普通のサラリーマンだった父の20年以上の闘病生活…マンガ『若年性認知症の父親と私』が考えさせられる

まとめました。
1091
吉田いらこ/大阪おでこ姉妹 @irakoir

10歳小学4年生と6歳小学1年生の姉妹絵日記です。父ちゃんは東京で単身赴任中! 吹奏楽(tuba担当)と博物館巡りが好きです。ブログもしてるよ✨

ameblo.jp/irakoir/

吉田いらこ/大阪おでこ姉妹 @irakoir

若年性認知症の父親と私04 pic.twitter.com/Ym6eBQfdMM

2020-01-25 12:23:37
拡大
拡大
拡大
拡大
吉田いらこ/大阪おでこ姉妹 @irakoir

若年性認知症の父親と私05 pic.twitter.com/IVR2PaR024

2020-02-01 10:57:13
拡大
拡大
拡大
拡大
吉田いらこ/大阪おでこ姉妹 @irakoir

若年性認知症の父親と私09 pic.twitter.com/dPthPwYtUY

2020-02-29 11:02:26
拡大
拡大
拡大
拡大
吉田いらこ/大阪おでこ姉妹 @irakoir

若年性認知症の父親と私10 pic.twitter.com/l0wq4fJ5bH

2020-03-07 09:42:02
拡大
拡大
拡大
拡大
吉田いらこ/大阪おでこ姉妹 @irakoir

若年性認知症の父親と私13 pic.twitter.com/Y9P1ekNpHI

2020-03-28 11:36:23
拡大
拡大
拡大
拡大
吉田いらこ/大阪おでこ姉妹 @irakoir

若年性認知症の父親と私16 pic.twitter.com/964rKqk2OQ

2020-04-18 10:58:11
拡大
拡大
拡大
拡大
吉田いらこ/大阪おでこ姉妹 @irakoir

若年性認知症の父親と私18 pic.twitter.com/A9qXgDl2dI

2020-05-02 11:57:38
拡大
拡大
拡大
拡大
吉田いらこ/大阪おでこ姉妹 @irakoir

若年性認知症の父親と私22 pic.twitter.com/ZlfVwJPn0k

2020-05-30 10:41:30
拡大
拡大
拡大
拡大
吉田いらこ/大阪おでこ姉妹 @irakoir

若年性認知症の父親と私24 pic.twitter.com/WlQHPXtDvm

2020-06-13 10:45:49
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(35)

コメント

えあ @air_aterazawa 2020年10月20日
結局心なんて脳っていう機関が作り出す虚構なんだなあって思う。虚構という言い方は悪いか。別に神秘性のあるものではなくて、ただの化学的な反応でしかないんだなあって。
87
くめ @syakunimugen 2020年10月20日
自分の父も先月脳梗塞で倒れて、本当にこれから介護生活が始まるかもしれないってことになったから、もうわんわん泣きながら読んでしまった。今は奇跡的にリハビリのおかげで歩けるようになったけど、最初お医者さんからは将来車椅子か歩行器になりますって言われて本当に怖かった。今元気になった父を見て、なんか言い様の無い感情が湧き出てきました。自分語りを長々として申し訳ないです。
166
リア @Get1018 2020年10月20日
亡くなった顔、薄目で口開けてるののリアル感がすごくて…祖父が亡くなった時のことフラッシュバックしてしまった。そうなんだよね、枯れるって表現本当よくわかる
154
ふじこ @hujikodesu 2020年10月20日
地獄だな。こんなになった人を生かさなければいけないなんて、なにがなんでも生かさなければいけない今の法律はむしろ罪。人の尊厳を蔑ろにしている。本人にも家族にも20年間の拷問を与えてるようなもんだ。お母さんお疲れ様でした。
97
ばにやまだ @baniyamada 2020年10月20日
当事者や近い境遇の人もいて言うのも恐縮なんだけど、脳がその人の人となり作ってるからな…良くしてくれた曾祖母の晩年自分を認識してくれなかったけれどそれだけで言いしれないショックがあったな。ましてや身近な親が災難に遭ったらと思うと掛ける言葉が見当たらない
40
おみそ大根 @omiso_daikonia 2020年10月20日
私も祖父母の介護をほとんど母に任せていたので身につまされる。私や他の家族のことを忘れていき、母の目には見えない人と会話していた祖母。そんな現実と向き合いたくなかったのかもしれない。母は強い。私には出来そうもない。
50
お空キレイキレイ @747_bold 2020年10月21日
hujikodesu でもねそうは言っても全く別人じゃないだよね 性格が変わってもふとした瞬間の表情とかが元気だった頃と重なるときがあって尚更それが悲しくなる
171
クリームソーダ飲みたい @aux71011634 2020年10月21日
自分がこうなるのが怖い、こうなって家族に負担かけるのが怖い。安楽死制度はよ頼むよ…
130
ルックムー @Rick_moony1 2020年10月21日
周りの人間に迷惑かけてまで生きたいとは思えない。地獄だ、こうなったらもう早く死にたいから家族が勝手にスイスで安楽死手続きして、スイスの川に遺骨流してほしい。
41
かんち @ramekan55 2020年10月21日
酒飲んで読んだら号泣してしまった
12
@id_fid 2020年10月21日
このお母さん、偉大すぎる。
156
tobo1103 @tobo1103 2020年10月21日
hujikodesu ウチも父が若年性認知症で数年前に寝たきりになった。もう、会話はできない。こんなになって、本人もきっと幸せじゃないから、申し訳ないけど、地獄でも生きてて欲しいのが家族の気持ち。
31
うなぞこ @unazoco 2020年10月21日
いくら愛があったとしても、20年以上もの間この生活を続けられる人がどれだけ居るのか。お母さんの苦しみは想像を絶するものだったと思う。 「もっと他の人を頼っていいんだよ」というのを具体的に提示してくれた介護職の叔母さんのような人がいてくれて良かった。
225
ジェンツーペンギン @apt5r 2020年10月21日
自分の父親の姿で想像してしまうくらいリアリティのあるエッセイでした。
8
A-komutan @4PLwe5N58FuBOUt 2020年10月21日
認知症って本当に残酷で悲惨な病気だ。
80
マヌス @8EwMMLFV0DyDtc9 2020年10月21日
身内に介護関係者がいたから相談出来たものの、ヘルパー側は孤立しやすく、孤立してしまうとみんなが不幸になりかねない。この国の福祉は案外充実しているのだと、いざ直面する前に知っておくべきだと思うな
67
マヌス @8EwMMLFV0DyDtc9 2020年10月21日
あと全然本筋には関係ないんだけど、亡くなった元警官の祖父がボルトをあちこちに入れてたらしく、火葬後に金具が結構な数出てきたのを思い出した。火葬場の方がちょっと驚いた時、叔父がすかさず「ウチの父ロボコップなんです」って言ったのは神対応だったな…
160
スロバキアーニ @slovakiani 2020年10月21日
air_aterazawa また断言するのには早いかもしれません。心はどこにあるのかまだ探求する余地はあります。
24
しの @_sieraden_ 2020年10月21日
このお母さんすごいな……余生は穏やかに過ごしてほしい。介護した分、長生きして、たくさん想い出を持ってお父さんとあの世で再会してほしいよ……
48
Toshiaki Takagi @toshiaki_takagi 2020年10月21日
子供が何も不安を抱えず伸び伸び生活出来てたぐらいの事をしたこのお母様は凄すぎる。うちの倒れがちな父を支える母親ににた強さがあって生きてるうちに両親に沢山親孝行せねばなと思った…。あと作者さんも遠慮せずもう少し自分の感情を遠慮せずに話しても良かったんじゃないかなとか思った、その辺もたくましいお母様に似たのかしら
94
鶏男ザ3番目 @MenyouToriotoko 2020年10月21日
自分ちょっと特殊な場所で働いたことあるんですけど(介護士ではない)、症例に関わらず24時間の介護や療養というのは本当に身内だけでは実施者の体も心ももたない。使える公的補助は多岐に渡ってあるので、役所などに必ず一度は出向いて欲しい。
81
紺碧 @Konpekin 2020年10月21日
めちゃめちゃわかる、一番身近で苦労した人ほど泣けないし、泣いてショックで呆然とする人ほど、何もしていないんじゃなくて立場とか精神的負担で「何かしたくても出来なかった・無理だった人」なんだよな…人によってキャパはそれぞれで、泣かない家族は冷たいのではないし、泣くだけで何もしていなかった人は役立たずではないんだよ。どちらも責めるのは酷なんですよ。他責はもとより自責しなくていい。
107
かもの ねねみづ @cmnnmz 2020年10月21日
よい作品だった。 あまり言葉を選んでもしょうがないけど、事故や老いで脳機能が損傷した人の世話を強いられることを美談にするのは今後難しいだろうし、これからの若者の税負担にしたくないなあと思うよね。
41
kokomaro @kokomaro11 2020年10月21日
お父さんの発症時と年齢が近い。しかし、作者さんほど子供は大きくなっていない。 今までは妻や子供の健康を案じていましたが せめてこの子が大きくなるまでは、自分自身も健康体で居させて欲しいと思いました。
7
朝倉 @SN_Error 2020年10月21日
「飲み込む力が弱くなる」「繰り返す誤嚥性肺炎で体力低下」「入院中に身体の機能が低下して寝たきりに」「胃ろうをするかどうか」「すぐ入れる施設は高すぎて手の届く施設は順番待ち」どれも覚えがありすぎる。もちろん私が家族を介護したケースとは全然違うご病気だしそうなるまでのプロセスは各患者さんごとにまちまちなんだけど、そうなってしまうとみんな同じような経験をしているんだなぁと。とにかく、長い長い介護本当にお疲れ様でした、としか言えない。介護は気楽に、100点を求めない、自分を責めない、ほんと大事
64
kenjirou_takasima @kenjirou 2020年10月21日
両親がここまでではないが認知症なのでつらい、ここまで劇的ではないが母親が階段から落ちて退院後がキツかったね… 朝から晩まで見ておかないと外出するのよ、目の前で父親を認識してないのには理解してても内心衝撃でしたよ
7
4世 @luke4th 2020年10月21日
お父さんもお母さんも語り手も誰も悪くない。だから余計に辛いし悲しい。
33
カーテン @au_users2020 2020年10月21日
hujikodesu とはいえ「20年生きて介護は辛かったけど、最後は延命を止めたとは言え自然に任せて亡くなった」のと「これからまだ生きられる、奇跡が起こるかもしれない、本人が死にたくないと思っているかもしれないのに家族が安楽死を希望して実行する」のはかなり結果的に楽でもその後の心理的なダメージが違うと思うのですよ
73
kenjirou_takasima @kenjirou 2020年10月21日
延命治療をするかどうかはいくら早くに決めてても、実際に直面すると動揺して迷うものです まあうちの両親は80代まで元気だったのでまとめの家族の方よりも幸せだし、介護サービスは色々と早めに動けたのでだいぶ楽
1
kenjirou_takasima @kenjirou 2020年10月21日
hujikodesu 地獄だけど介護や治療できるうちはやらないと亡くなったあともっと地獄なんですよ… 実際に直面するまで意外とそう思わないものです
21
ウラリー㌠ @urary777 2020年10月21日
お父君もお母君も作者さんも、皆おいたわしい…自分が自分でなくなるのって、恐怖でしかないですわ。その恐怖をすら、もう感じないのかも知れないけど…
8
はんなり @hannariOTBK 2020年10月21日
棘のコメ欄でつべこべつべこべ言える話じゃないんよ
74
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2020年10月21日
重たい話やけど、またぞろコメ欄で「安楽死(という名の殺処分論)」がちらほらくすぶってるのが嫌やなぁ。本人の意志が示されてない、示されていない状態での「安楽死」は、如何なる国でもあり得へんよ。
64
RUN @Runagate 2020年10月21日
うちの父親が余命宣告された時に医者が「どれだけ看護や介護やろうとやるまいと、亡くなった時にはもっと何かできたんじゃないかと後悔する。出来ることをやればいいんですよ」と言ってくれたのは、結局救いになったなぁ。苦しい闘病でもきっちり生きてくれた親父様は偉大だった。
59
ぽぽ @poporirinPORIN 2020年10月21日
認知症の人の介護する側の事を考えたら本人の同意なしの安楽死はダメだと一言には言えない。認知症が進んでしまった人の横暴さ理不尽さは介護人の心を殺す。健常な人と認知症の人、どちらが生きるか死ぬかのレベルになってきたら外側からは何も言ってはいけないと感じる。
15
TOIさん(17)☆⛅ @1983Y 2020年10月21日
「自分で食べられなくなったら寿命ってこと」って介護職の叔母さんの意見に同意。30年以上犬猫の動物の保護活動してた母も「歩けない、食べられない、目も耳も鼻も効かなくなって、触られてる事もわからなくなって楽しみがなくなったのならもう十分」って老犬老猫の無理な手術や延命はしない人だった。(延命を選ぶ人の事も決して否定しなかった)
69
TOIさん(17)☆⛅ @1983Y 2020年10月21日
1983Y だから母が55歳で喘息で急死して、一旦心臓マッサージして脳死状態?になった時も迷わず延命処置はしない事を選んだ。もしも今植物状態の母をずっと看てる事を考えるとそれでよかったと思ってる。
25
さしみじょうゆ @sashimi_shoyu7 2020年10月21日
hujikodesu 言いたいことは分かるけど、突然の脳腫瘍の破裂で脳に障害を負ってしまったこの方のお父さんの場合、自分の意思でよく尊厳死を選ぶことは不可能でしょう。元気な時に認知症になったら死なせて欲しいと言っていたとしても、現在の本人の意思の確認を無視はできないし。家族の意思だけで尊厳死を認めることは殺人に繋がるし、延命治療をしないのとは別次元の罪悪感をもたらすと思う。
58
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2020年10月21日
自分も親の要ろう増設の時にちょっと悩んだんだけど、医師におしきられる形で増設したのよ。で、1年たった今、2食経口摂取できるまでに回復したのよね。患者の状態にもよるので、「胃ろうをしないことを決断した」話だけにあまり引きずられないように。
40
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2020年10月21日
ちなみに発症の原因は事故とかではないけどこちらのお父様と同じ若年性認知症(前頭葉側頭葉型認知症)
3
雨女 @qu10109law 2020年10月21日
作者さんもお母さんもすごく立派だと思った
33
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年10月21日
( ´H`)y-~~自分の時は良い感じで自決できるシステムがあったら良いな
15
38 イエベすぎて黄疸 @kurenainomiya 2020年10月21日
若くても歳をとっても認知症の方が見ていて辛いけど 認知症はいろんなタイプがあるから こんなふうに脳の病気で起きることもあれば、加齢で起きることもあるし ただ、本当になる方は珍しくない。 認知症で攻撃的になる方もいるし そういった人を家族がみると家族は辛かろうと思う。 介護施設を頼ってくれていいし 職員も、泥棒扱いされたり怒鳴られたりしながらも耐えられる限り耐えるので(難しいレベルなら医者と相談する) ただ、できるだけ会いに来て実情はわかって欲しいし 介護に協力してほしい…
15
ひかる @picaruso1 2020年10月21日
子どもたちが青春を全うできたようで、このお母さんはすごい。自分だったら弱音を吐いて子供に頼ってしまうかもしれん。
42
シッズ〇@ゲーム専用垢 @shizzumaru 2020年10月21日
なりたくない病気No1なだけはある 読んでてただひたすらに辛かった
53
シッズ〇@ゲーム専用垢 @shizzumaru 2020年10月21日
あとまたぞろ安楽死議論が始まってるが、 安楽死肯定派は意志を示す前に認知症になった場合のパターンを想定せず、 安楽死否定派はじゃあ誰が最終的にリスクを払うのかという事を示せずにいるいつものパターン
47
ようやく切替えたマン @seyamikann 2020年10月21日
自分の祖父は脳梗塞で倒れて10年以上寝たきりで亡くなった。ばあちゃん苦労したんだろうなぁ……
13
ポテチ @h4UoKS4uiga53r4 2020年10月21日
shizzumaru 後者に関しては基本的には家族親族だし、その手に負えなければ行政でしょ 逆にそれ以外の何かがあるんかいな
7
CRAP @pilimykingdam 2020年10月21日
ようやった。 そんだけだ。
26
xi @accountLINKonly 2020年10月21日
泣くのは時間がかかるよ、冷静になるための機能でもあるからね…お疲れさまでした
7
もき @moki_000 2020年10月21日
この方は実の父が亡くなりそうなのに自分の生活を優先している、と言ってるけど、むしろ実の父が危篤なのにまだ幼い自分の娘の生活を守ろうときちんと動けているのだから、何もダメなところはない 何を守るべきかという意識がちゃんとあって、お母様と同じくらい強い人だと思う
81
Lunatic Prophet🔞 12/20砲雷撃戦 @ArimInfo 2020年10月21日
トレンドの「壮絶最期」との差分について考える
1
kenjirou_takasima @kenjirou 2020年10月21日
luvgymnastics99 医師の判断が当てはまったのは良かったですね… 自分の両親だと迷うだろうなあ、最低でも1日は考えたいです
13
こしみずひさつね/輿水久常 @koshimizuhisatu 2020年10月21日
これだから生命を最上位に置く価値観には賛同できない。人にどう思われたくてどう行動するかを健全な精神で決定すること、大切な人との思い出をそのままの形で守ることは尊厳の最たるものでそれは生命そのものよりも大事なことだと思う。「中身が知らないおじさんに取って代わられた」お父様もさぞ不本意だっただろう。楽しい思い出もイメージも豹変した後の辛いものに塗り潰されることを思うと死ぬより余程怖い。
29
プリティン@字一色 @puddingting 2020年10月21日
脳腫瘍って破裂することがあるんだ……知りませんでした。
2
ゴンドー@禰豆子 @gondoh_jp 2020年10月21日
事前に話し合ってうちはふたりとも延命措置しないで合意している
12
あした @ashitaha_out 2020年10月21日
意識ははっきりしているのに要介護になり、トイレも風呂も食事も自力では厳しくなった祖母は「こんなの人間じゃない、早く死にたい」と泣いていたなあ。幸運にも(この言い方は語弊があるが)それから半年経たず亡くなった。本人も周りも楽になったと思う。
47
takatakattata @takatakattata1 2020年10月21日
人を愛するって何だろうね 何を愛してるんだろう 皆が皆健やかであってほしいけど
2
CD @cleardice 2020年10月21日
脳が壊れた時点で死ねてたらとも思うけど漫画の描写を見る限り孫のことはなんとなく認識してるっぽいのだよな・・・やっぱり簡単な話じゃねえわ
38
バレルロール @zoahunter 2020年10月21日
お母さん冷たくない。まだ、気が張ってるからだよ。私は一回忌終えて家に帰ってひとり故人の遺品見て、初めて、涙が出たよ。事務的にでもなんとかこなし終えた後に、やっと「見送ってあげられた」と自分で納得出来たので、おいおい泣けたんだわ。これからは、お母さんと楽しい外食とかして欲しいなー。独りじゃホント入るの躊躇するもん。
46
あるふど @1WCzPF0jcLKan43 2020年10月21日
誰も指摘してないけど 病院酷くね? 入院してるのにこんな事になるとか
1
風邪 @tv_radio_0409 2020年10月21日
愛する家族に介護の負担をかけたくない。「家族の命を終わらせる」という重い決断もさせたくない。とは言え早死にもしたくない。ピンピンコロリしたい。
24
風邪 @tv_radio_0409 2020年10月21日
40年後の棘米はどうなんのかな。自分が当事者になった時「延命しないでくれ」って思うのかどうか。私は正直わからん。
9
ハンミョウ獣人 @OrmFkkQMQISzCIz 2020年10月21日
祖母の場合、胃瘻の手術自体のダメージが強くて体力が保たず亡くなってしまったので、一概に何がいいとか悪いとかでもないですよね。
20
KID提督 @KID_sakotsu 2020年10月21日
shizzumaru 前者は家族親族が判断でいいじゃん
6
笑い男 @kaycorthen 2020年10月21日
俺も家族が脳梗塞で倒れて要介護だから、この漫画は将来の自分かもしれないと思うと恐怖しかない。でも本当に公的サービスにはかなり助けられてる。国が〜とか年金が〜とか文句言う奴多いけど、自分みたいにちゃんとしてる所も沢山あるから公的なモノに俺は文句言わない。
21
マー @guro_mi 2020年10月21日
h4UoKS4uiga53r4 shizzumaru は例えばこのまとめの例ならば「その20年を家族といえど他人が不当に奪われるリスク」って言いたいんじゃないか?そりゃ介護するのは(外注すること含めて)家族でそれができなくなったら行政がやるのは現行法ではそうだろう。
7
若葉 @byaaashi 2020年10月21日
認知症ではないけどこのお父さんの死顔は祖父の死際の顔と同じだ 祖父も夢見るようにふっと逝けたのかな
5
Kyrie @Kyrie_u_eiryK 2020年10月21日
先天的・後天的問わず、損なわれた脳の神経機能を修復するような技術が早く生まれてほしい。心底思う。
13
Kyrie @Kyrie_u_eiryK 2020年10月21日
「他人に話すと、相手に負担をかけてしまう」…この方はすごく他人を思いやれる人だよね。 でもそうやって抱え込むと、いつか自分の心がひしゃげてしまう。そういう時に、家族や友人以外の第三者機関を頼れるといいんだと思う。 ただ最近はメンタル系の相談ダイヤル・LINEですらキャパ不足でパンク状態だったり、素人みたいな逆効果な受け答えの相談員がいたりでなかなか難しそうだな…。
40
山の手 @Yamano_te 2020年10月21日
認知症介護は経験があるが自分のところはかなり穏やかだったんだな、ということを他のケースを見聞きする度に実感する。ましてや一家の柱である父親が若年性認知症。お母様は本当に大変だったことだろう。ただ、娘が青春をおくり立派に育ち、孫まで持って立派にやってることが、何よりの親孝行だっただろうと思う。
7
くるみ@趣味色々雑多垢 @chocorate62 2020年10月21日
家族にしかわからないよなこういうの…本当に壮絶としか言えないし、誰の身に起こってもおかしくない話だから考えさせられる。 作者の母親は思春期の娘に介護で大変な思いをさせたくなかったんだろうな。ヤングケアラーが最近問題になってるけど娘の人生を守った強い人だし作者も優しい人だと思う。 あと、作者の娘を見て「かわいい」と言った父親の言葉は本心だと思いたい。
35
田中 @suckminesuck 2020年10月21日
大抵の人間はボケるからなあ。ボケたくねえなあ。
30
辻マリ@もなか&まさむね @tsujiml 2020年10月21日
この人は病気がきっかけですが、精神的ストレス(職場で酷いいじめを受けていたそうです)で若年性認知症になった事例も有りました。若年性は進行も早くて、60歳にはなれなかった事を覚えてます
17
@wanwanbawbaw 2020年10月21日
家に主介護すべき親がいると恋愛とか結婚とか考えれなかったなあ。どうせわかったら終り感あったし。旅行もできないしね。祖父母ではなく親が寝たきりとか24時間介護だとそんなもん
8
lD_B @frswfmhs 2020年10月21日
安楽死もとい尊厳死は他者から見て意識が明確な人以外にはやっちゃいけない。自分がボケたら誰かに殺して欲しいってのは身勝手だよ。そうなる前に死ねる、人生の前倒しができる仕組みはあってもいいと思うけどね。
4
たちがみ @tachigamiSama 2020年10月21日
コメント欄がそうであるように、他人ならば合理的に理屈で考えられるし切り捨てることもできる しかし当事者になると一片の希望にもすがるし割り切れない 更に親族からの圧もある しんどい
27
ラウ@RFA20日💎0 @indigoblue_yume 2020年10月21日
自分の親の看取りについて考えてしまうな…親からは「延命治療も胃ろうもしないで痛みだけ取ってくれ」とは言われてるけど自分がそれを決定できるだろうか…
15
BUNTEN @bunten 2020年10月21日
脳はなぁ…。▼俺もこうなり得ると考えるとつらくなってくる。腫瘍でなくても交通事故とかで損傷する確率は無視できないほどには高い。▼アルコールで大概やられたんじゃないか、という話は無視する。
3
ラウ@RFA20日💎0 @indigoblue_yume 2020年10月21日
indigoblue_yume 曾祖母がもうダメかもしれん…と緊急事態宣言明け直後に最後の別れをしに病院に行ったんですけど延命治療の末に不死鳥の如く蘇り元気になったので本当にわからんのですよ…先生が「看取りについて考えて…」と言われる危篤だったんですけどね…
12
out/mount/ @hokuro0219 2020年10月21日
air_aterazawa それが科学的な反応であったとしても、よすがを求めるのもまた人間ですね…難しい
4
YF @annex38 2020年10月21日
うちは家訓で献体です
5
みさ @misa_exchange_ 2020年10月21日
祖母が胃瘻を選択したが、直近の介護にあたってた伯母さんの方がやつれていって身体を壊した。一度開始すると途中でやめることもできず、「お母さんを見殺しにするのか」と他の家族の反対を押し切って胃瘻を選択したはずの伯母さんが病んでいく姿を見るのは辛かった。祖父が随分と早く亡くなっていて、叔母は姉妹の間でも一番祖母にべったりだったらしいので、胃瘻でも生きていてほしかったという選択自体は間違っていなかったと思う。ただ考えさせられる出来事だった。
33
ホーリー☆ニャーニャー @holy_meow_meow 2020年10月21日
泣いた いつかは辿る道、明日の自分は五体満足でいられるかわからない 自分たちは自活出来なくなったら覚悟を決めてるけど
1
カメの子07 @westeye1182 2020年10月21日
iPSとかで脳の再生が可能になればこうした悲劇も減るのだろうか、医学の発展に期待したい
4
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年10月21日
俺の親父も40で脳腫瘍になって43で亡くなったが、3年の闘病でも母は大変苦労したからな。それが20年か。うーん。
17
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年10月21日
こういう闘病生活が続くと、不幸を食い物にせんと胡散臭い代替医療の話とかも飛んでくるので余分に疲弊する。 それで変なババアから親に電話掛かってきて、居ない知らんと言ったらキレだして今思い出しても不快だわ。
15
kartis56 @kartis56 2020年10月21日
この人の場合は物理的に脳みそ切除してるから、いわゆる認知症とはちょっと違うんだよね。破裂したってのは動脈瘤破裂かな
1
kartis56 @kartis56 2020年10月21日
Kyrie_u_eiryK ハードウェア自体の修復はできても、記憶のようなソフトはどうにもならないので、多分想像してるような治療にはならないよ
3
Tadashi @tadashifx 2020年10月21日
自分がその状態になったら延命してほしくないと思ってるし、夫婦間では延命措置無しということで合意はしてる。が、妻がその状態になったときにちゃんと医師に「無しで」と伝えられるかどうか不安。それにしても胃ろうにしろ人工呼吸器にしろ一度やったらあとで変更できないのはなんとかならんものか。「無し」という選択ができるのであれば「ここまでで」ってのもありにしてほしいのだが…。
11
雨音 @misamisa_620227 2020年10月21日
美談にしてはいけないやつだ。
14
キケリキー @KIKERIKI17 2020年10月21日
うちの婆ちゃんは、70で倒れて介護生活が始まった。最後は私の名前をペットの犬の名前で呼んでたし、介護施設のベッドから動けなかった、享年93の大往生。葬式の後は宴会だった。親元離れてて碌に見舞いにも来なかった親戚には、うちの親も言いたいことがあったみたいだけれど、婆ちゃんがぼける前、子供だった私にだけ呟いた、実感のこもった「死にたい」は未だに覚えてる。
18
キケリキー @KIKERIKI17 2020年10月21日
KIKERIKI17 ちな、介護を経験したうちの親は「絶対に延命措置はしてくれるな」って言ったし、実際に父は肺がん時に「緩和ケア」を希望して、すっと死んでいった。母は介護施設のためのお金を自分で貯金してる。介護を経験するってのはそういう事で、あんまし綺麗事の感動物語にせず、それこそ病後は「安楽死できたらいいねぇ」くらい世間から軽く語られるような感じにならないと、介護で死ぬ。
34
チャダ @puppetmaste2501 2020年10月21日
先月、甥が脳内出血で他界した。未だ14歳だった。去年の夏に会ったのが最後だったけれど、一年でここまで成長するのかと吃驚したなぁ。14歳にして身長180センチに成ってた。死は無慈悲で平等に情け容赦なく誰にでもやって来るけれど、それにしても、何故甥がとは思ってしまう。そして妹夫婦には申し訳ないけれど、重度の障害を抱えて生き永らえるよりは、未だマシだったとも考えてしまった。介護で発生する肉体的経済的な負担は、人から人間性を奪うから。
17
チャダ @puppetmaste2501 2020年10月21日
puppetmaste2501 妹が甥の教育で悩んでいて、その相談で甥を津れて家に来たのが最後だったんだけれど、その時はこれが最後の会合だなんて思いもしなかったよ。
9
マッス @masu_yudai 2020年10月21日
ここで漫画のセリフを引き合いに出すのは適切じゃないかもしれないが、「どちらを選んでも本当の正解じゃないけど、どちらか必ず選ばなくちゃならない時」ってまさにこういう事態なんだな…と。なんというかお疲れ様でした。
11
いれい @e0_rainy 2020年10月21日
自分も16歳の時に父親が脳出血でこんな風になって、その後のエピソードが何もかも一緒だった(まだ途中だけど) 本当に母は偉大だと思うし、子供が出来たとしても絶対にこんな思いさせたくない 今出来ることと言えば母を悲しませないようにすること、延命処置をしない旨を書面で残しておくことくらい
22
いれい @e0_rainy 2020年10月21日
感謝も尊敬もしてる(た)肉親に対して「申し訳ないけれど一日も早く死んでほしい」と思ってしまうことの辛さも誰かにわかってほしいんだよな 自分は一度だけそれをぶちまけて、結果その人とは疎遠になってしまった
45
🧡やみぃ💜💙❤️多様性とは「皆違って不干渉」ということ @yummy081075 2020年10月21日
うち、実母がこの父親と将来同じ症状になる状態であろう(前頭側頭型認知症)初期段階で、まだ会話にちょっと違和感がある程度だけど、それでもそばにいる実父は既に精神的に疲れてるのが会話でわかるし、ぶっちゃけて言えば、これ以上認知が落ちていくより先にピンピンコロリが本人含め誰のためにも良いんじゃないか…と黒いことを考えてしまう、まだ口には出さないけど。
10
Tsu Games @TsuGames 2020年10月21日
こうした体験談の「自分を責める」描写に関して,考える事がある。  「みんなこんな風に悩むんだな」という参考になる一方,「こう思ってしまうのは悪い事なんだな」という戒めにもなってしまわないかという事。  同じような境遇の人には,出来れば前者のスタンスで伝わってほしいなと思う。
13
髭もじゃコアラ @esukimoojya 2020年10月21日
父と母の立場が逆だけど、自分の境遇と重ねてしまって読むのが辛かった。 感情を上手くまとめられなくてもどかしいけど、逃げたくなる気持ちすごく分かる。 あの時こうしてたら…という後悔は常にあると思うけど、その時の自分には受け止めるだけの気力が残ってなかったという事だから、自分を責めないで欲しい。
7
ポッカ @pokka80 2020年10月21日
本当に壮絶だな。親がなったら、自分がなったらと思ったらとても辛くなった
6
もるしつりょー @mollgra__munyu 2020年10月21日
何故神は記憶に安全マージンをつけなかったんだろうか
9
はくまに・アーチボルト @haku_mania_P 2020年10月21日
うちのじじばばが問題レベルに痴呆になったのは別要因で入院してからだったから、そのままシームレスにそれ系の病院に移り、さらにシームレスに介護施設息になったからここまで大変じゃなかったし、親父は痴呆になる前になくなったから、まだこういう大変さを経験してないんだよなあ…うーむ。いつか自分が大変なことになったり、自分自身が痴呆で誰かに迷惑かけたりする可能性を考えると、怖くなるなあ。
1
てけとー @yobiyobi2018 2020年10月21日
一気に読んでしまった。言葉が見つからない。自分の中で整理しないといけない。
10
shimaken @shimake43844026 2020年10月21日
この話で一番頑張ったのはお母さんだが、この話で一番無念だったのはお父さんなのは間違いない。本当に、本当に、お父さんはあっちで、お母さんはこっちで、たくさんたくさん幸せになーれ!そしていつか二人ともあっちで幸せになーれ!
14
かーねる @tlB3Xc5w3VxCdNK 2020年10月21日
下手なホラー映画より恐ろしかった 生々しいというか
5
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2020年10月21日
この手の話はなんだかんだで結構あるんだけど、毎回毎回胃ろうをどうするかで悩むよな。だが事情は人それぞれ。関係者すべてのQOLが判断基準のすべて。食えなくなったら寿命とか安易に言い切る人たちは好きではない。胃ろうを選んだ家族を非難する風潮だけは絶対に許せん。面と向かってウチの親の胃ろうを非難してくる輩は現実にいたのだが、この風潮を生んだ奴らはほんとにクソだ。
6
酔仙亭響人 @suisenteikyohji 2020年10月21日
作者の方の自省がすごい。父母は逝ったが自分自身の問題として考えなければならないと思う。このまとめ、知れてよかった。
6
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2020年10月21日
片や、「できるだけ金を掛けるな」「でも(年金のために)できるだけ長く生きさせろ」と終末医療の現場に要求した息子も居るという…… » 「親の年金頼みの子」気遣う母が遂げた壮絶最期 | 漫画 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 https://toyokeizai.net/articles/-/380007
1
kenjirou_takasima @kenjirou 2020年10月21日
e0_rainy 周囲にそういう経験無い人だと多分理解できないでしょうね 自分の場合親戚の叔父と両親のケアマネにぶっちゃけてだいぶ楽ですが(毎回長電話して申し訳無いけど) そういう人がいない場合でホントにキツイときはネットで言うのもアリかなと思う時もありますね
12
38 イエベすぎて黄疸 @kurenainomiya 2020年10月22日
有料老人ホームで 認知症の奥様が入居してて元気なご主人が3日に一回くらい来ててとても仲睦まじい夫婦だったが 奥様が経口摂取できなくなり、悩んだご主人が胃瘻を希望して造設したが その後ご主人の方が早く亡くなり 息子様がお母様のことも胃瘻のことも施設のことも興味がなかったのか、 初めて胃瘻のご本人を見て 『これじゃなかなか死なないじゃん』『親父がかってにしたこと』 『ウチには金がないから困る』 と怒っていたことがあった。 本人以外の意思で胃瘻を作るのだし、せめて家族で充分な話し合いをしてほしい…
10
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2020年10月22日
xyrLuoihI9vhuex やっぱり、「胃ろうをしない風潮」ってあります?私も、病院から胃ろうかIVHかと言われて介護掲示板とか読み漁ってたけど、胃ろうをしなくて良かった話、胃ろうを薦めない医療関係者の話が多くて、そうなのかと思って胃ろうしない方向で・・と相談したところ luvgymnastics99 となったので、胃ろうをして良かったケースもあると知ってほしいわ。
3
ゆきんこ @yukin_co 2020年10月22日
切ない気持ちで読んでいたけど、メガネのシーンで急に違和感が・・・金属製のメガネって火葬するときは棺桶に入れられないはずなんだけど・・・。
0
辻マリ@もなか&まさむね @tsujiml 2020年10月22日
luvgymnastics99 胃瘻造設してしまうとほぼほぼ経口摂取への復帰が困難になるため、回復の余地がある限りはギリギリまで経口摂取を諦めない方針も有りだと思いますし、何とか栄養を摂取できればと思って胃瘻造設の同意書にサインするのも有りだと思います。うちの施設にも胃瘻造設の人結構居ますけど事情は様々ですよ。(胃瘻造設しても胃に入ったものを吐き出し続けるのが止まらなくて一か月ぐらいで亡くなる人も居ます)
5
いいじまみずほ @mizuho_iizima 2020年10月22日
yukin_co ガラスレンズのメガネだと溶けるという問題が有るのでNGですが、最近のは樹脂レンズである事と、金属フレームは細いので入れる事を問題視しない葬儀社も有るようです。体内に金属入れてる人は取り出せないですし。 なお私の父は心筋梗塞で一命は取り留めましたが脳に血が行かない状態が続いた為に植物状態になりました。その為自宅で介護出来ず数年施設にお世話になりましたが、世話を全部他人任せという罪悪感が拭えない気持ち、判ります。
5
anineko @ANINEKObySYSTER 2020年10月22日
今だって記憶力が足りないのを、スマホやネットに介護してもらってる人ばっかり。
0
ゆめみるきーたん @nuinui_Ympn 2020年10月22日
すごく考えさせられた 職場で泣きそうになった
1
anineko @ANINEKObySYSTER 2020年10月22日
1983Y これ、医者も同じことを言うね。私ががん手術で入院してた時、担当医が別の患者さん(高齢)の家族に同じことを言って、覚悟をさせている場を見たことがある。(筋トレかねて廊下を散歩中に通りすがった)
3
anineko @ANINEKObySYSTER 2020年10月22日
昔のNHKでこういう風に「脳が壊れた人」を「赤子から育てる」ように能力を回復させていく介護を取材していた。脳細胞って汎用性と組み換え能力が高いから、壊れた人格や運動機能は諦めて、無事な脳細胞に新たに人格と運動能力を構築させていくというアプローチ。思い出せない記憶も人格を再構築する過程で思い出せれば本人の人格に戻りやすくなるという。
9
みさ @misa_exchange_ 2020年10月22日
胃ろうって、するかしないかに悩む時間もあんまりないんだよね。しかも自分じゃなくて親しい人の命だから簡単に「悩むくらいならやっとけ(やめとけ)」とも言えない。かといって一度選択してしまうと途中で変えるのは難しい(特に胃瘻を選択するとやめられない)。するかしないか決めた後も本人が死ぬまで後悔がつきない。防ぐ方法は自分で遺書でも何でも置いとくしか無いけどこれも絶対じゃないし。仲が良ければ良いほど何を選んでも気持ちは鬱屈してしまうのかもしれない
7
なるかみ @nalukamidou 2020年10月22日
うちも認知症でおいらの二十台と三十代は介護でした。今は祖母の介護。 殺してしまうかもと思う、でヘタレで自殺未遂数回。未婚のまま人生終わり。なんか不条理だわ。
14
こまにゃ/椎奈 @comanya29 2020年10月22日
おかあさま、すごいなー。娘様たちの青春と人生守ったんですね。
4
zukzukkkk @xyumu56 2020年10月22日
このお母さんが精神的に強かったからいいものの、普通の人だったら自殺かお父さんを殺してしまっていたと思う。作者さんにはせめて1日でもいいから介護を手伝って、辛さを知り、お母さんと一緒に戦ってあげてほしかった。(末期の判断を話し合うなど)
5
zukzukkkk @xyumu56 2020年10月22日
現実から逃げ続けたことは一生心に残ると思いますし、今度は大切なことから目を逸らさず逃げないでほしいと強く思います。 自分にも認知症の祖母がいますが、1分ごとに同じ質問を繰り返します。それが6時間とか平気で続く。 自宅作業が可能な仕事だったので、祖母を見ながら仕事できるだろうとたかをくくっていましたが本当に甘かったです。仕事なんて手につきません。 丸一日一緒にいてみなければ、このような介護の過酷さはわかりませんでした。
5
金沢白鳥 @cdPjytvoIHRXG52 2020年10月22日
幼稚な感想だけど、「どんな病気でも副作用なく絶対に治る薬が欲しい」と思ってしまった…
7
hand @hand_cw 2020年10月22日
とりあえず人間ドックには行っとけ
1
Astradyne @astradyne1001 2020年10月22日
母親が先に逝かなくて幸運だったな。そうなって地獄を見る実例を何件か知っているのでホントそう思う。
18
風呂メタルP @hurometal 2020年10月22日
親戚の婆さんは目が見えなくなって耳が不自由なので大声で叫ぶからって健康なのに精神病院に入れられた。このマンガは優しい世界だな。
1
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2020年10月23日
luvgymnastics99 風潮はあると思ってますよ。ちなみにうちの親は100%自分の意思です。ALSじゃないけどこれ系の進行性のやつで、ちょっと嚥下が怪しくなった時点で「体力を維持するために、体力のある今のうちにやっておく選択肢もあるよ」との事でやりました。このころは杖で歩けましたし話せましたしこの後も1年は普通に口から食べてましたね。胃ろうやっても末期は食道逆流して誤嚥性肺炎起こすんですけどね。
4
kartis56 @kartis56 2020年10月23日
ANINEKObySYSTER それができていたらこのお父さんは普通に暮らせていたはずなので >無事な脳細胞に新たに人格と運動能力を構築させていくというアプローチ
0
くおんみどり🖖Master_Asia 作品集単行本発売中&iTunes&Spotify等楽曲配信中 @midorik 2020年10月23日
先日、歯周病菌と認知症の関連と伝達のメカニズムについての記事を読んだばかりなので、とりあえず自分、口腔ケア頑張りますわ。
4
順三朗 @junzabroP 2020年10月23日
20年以上夫の介護を続けたお母さんの苦労は想像を絶する。私の両親はふたりとも老人性結核で亡くなったが、身体が衰えるに従ってせん妄や認知症の症状が酷くなった。人間死ぬまで正気でいられるとは思わないことだ。
7