出来の良い悪役とそうではない悪役の違いは、その「最期」で決まるというのをちょっと考えてみた話

悪役の最期の描写って肝心ですよね。 自分なりに好きな悪役達の良い所をまとめてみました。 あとネタバレがいっぱいです。
1352
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

悪役の最期の描写では、カッコ良いイメージからの落差を描くのも効果的な手法だ。 『少女革命ウテナ』の鳳暁生は身勝手な悪事を働いた末に、共依存だと思っていた愛人から見捨てられて激しい動揺を見せる。 悪役を殺さないという選択で、コレ程惨めさを巧く表現出来た例はなかなかないだろう pic.twitter.com/GLHPTfAQI0

2020-11-20 20:59:48
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

『輪るピングドラム』の悪役、渡瀬眞悧は運命の別れ道の場に留まって、宿敵であり想い人でもあった少女に置いて行かれるというラストを迎える。 少女の別れの言葉に「そう…」とだけ呟いて本音を出さず顔も向けないその姿は、最期に"哀愁"という要素を印象深く添えていた。 pic.twitter.com/VvUayqAeLR

2020-11-21 01:58:34
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

幾原邦彦監督のウテナとピングドラムは、続けてメインの悪役が女の子に取り残される最期となっている。 最後の場面、前者は置いて行く者の視点で後者は残される者の目線だが、この差は感情移入させる対象の違いにある。 駄目男を捨てる爽快感と、孤独な男の哀しみを味わうラストはどちらにしろシビアだ pic.twitter.com/EvYrltNA8N

2020-11-21 02:17:55
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』の黒幕である合田一人もまた、転落性を描写した悪役の1人だ。 知の巨人であり強固なメンタルを持つ合田は、敵対するバトーにコンプレックスを刺激する図星を突かれ煽られても内心を表に出す事は無い。 自身や他者も含めて、人の心理をコントロールする事に長けた人物だ。 pic.twitter.com/z5a0Y9S8PX

2020-11-21 05:01:19
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

かつて英雄願望を抱いていた合田は、自身よりも天才的カリスマ性を持つクゼに嫉妬心と羨望が入り雑じった感情を向ける クゼの行動が失敗に終わると「彼は英雄にはなれなかったな」と呟き満更でもない微かな安堵感を見せるのだが、ここで合田は自尊心が満たされた事で生じた器の"矮小"さを露呈したのだ pic.twitter.com/hu0GXpYqVD

2020-11-21 05:45:08
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

その後逃亡を図り、退くか死ぬかの選択を迫られる合田は生殺与奪の権利を握られた状態となる。 ただの脅しだと諭された際の「ああ..」という声の調子に僅かな動揺を見せたのが合田にとって運の尽きであった。 そのショッキングな最期も鮮烈だが、ソコに至るまでの"過程"が実に巧く作用していた悪役だ pic.twitter.com/bxyUPqk1zT

2020-11-21 06:41:43
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

悪役を生かすか殺すかの問題を巧く扱ったのが『ガッチャマン クラウズ』でのベルク・カッツェの存在だ 人類の自滅を図り悪意をばら蒔く宇宙一の嫌われ者であるカッツェは、主人公に対して自分を殺したい程憎いか?と問いかける その問いに主役の一ノ瀬はじめは、自身の敵を「殺さない」と宣言するのだ pic.twitter.com/odvhkKf5Wj

2020-11-21 22:34:36
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

嗜虐心からなる愉悦を見せたカッツェは、絶対悪の様でいてその本質は愛に餓えた子供であった。そんな悪役を倒す必殺技は、真心からなるキスだ 弱体化したカッツェは、はじめの体と同化して封じられる最期となる 主役の肉体を牢獄とする自己犠牲精神の極みの様な帰結は、他に類を見ないアイデアの勝利だ pic.twitter.com/s8h2e2JaaR

2020-11-22 02:21:58
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

とても長いアメリカンコミックの歴史では、人気の悪役は本当の意味で死亡する事は無い。 だがif世界を描いたエルスワールド『バットマン:ダークナイト・リターンズ』では宿敵ジョーカーの見事な死に様が描かれた。 自身を殺す事を躊躇した宿敵を臆病者と嘲笑い、自ら果てる最期が実にジョーカーらしい pic.twitter.com/XEh9Ut2W6L

2020-11-22 02:59:05
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

アメコミ史上最高傑作と名高い『ウォッチメン』の悪役と云える存在は、世界一の頭脳を持つスーパーヒーロー・オジマンディアスだ。 ヒーロー殺し事件の黒幕である彼の最大の目的は核戦争を回避する事であり、その犠牲として数百万人の市民を計画の為に殺害した。 言ってみれば倫理を越えた必要悪だ。 pic.twitter.com/owEOBXft8s

2020-11-22 04:30:37
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

使命の為ならば泥を被る事も厭わない高潔な精神性とも取れるが、内心では底辺ヒーローのロールシャッハを見下すという世界一頭が良い故の傲慢さが悪役たる最大の所以だろう 亡きロールシャッハの手記によって悪事が明るみになるのが示唆されるラストとなるが、その末路が描かれない最期が秀逸であった pic.twitter.com/nhixkdQOPm

2020-11-22 04:55:55
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

米国のTVドラマ『ブレイキング・バッド』最大の強敵であった悪役は、麻薬組織の元締めであるガス・フリングだ。 自身の危険な雇い主の暗殺を目論む主人公のウォルターだが、悪党としては比較にならない程に格上で付け入る隙の無い相手にどう立ち向かい、打破するかが見せ場のポイントとなる。 pic.twitter.com/uDRzn853v1

2020-11-22 06:22:39
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

警戒心の強かったガスを誘き出す作戦は、ウォルターの関与を疑わせない人物を用いた、間接的な方法で成功を収める。 悪役を倒すまでのプロセスが非常に素晴らしい出来であり、高揚感を高めるといった意味では全シーズン中、このシーズン4の終盤が最も盛り上がりを見せる展開のピークであった。 pic.twitter.com/GUKyBUh8QI

2020-11-22 07:21:38
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

『アウトレイジ』シリーズの『ビヨンド』から登場した西野は、花菱会若頭として恫喝参謀の凄味を見せた。 『最終章』では演じた西田敏行の病状の時期と重なり、覇気は幾分か減少しながらもその分老獪な邪悪さが増し、前作よりも奥行きを感じさせるキャラクターとなる。 紛れもない作中一番の悪党だ。 pic.twitter.com/N6d7d3cogC

2020-11-22 14:00:29
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

邪魔者を始末して会長の座に納まり成功者となるのが西野の顛末だが、主人公・大友を毛嫌いする西野は「とことん追い込んだるわ…」と最期に対決の意志を見せる。 だが、この世に未練が無くさっさと自決した大友と対比すると、これはある意味独り相撲だ 裁かれない悪のパターンでは、ぴか一の出来である pic.twitter.com/AtkwrJbbbw

2020-11-22 15:07:05
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

特撮ヒーロー物の悪役で印象深い最期を遂げたのは『鳥人戦隊ジェットマン』のトランザだ。 堂々たるボスキャラの風格で登場したトランザは、対等であったラディゲを貶めて無理強いの末に忠誠を誓わせる ラディゲが屈辱を振り絞って発する「トランザ様ーッ!」と言う台詞は、最後の結末へと繋がる布石だ pic.twitter.com/wHyzetZFaM

2020-11-22 20:48:10
拡大
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

トランザは主人公とラディゲの共闘により打ち倒されるのだが、最大の見せ場は敗北した後にある 這い蹲るトランザにラディゲは容赦無い責め苦を与えて、様付けを強要するのだ そして病院で精神が崩壊したトランザを最期にこの回は終了する 因果応報な末路であり更に際立つのは"起承転結"の巧さであった pic.twitter.com/Ms9H3dkjTP

2020-11-22 21:23:41
拡大
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

ゲームに登場した悪役の中で一番唸る造型をしていたのが『逆転裁判』の追加エピソードでラスボスとなった、巌徒海慈だ スーツを無理くり着込んだ世紀末覇者みたいな見た目に加えて一人称が"僕"なのもパンチ力がある 大物と小物のイメージを往き来する描写が特徴であり、予想のつかない顛末を見せていく pic.twitter.com/TCHbVgoflP

2020-11-22 21:56:53
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

普段は飄々とした性格をしているが、本質は徹底して冷酷無比、そして傲慢だ。 追い詰められた時のリアクションもバラエティがあり面白いのだが、最期には敗北を認めて次世代の主人公達を激励するという目まぐるしいスタンスの変化で幕を引いた。 コレ程の濃さと余韻を遺す悪役もなかなかいない 。 pic.twitter.com/E70GQZfTt8

2020-11-22 23:35:52
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

ゲームだけではなく、全てのジャンルでワーストな最期だと個人的に思えてしまったのが『バイオハザード』シリーズの宿敵ウェスカーである。 初代から登場したウェスカーはゾンビになった黒歴史や後付けで復活したりと様々な遍歴を持ち、その決着まで13年分の時間と共に期待を抱かせたキャラクターだ。 pic.twitter.com/iy0t1mnn5N

2020-11-23 04:35:26
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

そして『バイオ5』で描かれた決着は、溶岩に嵌まったウェスカーの顔面にロケットランチャーをブチ込むという形で幕を閉じる。 なんというか..こう、もっと捻りの様なものが欲しくなる最期だ。 ウェスカーは出来る男だと信じているので、またサラッと復活して登場してきても特に不服はない。 pic.twitter.com/NBeN8mhjGo

2020-11-23 04:46:15
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

ハリウッド娯楽大作では、『ハリー・ポッター』に『アベンジャーズ』と『スター・ウォーズ』が少年漫画の様な分かりやすい白熱の展開ぶりを見せた。 特にこの3作品のシリーズ最終作は、悪役の最期が共通した退場の仕方をするので、ちょっとばかし比較してみよう。 pic.twitter.com/wHx8GtH4dx

2020-11-23 05:37:10
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

『ハリー・ポッターと死の秘宝』でのハリーと宿敵ヴォルデモートの決闘の勝敗は、杖の所有者を巡る経緯と自ら放った呪文の跳ね返りによる自滅という"過程"が決め手となるものだった。 サラサラと消滅していく最期がお馴染みとなったが、個人的には妙に色気のある表情で逝ったスネイプの最期を推したい pic.twitter.com/V03Oqxfq2W

2020-11-23 06:07:36
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

続いて『アベンジャーズ エンドゲーム』の悪役サノスの最期は、トニー・スタークとの会話の流れが肝となる。 「私は絶対なのだ」に対して「私はアイアンマンだ」と返す頓知の効いた捻りが面白い。 サラサラと消滅する際は断末魔の叫びではなく「どっこいしょ」と腰を下ろすのが味のある死に様となった pic.twitter.com/p4tlAdCMbn

2020-11-23 06:57:39
拡大
拡大
拡大
惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj

『スター・ウォーズ』シリーズの黒幕パルパティーンは、オリジナルの三部作の時点で"デカい溝に放り投げられて爆死する"というちょっと微妙な最期を遂げた悪役ではあったが、新三部作では政治家時代の過去が描かれて造型の厚みが増したキャラクターでもある。 シリーズの中で最も中核を担う存在だ。 pic.twitter.com/X26m60ZfR1

2020-11-23 08:20:22
拡大
拡大
拡大
拡大