昔の平仮名と片仮名の話

まとめました。
36
草場純 @kusabazyun

「昔は平仮名と片仮名が混乱していた」という文を見て、おやっと思った。この場合の昔は百年くらい前、あるいはそれ以前を指している。確かに平仮名と片仮名の「使い分け」の歴史には変遷があるが、それは混乱とは違う。

2020-10-10 13:02:22
草場純 @kusabazyun

混乱しているのは、むしろ古い文を読む我々の方だと私は思う。「混乱」の元は、ハ、ミ、ニなどの平仮名(!)のせいだろうと私は推察する。現代でも片仮名の「へ」と平仮名の「へ」は殆ど区別がつかない。同様に変体仮名の中にはハ、ミ、ニ、毛、のように片仮名に似た平仮名も結構あるのだ。

2020-10-10 13:14:44
草場純 @kusabazyun

古い文を読んでいて「これハあれニ・・」などという文を見ると、つい平仮名に片仮名を混ぜているように解釈しがちだが、そうではない。これらは全て平仮名なのだ。だから現代文にするときには「これはあれに・・」と翻字する必要がある。ところが時々「これハあれに・・」などとしてあるのを見かける。

2020-10-10 13:28:32
草場純 @kusabazyun

これは翻字者の脳内では「昔の人は助詞の『は』を読みやすくするために片仮名にしたのだろう」との善意の解釈が働いているのだろうと、私は推察する。だがそうではない。私の経験では、確かに助詞には「は」よりも「ハ(平仮名です、念のため)」の方が多く使われるような気はする。

2020-10-10 13:34:12
草場純 @kusabazyun

しかし最も多く使われるのは「者(を崩した平仮名)」である。だから「これ者あれ尓・・」というような文はよく出てくる。これを「これはあれに・・」と翻字するのは正しいし、そうするべきだと思う。だが、もしそうするなら「これハあれニ・・」も同様に「これはあれに・・」とすべきだろう。

2020-10-10 13:40:26
草場純 @kusabazyun

「これハあれに・・」は、いかにも奇妙で、混乱していると私は思う。  もう一つ、「ジャック」は昔は「ネーブ」と言った。明治時代の本でこれを「子ーブ」と書いてある文献を見て変だ、混乱していると思われた人がいる。しかし逆にこれは変ではない。なぜなら子はネの変体片仮名であるからだ。

2020-10-10 13:46:45
草場純 @kusabazyun

変体平仮名と違って変体片仮名は数が少ない。しかし子=ネは、その代表的なもので、古文書には頻出する。むしろネより多いと思う。そして今度は漢字の子と区別がつかない(手書きでは小さく書くがフォントでは出ない)。だから混乱して見えるがそうではない。混乱してしまうのは現代人のなの方だ。

2020-10-10 13:52:22
草場純 @kusabazyun

かつて明治生まれの女性で「カ子」さんという名前をお見掛けした。私は「かこ」さんとはまた洒落たお名前だと思ったが、よく考えるとそうではなく「カネ」さんだった。片仮名名だったのである。私の祖母は「志げ」といって子供心に変だと思っていたが、実はこれは平仮名名であったのだ。

2020-10-10 14:01:51
がべ@ごいた竹駒プロジェクト推進中 @jj1srf

そうだったんですね! 私の祖母の名は「志ゃう」 戸籍見て初めて知って不思議に思ってました。 twitter.com/kusabazyun/sta…

2020-10-10 15:39:02
草場純 @kusabazyun

@jj1srf 志を崩した平仮名は、「し」と同じぐらい使われていました。特に語頭では「し」よりずっと多く、古い国語辞典では見出しに常体仮名を使っているにもかかわらず、Shiだけは「志」が見出しというものもあったそうです。ですので、名前の場合も頭文字が志になるのが多いのは理解できます。

2020-10-10 16:03:19
綾茂勝太郎(GAMIAN) @aysgstr

いまでも「志ちや」という質屋の看板をみかけるけど、あれはひらがなだったのか。 twitter.com/kusabazyun/sta…

2020-10-10 17:29:17
綾茂勝太郎(GAMIAN) @aysgstr

ここでのジャックは、トランプの「J」のこと。 twitter.com/kusabazyun/sta…

2020-10-10 17:30:18
草場純 @kusabazyun

@aysgstr そうです。一番見かけるのは「生楚者゛」で「きそば」と読みます。この場合、「生」は漢字、「楚」と「者゛」は平仮名です。「生」は「灘の生一本」のときの「き」で、「混じりけのない」「なま」などの意味を持ちます。楚・者は、そ・は で意味を持たないので仮名です。

2020-10-11 01:39:36
草場純 @kusabazyun

@aysgstr 補足をありがとうございます。トランプのジャックの話です。ジャックは、ネイブ、ファンテなどと呼ばれ、ジャックに落ち着いたのは、そのあとのことと言われます。

2020-10-11 01:42:13
草場純 @kusabazyun

@aysgstr う奈ぎ、志る古、お手毛登(おてもと)なども見かけます。もちろんこれら、楚・者・奈・志・古・毛・登などは、草書体に近い崩した字体になっています。  そう言えばたしか、ツイッターで変体仮名の実例を紹介している人がおられますね。

2020-10-11 01:55:56
草場純 @kusabazyun

@aysgstr 蕎麦屋の紺の暖簾に「生楚者゛」と白く染め抜いてあるのは、東京ではよく見かけますよ。楚も者も大きく崩されているので、読めないかも。変体仮名の「者」は「む」から点を取り去ったような字です。

2020-10-11 02:02:16
綾茂勝太郎(GAMIAN) @aysgstr

@kusabazyun だいたい音読みでいけますが、「者」が「は」は想像つかないですね・・・。 調べてみましたが、私の名前にある「茂」も「も」の変体仮名にあるんですね。 残念ながらTwitterでは出せないようですが→𛃛 codh.rois.ac.jp/char-shape/hen…

2020-10-11 02:03:47
草場純 @kusabazyun

@aysgstr その通りです。大体音読みですが、それも崩れた慣用読みとか、更に唐音とか宋音なども使われ、訓も出てきます。また「者」のように変な来歴なのもあります。「者」をなぜ「は」と読むかと言うと、漢文の読み下しでは、者の字を「は」と読むことが多いからです。そんなのわかるかい!と言いたくなります

2020-10-11 02:24:28
草場純 @kusabazyun

@aysgstr この表を見ると、八、二、三を字母としたハ、ニ、ミという平仮名が、現代の片仮名によく似ているのが読み取れますね。この表はよくできていますが、使用頻度が分からないのは難点です。この表にある変体仮名が全て平等に使われたわけではなく、めったに見ないようなのもあります。文献にもよりますが。

2020-10-11 02:32:05
綾茂勝太郎(GAMIAN) @aysgstr

@kusabazyun 使用頻度一覧ではないですが、ここ↓の検索窓にひらがな1字を入れると、各作品の用例が出てくるようですね codh.rois.ac.jp/char-shape/sea…

2020-10-11 02:38:15
綾茂勝太郎(GAMIAN) @aysgstr

@kusabazyun 用例一覧の画像の任意の文字をクリックすると、元の文献の画像がピンポイントで出てきたりとか、かなりすごいですね、これ

2020-10-11 02:40:15
草場純 @kusabazyun

@aysgstr すごいけど「崩し字検索」となっているのはちょっと気になりますね。変体仮名は確かに漢字を崩して作ったのですが、平仮名です。平仮名と崩し字は深い関係はあるものの、同義ではありません。当然 漢字の崩し字もあり、それは崩しても漢字です。ここは「変体仮名検索」として欲しかった。

2020-10-11 02:47:11
綾茂勝太郎(GAMIAN) @aysgstr

@kusabazyun 草場先生に言われて気づきましたが、漢字を入れると、漢字のくずし字も検索できるようです

2020-10-11 03:02:01
綾茂勝太郎(GAMIAN) @aysgstr

@kusabazyun ただあくまでくずし字検索なので、ここではキーワード検索はできないようですね(?)。 古典籍の全文検索はどこで?と探してみましたが、以下のところでは25の文献から全文検索できるようでした。昔のゲーム用語を検索してみようかと思いましたが、名前と表記がわからない… kotenseki.nijl.ac.jp/?ln=ja

2020-10-11 03:04:24
残りを読む(15)

コメント

Kongo @kongo_kirishima 2020年10月23日
生楚者〝の楚者〝がひらがなってのは、なかなか受け入れづらいものがあるな。楚は全然漢字から崩れてないじゃん…
1
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2020年10月23日
表音文字として用いられていればすべて仮名ということになったんじゃない?
1
アイマキ @aimakimakimaki 2020年10月23日
いっそのこと全部漢字で書いてもらったほうがわかりやすいまである
3
まるい りん @maruirin 2020年10月23日
志もひらがなとして使ってたのか。じゃあ、古今亭志ん朝は、『古今亭しん朝』というイメージなのか。
0
Rokirohime @Rokirohime 2020年10月23日
いにしえの万葉仮名の感じかな
1
大澤圭 @keiohsawa 2020年10月23日
変体仮名、カタカナでもあるのか……
1
穴あきカオス @Konton7 2020年10月23日
古今亭は大元が古今亭志ん橋、新橋の今昔が元だったはず
2
まるい りん @maruirin 2020年10月23日
調べてみたら、志ん朝1代目を名乗ったのは昭和なんですね。意外に最近。
0
ブラキストン線の向こう側 @cupsoup2 2020年10月23日
戦前の新聞でも「子」を「ネ」で読ませる文章は見かけますね。読むといきなり出てきて面食らう
1
Kongo @kongo_kirishima 2020年10月23日
[c8356572] iPhoneのトッギャッターアプリで見ると化けてますね。
0
砂漠之夜 @camel_night 2020年10月24日
文字情報基盤データベースで見てみると、確かに片仮名のハ、ミ、ニに似たものがありますね(それぞれ八、三、二に由来する)。それ以上にそみたいなろとか、ろみたいなそとか、うみたいなかとかあって魔境だったけど
0
スだまり @su_damari 2020年10月24日
者を「は」と読むのは、忍者の九字印(臨兵闘者皆陣列在前)で覚えた
0