2020年11月4日

花澤香菜さん、“棒読み”と言われたこと、めっちゃ気にしてた。

8
リンク シネマトゥデイ 花澤香菜、一度は諦めかけた芸能の道…見つけた声優という居場所 - シネマトゥデイ:映画の情報を毎日更新 昨年字幕版が上映となり、SNSで大きな話題を呼んだ中国発の劇場版アニメ『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』。 163 users 229
原井 どっと @harai_dot

花澤香菜、一度は諦めかけた芸能の道…見つけた声優という居場所 cinematoday.jp/news/N0118815 友人に朝から力説してしまったけど、ゼーガのリョーコの花澤さんはちょっと擁護しきれないほどの棒だったんだよ……私はゼーガの設定が設定だからそうなのだ、という解釈をして整合性をつけている。

2020-11-01 10:13:30
けんさく@鹿児島 @Quensax

そうそう、子役→地下アイドルを経て声優になったけど当初は棒読みと酷評かれてたんだよな…でも今やトップクラスの女性声優。日本だけでなく海外(特に中学)にもファンがいるしね。 花澤香菜、一度は諦めかけた芸能の道…見つけた声優という居場所 cinematoday.jp/news/N0118815 @cinematodayより

2020-11-01 10:40:07
べんぞー @benzo_z

私はゼーガペインはクソアニメだったので当時見ていなかったのですが、ムシウタを初めて見た時彼女は本物だと言う確信があったですね ムシウタの内容はまるで覚えていないですが… Reading:花澤香菜、一度は諦めかけた芸能の道…見つけた声優という居場所 - シネマトゥデイ cinematoday.jp/news/N0118815

2020-11-01 12:03:32
べるつ @Seatbelz

ゼーガの時は確かに棒って言われてたけど、幼なじみってこんな感じよなみたいなネガティブな言われ方ってそんなになかった気がするけどな。まあでも、棒ってだけでネガティブか。(笑) 花澤香菜、一度は諦めかけた芸能の道…見つけた声優という居場所 cinematoday.jp/news/N0118815

2020-11-01 13:03:12
フリップ村上 @fripp_murakami

ゼーガの花澤さんは、棒は棒でも「良い棒」だったよなぁ。まぁ、こんなに巧くなるとは思いもしなかったけど。 花澤香菜、一度は諦めかけた芸能の道…見つけた声優という居場所 cinematoday.jp/news/N0118815 @cinematodayより

2020-11-01 13:23:51
すずはらとうじ @t_suzuhara

花澤香菜、一度は諦めかけた芸能の道…見つけた声優という居場所 cinematoday.jp/news/N0118815 @cinematodayから そりゃただの棒読み声優では、ポプテピピックのランボーパロディの下りは演じられませんからね #そこかよ

2020-11-01 13:53:56
wayaya @waya_s

よくゼーガペインのざーさんは棒だとかいい棒だとか言われるけど、そもそも棒だと感じたことないんだよなぁ。たぶんいわゆる声優の演技ではないってことなんだよね。 花澤香菜、一度は諦めかけた芸能の道…見つけた声優という居場所 cinematoday.jp/news/N0118815 @cinematodayから

2020-11-01 13:56:40
キモルム子爵 @wotablue__001

花澤香菜、一度は諦めかけた芸能の道…見つけた声優という居場所 cinematoday.jp/news/N0118815 @cinematodayより >『棒読みだ、棒読みだ』と言われ続けて 初期の棒読みは儚げな感じが出ててあれはあれで良かった むしろあの感じのキャラをまた演って欲しいと思ってる

2020-11-01 14:48:20
敏度🅰️ @Abalamindo

『ゼーガペイン』もう一度観たくなった、あの頃の棒読みはむしろ鬱の世界観に合うと思うなぁ。タイトルを漢字で書くと「是我痛」のところもいい。 cinematoday.jp/news/N0118815

2020-11-02 02:21:19
やまやん @8Knee5high6high

ご本人も棒読みだった事を気にしていたのか。ネットの呟きは意外に芸能人本人に伝わり、気に掛けていることを改めて知った。 花澤香菜、一度は諦めかけた芸能の道…見つけた声優という居場所 cinematoday.jp/news/N0118815 @cinematodayから

2020-11-03 04:08:24
ねこまどう @necomadou

ざーさんの棒読みは良い棒読み。 そして一流になった今ではもう聞けない棒読み。 寂しいような、うれしいような。 この映画、予告見ました。 面白そうなので見に行きますよ! 花澤香菜、一度は諦めかけた芸能の道…見つけた声優という居場所 cinematoday.jp/news/N0118815 @cinematodayから

2020-11-03 07:25:11
セキレイ/Dear sweet heart

月海(井上麻里奈),草野(花澤春菜),松(遠藤綾) 結(早見沙織),結(早見沙織),松(遠藤綾)

コメント

たかのり@ @T_takanori_ 2020年11月4日
花澤さんの声も話題だったけど、個人的には脚本家なのに声優でやっていける人の方が気になってたゼーガペイン。
9
K3@FGO残6.7 @K3flick 2020年11月4日
キャラと絵に合ってたので全然気にならなかったけどなあ。 まあ棒読みと言われればあまり否定もできないけど
1
のり @kobakodo 2020年11月4日
大魔法峠の棒ぶりは凄まじかったのでPSYCHO-PASSの途中の絶叫シーンには人間こんなに変われるんだと謎の何様目線で感動した。今本当うまい
5
anonymousTg @tg_anonymous 2020年11月4日
今では立派なバラエティ声優になりまして
2
名前はまだない @774rider 2020年11月4日
度を超えて叩く阿呆がいるからなぁ、で指摘すると権利だとか抜かすし
5
ヒジャチョンダラ @citabow 2020年11月4日
ラストエグザイルを見返していたときに花沢氏の名前の再発見とその演技に驚いた、こんな時代があったんだなあと。
1
オタクモドキと化したぜるたん @the_no_plan 2020年11月4日
>そうそう、子役→地下アイドルを経て声優になったけど当初は棒読みと酷評かれてたんだよな… え!?地下アイドルやってたの!?そっちのほうに驚きなんだけど
11
たけ @Eo554IijYfHOQqw 2020年11月5日
ゼーガペインの時も"いい棒"って言われてて、ただの棒読みじゃない特別枠入ってたと思うけどね。ジブリみたいなの。
1
たけ @Eo554IijYfHOQqw 2020年11月5日
はなざーさんが覚醒したのって、ぽてまよで人語喋れなくて鳴き声で感情表現する役やった時からだよね。
1