Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

クリスバズビー博士講演会2011.7.17

azu_umiさんによる文字おこしをまとめさせていただきました。
13
あず @azu_umi

クリス・バスビー講演中継。やはりベレー帽。 ( #iwakamiyasumi2 live at http://ustre.am/pPQY)

2011-07-17 16:09:35
あず @azu_umi

B:福島の事故後いかに深刻な状態になっているか日本の人々に説明するためにきた。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:10:47
あず @azu_umi

CB: 進化の過程において、人類が経験したことのなかった新たな放射性物質を核分裂は作り出す。それらは核実験、原発事故によって生み出される。私はその健康被害について研究してきた #iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:14:09
あず @azu_umi

CB:放射線はまずDNAと染色体を標的にする。DNAの突然変異が白血病、癌などの疾病を引きおこす。 #iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:18:58
あず @azu_umi

CB: 放射線の量は体内に吸収された量を基本に測られる。放射線の問題は、電離性が問題なのであって、質量的な問題ではない(?) #iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:20:53
あず @azu_umi

cB:質量辺りが放出するエネルギーで放射性物質の危険性をはかってしまうと、たとえば暖炉の火なら目の前で当たろうが、口の中に燃える石炭を入れようが、同じ危険性ということになってしまう。 #genpatsu #iwakamiyasumi2

2011-07-17 16:23:54
あず @azu_umi

CB: 内部被爆と外部被爆の危険性はそのように違うもの。ガイガーカウンターで質量辺りが放出するエネルギーが低いからと安心していたはとても危険。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:25:02
あず @azu_umi

CB: ICRPのリスクモデルによると、高い線量の被爆をした人においては、被爆線量とともに癌のリスクが上がっている。 これは体中の細胞が同様の線量を浴びたことが前提。 #iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:26:26
あず @azu_umi

CB: 自然放射線の2mSVというのは、一年で体中の細胞が一本の放射線を食らうということ。#genpatsu #iwakamiyasumi2

2011-07-17 16:27:27
あず @azu_umi

CB:これぐらいのダメージは12時間で修復される。だが、全く問題がないというわけではない。たまには修復されないこともある。人間が死ぬメカニズムはDNAに繰り返しダメージがあるからだ。 #genpatsu #iwakamiyasumi2

2011-07-17 16:28:43
あず @azu_umi

CB: 哺乳類の寿命は放射線への抵抗力と比例している。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:29:10
あず @azu_umi

CB*: 体には10^13の細胞があるが、内部被爆となると放射性物質が同じ細胞を何度も何度も傷つけることになる。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:31:12
あず @azu_umi

CB: プルトニウム、ウラン、ストロンチウム90などは、DNAにくっつきたがる化学性を持っている。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:31:55
あず @azu_umi

CB:1/10000cm2でプルトニウムがアルファ線を放射してる写真?細胞中の線量の偏りを指摘。プルトの周辺だけで被爆量が上がる。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:34:00
あず @azu_umi

CB: 1988からECRRでは、内部被爆のモデルに注目し、被爆人口と比較してみた。ウェールズで試験を始めたが、大西洋の西側にあるウェールズでは放射性物質効果量が雨のため高い。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:36:32
あず @azu_umi

CB:そこで降下量と癌の発生率を、ウェールズとイングランドで比較してみた。結果はICRPのリスクモデルには約350倍の間違いがあることが発見された。原子力施設周辺でも同様の結果が発見された #iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:37:47
あず @azu_umi

CB: 2003年に新しいモデルを提言。そのモデルによる数値はさまざまな地域における現実と合致している。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:38:45
あず @azu_umi

CB: 今回のような事故は以前にも起きているということを理解することが重要だ。過去の事例を見ることでこれから起こることが予測できる。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:40:10
あず @azu_umi

CB: チェルノブイリによって癌発生率が上がったという研究。もうひとつの研究がICRPのリスクモデルが300-500倍間違っているという証拠をあげている。これらの研究はそれぞれ独立した研究で、胎内にいた子供の白血病発症率。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:42:08
あず @azu_umi

CB: こうした結果はちゃんと出版されている。しかし、こういったものは注目されない。ICRPのモデルの間違いを証明するものは無視される。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:42:57
あず @azu_umi

CB: ICRPのモデルの間違いを指摘する仮説は無数にある。また、疫学的研究成果も多数それを裏付けている。しかし、原子力・軍事複合産業の力によって、ICRPモデルの見直しは一切行われてこなかった。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:44:09
あず @azu_umi

CB: 2007年発表のICRPモデルは、チェルノブイリを一度として言及していない。ジャック・なんちゃらがこの本の著者だが、彼と2009年にストックホルムで会ったが彼はICRPの仕事を辞めたところだった #iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:45:38
あず @azu_umi

CB: 彼自身が、内部被爆の影響は900倍に及ぶほど間違っているかもしれない、とICRPのモデルについて認めた。それがビデオに納められ、インターネットにあるからぜひ見て欲しい。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:46:44
あず @azu_umi

CB: 退職後、彼は「退職して初めてICRPを批判できる」と言うようになった。もう一度おさらいしよう。ICRPリスクモデルの著者自身が、そのモデルでは内部被爆に関しては900倍間違っていると認めているのだ。#iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:48:00
あず @azu_umi

CB: ECRRの研究者たちをご紹介する。彼らが現実の研究者たちだと理解していただきたいからだ。先日もリスクモデルに関する会議があった。 #iwakamiyasumi2 #genpatsu

2011-07-17 16:48:57
残りを読む(57)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?