編集可能 アプリで作成
2020年10月22日

日本列島での超巨大カルデラ噴火

38
巽好幸 @VolcanoMagma

巨大カルデラ噴火(超巨大噴火)は平坦地で発生することもある。巨大マグマ溜まりの崩落でリング状の割れ目が発達して大量のマグマ(>40㎦)が噴出し、崩落・噴出を加速する。外輪山は、噴出した火砕流が造った台地であることが多い。外輪山の傾斜から元の山体の高さを求めるは愚。#日本列島の火山 pic.twitter.com/0F97rdgXNi

2020-10-10 07:30:43
拡大
巽好幸 @VolcanoMagma

超巨大噴火(巨大カルデラ噴火)はプリニー式と呼ばれる大噴火で始まり、カルデラ形成を伴う割れ目噴火に移行すると噴煙の初速度が低下して、自重に耐え切れなくなった噴煙柱が崩壊する。それが大火砕流を発生させる。一方軽い火山灰+ガスは上昇を続け、広域火山灰として飛散する。#日本列島の火山 pic.twitter.com/dTSvty9V6X

2020-10-11 07:47:08
拡大
巽好幸 @VolcanoMagma

日本列島で過去12万年間に超巨大カルデラ噴火を起こした火山(黄丸:赤は活火山)と代表的な広域火山灰の分布。九州と北海道に巨大カルデラ火山が集中する理由の一つは「地殻の変形速度」が遅いこと。地殻の底で発生した流紋岩マグマが次々と上昇して巨大なマグマ溜まりを形成する。#日本列島の火山 pic.twitter.com/lYwBArNL1t

2020-10-12 05:45:32
拡大
巽好幸 @VolcanoMagma

超巨大噴火は過去12万年間に11回は起きた。直近は7300年前の鬼界アカホヤ噴火。割り算して「1万年に1回」という人もいるが、周期性はない(↓)のでこの言い方はよくない。確率で表すと100年で約1%と一見低いが、これが安心できないレベルであることは過去の震災経験からも明らか。#日本列島の火山 pic.twitter.com/MLK4WY71CS

2020-10-13 08:51:36
拡大
巽好幸 @VolcanoMagma

日本史上起きていない超巨大噴火は、火山災害とは認識されず、対策も考えられたことすらない。しかしその被害や危険値の大きさを考えると、超巨大噴火を切迫性の高い災害として考えるべき。科学的にはまず、巨大カルデラ火山の地下にどれ位マグマが溜まっているかを知ることが重要。#日本列島の火山 pic.twitter.com/y2A6WL4TRL

2020-10-14 06:43:13
拡大
巽好幸 @VolcanoMagma

直近(7300年前)に超巨大噴火を起こした鬼界海底カルデラ火山。24×19km(長径と短径)と17×15kmの二重のカルデラ形成後に、世界最大規模の溶岩ドーム(>30㎦)がカルデラ底から高さ600mまで成長。ドームを作る水冷構造を示す溶岩を採取して分析すると・・ #日本列島の火山 #滝沢秀明の火山探検紀行 pic.twitter.com/BmtmhL0kQP

2020-10-16 08:01:06
拡大
巽好幸 @VolcanoMagma

巨大溶岩ドームを造ったマグマは、7300年前の超巨大噴火の残りカスの可能性もあるが、その化学組成は7300年前のものとは異なり、現在活動中の薩摩硫黄島の溶岩などと同じ特性を持つ。つまり、新しいマグマが大量に供給され続け、次の超巨大噴火の準備段階に入っている可能性がある。#日本列島の火山 pic.twitter.com/RGGVRunB6J

2020-10-17 07:09:43
拡大
巽好幸 @VolcanoMagma

巨大カルデラ火山の活動予測には、地下の巨大マグマ溜まりを可視化して、それをモニタリングすることが不可欠。できるわけがない、とか、やっても予測できない、とか色々言う人はいるけれど、誰もやってないことに挑戦することもサイエンスの醍醐味。「海の神戸大」はやります!#日本列島の火山 pic.twitter.com/N75ZoPHiDS

2020-10-18 07:28:16
拡大

関連

コメント

緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2020年10月22日
いっそ地下マグマだまりの熱エネルギーを事前に取り出してしまって噴火が起きなくなるような方法はないもんか
4
みっち~ @1971mitchy0531 2020年10月22日
大丈夫、大丈夫!鬼界カルデラクラスなら地震と違ってほぼ即死だから(ある意味真理、ある意味あきらめ)
21
まえもと @maemoto_moriya 2020年10月22日
青プリン先生のコメント待機
2
iga9984 @iga9984 2020年10月22日
大地震とか巨大台風と違って巨大噴火は列島滅亡と同義だから対策立てようがないなあ。研究しても無意味じゃない?
4
BIRD @BIRD_448 2020年10月23日
iga9984 鬼界カルデラ噴火同格の阿蘇山噴火で火砕流が四国まで届くから伊方原発再開するな。と言う裁判が通っちゃったんだよ…
4
生きたい @dtdknopmh 2020年10月23日
>研究する意味 どのくらい差し迫ってるのか知っておきたくない? 難病が進行してる可能性があるから健康状態を調べたいという話では
5
Ise Shinkuro @IseShinkuro 2020年10月23日
研究することには当然価値があるけど、破局噴火の防災対策って、やるだけの価値があるのだろうか 対策してもどうにもならないのでは
5
83MHz @83MHz_clock 2020年10月23日
IseShinkuro 日本全てが即死範囲には入らないわけだし、即死範囲外では外になればなるほど対策の意味があるでしょ
2
デルタ @delta393939 2020年10月23日
日本の火山で一番ヤバいのは九州。大噴火を起こした火山がいくつもある。対策できるとしたら大規模なシェルターを作るくらい。あとはジオフロントで生活するとか。
0
🍄南原煎餅店⭕️НАМсэнбейтэн @NAMsenbeiten001 2020年10月23日
美食地質学で存じ上げておりました、巽好幸(@VolcanoMagma)先生のツイートがまとめられてて興味深いです
0
いいじまみずほ @mizuho_iizima 2020年10月23日
delta393939 対策と言っても第一段階は逃げること一択ではないかと。 鬼界カルデラの噴火の時は屋久島は火砕流で焼かれて屋久杉は全滅、南九州の縄文文化が根こそぎ破壊されたとされてますので、似たような規模の噴火ならまずはカルデラから2~300キロ圏内の人間を避難させるまでが第一歩。 問題は時間との勝負。噴火の経過が早ければ中の人たちは見捨てる選択肢も。 その後は…考えたくないなぁ。
2
RAIYA@提督 @RAIYASB 2020年10月23日
研究はすべきだろうけど、対策は同仕様もなさすぎる 阿蘇山の噴火対策に居住不可にしましょうってしたら、九州地方の数千万人が避難対象になるし 本州で噴火被害が有るって言ってしまうと、もはや日本に住むの不可能だし(ごく一部大丈夫と言っても、そこに数千万人を居住させることはできないし)
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2020年10月24日
RAIYASB 九州の人口って1,000万人ちょっとなので、数千万人は微妙に誇張
0
RAIYA@提督 @RAIYASB 2020年10月24日
d2N5Q4GciZtsa2e 九州の人口ってそのくらいなのか どちらにしろ受け入れ先の収容力考えりゃキツイ
0
NTB006 @NTB006 2021年3月4日
むしろ即死できた方が幸せな可能性もあるよ。カルデラクラスだと本格的な寒冷化からの農作物壊滅までありえなくない
0