2011年7月12日

青山繁晴さん「ワイドスクランブル」でストレステストを批判!

7月12日のテレ朝「ワイドスクランブル」に青山繁晴さんがゲスト出演されました。該当部分を文字おこししています。 司会:寺崎貴司 大下容子 コメンテーター:須田慎一郎 川村晃司
3

VTRが流れます

とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> 過酷な環境の中、懸命の作業が続く福島第一原発。一方で菅総理が突如打ち出した新たな安全基準、いわゆる“ストレステスト”をめぐって大きな混乱が生じている。

2011-07-12 13:27:56
とし @toshihiro36_sub

7日国会で片山さつき議員:ストレステストはあなたがやれと言ったんです。そして細野大臣はストレステストが終わらないと再稼働は認めないと言い、海江田大臣はストレステストがなくても再稼働できるかもしれないと・・どちらが正しいかと聞いているんです!

2011-07-12 13:30:49
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> 先月、定期検査中や稼働中の原発に対し海江田大臣は安全宣言を出した。しかしその後、菅総理が新たな検査基準を持ち出したため、閣内不一致だと大きな批判が。

2011-07-12 13:33:47
とし @toshihiro36_sub

昨日・枝野官房長官:政府においては既存の原子力発電所の安全確認の枠組みに加え、新たな手続き・ルールに基づく安全評価を実施することとします。二つのタイプの安全評価を行う予定です。

2011-07-12 13:37:10
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> 政府が発表した原発の安全評価に関する統一見解。評価は二段階方式で、一次評価は停止中の原発について運転再開の可否を判断。二次評価は運転中の原発について運転の継続または中止を判断するという。しかし・・・

2011-07-12 13:41:22
とし @toshihiro36_sub

枝野官房長官:出来るだけ早いことが望ましいと思っておりますが、電力供給の関係があるからいつまでに結論を出せというのでは意味がない。

2011-07-12 13:43:21
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> 安全評価はいつ始まり、いつ終わるのか?具体的な評価方法についても、まだ決まってはいない。今回発表された新たな検査基準に原発を抱える自治体からは不信の声が・・・。

2011-07-12 13:45:48
とし @toshihiro36_sub

玄海町・岸本町長:大きく前進したという印象はないですね。原子力政策については国として、将来こうやっていくという肝心なところが見えない。

2011-07-12 13:47:50
とし @toshihiro36_sub

静岡・川勝知事:あまり中身がないなというのが印象です。それをなさればいいと思います。そのことと安全かどうか納得するというのは別なので・・・

2011-07-12 13:49:40
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> 再稼働の判断は、これまで経済産業省の原子力安全・保安院が担ってきた。今回は内閣府の原子力安全委員会も関与させることでチェック体制を強化するという。しかし再稼働の実務を担ってきた経済産業省のある幹部は・・・

2011-07-12 13:52:57
とし @toshihiro36_sub

経済産業省幹部:何をしていいのか分からないし、安全委員会に何をしてもらうのか不明だ。

2011-07-12 13:54:01
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> 新たな検査基準の内容は一体どのようなものなのか?原子力工学が専門の京都大学・小出氏は・・・

2011-07-12 13:55:34
とし @toshihiro36_sub

京大・小出:コンピューターのシミュレーションです。全電源が喪失した時に、どうなるかということをシミュレーションする。多分そういうことをいくつか選んでやるんだと思います。

2011-07-12 13:57:33
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> しかし、新たな検査基準の必要性に関しては・・・

2011-07-12 13:58:40
とし @toshihiro36_sub

京大・小出:コンピューターシミュレーションというのは仮定いかんによって、どんな結果でも出ますし・・・今さらやる価値はないと私は思います。

2011-07-12 14:00:51
とし @toshihiro36_sub

<ナレーション> この新たな検査基準が長引けば、来年春には国内全ての原発が停止する可能性も。今後の原子力行政の行方を徹底検証する。

2011-07-12 14:03:00

  ここからスタジオになります

とし @toshihiro36_sub

寺崎:こんにちは。菅総理が原発稼働の新たなハードルとして設けた、原発の安全性を評価するストレステストというものなんですけれども・・昨日、政府としての統一見解が発表されましたが、具体的にどういう評価をするのかという項目ですとか手順が示されておりませんで、混乱が広がっております。

2011-07-12 14:21:15
とし @toshihiro36_sub

大下:ゲストは原子力委員会・専門委員で独立総合研究所・社長の青山繁晴さんです。よろしくお願いします。

2011-07-12 14:23:38
とし @toshihiro36_sub

青山:よろしくお願いします。

2011-07-12 14:23:53
とし @toshihiro36_sub

寺崎:まず昨日、政府の統一見解が出されたストレステストとは一体どういうものなのか。荒木さんお願いします。

2011-07-12 14:25:21
とし @toshihiro36_sub

荒木:ストレステストというものは、基準を超えた事故や災害にどれだけ耐えられるかということを評価したものです。これはコンピューター上でシミュレーションしたものなんですけれども、ヨーロッパですと福島第一原発の事故を受けまして3月25日にEUストレステスト実施を公表したわけです。(続く

2011-07-12 14:31:08
とし @toshihiro36_sub

荒木:そしてもう6月1日からストレステストを開始しているわけです。日本よりいち早くやっているわけです。それはどういったものかといいますと、各電力会社がシミュレーションをします。そしてチェックするのは各国の原子力規制機関。評価するのは当事国でない第三国の専門家がやる。 (続く

2011-07-12 14:35:43
とし @toshihiro36_sub

荒木:そして日本の方なんですけれども・・日本の場合は、一次評価・定期検査で停止中の原発を評価するものです。これは再稼働するかどうかを判断するもの。二次評価・運転中の原発の安全性を評価して、継続をするかどうかを判断するものなんです。どういうものかといいますと、 (続く

2011-07-12 14:39:35
残りを読む(37)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?