本を読まない弟に「殺人事件で全部宇宙人の仕業でした、みたいな可能性を無視できるのは何で?」と言われた

ミステリは奥が深い
472
斜線堂有紀 @syasendou

面白い小説を書きます。最新刊「ゴールデンタイムの消費期限」が1月8日に発売です。「楽園とは探偵の不在なり」「恋に至る病」「詐欺師は天使の顔をして」ウルトラジャンプ「魔法少女には向かない職業」和ロック音楽プロジェクト「神神化身」 note.mu/syasendou @impure_stories

斜線堂有紀 @syasendou

本を全然読まないタイプの弟に「殺人事件起こったけど特に犯人とかいなくて全部宇宙人の仕業でしたみたいな可能性を無視出来るのは何で? あと登場人物の行動に全部意味があって無の行動がないのは何で?」って言われてウワーーーーーッになった

2020-11-08 19:39:40
斜線堂有紀 @syasendou

答え:「私が今ここでお前の指を折ったとして、そこに理由が無いと嫌だろ?」

2020-11-08 19:48:33
斜線堂有紀 @syasendou

弟「また一歩ミステリへの造詣が深くなったよ」

2020-11-08 20:01:05
斜線堂有紀 @syasendou

弟は私のことを元気な異常者だと思っているので、行動の理由を説明すると逆にめちゃくちゃ疑われる(「そんな人間みたいな理由で姉が動くわけないだろ」)

2020-11-08 19:50:15
斜線堂有紀 @syasendou

ミステリにおける謎行動、金田一少年の事件簿黒死蝶殺人事件の急な告白

2020-11-08 22:27:32
斜線堂有紀 @syasendou

ミステリは性質上登場人物の行動に何らかの意味があるし、その生死にも過剰な意味が付与される物語なので、人間に重きを置くジャンルだと思う(だから好き)

2020-11-08 23:33:43
斜線堂有紀 @syasendou

どんな装置に使われたどんな死体も物語世界を支配している

2020-11-08 23:36:50
@LjsAOvZug3lgE9z

ちょっと違うけどなんとなくこの増田とかこの増田を思い出した。 小説読んでて「この文章なんなんだ?」と思うことない? anond.hatelabo.jp/20200806124301 推理小説の読み方がわからない(追記有) anond.hatelabo.jp/20200706114737 twitter.com/syasendou/stat…

2020-11-08 23:52:47
リンク はてな匿名ダイアリー 小説読んでて「この文章なんなんだ?」と思うことない? とくに一人称の小説!「俺は〜」つって長々語ってるけど、この文章はなんなんだ、主人公が頭の中で考えたことが文字として出力されてるのか、… 206 users 2
リンク はてな匿名ダイアリー 推理小説の読み方がわからない(追記有) 私は小説を読むとき、物語の中に没入する。半ばトランス状態になっているのかもしれない。夢中になって読んでしまう。すると「犯人は誰だろう… 237 users
うみふり @umifuri

なっ、なるほど。小さい頃から本を読んでいたからそんなこと考えたことなかった。本の中で殺人事件が起きたら犯人がいるし、登場人物の行動には必ず何かしらの意味がある、そういうもんだとずっと思ってきたもんな。 twitter.com/syasendou/stat…

2020-11-09 00:22:19
ダーウチ @dauchi6

現象学にいう本質直観だと笠井潔氏は云った twitter.com/syasendou/stat…

2020-11-08 23:25:19
リンク Wikipedia チェーホフの銃 チェーホフの銃(チェーホフのじゅう、英語: Chekhov's gun)とは、小説や劇作におけるテクニック・ルールの1つ。ストーリーの早い段階で物語に導入された要素について、後段になってからその意味なり重要性を明らかにする文学の技法。この概念は、ロシアの劇作家アントン・チェーホフに由来している。チェーホフはこの概念を様々な形に展開して、手紙の中で言及していた。チェーホフ自身は、『ワーニャ伯父さん』でこの原理を利用しており、早い段階で一見ありふれた小道具として舞台に持ち込まれた拳銃が、劇の終盤に向かうにつれ
リンク Wikipedia ノックスの十戒 ノックスの十戒(ノックスのじっかい、Knox's Ten Commandments)は、ロナルド・ノックスが1928年に“The Best of Detective Stories of the Year 1928”(邦題『探偵小説十戒』)で発表した、推理小説を書く際のルールである。本記事では単に「十戒」と表記する。S・S・ヴァン=ダインによる「ヴァン・ダインの二十則」と並んで推理小説の基本指針となっている。日本では江戸川乱歩が『幻影城』の中で紹介している。なお、「十戒」を意図的に破った作品や、「十戒」の 13
たちばなますみ @tatibanamasumi

私は詳しくはないんですが、最初の質問は、もしかして、後期クイーン的問題の第一の問題というやつでは⁉️ twitter.com/syasendou/stat…

2020-11-08 22:00:05
リンク Wikipedia 後期クイーン的問題 後期クイーン的問題(こうきクイーンてきもんだい、「後期クイーン問題」とも)は、推理作家のエラリー・クイーンが著した後期作品群に典型的に見られる2つの問題の総称。「後期のエラリー・クイーン シリーズの問題」の意。 推理作家法月綸太郎が論文「初期クイーン論」で『ギリシア棺の謎』『Yの悲劇』『シャム双子の謎』といった作品について分析する中で指摘した問題である。 なお、法月の論文の段階で「後期クイーン的問題」という語は使われておらず、この語の出所は定かではないが、諸岡卓真は笠井潔の評論がその流通のきっかけとしてお 44 users 2
のじまのぶゆき @nojimaki1212

名探偵コナンに対して「子どもになる薬があるのに、時間を戻す装置とか透明人間になる薬の存在を考慮しないのは何故?」ていう話を思い出しました。 twitter.com/syasendou/stat…

2020-11-08 19:56:55
あかね @eveakane

私もこのタイプに近いから全滅ホラー好きなのかもwww幽霊に理不尽に殺され続けるのがいいwww 推理サスペンスです!ってふれこみでやっちゃだめだからなぁ。ひぐらしはギリギリセウトな感じあるけど。幽霊とか後付けに感じられたら終わりなんよなぁ。 twitter.com/syasendou/stat…

2020-11-08 22:15:04
黒子ナズナ(公開!劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン) @nazuna2015

無視するしかないから、とか? 法の下の裁判、なかんずく犯罪の立証というのは他人と共有できる論理でなければ扱えない。そのため動機という仮説を立てて共有できるもの、より説得力のあるものが採用される。犯罪小説も読者と共有できなければ意味が無いし同じことでは。 twitter.com/syasendou/stat…

2020-11-08 23:39:18
あゆみ @line_IRONHIDE

登場人物の行動については、意味が無い部分をわざわざ書かないだけで、意味がある行動だけ抜き出して書かれているからでは?と思うなぁ 例えば日記はその日あったことを書くけど、書かなくてもいいかと思うことも実際起きてる 意味が無い行動をわざわざ書いても逆に意味があるように勘ぐってしまうし twitter.com/syasendou/stat…

2020-11-08 22:06:01
KABE@ @abekoved0902

登場人物が自分の行動とか発言を詳細に覚えてるのはなんで?みたいな… twitter.com/syasendou/stat…

2020-11-08 20:06:06
残りを読む(25)

コメント

mailerdemon @mailerdemon3 2020年11月9日
その方が面白いから以上の意味なんてないぞ。それで面白くなるなら宇宙人を犯人にしたっていいし、意味のない行動を描写して読者をミスリードさせてもいい
210
barubaru @barubaru14 2020年11月9日
「お前は現実の殺人事件でも宇宙人の仕業で済まされていいのか?」
78
スリーS @Super_S_Shoborn 2020年11月9日
オマエノシワザダタノカ
33
ハイホー @Ho__Hi 2020年11月9日
いろんな小説があるんですよ……。ここで言われているのは「そういうリアリティ」の小説というだけで、因果のないことを書く小説もたくさんありますから。
71
jpnemp @jpnemp 2020年11月9日
あわせて読みたい https://togetter.com/li/1418803 推理ドラマで世の中の人が『みんなちゃんとした生活をしてる』という前提で推理がされている→自分が事件に巻き込まれた場合きっとこうなるだろう
114
伊達川(一) @Datekawa 2020年11月9日
全部宇宙外なる神の仕業でした
33
aioi_au @aioi_au 2020年11月9日
「無駄な部分があります」ってのは強烈なネタバレになりかねないのがなぁ、ミステリーは。 宇宙人の犯行ってなると、マンガだけどレベルEとか。
2
ShowTime @1090ST 2020年11月9日
毎回、列車内全員が共犯者とか、壁越しに気功で殺害とか、低確率で成功するトリックを何十年も繰り返しててたまたま成功したとかやると、作家生命が絶たれる。逆にいうと時々ある。
78
ゆきやけ @yukiyake_ 2020年11月9日
「全部宇宙人の仕業だ」「よしじゃあその宇宙人倒しに行こう」だとRPGっぽい
4
肉=ローステッド @Roasted_Meat102 2020年11月9日
お約束事ってのはジャンルごとにあるものな
17
ゆいまる @YUIMARU_BETA 2020年11月9日
『理由なくおまえの指を折ったら嫌だろ』←いや別にいいんじゃないか?そういう人間もいるし。全ての事象に意味を裏付けなきゃ『嫌』なんて自分の立場で語りすぎじゃないか?
29
ろんどん @lawtomol 2020年11月9日
某有名作家のミステリで「登場人物以外のヤツが犯人」という荒業をかましたのがあった。なお、評価はボロクソな模様
12
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年11月9日
「アメリカドラマは凄い!日本のドラマとは全然違う」言う人に「凄いアメリカドラマが日本に来ているだけで、どうしようもないアメリカドラマはフィルターにかかってるだけだぞ」という指摘があるように、どうしようもない推理小説は「編集者」というフィルターにひっかかって目に付かないだけだぞ。
58
占い羊 @wHozrPpLuqR09za 2020年11月9日
ノックスの十戒とかは「頼むから読者にも推理できるように書いてくれ」という祈りのようなもので、そういうユーザビリティを無視した推理小説はけっこうあり、真相編で新しく証拠が出てくるようなタイプだともう宇宙人の仕業でよくない?ってなる
108
ろんどん @lawtomol 2020年11月9日
「岸和田博士の科学的愛情」(トニーたけざき)の、密室殺人事件の回は死ぬほど笑った。あのトリック?は空前絶後じゃないかしら
0
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2020年11月9日
私が今までに読んで来た推理小説の中に、殺人事件に髪の毛一本落ちていて見つけた名探偵が「これは犯人の髪の毛に違いない」と考え、それから毎日目に付く人の頭をじっくり見て「髪の毛が一本ない人」がいないか探し始めた、ある日とても怪しい者がいて帽子を被っていたから帽子をとったら髪の毛が一本もなかった、「犯人はこいつだ!そして殺した人数は一人じゃない!想像を絶する人数を殺している!」てのがあった。
63
うの @uniquis 2020年11月9日
「ミステリ小説として扱われる条件」だからだと思ってる。 理由もなく唐突に宇宙人が出てきても面白い小説はできると思うけど、ミステリとして扱われないという話かなと。
86
砂利 @eios_t 2020年11月9日
意味のない行動をわざわざ描写する→もしやミスリード狙ってる?と考えてしまうので、作者が描写するすべてに意味を見出してしまうのは読者の方な気がする
3
クイバチカ @quibachika 2020年11月9日
サプライズニンジャ理論じゃん
30
マカロニッカ @mcrnftb 2020年11月9日
Datekawa 「黒い仏」は名作だよなあ!?
27
ろんどん @lawtomol 2020年11月9日
「名探偵が事件を合理的に解決してみせました」の後、エピローグで「実は魔女の仕業…?」を匂わせて終わる某作
20
ミイラ @PPnE5NhxTwSC2vt 2020年11月9日
ミステリは好んで読んでた時期あるけど、特に意味のない動機に苦しむって現代的なリアルさは無かったからどっちかというと弟さんの方に共感する
13
ろんどん @lawtomol 2020年11月9日
現実の捜査では「事件当日のことをあまりにも細かく記憶していて不自然」→犯人こいつじゃねーの?→犯人でした、という事があるとか
54
nob_asahi @nob_asahi 2020年11月9日
推理小説の登場人物も意味のない或いは事件とは全然関係ない行動をとることはあるが、そんなものまで描写していては「尺が足りない」のでカットするのが当たり前。意味のない行動を敢えて描くのはそれが何らかの効果が期待できるから。推理小説に限らず「作品に関係のない描写がない」と言うのは古今東西の名作小説の条件だよ。
40
新井春陽 @a_lie_haruhi 2020年11月9日
有栖川有栖が短編で宇宙人の仕業のやつ書いてなかったっけ
3
めらんこりんこ @merancorinco 2020年11月9日
推理が当たると読者はよい気分になるんだよね。でも簡単すぎても面白味がないし、突拍子がないものだと納得できなくてカタルシスが得られない。全ては読者が納得するための描写だと思えば。
15
ざっぷ @zap3 2020年11月9日
「あり得るどこからどこまで考えるべきか」は推理に限らず数学問題でも日常ドラマでも同じ問題があって、みんな無意識にそれぞれの「あり得る範囲」を区切ってるんだよ。なぞなぞや1分推理ブックとかはその枠を無理に広げるところにキモがある。
8
森永ぐり子 @morinagamarii 2020年11月9日
算数の文章題で「たかしくんは分速50mで20分歩きました。ところでたかしくんは朝ごはんを10分で食べ終わりました。歩いたのは何m?」とか「答えは宇宙人がたかしくんを拐ったので0m!」って訳わからん情報入らないのと一緒だと思ってた。出題したい問題に関係する情報だけを文章にしてる。SFミステリーなら良いと思うけどね。
85
ざっぷ @zap3 2020年11月9日
で、違う言い方で言われまくってるけど、そういう「そんなん考えてるわけないやろ!」ってオチの作品も結構あって、それでも成り立つのは推理部分以外を作品の魅力としてる場合なんやな。
4
E音 @strains_e 2020年11月9日
推理小説は俳句みたいなもんだから…それは俳句に「なんで五七五じゃなきゃいけないの?」って言うようなもんだから…。
49
パンダ牧場 @panda_farm 2020年11月9日
そもそも、リアルで旅先で殺人事件起こって推理するなんてないからなぁ。
1
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2020年11月9日
オリエント急行殺人事件みたいな奴もあるし、そのネタが面白ければよいのでは。
3
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2020年11月9日
全部宇宙人の仕業だった映画あるけど、あんまり面白くなかった。宇宙人が全能すぎて。
18
黒猫 @blackcat_ab 2020年11月9日
宇宙人じゃなくても犯人がまともな思考をする人だと言う事が推理の上での大前提になる。 動機が、彼女の手が綺麗だったからなんて言われても推理できない。 いや、犯行が可能かどうかで判断するにしても超能力で殺しましたとか言われたら別ジャンルになるからね。
3
でき🌂 @dekijp 2020年11月9日
among usを見てたら意味のない行動する人いっぱいいる。
0
はげはげちゃびん @hagehagechabin 2020年11月9日
現実の事件なり事象なりでも「意味がない単なる偶然も多いが、人間はそこに理由を求めたがる」とは言われますからな >RT
2
katasan111 @karasan111 2020年11月9日
この問いは実は弟が宇宙人で、理由なく人類を滅ぼしていいのか聞いているフラグなので、この選択肢は後々世界を救ったと明かされるファンタジー小説のプロローグなのでは?(重度の活字オタ)
86
Hiroshi Yamashita @HiroshiYamashi4 2020年11月9日
全部ニンジャの仕業だった小説なら
0
undo(あんどー) @tolucky774 2020年11月9日
解答までに宇宙人を匂わせる描写があるか否か。なかったらミステリではなく、ただの不条理小説
27
たらこスパ @mmz104 2020年11月9日
ミステリってジャンルが謎解きパズル小説だからだな ジャンルを広げればとびっきりの不条理を描いた作品とか虚無そのものの人物を描いた作品はいくらでもある
43
まこす @sayonarain 2020年11月9日
現場に落ちてたイニシャル入りアイテムが手掛かりだと思って捜査してたら何の関係もない落とし物だったって話ならある
0
篠葉 @eCh00HcE 2020年11月9日
tiltintninontun また髪の話してる……(´・ω・`)
18
太田拓也 @ef510df200 2020年11月9日
確かにコナンだと非現実的な手段も想定しないとおかしいよな。
0
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2020年11月9日
弟さんには「虚構推理」でも読ませておけ。今のところ宇宙人は出てないが、幽霊と妖怪とそれ以外の何かは出るぞ。
11
Earwax @Earwax97409510 2020年11月9日
無意味な行動は推理小説に限らず単に文中で書かれてないだけだろうし、「宇宙人の可能性を排除出来る」と推理してる小説にお覚えがないな。
0
Earwax @Earwax97409510 2020年11月9日
それより登場人物全員の記憶力が良すぎるのが毎度気になる
34
veist@サバゲー㌠ @veist4 2020年11月9日
Datekawa デウスエクスマキナ…(分野違い)
6
かーぽ @xi8442 2020年11月9日
「事実は小説より奇なり」と言われるゆえんだね。大きな嘘は許されるけど小さな嘘が許されないのも。宇宙人が出てくること自体は許されるけど、ホテルの従業員が説明するテーブルマナーが間違っていたら許されないとか。読者と作者の最大公約数的な位置にリミッターがあって、その認識がズレてると納得いかない人がでてくる。
34
すめたな @musakomusamusa 2020年11月9日
指云々なんて面倒な例え話でなくても、米欄の一番最初ですべてが解決していた。
1
南風 @nan_poo 2020年11月9日
「登場人物の行動に全部意味があって無の行動がない」理由を聞かれたら、「ミステリ小説はプロットが命で登場人物はそのプロットを成立させるための駒にすぎないから」的な説明を私ならするかなあ。
16
@boAThOwS 2020年11月9日
弟にモルグ街の殺人を見せてやれ
6
さかべあらと(ポーパル餅バニー) @sakabe_arato 2020年11月9日
ノックスの十戒で中国人出すなって言われるの、あの当時チャイニーズはクンフーやら東洋の神秘やらで何でもやりたい放題出来る超常能力者みたいに思われてたからだっけ。やめれ言われるって事はよっぽどトンチキミステリモドキ多かったんやろなぁその頃
62
ワブガー @Wabger 2020年11月9日
犯人が幽霊とか、平行世界の未来で生まれた自分の息子がタイムマシンで過去に送られて年寄りになってから作ったアンドロイドだったとかはあったね
1
山幸 @yamasachi267 2020年11月9日
この話が嘘松とは言わないが、そもそも「登場人物の行動に全部意味があって無の行動がないのは何で?」という質問は、ミステリ小説に触れたことのある人でないとできないよね。「本を全然読まない」と矛盾してない?
34
h.k @kaede11152 2020年11月9日
ラブクラフト全集でもぶつけとけばええ
1
汐鈴@幸せなら手を洗おう @cio_lunacy 2020年11月9日
『その生死にも過剰な意味が付与される物語』だから好き、ってのはすごいわかる。現実なんか、意味もなく単なる運やタイミング次第でどっちにでも転ぶギャンブルみたいなもんだから安心できない_:(´ཀ`」 ∠)
4
ポヤッチオ @zhQUItzbRLt0dwW 2020年11月9日
算数の問題の答えが解なし、だったり 太郎くんと花子さんが自転車と徒歩で出かける出題の答えが三郎くんだったりしたら嫌だろ そういうことだよ
0
棚橋青 @ao_tanahashi 2020年11月9日
逆に純文学なんかでたまに見かける、登場人物が延々本筋と関係ない行動しているの苦手。具体的にどの作品だよって言われるとパッと出てこないけど。
24
伍長 @gotyou_H 2020年11月9日
「すべてが必然」に対してある種の気持ち悪さを感じる場合というのもあるにはあるけど、ナンセンスにはナンセンスなりの流儀もあるし、「なんで宇宙人じゃないの?」という問いには正直、ゲームでチームの敗退行為や迷惑行為するのをゲームだからそういう楽しみだからで正当化する狂人と同じカテゴリにしか見えない。
3
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2020年11月9日
本筋でないなら、意味ない系のアレコレも無くはない(ただ扱いが厄介だからあまりないが)
1
パンダ牧場 @panda_farm 2020年11月9日
読んでないけど、トリックが隣の部屋から気功?で殺したみたいな作品もあったらしいし、探せば宇宙人もあるかもね
1
伍長 @gotyou_H 2020年11月9日
あるいは、「可能性はゼロではない」ということを言わせて、ゼロではないならあると同様に扱えみたいなこと言ってるような感じ
1
遊烏氣(乳を盛る者) @yuki_yugi_paru 2020年11月9日
「登場人物は無駄な行動していないわけじゃない 描写外で無駄な行動してる ただ展開に関係ないから描写されてないだけ」「謎を解き明かすコンテンツなんだから、それが崩壊するような要素は入れない 食べ物を作ろうと料理始めたのにコンクリートとか釘とか料理に入れないでしょ?」みたいな?
18
魔宵蛾(休眠中 @mayoiga 2020年11月9日
mcrnftb せ…センセー、元SF者だったから…(震え声
5
lD_B @frswfmhs 2020年11月9日
作者が記述した以上描写内容は必ず意味を持つよね。内容は無であろうと無を意図しているわけだから。
1
○○もへじ @marumarumoheji 2020年11月9日
モルダー、あなた疲れてるのよ。
1
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2020年11月9日
何言ってんだ? 「イリーガル・エイリアン」は犯人宇宙人だぞ?
1
ɐɥdlɐ ɹo ɹǝʞoɾɟoƃuıʞ @kingofjoker 2020年11月9日
昔は山ほど本読んでたからそう言う発想が出て来なかった(x`; ) 友達少なかったからほぼ図書館(室)居たからなぁ…
0
シン @saeki4n 2020年11月9日
トイレに行かない人はいないけど、じゃあ、トイレに行くシーンを入れて面白くなるかと言えばならないわけで。推理小説以外のどのジャンルでもそうだけど、面白さにつながらない無駄な描写を省いているだけだよ。
51
Oddball @0ddbaII 2020年11月9日
実は事故とか実は自殺ってのはソコソコあると思う。宇宙人出すには最初から宇宙人出しとかないといけない
1
@boAThOwS 2020年11月9日
犯人はオランウータン(推理小説の歴史上、原初にして歴史的名著)
5
井下真 @828eenyade 2020年11月9日
現代モノなら、無視しているというか現実に殺人事件がおきて「宇宙人の仕業か?」と思わないのと同じでしょ。
23
🌈kusorip🌈 @kusorip2 2020年11月9日
なんで無視できると思ったの?が正しい答えだよね
1
nnouse @nnouse 2020年11月9日
宇宙人でもオランウータンでもいいんだよ ただ、「犯人は人外」ジャンルでそれはもう誰かが書いちゃったからね
8
井下真 @828eenyade 2020年11月9日
「何ができて、何ができないか」が読者と共有されてない状態(技術水準が不明)では推理は成り立たない。例えば、魔術が存在してもクトゥルフやドラクエみたいに読者と共有してる技術水準があるなら、ある程度推理は成り立つが、オリジナルSFでワープ技術やクローン技術、記憶操作がある世界観では誰でも犯人になりえる。展開を楽しむだけならそれでいいけど、読者がきちんと推理するのは難しい。
18
VRAM01K @VRAM01K 2020年11月9日
まぁ宇宙人にしたって「後出しはフェアじゃない」って一点よね。必ずしも事前情報で解ける必要がないとしても、後出しで説明されて納得行くのかという話
32
太田拓也 @ef510df200 2020年11月9日
828eenyade まとめでも指摘されてましたが、コナンは「年齢退行の薬」が存在するので「何ができて、何ができないか」が共有されない問題が。
2
sdff @jkgkikllh 2020年11月9日
そういうのいくらでもあるよ。懐は深いよ。
0
神無月 @sanpai2929sii 2020年11月9日
よく分からん動機で殺す話はカミュの異邦人の「太陽が眩しかったから」があるけど、こういうのになると、ミステリじゃなくて不条理文学になるな
1
太田拓也 @ef510df200 2020年11月9日
「腐女子山荘殺人事件」を思い出した。登場人物が常人には理解できない行動を日頃からやるためコナン金田一古畑右京がミスリードに翻弄されるという。
12
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年11月9日
何故無視できると思ったのか知らないが、証拠さえあれば自称宇宙人のヌ・ミキタカゾ・ンシが犯人でも良いよな。
1
ボトルネック @BNMetro 2020年11月9日
lawtomol 筒井康隆の「ロートレック荘事件」には「本編にずっと登場してるけど叙述トリックで存在を隠されてた犯人」がいました
7
ボトルネック @BNMetro 2020年11月9日
SPECなんかをミステリとして観たらそれに近いものになるんじゃないか
0
むう @nyal1999 2020年11月9日
「連続殺人事件に見えたけど実は全部事故でした」はマジであったな。あと「作中でひたすら否定されていたトリックが実は真相」
16
Ne @SN21089721 2020年11月9日
推理小説に関しては意味と答えがあるのを前提にしてるコンテンツだしなぁ。 叙述ならともかく夢落ちは流石に売れないんじゃないか
1
ろんどん @lawtomol 2020年11月9日
島田荘司「水晶のピラミッド」「アトポス」本筋とは別の時代の話が延々と続いて、本筋の解決にはほとんど関係ない。なお、ぶっちゃけ本筋よりコッチの方が面白かった
9
ボトルネック @BNMetro 2020年11月9日
BNMetro あ、間違った、正確には「叙述トリックで存在を隠されてた人物によって犯人のアリバイが作られてた」んだった
3
ろんどん @lawtomol 2020年11月9日
BNMetro たしか帯に「映像化不可能!」とか書いてあったよーな。その点を「愚者のエンドロール」(米澤穂信)の「奉太郎の推理」は、上手いこと処理したと感心したものです
1
baloonfight @houseslestaque 2020年11月9日
小林泰三の『超弦探偵Σ』シリーズはまさに「全部宇宙人の仕業でした」的な作品だったりする
1
ヤクシ @yaxi_mari 2020年11月9日
延々とアリバイについて記述が有り「彼には不可能」とされてきた人物が時間を操る超能力者だったというミステリなら読んだことがある。読後感は、ふ・ざ・け・る・な!!
17
ろんどん @lawtomol 2020年11月9日
作中で名探偵フェル博士に「ワシらは探偵小説の登場人物なんだから、それに相応しい行動をせんといかん」みたいなこと言わせたディクスン・カー御大
2
井下真 @828eenyade 2020年11月9日
ef510df200 「存在する」と「使ってくる」の間に溝があって、コナンは殺し方が現代的やり方で(アガサ博士の発明品のような)謎技術がないから「犯人は使ってこない」という前提を読者が共有していて、その薬もトリックに絡めにくい設定のはず。
19
枝毛上げ @edageage 2020年11月9日
清涼院流水ってのがそういうのやってなかったっけ、読ませてみるといいよ
8
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年11月9日
コナンは犯沢さんのデモンストレーション中に、目からビームでも発射してたら宇宙人かも知れない。
0
94式北海黒竜王V、 @DoomDrakeV 2020年11月9日
本筋と関係ないといえば「ポートピア連続殺人事件」の甥っ子。 阿弥陀ヶ峰の案件もミスリード。
0
のくた @knockta 2020年11月9日
野球見てて「なんで三塁に走らないの?」 サッカー見てて「なんで手使わないの?」 みたいなもんでは
42
フラスケ @birugorudi 2020年11月9日
edageage ネタバレになるからどの作品とは言わんが全員自殺ってのは参ったね
9
ですの @_desuno_ 2020年11月9日
超能力や妖怪魑魅魍魎がミステリに出てくることは今となっては何も言うまい。ただし推理するためのネタを散りばめるてる時に出てくることを示唆することだけは忘れないでくれ、そしたら推理に組み込んでちゃんと考える事ができるから……
1
volshichi @volshichi 2020年11月9日
うみねこのなく頃に・・・・・🐈
3
まっくろなねこ @blackcat009 2020年11月9日
デウス・エクス・マキナは無しよ、というお約束があるからだわな
4
Shiro @shiromagenta 2020年11月9日
行動に意味がなくてただのミスリードってのもあると思う
0
フラスケ @birugorudi 2020年11月9日
_desuno_ 六花の勇者の1巻は本当によくできてると思う。上遠野浩平の事件シリーズも好き
5
ぷんこ @smartass_cat 2020年11月9日
クリスティなら「宇宙人が犯人かも?」という可能性も折り込みそう。「殺人事件起こったけど登場人物全員死んで、犯人は??」みたいなの書いてるし(そして誰もいなくなった)。前述でオリエント急行が上がってるけど、他にも一人称で書かれた手記の語り手が犯人という叙述トリックもある。
1
ぷんこ @smartass_cat 2020年11月9日
それよりもミステリで気になっちゃうのが、例えば獄門島で金田一が「妹が殺される」って事前に聞いていたのにも関わらず殺人を全く阻止できないような、探偵が遅すぎる件。まぁ殺人が起こってナンボだからしょうがないけどさ。
1
こま @comamikan 2020年11月9日
それで面白くなるならそれでいいけど、大抵は面白くならないからほとんどの作者はやらなくなったって答えるかな。
1
komiyasu @komiyasu3 2020年11月9日
「妖怪が妖怪の起こした事件を解決する」小説はミステリというよりはファンタジーとか、ミステリというにはギリギリとか言われてた。でも面白いのでOKですという感じ。
10
jpnemp @jpnemp 2020年11月9日
lawtomol 登場人物のうち一人が実は「人の顔を正確に分別できない」っていう小説があって、これも映像化不可能だなぁと。
14
牛タン @usiusitan 2020年11月9日
そんな弟さんに『うみねこのなく頃に』ぜひオススメしたい
2
にわまこ @harmonics1024 2020年11月9日
コメントでも挙げられてるけど「大人気のおすすめセットがあるのにサンドイッチ単体を注文するなんて不自然だ。何か裏がある」みたいな何事にも過剰に意味を求める推理方法は「そういうもの」と思えないと飲み込みづらいと思う
0
にわまこ @harmonics1024 2020年11月9日
「ちゃんと事前に調べれば最短ルートで来られたはずなのに何故か遠回りの道から来たのは何故か?」、みたいな謎を合理的な推理を重ねて驚きの真相が明かされるミステリは結構あるけど、「人間が不合理に遠回りの道で来るはずがないから隠れた真相がある」って思えないと成り立たないんだよね
0
nels1000 @nels1300 2020年11月9日
名作『魔術師を探せ』が出版されたのが1964年。その後も多くの作家がファンタジーやSFとミステリーを融合させる試みをしているわけで、読者は『全部宇宙人の仕業でした』という可能性を無視してはいけない。
7
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年11月9日
推理物は原則として、「主人公の行動はすべてツーク・ツワンク(強制手、つまり偶然を認めない)でなければならない」というお約束を最近は読者も筆者も忘れたようなのが多い
0
田中 @suckminesuck 2020年11月9日
全然あるでしょそういうの
1
alan smithy @alansmithy2010 2020年11月9日
ef510df200 カンバーバッチのBBCシャーロックがデカい声で「腐女子だ!」と言い当てるというレスもあったな
0
ざっぷ @zap3 2020年11月9日
本題は終わってると思うので納得行かないトリックの話をしたいのだが(自分勝手)、よく言う「中国人」についてはクンフー・気功の他に「中国人の毒」ってのがあって、「調べてみたが毒殺ではないようだ」からの「検査に引っかからない中国人の毒でした」オチっつーイライラするものがたまに出る。親戚に「知名度の低いヘビの毒」など。あと「動物を否定しておいて刃物傷だと思ったら実は動物の牙or爪」とかは、トリックというより嘘つきやないか、とか。
14
にった @n__ight00_F 2020年11月9日
FF12のシナリオ、途中までは国と国の対立とか謀略とかで進んでわくわくしてたのに途中で全部宇宙人の仕業でしたー!(要約)ってなってコントローラー投げた覚えがある(もう十数年前の記憶だから間違ってたらごめんなさい)
4
ECHO @echo2944 2020年11月9日
それをしてしまうとジャンルが変わってしまうから、なのか
0
ざっぷ @zap3 2020年11月9日
M__Sadohara ミステリではむしろその問題自体が古典の領域で、そんなん気にするなよ!話が面白ければいいんだよ!が新本格だと聞いた(後半は嘘なので信じてはいけない)。新本格の定義はともかく、偶然を認めないだけじゃ飽きてきて偶然すら脳裏に置きながら読みたいみたいな世界があるんスわ、マジで。
2
alan smithy @alansmithy2010 2020年11月9日
komiyasu3 超常現象が出てきても、パズルを解くための情報が提示されていればギリギリでミステリの範疇かなと
19
あん粉し餡 @anko_3916 2020年11月9日
まさに、ばれなきゃ犯罪じゃないんですよ
0
C_CLPS @C_CLPS 2020年11月9日
貧乏ゆすりをしただけで、言葉をど忘れして言い淀んだだけでも読者は意味を求める。
9
佐渡災炎 @sadscient 2020年11月9日
「殺人に特に意味とかなくて全部オランウータンの仕業でした」という名作ミステリーがありましてな。
4
枯れた雑草 @sPEr54fuQYqCh3A 2020年11月9日
無意味だから。 宇宙人が犯人である意味がなければ小説に一文字も出す理由はない。 創作とは書く必要があるから書かれる。 アニメも出す必要があるから画面に描かれる。 どうしての疑問の前の話でしかない。 ハッとなるような話ではない。
1
soso3968 @soso3968 2020年11月9日
本を読まないってつける必要まったくないよね
0
節穴 @fsansn 2020年11月9日
なお、物語に必要無いので女性や有色人種を描かないと滅多打ちにされる模様
3
Tadashi @tadashifx 2020年11月9日
宇宙人だと?非科学的な! 天狗じゃ!天狗の仕業じゃ!
3
catspeeder @catspeeder 2020年11月9日
みんなもっとメフィスト賞の受賞作をガンガン読むべき。ミステリという概念が完全に崩壊してより強く逞しく再構成されるぞ。「すべてがFになる」から始まって「六枚のとんかつ」「Jの神話」「記憶の果て」「歪んだ創世記」と順次選出していくこの賞のセンスほんま最高。
26
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2020年11月9日
これはむしろ、「被告人がどんな突拍子もない主張をしようが、弁護士は大真面目にその主張をしなければならない」理由ですな。
3
RGB000 @19666_61 2020年11月9日
推理中に言い出すのは祟りじゃ婆さん枠・陰謀論者枠として無くはないけど、探偵側が言い出したら始末に負えんだろ。
0
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2020年11月9日
Clearnote_moe 被告人に限らないな。「殺人の被告になった人間が、やったのは宇宙人だと主張している」と書いていたのを文字数減らすのに消してしまったからおかしくなった。
2
marumushi @marumushi2 2020年11月9日
catspeeder 懐かしいなあ。流水大説とか「翼ある闇」とか色々衝撃だったw
3
ウルトラオリジナルドラマチック無修正 @walkingdome 2020年11月9日
「人間が起こしたように見えた事件が実は宇宙人のせい」ならそれはSFになり、「宇宙人が起こしたように見えた事件が実は人間のせい」ならそれはミステリになるのだろう。
13
サツキ@雑多垢 @bbs_teck_shye 2020年11月9日
うみねこの鳴く頃にのジャンルは『アンチミステリー』
3
TOIさん(17)☆☀ @1983Y 2020年11月9日
ブギーポップは笑わないシリーズの上遠野浩平が書いてる「戦地調停士シリーズ」もオススメ。ファンタジー世界が舞台のミステリー作品なのでそんなんわかるわけないやん!みたいな設定たくさんで楽しい。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E5%9C%B0%E8%AA%BF%E5%81%9C%E5%A3%AB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
6
みま @mimarisu 2020年11月9日
銀英伝で憲兵時に密集殺人事件を事故死と結論付けた名探偵ラインハルト
1
夜行ぬえ@誤字はデフォ @yagyou 2020年11月9日
TRICKとか、時代劇のとんでも回とかアニメや漫画の個別の回とか死ぬほど宇宙人のこと考えたり犯人だったりする作品はあるけど現実の操作でXファイルやられたらたまったもんじゃねーから真面目に全部の回それにしたら全部TRICK風味になってしまう
1
くろぅど @Kuro_udo 2020年11月9日
SF小説の不朽の名作「星を継ぐもの」は、ある意味では「この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら連れて…犯人の可能性がある」という前提の推理小説ともいえますね。
6
夜行ぬえ@誤字はデフォ @yagyou 2020年11月9日
これぞ正しい中二病だな弟!って感動した。
4
五月 @xf52_523 2020年11月9日
ルールを決めとかないとゲームにならんので。 日本全国どこに行ってもいいとか参加者が誰かわからない鬼ごっことかゲーム成り立たないでしょ。
19
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年11月9日
mayoiga 兼業の覆面作家だったんだっけ? つうかその肩書がないと出せない話だったね 過去形なのが寂しいね……
1
蠢犇 @ugmkhsmk 2020年11月9日
ミステリはじめ小説って科学における物理に対する数学(自然科学に対する純粋科学)みたいなものだからなぁ……
0
ashen@一週間のご無沙汰でした。 @Dol_Paula 2020年11月9日
何でもかんでもオチを宇宙人の仕業にしたら白けるだけよ。「宇宙から来たツタンカーメン」とかw
0
かもの ねねみづ @cmnnmz 2020年11月9日
推理するべき謎を、犯人の正体の謎が上回ったら、ボトムズみたいになるじゃないだろうか。それはそれで面白いのか!?
0
Daiji @Daiji75 2020年11月9日
ミステリ小説という”商品”として成立しているものだと了解して買って読んでいるわけだからね。ミステリ小説の要件を満たしていなかったら詐欺、とまではいわないにしても商品として不誠実な物であり、そんなものは市場から駆逐されてしまうよ。子供じみた問いだよ。弟さんが当たり前のように消費しているものにだって同じ疑問はいくらでもぶつけられるだろうに。
0
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 2020年11月9日
boAThOwS モルグ街の殺人、割と当時としては筋が通っていると思うんですよ。殺人者の声を聞いたがどの国の人も理解できなかった、もうひとりの男の声は明らかにフランス語で叱りつけるような様子だった、ここから、殺人者は人ではなくオランウータンだった、という。
5
ついつい @tuitui20201 2020年11月9日
呪い殺すは罪にならないんじゃよと書いていたのは カルラ舞う という漫画だったな
0
夜行ぬえ@誤字はデフォ @yagyou 2020年11月9日
デウス・エクス・マキーナという神とかが現象ではなく存在として現れて「主人公たちは手のひらのうちだったんだぜー!」って長期連載とか「とりあえず解決した」と思わせて住んでる都市自体が販売組織って最後の最後に匂わされたまま終わったアニメとかモヤってしたヴァーーーッッてなるからやめろください「」
0
かつまたいさ(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2020年11月9日
YUIMARU_BETA 弟氏は納得したわけだし(威圧込みだが)理由を問う向きにはいい返しでは?そこで弟氏が「いや別にいいよ」となったら詰む返しではあるけど。
7
Pon @Pon__CG 2020年11月9日
犯人は松尾芭蕉だったっていう現代ミステリは読んだことあるので、犯人は宇宙人はありそう。
1
@kaya717 2020年11月9日
mcrnftb あれはミステリの括りに入れないで欲しい…… ミステリだと思わなければ面白かったかもしれない
0
へっぽこぴーすけ @hpsuke 2020年11月9日
コナン君は推理する上で人類の筋力上限値を京極さんレベルで想定しなくちゃいけないので、可能になるトリックの範囲が現実とはずいぶん変わってそうだなあとか思ったことはあります
2
おみそ大根 @omiso_daikonia 2020年11月9日
そういう都合なんですよ、都合。
0
mocilol @mocilol 2020年11月9日
結局のところ読者が納得しないことには認められないからね。 ミステリに限らずあらゆる作品は鑑賞されて初めて完成するのだ。
1
クジャクオオカミ @peacockwolfs 2020年11月9日
犯人が宇宙人ならジャンルはSFだし、幽霊とか呪いならオカルトや伝奇小説。 動機なき殺人は、それはそれで一本書けるだろ。
1
sezmar @sezmar 2020年11月9日
後期クイーン問題で議論したかっただけ説?
0
@id_fid 2020年11月9日
単に宇宙人が犯人である可能性にたどり着く前に解決するから、犯人は宇宙人じゃないって話で終わるだけでは。 優先すべき人間の犯人候補を無視して宇宙人を犯人候補にいれるほど、その可能性は高くないだろう。
0
樹望 @itsukinozomu 2020年11月9日
soso3968 読まない人だからこその疑問だと思うわ こんなん本を読む人間からしたらオチのない文章なんて読みたくないから疑問にすら思わんし
3
春樹 @Haluki_K 2020年11月9日
綾辻行人のアレは探偵役の行動に全く意味がなかったな。物語の最初から最後まで。
1
🌓ひと ✧ @hitosi_00 2020年11月9日
特に理由のない暴力がーッ
0
🌓ひと ✧ @hitosi_00 2020年11月9日
おもしろけりゃなんだっていいんだよ
0
ちりがみ @wastedpapers 2020年11月9日
どんなアニメも蒼井翔太(実写)が出てくる可能性あるもんな
15
nels1000 @nels1300 2020年11月9日
Pon__CG あの小説、松尾芭蕉は真犯人の思想に共鳴した共犯者であって真犯人では無いのでは? ちなみに真犯人を特定するための伏線は一応存在します(文庫版じゃないと初見で見抜くのは不可能ですが……)
1
天たくる @ten_tacle 2020年11月9日
BNMetro 作品名を指定してネタバレするのは幾ら何でも人道にもとるのでこのレスは消して下さい。そもそも、あなたのレス先の人が作品名ぼかして挙げている作品がそれのことなんじゃないんでしょうか。
5
与太八 @farmers_father 2020年11月9日
SFで推理小説を書きたかったけど「全部ロボットのしわざでした」ってやってしまうと身も蓋もなくなってしまうのでロボット工学三原則をひねり出したアシモフ。
1
瑞樹 @kossri2 2020年11月9日
直接読んだ事ない又聞きのうろ覚えだけど、魔法のある世界での殺人事件で探偵役が犯人探ししてたけど、実は探偵役が魔法で操られて直接の犯行を行なってたってのがあるらしい
0
anineko @ANINEKObySYSTER 2020年11月9日
>「そんな人間みたいな理由で姉が動くわけないだろ」 こっちの方が気になるミステリ(意味違い)。
3
さかべあらと(ポーパル餅バニー) @sakabe_arato 2020年11月9日
まあ中にはミステリ作家自体が本格ミステリのお約束を茶化しまくった「名探偵の掟」とかもありますけどね。原作で二時間サスペンスドラマ回になったら、主役の名探偵役が唐突に美人女子大生探偵に女体化させられててクソワロタ(ドラマはその回で主役させるために、オリジナルで女刑事役が増えてた)
1
マグロ @maguroyanen 2020年11月9日
だから現実の事件は難しい。 まあその代わりミステリーは科学捜査ザルだけど。
1
wacわくP @wacWAKU 2020年11月9日
地球人を殺害する動機が納得できれば、宇宙人の仕業でもいいと思う
2
烏丸 北神@叢雲提督&ほたるP @KARASUMA_BLUE 2020年11月9日
清涼院流水というミステリー作家がいましてね……
3
黒猫 @blackcat_ab 2020年11月9日
その場にいる人が宇宙人でないとは書いてない。
0
ue280 @cd2023 2020年11月9日
推理小説に限らず「それが物語として面白さにおいて必然的であればどんな設定でも許容されうる」はずなのだが
1
ぱんどら @kopandacco 2020年11月9日
そりゃあそんな展開したらジャンルが変わるから。特定のジャンルの前提で本を選んだんだから、断りもなしで前提を覆すのは普通の将棋やってたら駒がロボットに変形して相手を倒したり空飛んで王将狙うようなもんだ。(そういう断りがあればやってもいいが「将棋」というジャンルじゃなくなるよね)
4
ぱんどら @kopandacco 2020年11月9日
(だもんで「ぬいぐるみ殺人事件」の途中で「今のは幻覚だった」とか「突然現れたUFOが拉致してしまった」てのはややアウト気味だったんではと思うんだあたしゃ)
0
cocoon @cocoonP 2020年11月9日
「物語になりえないような事件も無数に起きている世界の中で、探偵役がうまく立ち回れば単独で事件の真相にたどり着ける状況の事件についての話がその小説のケースなのだ」と考えれば別に毎回都合がいいよねとならないですよね。 だが米花町ではあまりに事件が起きすぎていてたぶん事件の日付をプロットすると毎日2-3件とか「そういう」のが起きているとおもわれるので青山豪商はいい加減身を引くべき
1
やすだ @forth83 2020年11月9日
探偵役が全ての可能性を潰していく過程で宇宙人の存在に気付くみたいなのはたぶん、ロバート・J・ソウヤーが書いてると思うんだよな。
4
もっと良い状態を狙う旅にゃんころ11(7つの得たいものを得にかかる者) @goldencat222 2020年11月9日
グインサーガの外伝で、魔道師がたくさんいる世界であえて、魔術の可能性を除外しながらの殺人ミステリーに挑戦してましたよ
0
篠葉 @eCh00HcE 2020年11月9日
jpnemp その小説がどういう内容なのかは存じませんが「証人が相貌失認」ネタは相棒season16の第9話でやってました
4
オコックス @okox22 2020年11月9日
脳噛ネウロ「魔界777ツ能力を使って見ていたのであなたが犯人です」などと探偵側が推理しない話もあるからなあ
1
ゴミ箱 @tlash_can 2020年11月9日
tiltintninontun それ本当に「名」探偵?「迷」じゃなくて?
0
カツヲ @RX78_01 2020年11月9日
妖怪の話してたのに最後急に宇宙人でしたーで片づける作家がいたな。そうはならんやろ
1
soso3968 @soso3968 2020年11月9日
本を読む=小説を読むっていうイメージいつになったらなくなるんだろうね。本たくさん読むけどフィクションまったく読まないような人間は、こういう疑問持ってるケース普通にあるでしょ
1
hi @August__31 2020年11月9日
でも「全ての何気ない行動が後々の伏線になってた」って作品に対しては(深読みばっかさせなくてもいいよ…)って思うこともある
3
パンダ牧場 @panda_farm 2020年11月9日
無かったわけじゃない。淘汰されたんだ。
1
ue280 @cd2023 2020年11月9日
kopandacco あれは前半で「俺がオチじゃないから何してもいいんだ」と言わんばかりにめちゃくちゃやった吾妻ひでお以下の面々が悪いわけで おかげで「今までのあらすじだけで自分の持ちページの半分を消費」(ゆうきまさみ)「半ページにわたって私にはわかりませんと号泣」(魔夜峰央)なんて事態が起きたわけで
0
foxhanger @foxhanger 2020年11月9日
現実の犯罪事件は推理小説の手法じゃ解決できないというのがよく分かりますね。昔はワイドショーに推理作家が出演して、未解決事件の謎を「推理」させてたけど、それがなくなったのはいいことなのかも。
0
F414-GE-400 @F414_GE_400 2020年11月9日
それやるとまず間違いなくつまらなくなるからですかね(つまらないと断言はできない)。ノックスの十戒も「それやられると萎えるわー」って事でしょ。
1
巳堂鷺之丞 @saginojoh 2020年11月9日
最初のツイート、小説の「ジャンル」次第でそういうトンチキな落ちとか展開とか普通にあると思うんだけども。刑事ものドラマとか見ててたまに「ドラマだから関係者しか登場しないけど、現実だったら『登場してくる関係者まで絞り込む作業』があるんだよな…」という感覚に襲われることはある。
2
F414-GE-400 @F414_GE_400 2020年11月9日
あとあれか、オッカムの剃刀的な
0
Pon @Pon__CG 2020年11月9日
nels1300 探偵が犯人って言ってるから犯人だぞ
0
ザンちゃん @zanchann 2020年11月9日
物語を楽しめな人間特有の発想って事かな。中二病患者とかゆとりとかと似た事言ってるなーw
0
ひなた @iidabashi 2020年11月9日
殺人事件を追っていたら、宇宙人がハンティングしていただけだった.. となるとプレデターになるのか
1
どんちゃん @Donbe 2020年11月9日
「被害者が殺された一昨日の22時50分ごろ、あなたはどこで何をしてましたか?」 「うんこしてました。」 「彼女の行為に励んでました。前戯で盛り上がってたころだと思います。」 「ちんこいじってました」 「スマホでアニメみてました。」 「アズレンしてました。UR出たからよく覚えてます」
0
黒味缶 @kuroazi 2020年11月9日
ミステリは伏線を楽しむためのものだから。逆に言えば伏線がちゃんと張ってあって回収の心地よさを体感できるなら別に宇宙人でも、いいよ!!(個人の意見)
13
ヤクシ @yaxi_mari 2020年11月9日
ルパン(本家本元の方)には、空から降ってきた隕石が偶然に後頭部を打って死んだのが真相、というのがあった。子供心にビックリした。
2
のび @Novifam 2020年11月9日
宇宙人が犯人とか謎の病気で発狂してるとか犯人は歴史的人物による謎の洗脳組織とかそもそも設定自体リアルとはかけ離れた世界もあるし
0
よしき @yoshiki_anime 2020年11月9日
宇宙生物がすべての元凶であるひぐらしの悪口はやめるんだ
0
斜線堂有紀 @syasendou 2020年11月9日
いやまず弟が読むべきなのは姉である私こと斜線堂有紀の小説だよ!!!!!!!!! 
31
ドラゴンチキン ネリウマ⭐︎いさお @dragonchicken19 2020年11月9日
「それでは犯人くん」「はい」(ながいけん閣下)
1
ドラゴンチキン ネリウマ⭐︎いさお @dragonchicken19 2020年11月9日
証人がことごとく嘘つきな宇宙怪人。(少年探偵団)
0
arvante @in_Vixen 2020年11月9日
walkingdome 「ロボットが起こしたように見えた事件が実は人間のせい」とすると、アシモフの鋼鉄都市シリーズになる。ジャンルはSFミステリで、実際面白い。なお1件だけ例外があるが超絶ネタバレなのでここでは言えない。
1
てつ @tetsu_in_bottle 2020年11月9日
そういうものも割とあるから。前提のルールをくどくど何度も説明したのになんの脈絡もなくこいつは特殊体質だから適用されませーん。こいつは精神構造が特殊だからでーすとか。正直小説は漫画やアニメと比べて起承転結の起承が面白くて、転でアレっと感じて、結はトリックをおざなりに並べて抽象論で締めたフリして投げ出すのが多すぎる
0
団扇仙人 @uchiwamaster 2020年11月9日
宇宙人の仕業というオチで面白くなるならそれでいいし面白くならないならやめたほうがいい。結局は作者・読者の双方が納得するかどうかの話でしょ。「人間は無駄なことをする」とか「人智を越えた原因が突発的に発生する」とかが作品のテーマならそういう要素が入ってくるし、そうでないなら入ってこない。
1
ドラゴンチキン ネリウマ⭐︎いさお @dragonchicken19 2020年11月9日
「マダラ紐の謎」のインドで最も危険な毒蛇はミルクを餌とする蛇がいない、口笛で操れる蛇はいない、紐を上り下りできない、ので宇宙人的スーパー蛇。
0
団扇仙人 @uchiwamaster 2020年11月9日
ひぐらし、自分はもう途中から「ああこれ要するになんでもありなやつだ」って方向で楽しんでたから気になんなかったけど、まああんな「あなたはこの正解にたどり着けるか」的な煽り方しちゃうと怒る人もいるよねとは思った
3
ボドロー @kochi_boardgame 2020年11月9日
そういう例なら○○があるよ!とか不用意に言ったら全部ネタバレになるから黙らざるをえない
1
メロソ @ramenmanyeahhhh 2020年11月9日
みんなのコメントで大体出てるなぁ~と思ったんだけど、これだけは笑ってしまった >名探偵コナンに対して「子どもになる薬があるのに、時間を戻す装置とか透明人間になる薬の存在を考慮しないのは何故?」
2
美濃守 @mino_kami_123 2020年11月9日
ダンガンロンパもこの類いに近いと思ったけど、作中で登場人物の能力は描写されてるし、学園内外の設定もストーリー追っかければなんとなく察しつくからちょっと違うか。
0
xi @accountLINKonly 2020年11月9日
コナンについては半分ギャグ漫画みたいなところあるから許して。金田一も犯人みんなSASUKE超える超人だから実質ギャグ漫画なんだ、許して
0
vaginafor @vaginafor1 2020年11月9日
そういや殺人犯が傍若無人なターミネーターみたいなヤツだったりするミステリってなかったっけかな。 殺人犯だとバレでも平気で、探偵とか助手とか警官とかも平気で殺して回るような・・・ いざとなったら警視庁にロケットランチャーぶっこんだりもするという。
0
ヒジャチョンダラ @citabow 2020年11月9日
古いアニメで「科学的調査の結果、怪異の原因は幽霊では無かった! 宇宙人の仕業だった!」ってのを観た記憶があって、そりゃあねえだろうと思ったものだ。
0
フルバ @furubakou1 2020年11月9日
vaginafor1 金田一の異人館村殺人事件の犯人とかは近いと思う。
2
denev @_denev_ 2020年11月9日
私がミステリーに嵌まれない理由がこれだわ。論理破綻してるようにしか感じられない。
1
denev @_denev_ 2020年11月9日
現実世界は、パズルを構築するには不確定要素が無限すぎる。
1
野上はるか @harukanogami 2020年11月9日
なんでもかんでもデウスエクスマキナが解決したら面白くないやろ
1
vaginafor @vaginafor1 2020年11月9日
ここまでドリームキャッチャーの話題がないのはなんで? 殺人事件起こったけど全部宇宙人の仕業でしたみたいなヤツの金字塔なのに。 
1
三景夕子 @YukoMikage 2020年11月9日
弟さんに「アクロイド殺し」や「オリエント急行殺人事件」はどう思うのかきいてみたい。クイーンの「読者の皆様への挑戦状」みたいな文のページを見せて、「これが作法で様式美なんだよ^^」と言ったらなんて返されるだろうかw
2
ねがてぶ @negatebu_chu 2020年11月9日
古今東西ミステリー小説はクソ 文芸書でも最低クラスのゴミ
1
三景夕子 @YukoMikage 2020年11月9日
sakabe_arato コナンの青山さんが中国人をださないのは、今でもノックスの十戒を守ってるからって都市伝説好きですw
2
団扇仙人 @uchiwamaster 2020年11月9日
ao_tanahashi 純文学はそれこそ「人間は不合理なことをする」みたいなのが描きたいものだったりすることも多いので…(その不合理な描写がただ退屈なだけだったりするとどうかと思うときもあるけど)
0
でき🌂 @dekijp 2020年11月9日
「犯人は死体の上で何度かスクワットをしたそうです。」「なんのために!?。」「煽りだそうです。」
10
RGB000 @19666_61 2020年11月9日
普通にやればたった5分で終わる超簡単な事件を正味33分の放送時間いっぱいまで何とかもたせる名探偵がドラマにはいるのでこういう気持ちになるのも仕方ない
4
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2020年11月9日
理不尽な質問には理不尽な回答をぶつければいいんですね(違
1
銀色(毒吐き独り言) @SilverColor_01 2020年11月9日
ミステリーに限らず脈絡もない宇宙人オチとか大抵の場合ポカーンてするしかなくなるなるけどね…。つい最近、まったく宇宙要素なかったのに最終回手前でレギュラーキャラが突然「私はこの星の者ではない!」とか言い出すアニメ見たけど笑うしかなかった。ネタアニメとしてはすごくおもしろかったけど、どういう結末だよって。
2
ムッチー/村上矛智 @hell_z_syouji 2020年11月9日
ミステリーに限らずリアリティレベルの設定があって 現実レベルに則してる設定なら宇宙人が出る可能性は無視して良いからでは。 もしくは急に宇宙人が出る小説も世の中にはあるだろうが ルール無視だと売れない→読者の手元に広く届かないとか。 いやあの映画とかあの小説とかヒデーのはあるけどw
2
まこす @sayonarain 2020年11月9日
どんな世界であってもその世界の中で論理的に謎が解かれるならそれでミステリとして美味しく頂きますし、その論理的に解かれた謎の真相が実は宇宙人が関与してたってなっても美味しく頂きます。ミステリおいしい。
3
ありよし/コアロン @TnrSoft 2020年11月9日
全部魔術でしたは既にあるしなあ。二番煎じにしかならんやろ
2
まりも @Admiral_Marimo 2020年11月9日
nyal1999 「作中でひたすら否定されていた動機が実は真相」がアガサクリスティーの有名な本であったな…
6
赤べこ @akabeko7654 2020年11月9日
算数の文章問題で「点Pを時速5kmで出発したAくんが10km先の家に着くのは魔法使いがテレポーテーションさせるから3秒後」って答えで納得できるならそんな推理小説でもいいんじゃない?
2
hananosuke @angie0305ty 2020年11月9日
映画だけど、サスペンスかと思わせてまさに犯人は宇宙人でした、というフォーガットンって作品があって。
1
イエーガー@狩猟準備中 @Jaeger75 2020年11月9日
弟が読みたかったのは「MMR」なんじゃね? て、のは置いといて、たまにTLに流れてくる「型無し」と「型破り」の違いみたいな話しでしょ、弟か言ってるのはただの型無しであって誰にも評価されない。 その文化における文法を無視したいなら、自分で1からジャンルを作る位の気概がないとねぇw
4
負け猫 @MM4kLZhakRIZqSx 2020年11月9日
麻耶雄嵩の著作を全部読ませてみたい。まず「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」から。
5
さかべあらと(ポーパル餅バニー) @sakabe_arato 2020年11月9日
YukoMikage まあ主要登場人物が既にチャイニーズばりの空手やら合気道やら手品やら、バリバリ東洋の神秘をぶちかましてますけどね…w
4
フローライト @FluoRiteTW 2020年11月9日
スカリー「弟、あなた疲れているのよ」
2
フローライト @FluoRiteTW 2020年11月9日
そんな弟も流水大説を読めばたちどころにおとなしくなる!
4
胡麻 @goma_hp1 2020年11月9日
この手のネタ、探せばそこそこあるけど、基本一発ネタよな。下手こくと作者レベルで信用失いかねないし。最近また話題になってる竜騎士07なんか、正直その類だと思うし
1
フローライト @FluoRiteTW 2020年11月9日
catspeeder 殺人鬼界の最萌えであるハサミ男さんを忘れては困る
2
Raku @enraku_E 2020年11月9日
黒死蝶は告白以上に、他の被害者と違って直接殺害せず、海外から仕入れた毒グモをまき散らすとかいう不確定要素強すぎ&面倒すぎ&仕入れ先から足の着くリスク高すぎのハイリスクノーリターンな殺害方法を採用した理由が未だにわからん
0
ナード・ファゴット @nerdfaggot 2020年11月9日
これって「サスペンスの作り方を分かっていない」という話が主題なんじゃないかな? 宇宙人という「わかりやすいありえない」と登場人物がやることなす事にいちいち理由があるという「地味なありえない」の両方を出している時点で「宇宙人に飛びつくバカを釣る」という意図が見えるけど、気のせいかな?
0
hagebouzu @hage1969 2020年11月9日
虚構推理みたいな話になりそう
1
S・シルバー @s5_silver 2020年11月9日
密室殺人の殺害方法が武術家による壁越しの「徹し」とか…
0
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2020年11月9日
人工知能におけるフレーム問題やね。(起こりうる全ての問題について考え始めてAIがパンクする)>殺人事件起こったけど特に犯人とかいなくて全部宇宙人の仕業でしたみたいな可能性を無視出来るのは何で? 
6
Kdoa333 @kdoa333 2020年11月9日
そういうタイプの作品もなくはないが,本格ミステリではないかなぁ(SF系を除く)
0
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2020年11月9日
「突然忍者達が現れそこにいる全員をバッタバッタとなぎ倒しやっつける。」より面白いかどうかで判断が分かれる。
1
へくせんはうす @1618honey 2020年11月9日
以前存在を知った道端で発見された氷漬けの死体のトリックで、探偵が犯人を追い詰めたと思ったら犯人が「あれは雪女のせいだ」と自白し「お前私のことを誰かに話したね」と突然現れた雪女に凍死させられるというミステリ小説、未だに作者もタイトルもわからないのを急に思い出した。高橋葉介の夢幻紳士だよって言われたら信じるレベルの話だよ…
4
フローライト @FluoRiteTW 2020年11月9日
新本格読みならJDC所属のオリジナル探偵の数人くらい妄想したことあるよね?
4
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2020年11月9日
確か、「犯人は神話生物」という事実を隠蔽するために、探偵の推理に当てはまる様に現実を捻じ曲げたコズミックなミステリー小説があったような。
8
denev @_denev_ 2020年11月9日
他のフィクションならお約束として流せることでも、ミステリでは流せないのは、殺人事件がテーマだからだと思う。本気で犯人を罪に問うなら、警察の組織力と科学力と物量に任せて物証を積み上げるべきであって、個人が頭の中で推論を積み上げることに説得力を感じない。日本では、刑事事件に探偵が介入する余地はない。
0
鼻毛山 @yamadataro25252 2020年11月9日
そこから「俺はあらゆる可能性を無視しないミステリ小説を書いてやるぜ」と考えて実現してしまったのが清涼院流水
0
denev @_denev_ 2020年11月9日
いっそ舞台が現代日本でなければ、そういう細かいことが気にならなくなるのかも。探偵が異世界転生して推理無双する話とか、もうあるんだろか。
0
ドラゴンチキン ネリウマ⭐︎いさお @dragonchicken19 2020年11月9日
黒鷺スピンオフの「松岡國男妖怪退治」がことごとく推理が外れる話。(妖怪の仕業)
0
ドラゴンチキン ネリウマ⭐︎いさお @dragonchicken19 2020年11月9日
犬神家を読んだ感想「え?この話、猿蔵が犯人でも成立するよね」
1
tgttr @tgttr4 2020年11月9日
映画ではある あの某有名原作者とか某個性的監督とか
0
JET @RyosukeSuzuki11 2020年11月9日
「いかにもな容疑者が何人もいるけど、一つ一つ検証していくとどれもシロだとわかる→誰が犯人なんだ!?→実は特に殺す理由のない通り魔の犯行でした」みたいな話だったらミステリーとして成立する?
0
夜行ぬえ@誤字はデフォ @yagyou 2020年11月9日
ぬいぐるみ殺人事件は出したらあかんやろリレー漫画なんだからwww ミステリに直すのが摩耶峰央だったりイケメンを崩壊させるのが高橋葉介先生なあたり依頼者の意図を最高に裏切ってるのよね……
0
oncemoon @oncemoon 2020年11月9日
まだ挙がってないタイトルとして「ウロボロスの偽書」あたりも読んでみるといいと思う
1
夜行ぬえ@誤字はデフォ @yagyou 2020年11月9日
kopandacco 同人誌ですしお寿司……そもそも冒頭の先生しかミステリ書いてないしミステリとは誰も言ってないし作者は出てくるからセーフセーフ
0
どんちゃん @Donbe 2020年11月9日
犯人死スベシ!イヤーッ!グワーッ!イヤーッ!グワーッ!
0
八頭身派(はっと) 颯仁|創造神🌄VTuber @komad333 2020年11月9日
YUIMARU_BETA その『嫌』と感じる人が多いって事を言ってるんだぞ。 勝手に『すべての事象』を付け足してるが、大事なのは「意味なく加害(指をおられる等)されるのが嫌」って事であって、『意味がないこと』ではないのだよ。 そのコメント自体『意味なく折られてもいいという自分の立場』で語ってることに自覚はあるかい?
5
八頭身派(はっと) 颯仁|創造神🌄VTuber @komad333 2020年11月9日
jpnemp eCh00HcE ごめん、ネタバレになるから作品名ぼかすけど、とある夢の話の小説かな? それだったら首から上もしくは髪から下をカメラに映さなければいいんじゃないかな? 相貌失認じゃないけど『忘れてしまった回想の表現』ってのは割とあるし。
0
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2020年11月9日
ドラえもんの世界が舞台になっている推理小説は成立するか否か
0
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2020年11月9日
komad333 冷静に考えると、人間は何かしら理由をつけるのが(本能レベルで)大好きな気がする。地震が起きるのはナマズだとか、自然現象を神や妖怪という理由付けをしてきた。。そういう理由付けが文明を進化させた原動力とも言える。
4
𒁀𒀊𒅋𒌋Ⅲ @palomino3rd 2020年11月9日
ホジスンの「カーナッキ」シリーズや都筑道夫さんの「雪崩連太郎」など、「人間の仕組んだもの」と「本物のオカルト」が探偵役が解決するまでどちらか来るか分からない連作シリーズとかどうでしょう。
1
まこす @sayonarain 2020年11月10日
catspeeder ハサミ男とダブ(エ)ストン街道も! 作中は今頃の季節で読むにはちょうどいいよ(ダイマ
0
ばがみ @xxbagamixx 2020年11月10日
ひぐらしとか正直これやろ。多分初めてひぐらし知ったのは新聞記事でなんだけど、確かミステリー作品みたいに紹介されてたわ。
5
ビールクズ猫 @WAKUWAKUTAKKU 2020年11月10日
別に作者の自由だからそういう物語もあるし、実在もしてるだろう。 読者にも放り投げる自由があるからそのまま忘れ去られてるだけで。
0
sake @sake_ne_ku 2020年11月10日
おいおい、突然宇宙人が出てきたり、意味もなくわけのわからない行為みたいなバカな行動取るなんてしたら、ミステリじゃなくマーベル映画になってしまうじゃないか!
4
顔野文字太郎 @accesswork 2020年11月10日
推理世界でいう宇宙人って冒険世界でのメアリー・スー、ゲイリー・スーって感じになりやすいからなあ。その宇宙人に弱点(魔女に赤文字)みたいなルールがあれば逆に面白くなるけど作者の技術が入り過ぎて稀だよね(見つけたら群がれ囲め囲め)
0
ゆいまる @YUIMARU_BETA 2020年11月10日
komad333 >その『嫌』と感じる人が多いって事を言ってるんだぞ。<それはその『嫌』の存在の否定の根拠にはならないよね。その『嫌』があってもいいんだ。多い少ないは問題ではない。『意味なく折られてもいいという自分の立場』で語ってることに自覚はあるよ。その上で『意味なく折られてはいけない』という立場を否定するつもりはないが『意味なく折られてはいけない』を絶対のように説くのは違うんじゃないかという話。
0
リコ/みつき @rico_o 2020年11月10日
ミステリー好きな人は、ついつい街中で怪しい人を見かけたら服装や人相を覚え、時間などをチェックしたりするのだろうか。私はする。
1
縞工作 @joqufutyqec 2020年11月10日
ミステリは小説形式のパズルみたいなもんだから、パズル本で必ず行き止まりになる迷路の回答欄に、何の伏線もなく「答え:テレポーテーションで出口に飛ぶ」とかなってるのは面白くないわけで。最低限表紙の段階で「いじわるクイズ」と入れるか、問題文や迷路中国語にテレポーテーション可であることを示すヒントを入れないと。それがあれば、普通に推理の対象になるからね。
7
フローライト @FluoRiteTW 2020年11月10日
九十九十九アニメ化を餌に舞城王太郎をおびき出して討つべし
0
ラヌ @25ranai 2020年11月10日
我々はそういう現実を見ないために創作物を読んでるからだよ
0
ええな@(政経&剣術)手洗い🐷 @WATERMAN1996 2020年11月10日
宇宙人を扱った推理パロディはあって、被害者の血が犯人の色覚の感知範囲外で、血糊が付いていることに気づかず矛盾した証言をして犯行がバレたという話だった。
0
たなか@字心文庫 @tanakanovelist 2020年11月10日
きっちりちゃん「何にでも理由があると思わないでよ!」
0
龍ex @ryu_ex222 2020年11月10日
敢えて言うなら、提示されている情報から可能性の高い仮定を考えるオッカムの剃刀からでしょうか。 ある冷蔵庫の中のジュースがなくなっていたとして宇宙人、消滅現象、泥棒の仕業と考えるよりも家族の誰かが飲んだと考える、無の行動はそもそも考える意味がないのでないこととする方が妥当なだけですかね。 もちろんデスノートみたいに通常の情報からは説明できないので、超常の力を仮定して迫るという作品もあります
0
龍ex @ryu_ex222 2020年11月10日
無の行動は、例えば突然深夜にベッドで目覚めて衝動的に「全身ボディペイントして、無音で神に捧げる踊り狂った」後に痕跡を完全に消去してから朝まで寝る奇抜行動しても、それが推理する事件に関係がなければ描写の必要もないので「なかったこと」とするようなもの。  仮に事件に関係があったとしても、「寝ていた」「1人だった」などで言い換えられるなら特に描写しなくていい
1
龍ex @ryu_ex222 2020年11月10日
ジャンプ漫画でもっとわかりやすく言うなら……ハイキューとボーボボみたいな違い?
0
TOIさん(17)☆☀ @1983Y 2020年11月10日
ryu_ex222 絶対違う。何と比べるにしてもボーボボを出してきたらどんな例えでも絶対に違う!w
2
エーオーブン(Aoven) @aoven 2020年11月10日
sake_ne_ku コメディ映画「メン・イン・ブラック」も追加でお願いします
5
エーオーブン(Aoven) @aoven 2020年11月10日
そう言い張っても普通の推理小説やドラマなら、精巧なトリックを暴かれた挙げ句、自称天才マジシャンなどの探偵役に断罪されるのがオチ
0
蜜子 @mori325 2020年11月10日
アナザヘヴン。。あああ。。(でもめっちゃ好き
1
tometodon @tometodon1 2020年11月10日
UFO信者のクローズドサークルなら成立するはず。母星に帰還すれば治外法権により完全犯罪も。
0
天ぷら @06ten_pura 2020年11月10日
まとめ本体とコメ欄に後期クイーン的問題とチェーホフの銃とフレーム問題があったのであと「燻製ニシンの虚偽」も置いときますね
0
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2020年11月10日
野崎まどだと割とやりがちだから困る(まあミステリーの人じゃないんだが。) まあ、「死体をみんなはっきり見てるのに死体を認識してなかった」で話進む京極夏彦とかミステリー扱いだったはずだし
0
藤井秀明 @boc1211 2020年11月10日
ミステリーに限らない話では? ギャグとかでもなければ、絶体絶命のピンチを宇宙人パワーで切り抜けたらご都合主義って言われるし、ちゃんと序盤からそれを示してて欲しいから伏線回収がどうこうとか持て囃されるわけで。
3
fullbocco @fullbocco_bokko 2020年11月10日
推理ミステリーと呼ばれるジャンルには『ノックスの十戒』『ヴァン・ダインの二十則』と呼ばれる基本ルールがあって、ほとんどの作品はそれに沿って物語が書かれる。そこから敢えて外すのもアリはアリだけど一般的には邪道と呼ばれる類なので驚きこそあっても読者を納得はさせられないのだ。
1
むう @nyal1999 2020年11月10日
tometodon1 そもそも相互に人権を認めてないので野生動物に殺された・野生動物を殺した以上の扱いにならんです
4
fullbocco @fullbocco_bokko 2020年11月10日
推理ミステリーとして扱うなら「全部宇宙人の仕業」という真実がある場合その根拠になる描写を物語内に散りばめておかないと「ジャンルが違う」って真顔で言われる羽目になる。
8
柿木まめ太 @kakinokimameta 2020年11月10日
弟さんのソレは「巨視的トンネル効果問題」と古くは呼ばれていたヤツだと思いますわ。あながち科学のジャンルでは真剣に量子力学レベルで研究されてたりするから、実はミステリに持ち込んでもセーフになってしまう余地があるんだそうな。詳しくは知らんけど。密室殺人の答えが、未来から来た犯人が過去で起こして戻っていった事件だったからだ、とか。タイムトラベルとか明確に否定できないから無しと言えない。
1
柿木まめ太 @kakinokimameta 2020年11月10日
でも普通は、未来から来た犯人とミスリードしといて、トリックで現代の誰かが未来人のフリして殺したって筋にするのがポピュラー。タイムトラベルで殺したってんじゃ面白くもなんともないから。
0
TANABE Toshiharu @itinoe 2020年11月10日
随筆で殺人事件が起きたら犯人が宇宙人である可能性もアリ?
0
ランベラ @_lambela 2020年11月10日
ミステリというジャンルが前提を共有したパズルゲームだから、だよね。それを破ってミステリに誤解させたエンタメを作るとひぐらしみたいに荒れる。
0
asakurah @asakurah 2020年11月10日
富士見ミステリー文庫の「食卓にビールを」って言う作品を思い出した。なんか、宇宙人が犯人って感じの小説じゃなかったっけかな
0
ドラゴンチキン ネリウマ⭐︎いさお @dragonchicken19 2020年11月10日
そう言えばパタリロって安楽椅子モノが好きだけど、自在にタイムスリップ出来る主人公がそれをやる?
0
呉紋@おっさん @gomonz 2020年11月10日
わざわざ神様が探偵の推理通りに当てはまるように時を戻してお膳立てするミステリーだってあるんです(既出)
4
あさぎ @asagi8 2020年11月10日
フーダニットやハウダニットじゃなくてホワイダニットなら宇宙人犯人でも行けるんじゃねと、ロードエルメロイの事件簿読みながら
1
草冠に西 @cuervo9 2020年11月10日
なんで本=ミステリになってるの?「朝「殺すぞ」って村中に聞こえるように言われた人が、周囲が合理的でない(ここでいう「無の」)行動をとった結果その日のうちに予告通り殺される」っていう超面白い話を書いた人はノーベル文学賞取ってるじゃないか https://www.amazon.co.jp/dp/4102052119
0
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2020年11月10日
まあミステリーの場合実際にやれる事ですらそれをやるとジャンルとして成立しないなんてのはわりとザラにあるみたいだしな。トリックメーカーとかもやってるらしいヘルドクターくられ氏が言うには「触っただけで死ぬ毒とかは実際にあるんだけどそれをただ使うだけだと便利すぎて魔法と同じなんで、ミステリーとして成立しない」だそうで。
0
Épouvante @epouvante 2020年11月11日
なにも言わずレムの『捜査』を読ませて
1
かにかま @kanikama_surimi 2020年11月11日
散々不可能犯罪かとかどうやったんだとか盛り上げておいてオチとして宇宙人がミラクルパワーで意味なく地球人やっちゃいましたとかそれSF? とかまあそれで面白い"ミステリ"になるかどうかという話だよね。
0
逆らわずに右へ🎌睦月🎌 @coffeerabbit27 2020年11月12日
防犯カメラに写った事件現場周辺をやたらウロウロしているヤツを事情聴取したら「散歩がてら特定のメーカーの自販機を探して歩き回ってた、事件があったこと自体知らなかった」とかいう参考人に当たりつづけるミステリー、…読みたいか? ぜったいダレる
1
丁 了 @hinoto_ryo 2020年11月13日
弟さんに合いそうな小説としては「ほとんどの物事は“たまたま”で説明がつく」ときっぱり断じている京極堂シリーズあたりでしょうか
0
うにら @riafeed 2020年11月13日
uchiwamaster ミステリー勢がひぐらしで怒るのはまだわかるけどその前科があるのにうみねこで怒るのはいまだによくわからん
1
foxhanger @foxhanger 2020年11月13日
宇宙人が犯人だとして「その宇宙人の母星は地球からどれだけ離れてて、どんな環境だ? どんな形態をしてる? 文明のレベルは? どうやって地球に来た?(光速を超えられるのか超えられないのか)」とかSF警察に問い詰められちゃうw
1
かくりしせつ @aXL4DLokUUvDxfa 2020年11月13日
パズル解いてるのに実は鍵が無いと絶対解けないとか言われたら切れるじゃん
0
熊☆ギーグ☆かろん @kmi83 2020年11月14日
清涼院流水の小説に実際にありそうなオチ
0
フローライト @FluoRiteTW 2020年11月14日
流水御大だとオチじゃなく、むしろ巻頭の登場人物一覧の中に平然と「宇宙人」とか書いてある方だから・・・・
0
ししおまみ @yaada12 2020年11月14日
宇宙人じゃなくても唐突にサイコパスの仕業でしたならわんさかある〜
0
. @IroIroZattaNi 2020年11月15日
うみねこ思い出したわ
0
てす子 @momimomitest 2020年11月15日
coffeerabbit27 ちょっと面白そうだと思うけどやっぱり最終的に関係無さそうなモブっぽい奴らばっかだった登場人物達が段々関係していったり実は知り合い同士だったり別の謎が明かされてって全員で事件解決するヒューマンドラマとか見たいと思う辺り本が好き
0
くの @kunokuno00 2020年11月15日
普段本を読まない相手にドグラ・マグラからおすすめするのはアカンw
0