アプリで作成

2020.10.10〜11 秋の夜行列車強化月間 PART1 尾瀬夜行 編

尾瀬夜行に乗って尾瀬散策と、SL大樹ドリームカーを満喫。
3
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

「あの列車乗りたいな、こんな列車もあるんだ乗りたいな」と、手当たり次第に切符を買ってたらいつの間にか秋の夜行列車強化月間になっていました(笑) そんな訳で明日は第1弾の尾瀬夜行に乗ります。 ついでに大樹のドリームカー。 台風のルート的に、恐らく運休にはならないはず…。 pic.twitter.com/IB8H6TRBNf

2020-10-09 21:54:52
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

浅草に行く前に、前から気になっていたところに寄り道。 溜池山王の01系の部品を流用した自販機へ。 こんな形で車両の一部が残るのは面白いですね。 購入時に「足元にお気をつけください。お出口は下側です」というアナウンスも粋です。 BOSSとのコラボで生まれたとのことなので、BOSS缶にしました。 pic.twitter.com/Nv7h6cG4Jw

2020-10-10 22:17:20
拡大
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

早く着きすぎたので時間潰し。 相変わらずの平成1桁生まれとは思えぬ選曲です(笑) 尾崎豊と甲斐バンドは最高です。 序でに尾瀬は寒いと聞くので、防寒具に着替えました。 pic.twitter.com/iBET3jIXB6

2020-10-10 23:35:13
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

深夜の浅草駅。 夜行列車が出るターミナルとしては、立派な風格ですね。 頭端式ホームがまた旅情を掻き立てます。 pic.twitter.com/AzOkM3a8Jx

2020-10-10 23:50:59
拡大
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

ということで、尾瀬夜行に乗車します。 座席夜行は去年末のムーンライトながら以来ですので楽しみです。 1両10人くらいの乗客で、殆どが重装備の登山客。 軽装の同業者は殆どいません。 やはり、登山以外にする事がなさ過ぎて乗り鉄の難度が高いのでしょうか。 pic.twitter.com/vXfpcYrXsO

2020-10-10 23:54:02
拡大
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

今回コロナ対策で座席は1人2席。 ゆったり座りたい自分としては、これ以上ないサービスです。 コロナは殆ど被害を受けてばかりですが、こういうちょっとだけの恩恵を預かれるうちに預かります。 pic.twitter.com/FKnOWvfMoQ

2020-10-10 23:57:29
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

相変わらずの急カーブホームとスロープ。 こんな駅が未だに残っているのは、ファンとしては嬉しく、利用者や会社側からすれば厄介極まりないのでしょう(笑) でも、やっぱ歴史の生き証人は大切に残って欲しいですね。 何故かデッキドアは手動でした。 大した人数もいないので、経費削減でしょうか。 pic.twitter.com/OzaRADsXU0

2020-10-11 00:01:02
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

尾瀬夜行が発車しました。 軽く一杯したいけど、明日の登山に残ると困る…。 ということで、ほろ酔いで妥協します。 尾崎の87年有明のライブを聴きながら寝ます。 おやすみなさい。 pic.twitter.com/ciwt0ePBMQ

2020-10-11 00:02:51
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

眠れないまま新越谷まで来ました。 深夜の電光掲示板に普通の列車とは異なる表示浮かべる尾瀬夜行。 特別な列車感があって堪らないです。 pic.twitter.com/M6m9fyrlYU

2020-10-11 00:25:16
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

数分置きくらいに意識を飛びますが、やはりあまり眠れないですね(笑) リクライニング角度も浅いし、フットレスト等もないですしまぁ予想通りです。 少し目を開けてみると、いつのまにか減灯されていました。 とはいえ、500系リバティの減灯は一部の灯りが消えただけで、国鉄車よりは眩しい印象です。 pic.twitter.com/m3QHNOh8Zj

2020-10-11 01:38:28
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

尾瀬夜行は下今市駅に一時停車。 夜間停泊されてる14系を見ると、何故かワクワクしてきます。 pic.twitter.com/dRvLaBvAbO

2020-10-11 02:09:13
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

新藤原で停車。 あと30分で着くのに、なんで交代するのかと思ったら、東武と野岩鉄道の境界駅でしたね。 しかし、30分の運転のために乗務員を揃えなければならない野岩鉄道も大変ですね…。 pic.twitter.com/8fBmzkXovY

2020-10-11 02:49:42
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

尾瀬夜行が3時間23分で会津高原尾瀬口駅に着きました。 これにて、今回の大目的は完了です(笑) にしても、全然寝れてないです…。 これから本格的に登山する方々は本当にタフだと思います。 とりあえず、3:50までゆったりします。 pic.twitter.com/pWuVbfAxdF

2020-10-11 03:29:41
拡大
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

会津高原尾瀬口限定で尾瀬夜行の幕が観れると聞いたのですが、どうやら出るのが遅かったようで回送表示になっていました…。 pic.twitter.com/gspWB7sFyX

2020-10-11 03:53:06
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

会津高原尾瀬口を出て、連絡バスへ。 駅舎がいい感じの雰囲気です。 pic.twitter.com/LYIqfCKr1J

2020-10-11 04:12:11
拡大
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

沼山峠行きバスに乗車。 バスのことはよくわかりませんが、背ズリの低さやビニールの頭カバーが一世代前のバス感がありますね。 ここから終点まで2時間。 またちょっとの睡眠タイムです。 pic.twitter.com/cvSyG96cMZ

2020-10-11 04:14:16
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

バスの終点沼山峠には6:00に着きました。 電波も届かない場所なので、ここからは過去の記録になります。 pic.twitter.com/XQww4NAi2k

2020-10-11 10:09:46
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

尾瀬散策① 6:25 出発 パンフ曰くバスを降りてすぐに登るのは危険で、暫く休憩所に留まって高い標高に身体を慣らせとありました。 それに従い、6:25に出発。 登山道は全て木の道が整備されており、登山初心者の私でも安全に登山できました。 ただ、アップダウンが激しく体力は消耗しました…。 pic.twitter.com/ZDBHWXKMwd

2020-10-11 10:10:21
拡大
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

尾瀬散策② 6:50 大江湿原 疲れも頂点に近付き、山道に飽きたところで急に視界が開け湿原が。 秋に相応しい紅葉に色づき、一瞬で疲れが飛びました。 更に台風通過が心配されていたとは思えぬ青空まで見れて、最高の景色でした。 pic.twitter.com/1z2OLAN4wn

2020-10-11 10:10:42
拡大
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

尾瀬散策③ 7:05 尾瀬沼 湿原の先に尾瀬沼が現れ、紅葉と空の青と尾瀬沼の青緑が混ざり、実に綺麗な景色です。 折り返し地点の尾瀬沼ビジターセンターにも着いたので、ここで折り返し。 いや、ここまでの道を戻るのか…再び疲労感が湧いてきました(笑) pic.twitter.com/ZHYGLvtPsn

2020-10-11 10:11:00
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

尾瀬散策④ 8:00 復路 沼山峠→尾瀬沼の3.2kmのうち序盤1kmが上り坂、残りが下り坂という感じでした。 ということは、帰りはそれが逆転するわけで…。 疲労の上り坂と、足を取られる急な下り坂に気をつけながら、なんとか沼山峠休憩所に戻ってきました。 pic.twitter.com/5SXTK3Qpc5

2020-10-11 10:11:15
拡大
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

尾瀬散策⑤ まとめ ということでモデルコースのDルートで散策してきました。 途中辛い道のりもありましたが、湿原と尾瀬沼は最高でした。 尾瀬夜行のついで程度で挑んだ尾瀬散策ですが、折角の機会と思い実行して良かったです。 ぜひ皆さんも尾瀬夜行と一緒に散策をお勧めします。 pic.twitter.com/Ps22HoJ3Jo

2020-10-11 10:11:33
拡大
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

さてこのDコース、全行程2時間半かかり沼山峠8:30発には乗れないと旅行会社の人に聞いていたので、この後は 沼山峠 10:45 ↓ 12:45 会津高原尾瀬口 (温泉・食事) 14:47 ↓ 15:30 鬼怒川温泉 15:37 ↓ 16:14 下今市 の予定で鬼怒川温泉はスルーのつもりでした。 (続く) pic.twitter.com/2FBNSxPbDN

2020-10-11 10:12:23
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

しかし、尾瀬散策が往路35分,復路60分の計1時間35分で8:00に沼山峠に戻ってこれたので、余裕で8:30バスに乗れました(笑) ということで、急遽予定を変えて鬼怒川温泉で温泉浸かりに行こうかと思います。 pic.twitter.com/WR0QPJLThN

2020-10-11 10:13:30
拡大
拡大
拡大
山添 三十朗 @JNR_P_F_Train

会津高原尾瀬口駅隣接の憩いの家に着きました。 思えば、路線バスに2時間も乗ったのは初めてかもしれません。 行きは夜で何も見えず寝てましたが、ここの道路も眺めいいですね。 pic.twitter.com/xTwlYu5hBT

2020-10-11 11:04:47
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(24)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?