アプリで作成

高知県物部村にある、消滅寸前の「堂平集落」 数回にわたる訪問による、近隣地区の住民からの聞き取りや現地の様子、祭事の記録

こんな文章が無料で読めていいのか…!
580
R774@まとめ屋 @kendou774

スレッドにします。 『物部の山奥にある小さな集落』40年ほど前の航空写真では、数軒の家屋と耕作地が見える。そして現在の航空写真。集落まで車道が延びているが、既に住む人はいないという。山奥にある小さな集落には何が残されているのか。集落の今を記録するために、『堂平集落』へと向かった。 pic.twitter.com/pHhMM9Z589

2020-10-17 21:08:26
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

堂平集落を知ったのは、10年以上前のこと。ウオッちず(現・地理院地図)を見ていた時、険しい山上にある集落に気づいたのだ。その存在は、明らかに他の集落とは異なっていた。時は過ぎ、2017年、高知新聞のこの記事を見て、堂平に行くことを決めた。『限界集落から“消滅”へ 香美市物部町の中津尾』 pic.twitter.com/miDOmAjZm0

2020-10-17 21:09:40
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

堂平集落は、高知県物部村(現・香美市)の中津尾地区にある二つの集落のうちの一つである。もう一つは下中津尾と言う。物部村の集落は物部川流域に位置するが、この中津尾地区だけは安芸川流域に位置する。山深い物部村でも特に山奥の地区で、堂平にいたっては、標高約750mの山上にあるのだ。 pic.twitter.com/I96Q8JiwtG

2020-10-17 21:10:35
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

堂平集落へは複数のルートが存在する。安芸市から向かうルート、香我美町(現・香南市)から向かうルート、そして物部村から向かうルート。いずれも深い谷間を通り、更には未舗装区間が存在する。山深い場所だけあって、どこを通っても険しい道程である。今回は安芸市からのルートで向かった。 pic.twitter.com/oN5yNv1STo

2020-10-17 21:11:35
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

まずは、旧・畑山村の中心部であった畑山地区へと向かう。安芸市街地から安芸川沿いに車を走らせると、程なく山間部に入り込む。四国山地の特徴とも言える"標高の割に険しい谷間"はここも同様である。四国らしい隘路が延々と続く。この険しい谷間の先に、村の中心部が存在してたのだろうか。 pic.twitter.com/l9mFeYKHg9

2020-10-17 21:12:35
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『畑山村』 安芸市街地から約20kmの畑山地区。狭い谷間を抜けると、明るい耕作地が広がった。旧・畑山村では、S.25年に2071人いた人口が現在177人。畑山地区は36人になってしまったが、当時は林業を生業として多くの方々が住み、賑わいを見せていた。それを裏付けるかのように立派な蔵が残っている。 pic.twitter.com/MUNosQTQdE

2020-10-17 21:13:35
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『水口神社』 畑山地区の産土神を祀る水口神社。広い境内には、多くの人がお参りに来ていたのだろう。しかし、今は神社だけでなく、周囲にも人影は少ない。このように、畑山地区は限界とも言える状況だが、土佐ジローをはじめとして、様々なアイデアで地域再生に取り組む地区でもあるのだ。 pic.twitter.com/3z7DdgP8nd

2020-10-17 21:14:41
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

地区内にお婆さんがおられたので、堂平集落について伺った。聞くところによると、お婆さんは堂平に住んでおられた方の従兄弟だというのだ。『堂平には5、6軒あった』、『(元住人の方が)週末になると堂平に来ている』、『祭りは2、3年前までやっていた』堂平に通う方がおられるのか… pic.twitter.com/Eb24Tv43Ws

2020-10-17 21:15:57
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

畑山地区からは、県道(畑山栃ノ木線)が林道へと変わる。相変わらず狭く険しい谷間だが、廃屋、廃吊橋など、暮らしの跡が見られる。先程のお婆さんも、この沿道にあった柿ノ久保集落(S.45年離村)出身だった。緑が生い茂る急斜面に集落が存在していたとは、今となっては想像することが難しい。 pic.twitter.com/8aQ4ituZgc

2020-10-17 21:17:14
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『下中津尾集落』 畑山地区から約5kmの下中津尾。谷間ゆえに平地は無く、家屋は斜面に張り付く。それらの家屋から物音が聞こえてくることはない。下中津尾を含む中津尾地区の人口は、営林署事業所があったS.35年に123人を数えたが、H.28年に堂平に住む最後の住人が亡くなったことで実質無人なのだ。 pic.twitter.com/LFryLcVdAC

2020-10-17 21:18:37
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『中津尾分校』 明改小学校・大栃中学校の分校跡。小さな石碑が、この地に学校があったことを証す。S.34年開校、S.44年閉校と、分校があった期間は僅か10年であった。ここができる前は通学に難儀していたという。既に校舎は無く、元教員住宅は集会所となっているが、最近になって使われた形跡は無い。 pic.twitter.com/2RnKmKlYSB

2020-10-17 21:19:56
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

地理院地図では、川の向かいに神社があるが、橋は無い。どうやって渡るのか不思議に思っていたが、実際には小さな橋が架かっていた。神社へと続く急な石段を登っていくと、 比較的新しい鳥居が立ち、巨木の下には整えられた社と祠があった。集落から人は消えたが、神社は今も大切にされているようだ。 pic.twitter.com/8negKdRfkL

2020-10-17 21:21:10
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『薬師堂』 同じ中津尾地区でも、下中津尾集落から堂平にかけては300m近くの標高差がある。下中津尾から離れると、道路脇には地理院地図に記載のない薬師堂があった。薬師堂の側には巨木が聳え、最近と思われる焚き火の跡もある。そして、穴の空いた石が大量に置かれている。これは一体何なのか… pic.twitter.com/zVq6tuQatt

2020-10-17 21:22:39
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『堂平集落』 下中津尾から約2kmの堂平。標高550~750mにかけて、家屋と耕作地が点在している。とは言え、その殆どは失われている。家屋が散らばっていて集落という感じはしないが、以前は8軒あったそうだ。木々に覆われた斜面にはどこまでも石垣が続き、当時の方々の苦労が偲ばれた。 pic.twitter.com/sDj0blapFi

2020-10-17 21:24:40
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『どなたかいらっしゃるのだろうか』集落上部に来ると、人の温もりがする家屋があった。同時に、茶白のワンコが勢いよく近づいてきた。何故ワンコがいるのか。先に行こうとするが、ワンコにブロックされて進むことができない。ここまで来て戻るしかないのか。そう悩み始めた頃、家屋の方に人影が見えた pic.twitter.com/2Tcx4P2wMs

2020-10-17 21:25:57
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

声をかけると、こちらに気づいてくださった。すると、ワンコも大人しくなった。ご挨拶して、堂平集落、そして社寺を見に来た旨を伝える。人影の主は、高知新聞に載っていた堂平出身のKさんであった。中津尾地区(堂平)に住んでいた最後の住人は、Kさんのお父さんだったのだ。 pic.twitter.com/Lj02mTtLN9

2020-10-17 21:27:21
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

Kさんから、堂平に関する様々なことをお聞きした。『堂平に聖武天皇の勅願寺があったこと』、『先祖は平家で桓武天皇をルーツとすること』、『今も堂平に通い、シキビの栽培をされていること』どれもこれも、現地でなければ知ることのできないお話であった。(お聞きした内容は後のツイートに纏める) pic.twitter.com/oaz9rTAOer

2020-10-17 21:28:33
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『観音様と氏神様』 集落の奥まったところには、観音様と氏神様が祀られていた。それにしても広い境内だ。ここには眞牧山平等院長谷寺(槙寺)があったと伝えられている。1300年前、聖武天皇の勅願をもって行基により建立され、いつしか羽尾(香南市夜須町)に移ったのだとも言われている。 pic.twitter.com/FxpjKiN6Rv

2020-10-17 21:29:58
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

確かに、天保8年の地図には、槙山村(物部)に槙寺が描かれている。加えて、堂平という地名は"お堂のある平らな土地"が由来だろう。そう考えると、ここに槙寺があったことは全く不思議ではない。ふと、気配を感じる。振り向くと、再び茶白のワンコが現れた。どうやらワンコに監視されていたようだ。 pic.twitter.com/fwZNAiaRgJ

2020-10-17 21:31:07
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

再び堂平集落を歩いてみた。どの家も主がいなくなってから月日が経っている。しかし、雰囲気は明るい。南向きで日当たりがよく、何より、今もKさんが通われているのだ。平家の子孫が辿り着いたと言われる堂平。その長い歩みは止まっていない。Kさんにお礼を言って堂平を離れた。 pic.twitter.com/3j3779C5JL

2020-10-17 21:32:07
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

だが、これで終わりではない。1ヶ月後、再び堂平に向かった。前回訪問時、Kさんに堂平観音様の祭事があることをお聞きしたのだ。ただ、堂平へ向かう前に、羽尾の長谷寺(ちょうこくじ)に行ってみる。先のツイートにある羽尾に移った槙寺というのは、現在の香南市夜須町羽尾にある長谷寺にあたる。 pic.twitter.com/jm6KE57VHM

2020-10-17 21:33:17
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『長谷寺』 標高500m。太平洋を見下ろせるくらいの山中に長谷寺はある。緑が生い茂る中に佇む様は、隠れ寺のようにも見えるが、室町期からと言われる仁王像をはじめとした、魅力溢れる古刹なのだ。長谷寺の由来には諸説あるが、由緒ある歴史を誇り、堂平の槙寺と関係があることは間違いないだろう。 pic.twitter.com/R1MmLEH7cP

2020-10-17 21:34:24
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

再びやってきた堂平集落。前日まで悪天候が続いていたが、この日は快晴だった。長谷寺の和尚さんによると、堂平で祭事をやる時は、雨が止むのだという。Kさんのお父さんは生前、『ここはいつもそんなもんよ』と仰っていたそうだ。『霊が宿っているというか、霊域なんでしょうね』 pic.twitter.com/fWRPKS0WAd

2020-10-17 21:35:20
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

堂平では年2回、観音様、薬師様の縁日に祭事が行われている。この日は、Kさん、長谷寺の和尚さん、長谷寺、堂平関係者の方々が参加された。祭事の準備を整え、氏神様、観音様にお祈りする。蝉しぐれの中、全員で読供、焼香し、宴席を囲んだ。この時ばかりは、堂平に往時の賑やかさが戻っていた。 pic.twitter.com/xTGuAZlxYd

2020-10-17 21:36:31
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

祭事が終わり、観音様、氏神様の扉が閉められる。次の祭事まで、堂平には静かな時間が流れることになる。 pic.twitter.com/kHUXeFJmOp

2020-10-17 21:37:16
拡大
拡大
拡大
残りを読む(22)

コメント

Osahiro Nishihata @喪中 @_Osahiro 10日前
堂平集落のKさんが栽培されている「シキビ」は、写真からするとシキミみたい。食べるものではないけど、祭事に使う。
23
ろんどん @lawtomol 10日前
この方のツイートは、いつも時を忘れて読み入ってしまう
13
ろんどん @lawtomol 10日前
調べてみたら、樒(しきみ)は、岐阜あたりから西では「シキビ」と呼ぶみたいですね。昔は落語のクスグリに時々使われてた(「祝いの花に樒を持ってくるヤツがあるか」みたいな)けど、最近は樒が通じないのか、とんと聞きません
26
Toshiaki Takagi @toshiaki_takagi 10日前
わんちゃんかわいいしかしこい
23
甘川_K @amgwK1_05 10日前
シキビ(樒)は仏前や墓前に供える植物ですね。スーパーだと榊と一緒の売り場に置かれています。
30
どむど @heishin76 10日前
「これ、日本じゃないんですよ」って言われて見せられたら、どう思うんだろ。建物とかが映っているのは、いやいや日本でしょ、って言えそうだけど。
1
白墨 @amanilo_ 10日前
heishin76 日本じゃないんですと言われれば似てる風景もあるんだなぁと思うけど、どうかなぁ。 鳥居は置いとくとしてめちゃくちゃ山奥なのに綺麗に舗装されてるアスファルトと意味あるのか?って感じの白線、わんこの首輪がすごく日本っぽい。
8
また結婚したバツ3 @CAFE_XXX 10日前
heishin76 太平洋戦争時にアジア各国にあった日本人街が廃墟となって残ってたりするので、信じてしまうかも。
1
Mongyang @taisyo_2015 10日前
相変わらずクオリティが高い。大阪での木材需要が高かった名残だろう。人口が増加する江戸後期から戦後のS30年代まで残ったんだろう
2
フローライト @FluoRiteTW 10日前
ここまでインフラを維持するのは勿体ない。消滅させるべき
5
猫間ないと@俺の青春が帰ってくる @zutaboronet 10日前
祭事の様子に見覚えがあると思ったら、新日本風土記で見たの思い出した https://www.nhk.or.jp/fudoki/130208broadcast1.html
2
顔野文字太郎 @accesswork 10日前
こういった所のわんちゃん見た目でもう独特の山に生きてる飼い犬感がある
7
ぽぽ @poporirinPORIN 10日前
物部村って小松和彦氏の論文で見たいざなぎ流の祭祀をやってる所じゃないか! そうかここまで過疎化が進んでいる所だったのか…。
9
Masaki☆ @masaki_kkmt 10日前
俺が生まれ育ったところもたいがいの限界集落になってるな…… 若い世代はみんな街に出ちゃったし。 「消えてしまうのは惜しい」かもしれないけど、あんなところではとても暮らせないよ。
15
kenjirou_takasima @kenjirou 10日前
地元の五家荘の奥にある久連子をさらにグレードアップした感ある、あそこはまだまだ人がいる気配がするので、山越えたら湯前町や椎葉村に行けるのでたまに行くのよ…
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 10日前
大分物々しい名前の村が出てきたと思ったらむっちゃエモエモしかった フィールドワークほんま大事
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 10日前
シキミとサカキ、カシワやヒイラギ辺りの年中行事に使う植物は爺さんが庭で育ててたなあ
0
ポテチ @h4UoKS4uiga53r4 10日前
masaki_kkmt 「惜しい」なんてのは自分が住まないし身銭切る事も無いから言えるだけよ
15
ゴマすりクソバード@自由人 @animefigure3d 10日前
「消えることはない」と締め括られているが、祭事を行なっている人々が高齢になり祭事ができなくなれば朽ちて自然へと帰っていく。
9
み(Togetter) @Togetter11 10日前
物部は色々とエモいよ。小松和彦先生が長年研究してる
0
うおどむ @walkingdome 9日前
読み応えがある記事だった。個人的には茶白のワンコに助演賞を贈りたい。
2
マシン語P @mashingoP 9日前
樒は日蓮宗と系列の創価学会が好むため、そういった信者が経営する花屋だと樒は置いても榊を置かなかったりする。
1
y2_naranja@蟹ペン属🦀 @y2_naranja 9日前
さらっと書かれているけど、祭りで神様と観音様を祀ってて、神仏習合が残ってるんだな、と思った。それに、物部だから、何か特別なものが他にも残っているのかもしれないな。
1
ジョルジ=フェルナンデ@流川市民 @JorujiF 9日前
樒の実はいわゆる八角とそっくりだけど八角は日本に自生してないから間違えて食わないように注意。食うと死ぬ。
8
washeagle @washeagle 9日前
樒という植物の存在は屍姫で知った(隙自語)
0
Masaki☆ @masaki_kkmt 9日前
h4UoKS4uiga53r4 旧街道沿いなんかもそうだけど、鉱山や林業が廃れたら、付随する集落は一緒に消え去るべきものなんだよね… 俺もそれでいいと思ってる。 住みもしない人がノスタルジーやセンチメントだけで「残すべき!」と無責任に騒ぐのは、もういいかげん飽きてほしい。
13
やし○ @kkr8612 9日前
JorujiF 大昔にはジャパニーズ・スターアニスとして輸出されたアメリカで死者出してるんですよね…
0
ふわなー@GIG全通です @fuwakou 9日前
読みごたえのあるフィールドワーク…
0
まるぼけ @marumaruboke 7日前
FluoRiteTW それ現地の人に直接面と向かって言えよ、出来るのかよ
4
y2_naranja@蟹ペン属🦀 @y2_naranja 6日前
masaki_kkmt 鉱山が閉山しまくった結果が、今のJR北海道の惨状の原因のひとつなので、なかなか難しいところです。 (顕著な例:夕張炭鉱) 北海道の半分くらいが荒野と化す……。
3
出無精マスク @annoupoteto 5日前
これ社の奥に選択肢次第で敵にも味方にもなる、のじゃ口調で喋る力の衰えた物の怪が住んでるやつだろ、隻狼とか仁王でありそうな風景好き
0
まはら@不定の正気 @lalalu_0620 4日前
心情的にインフラ整備するなとは言えないけど限界集落を抱えている自治体自体わりと限界だからなあ…ご無理なさらずとしか言えない
1
じんげん @jingen44 4日前
林業とかで必要ならインフラ維持したら良いと思うけど、日常で必要ないインフラを維持するのは難しくなりつつあるから… 北海道とか旧集落跡への道が土砂崩れ等で通行止めになっても復旧工事せずにそのままに放置されてるケースが増えてきてるし。
0