編集可能 アプリで作成

人文系の研究の学術評価の実際

まとめました。
39
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

人文系の学術評価がどのようになされているのか知らない方が多いので,自分の経験として書きます。 論文はいきなり発表するのではなく,大学院生だろうと定職ある研究者だろうとまず,どの様に評価がなされるか研究会で複数回発表し,そこで揉まれます。続く

2020-10-11 11:47:37
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

研究会には分野の研究者が様々参加し,史料の妥当性,海外史料ならば読み解きと解釈,概念の整理や主張について突っ込まれます。発表者は1時間ほど時間をもらい,質疑応答に答えます。答えの妥当性もその場で判断されます。不足ならば研究やり直し。(続く'

2020-10-11 11:49:46
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

こういう研究会でアドバイスを受けることもありますが,次は学会発表です。学会ではテーマを設けることがありますが,自由研究という部会で発表します。この場合,すでに一度先に発表経験があることなどの条件がついたりします。(続く)

2020-10-11 11:51:08
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

学会発表では15分ほど時間をもらえますが,すでに一度聞いている参加者もいるので,前回と比較しながら質疑で突っ込みます。このときのプロ全能力や応答(失礼でトンチンカンな質問もある)のさばき方などが研究者としての資質を問われます。つまり研究者としてやっていけるかを見られます。

2020-10-11 11:52:54
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

学会発表である程度の賛同が得られたら査読誌(ほとんどが査読になってます)に出します。よい発表だった場合は雑誌のほうからお誘いがくる場合もあります。そして書き方にしたがって論文を書いて提出。ここで査読者がチェックします。書き直しを求められることもあります。(続く)

2020-10-11 11:54:39
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

注目にあたいする発表であった場合,先輩研究者などが科研で研究申請するときに声がかかってチームの一員となることがあります。科研は個人で申請するものとチームで申請するものがあり,学術振興会が研究計画を審査します。一度に通ることはなくて,二度3度度と複数年諦めずに申請します。

2020-10-11 11:56:44
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

科研の申請チームには必ず若手を入れます。彼らにとっては就職のための認知期間でもあります。一方,科研と関係なく自分個人の研究も進めます。別の査読誌に別の論文を書いて出すなど並行して行います。人文系論文では大体20000字ぐらいが規準です(20ページほど)が,テーマによては続きを執筆。

2020-10-11 11:59:29
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

任期ありなしにかかわらず,科研以外にも民間の資金のでる研究にも応募します。トヨタ財団などはアジア研究にお金を出してくれるので,研究の出版助成にもなります。人文系ではお金になる特許とかのみかえりはほぼありません。

2020-10-11 12:02:00
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

若手は非常勤講師とか所属だけを学術振興会など無給で所属しながら研究していることをアピールし,就職先を探します。数年でその分野で採用されることもありますが,近年は大学ポスト数が減っているので,10年待ちになる方も少なくありません。35才を超えるとなかなか難しくなります。

2020-10-11 12:03:59
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

採用に挑みつつ,継続して研究発表,論文提出,時には留学の機会を得ながら続けます。誰がいつ採用になるかはほとんど運です。私が採用された翌年はもちろんその分野での新規採用はありませんから,待ちになり非常勤講師をしたり,諦めて高校教員などになるかたも多いです。

2020-10-11 12:06:19
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

中には高校教員としての職を持ちながら,研究者として成果を発表されるかたもいます。途中で大学に採用される場合もあります。全く業績によるものであり,派閥がどうのというのは関係ありません。学会や研究会に出席して自分だけでなく最新の知見を学び続けます。

2020-10-11 12:08:17
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

一方,発表した論文はそのまま放置ではなく,歴史学では『史学雑誌』という東大文学部の専門誌があり,そこでは毎年「○○年の歴史学の回顧と展望」という論文書評評価があり,あらゆる分野の歴史学の専門家がその年に発表された膨大な論文や書籍を読み,書評します。

2020-10-11 12:11:50
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

歴史学の学術誌は他にも質の高いものもありますが,まずはほとんどの歴史研究者はこの「回顧と展望」には目を通します。日本史,西洋史,東洋史,中東史,南アジア・東南アジア史など。それぞれが現地言語など使用する史料が違うので,一人でこれをカバーすることは不可能です。

2020-10-11 12:14:30
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

ここで,注目されるような論文から学会全体の動向がわかります。やかましくいいますが,この時点で人事の派閥利権とかありえません。なぜなら,皆がその論文を読むので,学説に偏りがあればわかってしまうからです。一方異なる学説同士で論争にもなります。

2020-10-11 12:16:52
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

専門誌での発表以外に,プロジェクトで各大学や研究機関がテーマを設けて3年ほどの期間の研究をすることがあり,そこには代表者がチームに加えたい研究者(ベテランから若手まで)をいれて,旅費支給だけで研究します。その研究は最終年度に論文集や書籍になります。

2020-10-11 12:18:52
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

歴史研究者はこのような科研での研究や別の科研でチームの一員,プロジェクトでの研究で,同業者から常に成果を見られており,そこで評価されています。論文の被引用数ではなく論文一つ一つの内容評価で,チームに呼ばれます。

2020-10-11 12:21:09
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

また,学会といっても大抵の研究者は複数の学会に所属しており,それぞれ発表の機会や学術誌があります。原稿料はでないのが普通。得られるものは自分の研究を評価してもらえることとそれがなにがしか学術に貢献できたという誇りですかね。

2020-10-11 12:23:24
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

学会大会発表は一般参加者にも開かれているので,そこに参加してきた民間の方からお声がかかって,プロジェクトに参加してほしいといわれることがあります。行ってみると某省庁の外郭団体で,クッションを通して政府に研究内容で情報提供を求められることもあります。

2020-10-11 12:25:22
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

自身の経験ではたまたま自分のやっているところで爆弾テロなどが再燃したので,入国が難しくなり,また現地日本人の安全に影響するのか,というので,内閣府が対策を聞く場が設けられました。第一次安倍政権のときです。なにがしか貢献できるならばと旅費も手当もでませんがお話ししました。

2020-10-11 12:27:33
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

そういう活動を歴史学に関して言えば,ほぼ一生やっているわけです。もちろん,大学に勤務していると,教育と研究を両立し,大学運営の業務もあります。そして能力のある方は学術会議にほとんどボランティアで毎週一回ほど出張して分科会で討議しています。

2020-10-11 12:29:37
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

学術会議でどのような提言などがなされているかは,代表となった人が学会の大会などで,状況について話します。学会全体の代表なので,政治的理由で動けるはずがありません。異なる意見をもつ研究者も当然いるので,双方とも「多様性」を認めて話しをします。

2020-10-11 12:32:08
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

多分,特許とか発見の速度を競う立場の理系の研究分野よりは,人文系の研究は「頓服薬」みたいな効果は見られません。ただし,じっくりその研究成果は効いてきます。論文や書籍自身の「賞味期限」も歴史学では長いです。時代が変わって解釈の変わる史料もでてくるからです。唯一の正解はありません。

2020-10-11 12:34:24
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

自分の分野でいえば,海外を対象とした研究はそこを植民地にしていた国の言語での研究が最も多く,今英語論文が多いところは「大英帝国」の植民地の広がりによるものです。当然フランスの植民地だったところではフランス語論文が充実します。

2020-10-11 12:36:10
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

しかし,英語やフランス語などだけで評価できる時代は終わりました。いままで入手できなかったり,留学できなかった地域へ院生や若手研究者が留学とか日本大使館の特別研修生などの身分で1−2年ほど現地にいき,現地語史料や現地語での調査をします。

2020-10-11 12:38:21
スナックかえるちゃん@運転荒い国仕込み @aminah2500

日本と異なって,各国では国立文書館が充実して開放されますが,利用者は特別な許可や調査ビザが必要です。取得までに半年の審議期間が必要ですと言われます。そして調査を終えた時には,英語,あるいは現地語で書いた報告書の提出が必須です。

2020-10-11 12:40:16
残りを読む(9)

コメント

まかべたかし @bakashinu 13日前
文系は金がないということが言いたいのか?
0
かじ @micking_bird 13日前
bakashinu 「とにかく被引用数の多い論文を書くのが正義」(これは理系でも脚色されすぎてて当てはまらないと思うけど)ではなく、様々な場面で多角的に評価される必要があるという話だと思います。
5
よーぐる @Seto_yasu1987 13日前
昨今巷間で悪く言われがちな学問とはまた別よねって感じは受ける。雑に文理で分けちゃうのも色々違うよなあ
3
@nekooka 13日前
科学って多分、人間が定めた物差しで世界をはかり(量り・測り)ましょうって学問だから、意思の疎通をはかり(図り)やすくするために基準を合わせましょう、整えましょうってのはアリだけど、尺・寸とか坪・畳とかヤード・ポンドを否定するのは間違いなんだよな。それをやると過去が、文化が否定されちまう。人間(複数の人の間)じゃなくて人(個の人)にしかない物差しは、まなざしとか色眼鏡って言うんやろ。大体そんな感じやろ。学のない応用化学出身の文系の解釈だけどさ。
0
Shiro @shiromagenta 13日前
とりあえず論文を書かないことには始まらない、まで読んだ
10
@nekooka 13日前
アンネの日記は論文ではないがアンネの日記を読み解く知識と技術は学問に値する、論文を書くのはそこからだ、まで読んだ上で己の性周期日誌を混ぜて世間に投げるやつおるだろ、まで読んだ。
0
Plate @Plate13579 13日前
「回顧と展望」 というレビューが重要っぽいが、ここへの採否と書評の質(好評・不評)を網羅すればある程度の業績評価になりそうに思われる。そういうデータベースは無いんだろうか? あと、これは英訳しないのだろうか? 情報発信という意味で、本当にここに書かれた役割を担っているならやるべきだろう。
0
Plate @Plate13579 13日前
もう1点、基本的に研究に対する評価は顕名で行うようだが、過去の実績や学閥的なアレにより評価が歪まないかってのはどうしても疑ってしまう。理系分野でもかつては匿名の査読システムが主流ではなかったはずで、しかし現在ではほぼ全部匿名の査読になってる&様々に限界を指摘されつつも匿名システムのままで概ね来てるという辺り、やっぱり懸命だと忖度は生じちゃってたと後に明らかになったんだろうと思うわけだが。
1
ニートその3 @apribi 13日前
人文系の学問って高尚な雰囲気出してるけどやってることは考察オタクと同じでしょ。趣味じゃん
0
kusorip @kusorip2 13日前
もともと日本史や世界史の研究について 評価基準が分かりにくいとか、科学になってないとかいう批判はほとんど出ていないと思う
3
kusorip @kusorip2 13日前
micking_bird 単純に被引用数が多ければいいわけではないが、一桁ってどうなの?という主張を、被引用数こそ正義という主張であったかのように意図的に読み違えてるのは何故なんですか?
3
awawa33 @awawa33p 13日前
くだんの学者の中にその日本史の先生がいるのですが。そもそも例のサイトは、誰でも知っているような歴史の大家や現役バリバリの先生がほとんど載っていないので参考になりません。
0
かじ @micking_bird 13日前
kusorip2 意図的であることを証明してください。あと「被引用数こそ正義」みたいな意見は結構棘で見ましたけど…。被引用一桁の是非はともかく、「日本の特定分野の研究は被引用数が少ないからダメだ」みたいな話をされた方もいましたからね。
2
かじ @micking_bird 13日前
kusorip2 というか「単純に被引用数が多ければいいわけではないが、一桁ってどうなの?という主張」自体がこのまとめには存在しないので読み違いも何もないですね…。単に被引用至上主義的な意見が棘で見られたので、それを念頭にこのまとめの意義(内部のアカデミア界隈はどのような評価をしているか)を述べさせていただいただけですが。
1
田中 @suckminesuck 13日前
論文の第一発表をめぐる争いとか無いんか。
0
tako @tako6502 13日前
今話題のあれは論文書いてない人が推薦されてるそうだね
1
KY @KYnebosuke 13日前
マイナー地域だったり言語だったりは、その分野の研究者自体が少ないから引用されることも少ないし、理解とか評価できる人も少ないてのはあるよなあ
0
shin of u @shinofu4 13日前
micking_bird つまり総合的・俯瞰的な評価ってことですね
2
徽宗の起居注官 @bg_of_huizong 12日前
「回顧と展望」は重要な研究動向まとめですけど、羅列的な性格が強いので書評として評価ポイント換算みたいなのは難しそうな気が。あと日本の史学分野、ジャーナルが電子化されてない・されててもOCR変換してなくて全文検索出来ないとかザラなので、被引用数をある程度網羅的に知る方法そもそも無いような気がしますね…?(汗)
1
かじ @micking_bird 12日前
shinofu4 その評価が具体的にどのようなものがあるのかは、(政府とは違って)このまとめできちんと書いてあるので、このまとめを読んでご理解いただければ幸いですね。
0