…。
21
nekosencho @Neko_Sencho 2020年10月10日
要するに、「キャラクター」という言葉の定義が裁判所と漫画アニメのファンでは異なってるので注意って話だな。
5
Yeme @yer_meme 2020年10月10日
1.「長男で額に痣があって特殊な刀もって鬼になった妹を元に戻すために鬼と戦う」←アイディア 2.「それを絵にしたのがこちらです」←著作物 3.「それが出るマンガがこちらです」←著作物 1が裁判所の言うキャラクターで、それを基に絵を書くのは自由っス。 2が多分一般的に言うキャラクターっスけど、これは保護されるっスから、これに基づいて似せて書いたりコピーするのはNGっス。 今回は2以降の侵害してると立証出来ず、例えNGだとしても二次的著作物にも著作権はある、って言う話っスよね。
3
Earwax @Earwax97409510 2020年10月10日
えっ、何処が分かりにくいの?キャラクターと言ったらこの解釈でしか有り得ないと思うんだけど。逆に、キャラクターって言葉が特定の構図の絵そのものの事を指して使われてるケースなんて見たこと無い。
7
ハドロン @hadoron1203 2020年10月10日
著作権は描いて公表した瞬間に発生して誰でも持てる権利だから、商標権や特許権みたいな審査や登録の必要がないけど、その分権利侵害に対する法的保護の仕組みは弱いんだよな。特に絵に関しては、JASRACほどの強力な権利行使ができる団体がない。私はそろそろキャラクターについても、パブリシティ権を与えるべきだと思ってる。
1
Earwax @Earwax97409510 2020年10月10日
yer_meme 嘘やろ…全く同じ炭次郎で全く同じシーンを描いた絵でも、視点をずらして角度変えて描かれた絵であれば一般的にはそれはもう「別のキャラクター」と呼ばれるって事?
0
Earwax @Earwax97409510 2020年10月10日
例えば https://www.walkerplus.com/article/1006728/image10050386.html この絵の左上と右下の炭次郎は俺には「同じキャラクターの別の絵」に見えるけど、一般的には「別のキャラクター」と呼ばれてる?
0
まっくろなねこ @blackcat009 2020年10月10日
後で聞いた話、(ここで言われてるところのではなく、一般にイメージされる)キャラの絵が原作にあんまり似てなかった、というのも幸いしたらしい。なので「絵が同じ? 着てる服が似てるだけでしょ?」みたいな。同人作家にとって「作家のオリジナル要素が濃い」と喜ぶべきなのか、「似せて描けない」と嘆くポイントなのか微妙やな、と
1
Yeme @yer_meme 2020年10月10日
Earwax97409510 あー、いや、申し訳ないっス、正確じゃないっスね。 1と2の間にある、独立して存在する何かが一般的に「キャラクター」と言われてる、っスかね… 良く「キャラデザ」って一枚絵があるっスけど、あれが保護されるのは「絵」だからであって、あれそのものがキャラクターではない、って言うのを言いたかったんス。
12
まっくろなねこ @blackcat009 2020年10月10日
Earwax97409510 そうじゃない。へのへのもへじ、の額部分にバッテン付けて、「こいつは長男で額に痣があって特殊な刀もって鬼になった妹を元に戻すために鬼と戦うって設定のキャラやねん」って自分の作品に登場させても「大人気漫画のパクリやろ、アウト」にはならへんよ、ということ
12
Yeme @yer_meme 2020年10月10日
Earwax97409510 同じキャラに見えるのは「同じような見た目だから」っスよね?その「見た目」は裁判所の言うキャラクターには含まれてないって言いたかったんスよ。 明らかに同じような見た目なら何か基の基準になる「絵」があるはずで、その絵は「キャラクター」ではなくて「絵」として保護されるっス。
8
ST_009 @ST_565 2020年10月10日
過去に話題になったドラえもんの最終回はOKってことになる?
1
Earwax @Earwax97409510 2020年10月10日
blackcat009 当然ですね。 yer_meme yer_meme なるほど、そっちが保護されると思われてたのか…確かにそこは人によって解釈違ってそうですね。
2
Earwax @Earwax97409510 2020年10月10日
ST_565 「模写されたであろう元の絵」が出てこない限りは、セーフでしょうね。著作権的には。
1
まかべたかし @bakashinu 2020年10月10日
犯罪者にも人権があるって話?
3
星川月海 @hosikawatukimi 2020年10月10日
何が何でも同人は悪にしないと気が済まない子がいるな
36
ToTo@お疲れモード @toto_6w 2020年10月10日
ST_565 アレが問題になったのは、表紙や奥付を削った中身だけが「これが幻のドラえもん最終回だ!」みたいな形でネットで拡散し、同人誌をよく知らない普通の人が本物だと間違えて小学館に問い合わせたりしたからで、同人誌として流通してる時は問題にはなってません。ただOKかどうかは天国にいるF先生に聞かないと判らないですね
16
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2020年10月10日
やっぱり漫画方面にもJASRAC的な、知的財産の所有者には利益がでるような仕組みが必要だったんじゃないかしら。この件無許可二次創作者は219万円もうかるけど(なんなら1000万円欲しかったけど)、原著作者には1円も還元する気ないのでしょう?
7
小型犬(太) @futoi_kogataken 2020年10月10日
ざっと判決文を読むと、原作の皮だけ借りて有り得ないエロをさせるより、原作を深く解釈して別解釈の同人誌の方が罪深いみたいに読めるのよね。ドラえもん最終回とかだったらひっくり返ったのかしら?
0
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2020年10月10日
ST_565 ドラえもんの例の同人誌は原作者(の権利を管理する団体)が怒っているのでアウト。というかそもそもアレは絵柄も似せているのでどちらにせよこの案件には当てはまらなさそうだし、当てはまっても別の著作権でアウトでは。
4
56号 @56gojp 2020年10月10日
なるほど。どんなキャラでもおっぱいを大きくして描くのには理由があったのか…。
0
ogtk5tdh @ogtk5tdh 2020年10月10日
hadoron1203 JASRACが強力な権利行使が出来るなら著作権の権利侵害に対する法的保護の仕組みは強いのでは?
1
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2020年10月10日
おおむね、今までの「二次創作同人誌は絵柄が違うのが明らかなので本物との混同はない、同人作家が創作した部分については二次的著作物としての権利は当然ある」を追認したという感じですね。ただ、まとめの中の解説だけでは、「一次権利者が二次創作にNG出すハードルが上がった」ように思えるけど大丈夫なんかな。例えば、「同様の理屈でグッズもok」になりそうなのだが、こっちは不正競争防止法とかで引っ掛けるのかな?
3
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2020年10月10日
まあでも、どこぞの雑誌編集者が「無許可二次創作同人は勝手にやっていいから問い合わせてこないでね」なんて無責任なツイートしたりとか、ああいうのの積み重ねではあるのよね。
1
すいか @pear00234 2020年10月10日
Earwax97409510 違います。別の言い方をすると「キャラクター『デザイン』は著作権で保護されるが、キャラクターは保護されない」みたいなもんですので、貴方の言うパターンはNGです。
1
Earwax @Earwax97409510 2020年10月10日
pear00234 それ裁判所側の見方で言ってません?
0
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2020年10月10日
なるほど、集英社が「緑と黒の市松模様」で商標を登録するのは非常に正しいと
3
すいか @pear00234 2020年10月10日
「アイディアは保護されない」「設定(キャラクター)は保護されない」「名前も保護されない」となると、ソフトバンクのCMの「ドラえもん」は、もし無断でやってても商標とかパクリとかコンプライアンスとかそういう話ではあっても、少なくとも著作権としては侵害してないことになるのか?だって「あの絵柄」と、ブルースウィリスの見た目全然似てねぇしなぁ。「便利な道具をのび太や友達に提供する、未来から来た『ドラえもん』という名前の存在」は保護されないってことになるし。
7
Yeme @yer_meme 2020年10月10日
pear00234 ドラえもんは商標登録されてた筈っスから、商標として保護されるっス。 且つドラえもん位有名になると商標の範疇外でも不正競争防止法で保護されるっスよ。
13
Yeme @yer_meme 2020年10月10日
逆に言うと商標登録もなく誰でも知ってる程有名じゃない名前は保護されないんスよね……
1
すいか @pear00234 2020年10月10日
yer_meme いや、商標とか不正競争防止法ってのはまた別の話として、ってことです(一応そう書いてますよね自分のコメント)。商標や不正競争防止法持ち出したら、今回の鬼滅同人誌はもちろん、イタコ漫画家さんとか全部アウトな気がしますな。
1
Yeme @yer_meme 2020年10月10日
pear00234 あ、申し訳ないっス、その通りだと思うっス。 著作権あくまで作品それ自体を保護するもので、他は他の権利で保護するって制度設計なんだと思うっス。
1
denev @_denev_ 2020年10月10日
luvgymnastics99 オタク業界と二次創作文化の間には、すでに複雑な利害関係が出来上がってしまってますからね。いまからそういう仕組みを構築するとなると、市場を丸ごと更地にすることになるので、そこまで覚悟を決めた関係者が出てくるには、なにか既存のしがらみをぶっ壊す大事件でもないと無理そうです。外圧とかね。
5
aitsuki @aitsuki2 2020年10月10日
adgjmpt_1011110 二次創作に著作権はあると判決されたが、「キャラクターに著作権はない」という判決は出ていないしな
4
すいか @pear00234 2020年10月10日
yer_meme というか、著作権とはそもそもCopyright(複製権)なんですよ。つまり複製する権利であって、発想とかクリエイトとかそういうのは範囲外なんでしょう。「複製できるものを複製する権利」と、「複製可能とはどういうことか」ということを人文哲学的に構築したら、「絵(ブツ)は複製できるが思想は複製できない」ということになるんだと思いますね。音楽の場合は、「楽譜」「歌詞」というのを媒介に出来ると。
18
denev @_denev_ 2020年10月10日
pear00234 「アイデアや設定に留まるもの(著作権法で保護されないもの)なのか、それとも保護に値する創作なのか」は、最終的には裁判で白黒つけるしかないですよ。二次創作を意図して表現したもの(読者に対して、原作のネームバリューを利用して訴求できる形になっているもの)を、裁判せずに「これは白です」と言い切るのは不可能でしょう。
1
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2020年10月10日
pear00234 まあ、「どこまでが著作権か」はこの裁判の争点になってないから話半分でいいんじゃないかな。判決内容も「もし著作権侵害が認められてもオリジナリティがある」って言ってるし。
2
ogtk5tdh @ogtk5tdh 2020年10月10日
luvgymnastics99 出版社なんて二次創作に何の権利も持ってないのに…
1
denev @_denev_ 2020年10月10日
Clearnote_moe どのみち、権利者に逆らって裁判まで持ち込むような同人作家なんてほぼいないので、現実的には影響は皆無と考えて構わないんじゃないでしょうか。
1
ろぼたま。 @Robo_Pitcher 2020年10月10日
エロ本自販機にページの水増しにBL同人の海賊版を混ぜる行為は元作家の著作権侵害となった訳だ(あれは二重の意味で許せんかった)
0
rollmaki @rollwomaku 2020年10月10日
ドラえもん最終回の同人誌は表紙の「ドラえもん」のタイトルロゴが鈴の向きが逆になってたりするけど商標的に…というか、タイトルを「ドラえもん」とそのまんまそのものにしていたってのもあるしな。
6
かーぽ @xi8442 2020年10月10日
jaijv64Sl1dBl5D 一般論でパクりと言い切れるものであっても、法の上での著作権の侵害かどうかは別の話ということではないかな。 「パクり」には明文化された範囲や言葉の意味の定義がないから、パクりと著作権侵害は別の物差しとして考えないといけない。
1
tgttr @tgttr4 2020年10月10日
”キャラクター”は「キャラ設定」と言い換えたほうが誤解が少ないんじゃないか オリジナルポーズのドラえもんを描いても「キャラクターに著作権はないからセーフ」とはならないで違法になる
4
aki.egg @Aki20140101 2020年10月10日
wachimofsky 揉めたのは現実。差し止めもされてる。それはそれ、これはこれってだけ。
1
ボルフォッグ @kigantetu11 2020年10月10日
マリカー裁判では不正競争防止法違反は認められましたが、 著作権に関する訴えについては、認められませんでした。https://onion-tmip.net/update/?p=319
23
@onpu_original 2020年10月10日
解説してもらえると理解できるけどそれがなかったらちんぷんかんぷんな内容ですね...みなさんありがとうございます😊
0
ボルフォッグ @kigantetu11 2020年10月10日
今回はゲリラ的、小規模な漫画村みたいな個人サイトじゃなく、会社だからなー。 所在の特定が簡単だったから訴えやすかったのもある。
0
꧁꧂眼鏡オヤジ꧁꧂ @kgbn1112 2020年10月10日
これ、賠償金獲得出来たとしたら、それを証拠にして原作者が訴訟起こしてくるパテーンやな。だって賠償金以上の儲けが出てること確定なんだからw
0
Laren @Larems_ 2020年10月10日
違法行為の被害者が「良識的な一般人」か「違法行為者」か。被害者が誰であるかの違いだけで違法か適法かが変わるわけではない。 そんなシンプルな話じゃダメなんだろうか。
0
Laren @Larems_ 2020年10月10日
kgbn1112 おそらくそうはならないと思う。無断転載した側が稼いだ額、それがそのまま賠償額になる計算なんじゃないか? つまり同人作家側の稼ぎは賠償額には無関係と思われる。
6
クラ & 瑠璃 大好き勢(仮称 @sAcDL9Rhzl 2020年10月10日
take_ji 世の中に戦う魔法少女ものはいっぱいあるけど、「戦う魔法少女」と言う設定の類似性だけでは著作権侵害に問われる事はない、と言うような話でしょうか…?
7
ハドロン @hadoron1203 2020年10月10日
ogtk5tdh 音楽著作権は権利範囲が明確だ。使用に関するルールや料金も公開されている。けど、キャラ絵の場合、どこまで類似範囲となるか例示的に示すのはムリだ。緑色の長いツインテで貧乳だと、全部ミクさんになってしまう。
3
たけ爺 @take_ji 2020年10月10日
sAcDL9Rhzl そう。その設定は「その設定を元にしてどんな表現でも作れる」。”表現”が保護対象であって、”表現の元になる設定”保護されない。
1
110 @noz01108282 2020年10月10日
_denev_ 法律を裁判所がつくってると思ってそう
15
すいか @pear00234 2020年10月10日
sAcDL9Rhzl そういう話だし、なんなら「未来からタイムマシンでダメな小学生のもとにやってきて色々な未来の道具を与えたりする猫型ロボットドラえもん」すら、「著作権の範囲」では保護されないというお話。もちろん商標とか、不正競争防止法とか、コンプライアンスとか、まあその他色々な他の話は別の話(というか、その範囲を守るのは、著作権ではなく、別の概念である、ということ)
3
すいか @pear00234 2020年10月10日
_denev_ さっきも書いたけど、著作権とはそもそもCopyright(複製権)なんですよ、だから、「複製」可能でないものは著作権では保護されない、ということと考えればいいと思うよ。そこで「複製するとはどういうことか」というのを、人文的哲学的に突き詰めて、法律ってのは作られ運用されてるんでしょう。早い話印刷物や絵は複製可能だけどアイディアは複製可能ではない(アイディアを真似たものは複製と呼ばない)、っていう話で。
7
すいか @pear00234 2020年10月10日
pear00234 多分だけど、「アイディアを複製可能」ってことにすると、「人格とは何か人権とは何か意志とは何か」みたいなところまで遡る話になる。たとえ強大な影響を受けていても、なんならまるっきり同じ発想を行ったとしても、それが「思想、発想、アイディア」の範囲なのであればそれは「複製」ではないんだろう。なぜなら自由人とは独立して思考、発想、意志を持つ独立した人格なのだから、そのいずれも「複製」ではない、んではないかな。論理としては。
2
bigfoot @bigfoot61135928 2020年10月10日
noz01108282 法律を裁判所が作るというのはまあ半分は正しいですね。法律じゃなくて判例ですけど。
1
すいか @pear00234 2020年10月10日
コンピュータの世界で、「データ」は著作権の保護対象であるけれども「アルゴリズム」は著作権の保護対象ではない(特許とかそういう範囲)、みたいなもんだろうね。ソースコードは「アルゴリズムそのモノ」ではなく、「アルゴリズムを表現する、複製可能なブツ」であるからこそ、ソースコードが著作権の保護対象となるみたいな。
3
伍長 @gotyou_H 2020年10月10日
二次創作にも著作権はあるという概念は30年以上前からすでにあったし、同人だから表に出てこれないだろうと高をくくっていたら裁判起こされたから苦し紛れに「そういうお前だってこれ著作権侵害だろ!」と言ってみたら、裁判所の判断は「イヤXのは著作権侵害でないね」と判断。
14
伍長 @gotyou_H 2020年10月10日
仮にYの訴えに正当性があったところで無断アップロードの違法性は免れられないんだけど、ネット民がよくやる有罪概念(最初に悪いことしたのはアイツだから自分は見逃されるべき的な理論)そのままなのがもう笑える。
9
A.Ichiro@手を洗うカエルの姿🐸 @Asobuyer 2020年10月10日
オタク界隈では「キャラクターデザイン」と「キャラクター」を分けないので、理解が難しくなる。キャラクターデザインを商標登録してしまえば、類似デザインでの二次創作にある程度ブレーキをかけられる。
8
ogtk5tdh @ogtk5tdh 2020年10月10日
hadoron1203 音楽だって範囲は明確ではありません。使用に関するルールや料金は公開されているかで保護が強いか弱いかに関係ありません。音楽だってどこまで類似範囲となるか例示的に示すのはムリです。
1
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2020年10月10日
数日前の別のまとめで見たけど、赤松先生と編集側の対談でも「漫画原作の二次創作小説」に関しては、単にキャラ設定や世界観を使ってるだけだから、訴えるのはもともと難しいと言われてるね。
12
たけ爺 @take_ji 2020年10月10日
tikuwa_zero だから”「表現」が保護される”って言っているじゃない。 裁判所の「キャラクター」の意味が難しいのと、実際には”表現そのもの”でなく”表現の元となった”設定部分(これが裁判所の言う「キャラクター」だが)での争いが多いから、意匠権・商標権の問題になるパターンがほとんどなだけ。だけど、キャラクターを『表現』した、『表現』そのものは著作権対象。
1
たけ爺 @take_ji 2020年10月10日
一般的な「キャラクター(広義)」と裁判所のいう「キャラクター(狭義)」は違う、というところから始めないと理解しづらい。裁判所は、”具体性をもって表現した”キャラクターの”表現部分”だけは著作権で保護。それ以外は商標権・意匠権なり他の権利で保護と言っているだけ。
0
masao @namiyome 2020年10月10日
著作物は「表現したもの」というだけでは不十分で、「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」でなければならない。ロゴや工業デザイン等は「創作的に」や「文芸、学術、美術又は音楽の範囲」という要件を満たさず著作権で保護されないことも多い。その代わり商標権や意匠権で保護される。
4
たけ爺 @take_ji 2020年10月10日
namiyome そうですね。 ”著作権は「(創作)表現」の保護のためだけにある(それ以外は別法で保護)”、”「表現」とは何か?”を、理解していれば、まず理屈は間違えない。 「表現」とは何か?で「表現の元になる」アイデア・設定自体は「まだ表現ではない」と理解したら簡単。
1
たけ爺 @take_ji 2020年10月10日
弁護士の人も言っているんだが、『一般的(広義)には、実際に絵になった物(表現されたモノ)まで「キャラクター」と呼ぶ場合が多いが、裁判所の言う(狭義の)「キャラクター」は、アイデア・設定等の”表現前のモノ”まででしかない』が判りづらいと思う。 まあ、自分のツイートも「キャラクターの”表現”は保護」と書いているので、誤解を招きやすかったとは思う。
3
masao @namiyome 2020年10月10日
「キャラクター」という言葉を「登場人物」に置き換えればどうだろう。「キャラクターは著作物ではない」「キャラクターの絵は著作物である」→「登場人物は著作物ではない」「登場人物の絵は著作物である」。
4
ゆきやけ @yukiyake_ 2020年10月10日
結局同人誌のような二次創作ではコピー商品と認めるには色々必要だが、 逆に二次創作であってもコピー商品はアウト、という話だと思うんだけど、 そもそも人のふんどしで相撲を取るのは許さんって人が混じってるのがなんとも悩ましいよね
4
tama @tamama666 2020年10月10日
キャラクターは著作物じゃないって事はミッキーもドナルドもミフィーもキティーも悟空やフリーザもドワッジ改も著作物じゃないの??? 流石に意味がわからない判決
0
ゆきやけ @yukiyake_ 2020年10月10日
tamama666 ミッキーなどは著作権以外にも他の権利でも守られていると考えるのが妥当ではないかな
6
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2020年10月10日
take_ji オレが否定しているのは【独特な髪形・衣装(制服とか)”・”独創性のある口調(今まで誰も使っていない言い回し)”はキャラクターの『表現』として保護対象。】という貴方の表現(解釈)そのものだよ。それは著作権の保護対象にならない。貴方が表現したそれは、まさに「表現を作るためのアイデア」に過ぎないのだから。
0
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2020年10月10日
二次創作を前提として、「ミッキーマウス」の著作物を参考に「赤いズボンを履いて二足歩行を行い、人間の言葉を喋る擬人化された鼠」を自分で描くのはセーフで、「ミッキーマウス」の著作物からトレス・無断転載するのはアウト(正確にはアウトになる可能性がある)と考えると判り易いんじゃないかな。 RT tamama666:キャラクターは著作物じゃないって事はミッキーもドナルドもミフィーもキティーも悟空やフリーザもドワッジ改も著作物じゃないの??? 流石に意味がわからない判決
2
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2020年10月10日
tikuwa_zero ちな、ディズニーの絵を描くとアウトというのも根深いデマで、ディズニーが問題にしているのは「ディズニーの利益を損なう連中」であって、ファンジンやファンアートは元々何の問題にもなってないよ。アメリカでは元々フェアユースの概念があるし、ディズニー関連のファンアートって、普通にネットで検索すれば山程あるからね。
7
Yeme @yer_meme 2020年10月10日
pear00234 なるほど、わかりやすいっスね。強力な権利だけに範囲はしっかりしてるっスねー。
0
ハドロン @hadoron1203 2020年10月10日
ogtk5tdh 音楽は譜面に起こすことができる。詩もテキストで書き表せる。つまり類似かどうかは、数値的に評価可能だ。その一方で、絵はそうした方法で評価するのは難しい。デフォルメしていけば、どこまでもキャラを崩すことができるからだ。
1
Yeme @yer_meme 2020年10月10日
tikuwa_zero そもそもディズニーもアイディアの借用はやってるっスからねー。アトランティスとかライオンキングとか。
6
bigfoot @bigfoot61135928 2020年10月10日
tikuwa_zero 小学生が学校のプールに描いたミッキーマウスの絵にディズニーがクレームをつけて消させたのは事実らしいんですが、その理屈だとこれはおかしいですよね。
0
IT土方 @s_takepon 2020年10月10日
ミッキーは著作物だけど黒くて二足歩行で喋るネズミって概念は著作物でない (絵柄の一致度は重要)
5
🌈🌲でいどり🌲🕊 @daydream_model3 2020年10月10日
とりあえずトレスはアウトとだけ覚えた
1
masao @namiyome 2020年10月10日
hadoron1203 文章だって単語を少しずつ置き換えていくことができますし、音楽だって音符を少しずつ変えていくことができます。どこまでの改変が類似の範疇かを評価するのは難しいです(イラストの類似の判断は易しいと言っているわけではないです念のため)。
6
mailerdemon @mailerdemon3 2020年10月10日
TnrSoft 裁判長「原作から考えてA×Bは解釈違い。正史はB×Aなのでこの同人は無罪」
0
INVISIBLE DOJO @mdojo1 2020年10月10日
このテーマの時に毎回宣伝まがいになって恐縮ですが、拙ブログ記事で『映像の著作権 第二版』という書籍の記述と、赤松健先生の過去の考察文章を紹介している https://m-dojo.hatenadiary.com/entry/2019/06/06/083549 ので、複数資料での補足になるかもしれないと思いご紹介。前者の書籍では「鞍馬天狗」「座頭市」などを例に挙げています。
1
INVISIBLE DOJO @mdojo1 2020年10月10日
『例えばよく例に引かれますが、 大佛次郎の「鞍馬天狗』は特色あるキャラクターですが、ほかの作者が鞍馬天狗を登場させた小説を書いたからといって、それのみでは大佛次郎の著作物の著作権を侵害したことにはなりません(『映像の著作権 第二版』より)』
1
INVISIBLE DOJO @mdojo1 2020年10月10日
…座頭市=カツシンのそっくりさんが昭和40年代に活躍。とある無名プロダクションが、このそっくりさんに目を付けて、彼を主役にオリジナルの「座頭市」を作ろうとした、という話が載っている。この時筆者(二瓶氏)は弁護士と相談し、「【【著作権問題とするのは難しい】】が不正競業の問題として仮処分の申請をしようとした」とのこと(『映像の著作権 第二版』99P)
0
ですの @_desuno_ 2020年10月10日
bigfoot61135928 あの話って単に絵を描いただけじゃなくてそれを使って学校の宣伝をしたから怒られたって部分がよく抜け落ちるやつだっけか
6
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年10月10日
ここで言われているキャラクターって、ほぼ設定と同じ? まあ6つ子に著作権があったら「五等分の花嫁」とかできないしねえ。
4
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年10月10日
最近ライトノベルでは似たような設定ばかり読んでるので、違う設定を読みたくなる、というより、似たような設定をうまく処理しているのを読みたくなる。
0
KirimiSakana/切身魚 @Kirimisakana 2020年10月10日
知財関連をかじっているヒトには、 『N次創作といえど、N次で手を加えた部分の著作権は、主張できる』 と言うだけで割と通じますからな。 あと、違法アップロードした会社側の脇が色々甘い。
9
ハドロン @hadoron1203 2020年10月10日
namiyome とりあえずお前が知的財産権のエンフォースメントについて、まったく無知だってことは分かったわ。実際にYouTubeはコンテンツ検証プログラムによって、年間5億5800万件もの著作権侵害を検出し、権利者からのリクエストを自動で処理している。その精度は98%以上だ。
1
kartis56 @kartis56 2020年10月10日
mdojo1 事例が古すぎて現在の法律以前の話になってるから参考にならないのでは? >「鞍馬天狗」「座頭市」などを例に
0
yotiyoti @yoti4423yoti 2020年10月10日
ちゃんと理解してないと絶対に勘違いしそうな判決だなこれ。
0
masao @namiyome 2020年10月10日
もとが二次創作の話なのに単純な複製の話をしている時点でズレてるんだけど、気が付いていないらしい。それにYouTubeの検出プログラムは誤検知も多いぞ。98%ってどこから出てきた数字だよ
5
ハドロン @hadoron1203 2020年10月10日
namiyome 文化庁のレポートだ。https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/chosakuken/hoki/h30_02/pdf/r1407928_07.pdf 残る2%弱も侵害申し立ての手続き上の不備であることが多い。誤検知が多いと言うが、何と比較して多いと言ってるんだ?
0
masao @namiyome 2020年10月10日
hadoron1203 その98%は(ContentIDで解決した件数)/(著作権問題の件数)であって、検出精度じゃないでしょ。検出精度といったら(ContentIDで検出されたうち実際に著作権侵害だった件数)/(ContentIDで著作権侵害と検出した総数)だけど、その数字を見せてくださいよ。
4
masao @namiyome 2020年10月10日
ContentIDの検出精度という本題からズレた話に何を固執してるんだろうこの人は。
4
rollmaki @rollwomaku 2020年10月10日
年間5億5800万件と残り不備2%の文章は、「デジタルミレニアム著作権法(DMCA)の要件に従って、2015 年だけで Googleの検索結果から削除することを要請されたウェブページの数。」であって、「YouTubeにおける著作権問題のうち、コンテンツ ID によって解決されたものの割合」98%はたまたまパーセントが同じだった別な物の数字ですね。
3
ハドロン @hadoron1203 2020年10月10日
hadoron1203 それで?何と比較して誤検知が「多い」と言ってるのか、データ示してくれませんかね。ふわっとした印象で言ってないでさ。
0
ありふれたレン廃 @lenhai 2020年10月10日
hadoron1203 「その精度は98%以上だ」←YouTubeはコンテンツIDの精度が98%以上とは主張していない。『YouTubeでは、著作権問題の98%以上がコンテンツIDにより解決されています。残りの2%は、権利者からDMCA削除リクエストを通じて手動でYouTubeに送信されたものです。』 コンテンツIDによる自動申立件数とDMCAに基づく手動申立件数の比が約98:2と言ってるだけ。
5
ハドロン @hadoron1203 2020年10月10日
lenhai 実際にそれで著作権侵害に関する問題が解決されたのなら、実効的な精度と言っていいだろ。プログラムに引っかからなかったものを手動で権利者が申請処理しているのだから。
0
08_Reader @08_Reader 2020年10月10日
資料の読み方を間違えて見当違いの解釈をしていた以上、現時点では@hadoron1203の方も自説に根拠がない状況なんだけどな。
4
masao @namiyome 2020年10月10日
話の発端は「二次創作が原作の著作権を侵害しているかどうかの判断が、音楽や文章と違ってイラストは難しい」という仮説だったのだから、もしもContentIDを引き合いに出すなら、著作権を侵害している「二次創作」の動画や音楽を検出できた精度を示さないといけない。でもContentIDで検出した著作権侵害は二次創作ではなく圧倒的に原作そのままの無断転載なんじゃないの?
4
masao @namiyome 2020年10月10日
特に意味はないけどこのまとめを思い出した。メルカリの「売れたものの半数以上が24時間以内に売れています」というキャッチコピーを「24時間以内に半数売れる」という解釈してはいけない https://togetter.com/li/1597238
4
ありふれたレン廃 @lenhai 2020年10月10日
hadoron1203「YouTubeはコンテンツ検証プログラムによって、年間5億5800万件もの著作権侵害を検出し」←間違ってる。YouTubeの『コンテンツ検証プログラム』(DMCA申立の補助ツール)は『コンテンツIDシステム』(非DMCA)とは全くの別物だし、『5億5,800万』というのはYouTube動画数ではなく権利者からDMCA申立されたGoogle検索ウェブページ数のこと。ソースhadoron1203を読めば分かる。
0
ありふれたレン廃 @lenhai 2020年10月10日
hadoron1203 実効的な精度とは言えないでしょうね。コンテンツIDに引っかからなかった著作権侵害動画の全てを手動で権利者がDMCA申請処理できているわけではないですから。そもそも大量に存在する著作権侵害動画を権利者が一つ一つ調べて探すのは無理だからコンテンツIDを使用するわけで。
0
蠢犇 @ugomekihisimeki 2020年10月11日
まとめ本文とは無関係でどうでもいいけどYouTubeのBANシステムがクソ極まりない物だというのはlive見てる人たちにとっては割と常識だと思ってたからYouTube褒める言説にちょっとビビってる
0
denev @_denev_ 2020年10月11日
pear00234 そう、我々が語れるのは、「論理としては」までなんですよ。その(条文から導かれる)論理を、実際に現実世界へ反映するのは、裁判所です。二次創作をする上で、どこまでの表現ならアイデアの範疇なのか「具体的に」判断できる人なんて、誰もいないでしょう。裁判まで発展したことなんてほとんどないですし。
1
denev @_denev_ 2020年10月11日
「アイデアは著作権で保護されない」と言っても、実際にそれを二次創作で活用するためには、権利者とガチでやりあって判例を積み上げるしかないでしょう。それまでは、二次創作は常に原作の権利の上に成り立ってるのだという認識を持つべきだと思います。
0
たけ @Eo554IijYfHOQqw 2020年10月11日
七等身のムヒョをムヒョだと言い張る行為は合法だった
0
ST_009 @ST_565 2020年10月11日
toto_6w You Tubeにドラえもん最終回の漫画の動画があったからね
0
ハドロン @hadoron1203 2020年10月11日
namiyome 無断転載の方が多いのは当たり前だ。それは音楽に限らず絵でもそうだろ。YouTubeの場合、鼻歌でも検出できるレベル。https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1207/30/news118.html
0
ハドロン @hadoron1203 2020年10月11日
ugomekihisimeki 別に褒めてなどいない。むしろ著作隣接権を盾にして、放送された番組を放送局が権利者削除しまくってる現状は嘆かわしいとすら思ってる。捏造や印象操作しまくりのマスメディアの悪行を誰もチェックできないのは、国民としての不利益だ。話ズレてしまうけどさ。
0
masao @namiyome 2020年10月11日
hadoron1203 二次創作の侵害と非侵害の判定の話なんだから数字で出さなきゃ意味ないんだが? せめて「鼻歌でも検出できるレベル」の具体的な数字を持ってきなよ。
5
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2020年10月11日
何でイッチョカミで見当違いのこと言って絡んでた@_denev_が賢しげにまとめて結論めいたことを言うてるんだ・・・? _denev_ _denev_
8
ハドロン @hadoron1203 2020年10月11日
namiyome じゃあ言ってやろう。平成10年の記念樹事件で下された判決では、旋律の数量的解析による一致率は72%だった。https://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/656/011656_hanrei.pdf これがひとつの基準となるだろう。
0
ハドロン @hadoron1203 2020年10月11日
この判決の解説については、この弁護士のブログが詳しい。https://www.kottolaw.com/column/000051.html
0
ハドロン @hadoron1203 2020年10月11日
namiyome こんどはあなたの番だ。音楽や文章に比べて、イラストの著作権侵害、なかでもキャラクターの同一性の判断については難しいという私の意見に対して、根拠のある数字で反論してくれ。
0
masao @namiyome 2020年10月11日
それcontentidの精度じゃないでしょうよ…。話にならんな
2
ハドロン @hadoron1203 2020年10月11日
namiyome 話をごまかすな。もともと著作権の権利範囲の話だろ。
0
ハドロン @hadoron1203 2020年10月11日
namiyome それで?数字をちゃんと示して反論してくれよ。誤検知が多いということも根拠示してな。まさかデータもなにもなく、ふわっとした印象だけで言ってる訳じゃあないよな?
0
masao @namiyome 2020年10月11日
さっさと98%の根拠を示せば?
3
ハドロン @hadoron1203 2020年10月11日
namiyome ソースは示してるし、根拠はお前も説明してるだろ。何度でも言う。音楽や文章に比べて、イラストの著作権侵害、なかでもキャラクターの同一性の判断については難しいという私の意見に対して、具体的な根拠のある数字で反論してくれ。
0
ハドロン @hadoron1203 2020年10月11日
namiyome YouTobeの誤検知は何%ですか?多いというなら、何と比較してどれだけ多いのですか?具体的な数字で答えてください。
0
rollmaki @rollwomaku 2020年10月11日
誰も数字を出せないなら、自分が文章を読み間違えて主張している適当な物に対する適当な数字が正しい!ってそんなわけないでしょうに。最近だとデスクリムゾン実況がアニメポプテピピックで使われたパロディシーンが元であるとしてキングレコードの権利扱いでBANするっていう一粒で2度おいしいテクニカルな誤検知もあったりするが、この一件ひとつとってもどの部分をとか計いくつでカウントするかとかでも分かれるだろう。
1
なおた @prime_naotan 2020年10月11日
urary777 「著作権法上、キャラクターの使用自体に制限がない以上は」←これが全てでしょ。そのキャラクターに著作権があって、デザイン権がある以上、そのキャラクターは間違ってもお前らのもんじゃねえよって言いたい。
0
( ╹﹃╹) @__10621229__ 2020年10月11日
数字数字と言うなら、音楽も文章に比べてイラストの著作権侵害判断は難しいと最初に言い出した人がまず数字を挙げるべきだと思いますね。音楽や文章の判断のしやすさと、イラストの判断のしやすさの両方を。音楽や文章の数字としてYouTubeの実績を挙げてましたけど、それは判断のしやすさの数字ではなかったし、イラストの数字はまだ出してもらってない。それと、Googleの数字は著作権侵害を検出した実績ではあるけど、本当は著作権侵害なのに検出できなかった数字は載っていませんでしたよね。
1
( ╹﹃╹) @__10621229__ 2020年10月11日
また、Googleの数字は音楽だけでなく映像も含んでいるので、もしもあのレポートが音楽の検出のしやすさを表していると解釈するなら、映像(イラスト)も同様に検出しやすいと解釈すべきでしょう。
1
なおた @prime_naotan 2020年10月11日
このXもそうだけど、原作が好きで原作のファンアートとして描いているのならば、どんな形であれファンアートで金を取るなよって思う。
0
なおた @prime_naotan 2020年10月11日
今のネット社会ならわざわざ本という媒体にしなくても創作物の配布は可能なんだし、二次創作物を本に限定して有料で配布している時点で私からしたら営利目的にしか見えない(もし本当に営利目的じゃないなら、内容を全てデータ公開した上で本にしてみてもらいたい。売り上げは絶対に落ちるから)。 それが出来ないなら(少なくとも私からしたら)二次創作の同人本作家は全員デザイン権の盗人にしか見えないな。
1
なおた @prime_naotan 2020年10月11日
というか元々この裁判自体、このXのような同人作家達が本の内容を本当に"配布"していれば起こりえない案件なんじゃないのかな? 同人誌を配布ではなく販売していたからこそ、こういうYの作った同人誌をまとめるサイトに需要が集まってしまうんだし。 盗人猛々しい案件&因果応報案件。
0
なおた @prime_naotan 2020年10月11日
bakashinu これこんかいの裁判において一番しっくりきた意見。
1
ハドロン @hadoron1203 2020年10月11日
__10621229__ キャラクターの同一性を客観的に判断する手法は、今のところ確立していない。何故ならキャラクターとは、表象的なイメージだけの存在ではないからだ。そのバックボーンとして、様々な属性や人格、物語、人間関係等があり、非常に複合的なコンテクストを有するものだからだ。
0
ハドロン @hadoron1203 2020年10月11日
キャンディキャンディ事件で明らかになったように、原作者や東映の意向を無視して勝手に漫画家がキャラクターの絵を描いても著作権侵害となりうる。松本零士も同様なケースで敗訴した。これに比べれば、音楽著作権は譜面とテキストの解析だけで済む。実にシンプルな権利だよ。
0
ハドロン @hadoron1203 13日前
逆にどんなに外見が似たキャラクターを描いても、コンテクストが異なればそれは別キャラと言えるだろう。田中圭一を手塚プロが訴えないのもそういうこと。もちろん著作権侵害で訴えることができなくても、キャラクターの知名度を利用しているなら不正競争防止法で訴えることは可能。特定のキャラクターの名称を使えば商標法にも引っかかる。
0