2020年10月10日

2019-2020 NBAファイナル MIAvsLAL コメントまとめ

各ゲームへのコメントをまとめておきます
0
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MIAvsLAL Game 2 コメント ・ドラギッチが居なくなって、vsBigを得意とするハンドラーが不在なのがMIAにとって痛い。LALが安心してハワードを出せる状態になってしまっている。

2020-10-03 14:20:02
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

・一方で、MIAのZone自体は効いている。AD+ハワードの2 Bigを採用できるLALの方が本来有利だが、いにしえのNail & shortしかゾーンオフェンスの手札がないので、MIAのプログレッシブなZoneを崩せないのである。

2020-10-03 14:34:35
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

・LALのゾーンオフェンスで、レブロンがウィングDFにBack Sealしてパスを受けて、中心DF(オリニク)を惹きつけてADにDump-Offするパターンは面白かった。ウィングDFにBack Sealしてリム付近をアウトナンバーにするのは1-3-1の崩しで有名だが、当然2-3でも使える。

2020-10-03 15:04:06
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

・2Qが始まった途端、LALがSPR Overload(しかもBall Sideのパターン)のゾーンオフェンスから入って驚いた。まあ最後はあんまりOverload関係ないレブロンのJab Jumperでフィニッシュだったのだが……。

2020-10-03 15:11:21
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

・LALのゾーンオフェンスは基本、ADやハワードを延々とDunker Spotに立たせて、ネイル経由のボールムーブからのドライブで崩した後のカバーダウン/ローテーションの遅れを狙うという構図的にはシンプルなものなのだが、MIAの優先順位が曖昧でDunkerからの得点が量産されている状況。

2020-10-03 15:57:38
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

Dump-OffやLobを重点的に防ぎつつ、外をアウトサイドローテーションで守る(ハードにコンテストする相手もダニグリなどC&Sが特に得意な選手に絞る)しかないように思うが、どっちつかずで結局どっちも守れていないという印象。

2020-10-03 15:59:14
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

・ドラギッチが居ない分、vs Big(というかvs Slow)を任されているのがバトラーなのだが、バトラーはスキルセット的にvs Bigのオフェンス力がイマイチ。どちらかというと自分と同程度かそれ以下の体格の相手が得意な選手なので、vs Bigはヒーローやナンに任せた方が良さそうに見える。

2020-10-03 16:00:47
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

・ロンドがダンロビをFace Guardして、残りのDFがレブロン、KCP、クズマ、ADとなると、確かに一見攻め手がないように思えてしまうんだけど、ロンドのFace Guardを逆手にとってダンロビがBall Screen your own man youtube.com/watch?v=p9o-16… を出来たらなあ、と思ってしまう。もちろん即席は難しいが。

2020-10-03 16:08:46
拡大
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

・バトラーはvs Bigだと苦しむが、やはりvs Smallだと生き生きしている。ボールスクリナー役になって、ADからロンドにスイッチさせて、Back Sealからスコアリングとか、マークがSmallに代わればオフェンス的に機能する。 vs Bigを他のハンドラーに任せる(ヒーローとかナンとか)方が無難に見えるが。

2020-10-03 16:15:42
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

・LALはある種予想通りというか、サイズと身体能力を活かしてLobプレー系のゾーンオフェンスを組み込んでくる。クズマのネイルフラッシュにダンロビとオリニクが釣られた瞬間に、レブロンがウィークサイドからDiveしてアリウープ。Villanova "Shake" youtube.com/watch?v=nlu65N… の形。

2020-10-03 16:21:21
拡大
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

・MIAvsBOSのレビュー togetter.com/li/1601604 でも散々触れたが、結局MIAは「誰にマークされている人がスクリーンするか」というところが曖昧なのが響いていて、せっかくダンロビがピックでvsADになってADをペイントから引き出せる形になったのに、再びスクリーンしてvsダニグリに変えたりしてる……

2020-10-03 16:25:06
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

・3Q頭、ヒーローやダンロビにShow or Blitzに来ることを逆手にとって、バトラーがBall Screen Slipからスコアリングやキックアウトで攻める形が効いている。(その間、一方のLALはADが黙々と1on1を沈め続けている……)

2020-10-03 16:45:22
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

M. レナードも、ダンロビとのDHOでPNR Slip vs Blitzを狙っていたので、MIAはチーム的にここをウィークポイントとして攻め立てるつもりだろう。LALがここにどう対応するか。

2020-10-03 16:51:00
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

3Q半ば、LALがStagger Slip (vs Blitz) に対してコーナーDF tagという形で対応、そこでコーナーマン(のイグダラ)がReplaceからのAngle Change Drive。 Slip Rollで中に入っていたオリニクがClearout(Seal Screen)で合わせる形で完璧にカウンター。

2020-10-03 17:04:28
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

3Q残5分で、書いた通りナンvsハワードを実際にやっていた。(しかもバトラーvsハワードになっていたのをわざわざピックする形で) 結果はMiddle Reverseを狙ったナンに対してハワードがまんまとファウルする形に。 twitter.com/MBTResearch/st…

2020-10-03 17:11:08
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

3Q残2:20あたりが典型だが、MIAの2-3 ZoneにおいてネイルのADをアウトサイドがケアする関係で、アウトサイドのボールムーブだけである程度セパレーションが出来る。 そこはある程度仕方ないとして、ブロックに跳ぶStuntでも見せないと、ややイージーなC&Sにさせすぎに見える。

2020-10-04 13:38:38
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

3Q残1:40のバトラーのプレー: PNR Switchで出来たバトラーvsロンドをScramで解消しvsLBJとするLAL。 仕切り直しでDHOする……と見せかけてDHO Fakeでドライブするバトラー。 そこからボールムーブでオリニクのポンプフェイク・ドライブからのエンドワン。

2020-10-04 13:45:04
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

スイッチさせてのMUMから攻めるのが本線、とLALに思わせてるからDHO FakeとかPNR Slip、Reject Driveなどが効く構造をMIAは積極的に狙ってる。 バトラーはわりかしリム周りでのブロックを強く警戒してて、キックアウトしがち。まあAD、ハワード、LBJが居るから…… twitter.com/MBTResearch/st…

2020-10-04 13:46:45
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

3Q 1:30のMIAのZone、ゾーンの形無視でADのポストにDouble組んだり、ADを二人でBox Outしたり、でもここまでやらないと守れない気もするし、勝つにはこのDF続けるしかないようにも思える。

2020-10-04 13:51:23
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

4Q頭のLALのゾーンオフェンスが凄すぎる。 SPR Overloadに、中心DFのClearout(Seal Screen)を組み合わせLBJのレイアップ。 教科書に載せれるレベル。

2020-10-04 14:01:38
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

JRスミスが出てきた瞬間にMIAがJRスミス集中攻撃するのは容赦なくて好き。 マークがクズマからJRスミスに変わった時のバトラーの滲み出るやる気の量が凄い。

2020-10-04 14:11:35
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

MIAのゾーンでネックになってるのは、やっぱりナンの技量不足だろうか…… ベースラインドライブに対してはインサイドをカバーダウンで固めて、コーナーキックには遅れてコンテスト、という原則を守れず、ナンのサイドにイージーなDump-Offが通るシーンが目立つ。

2020-10-04 14:46:49
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

あと、イグダラやクラウダーが状況に応じて左右上下のポジションを入れ替わっている一方で、ナンはその入れ替わりに対応できずアウトナンバーが出来る状況をよく見かける。 ナンのZoneへのフィットがあと少しでも改善すれば、DFは一気に楽になりそうなのだが。

2020-10-04 14:48:15
現代バスケットボール戦術研究(MBTR) @MBTResearch

4Q残5分のMIAのZone: ネイルをビッグマンがケアしないからといって、ネイルをオープンにして良いわけではないことを思い出したMIA。 ・オリニクはネイルをワンタッチして下がる ・アウトサイドDFはネイルに入りにくいようStuntを駆使 ネイル起点のボールムーブを抑制してLALの目論見を崩す。

2020-10-04 14:58:14
残りを読む(234)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?