Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

100分de名著(Eテレ)でブルデューを扱っており「自分がたまたま好きになったと思っている趣味は階級や学歴や経済格差により定められている」という話をしていた

育ちを振り返ると親が読んでいた本に影響されていた節は感じます
543
はまりー @travis02130213

100分de名著。プルデュー『ディスタンクシオン』。「自分がたまたま好きになったと思っている趣味は、階級や学歴や経済格差により定められている」という話。芸術作品との“稲妻の一撃”による出会いを否定し、文化的慣習行動による必然の出会いしかないと定義。これだ、こういう話が聞きたかったんだ!

2020-12-08 19:24:56
はまりー @travis02130213

「趣味とは文化資本の産物。文化資本とは親の遺産。音楽を日常的に聴く環境下に居なければラジオからたまたま流れてきた曲に感動することはできない」。すごい、すごい。SNSに氾濫する「好きという感情がいちばん尊い」論に対する叛逆だ、これは。

2020-12-08 19:26:32
リンク 藤原書店オフィシャルサイト ピエール・ブルデュー 「超領域の人間学者、行動する世界的知識人」ピエール・ブルデュー(Pierre Bourdieu、1930-2002) 「構造主義」と「主体の哲学」の二項対立をのりこえる全く新しい諸概念を駆使して、人文 1 user
わかる
mu-ranᴮᴱ @tamatoratama

ライブに行くという概念が薄い地方に育った人間として興味深い twitter.com/travis02130213…

2020-12-09 12:10:27
マリエ・no more war @ailoveuu

だよねぇ……首がもげそうw 叶うなら子どもにバイオリンやらせたかった、ピアノと……個人レッスンでね……バレエとかさ……シクシク twitter.com/travis02130213…

2020-12-08 21:05:54
マリエ・no more war @ailoveuu

『文化資本』を得られず20代~から文化に触れようとした時のあの、あの手の届かなさ具合ったら❗😭😭😭 twitter.com/travis02130213…

2020-12-08 21:07:20
文化資本とは?
lessismore @lessismore

私の場合、親から文化的影響は受けていないと思うけど、スペースシャワーが見れる環境を与えてもらったのはこれにあたるのかも。 twitter.com/travis02130213…

2020-12-09 08:51:45
きのしたくみこ@SS製造及びいいねRTマシーン @ajaprojlike

オタクはだいたい子どもの頃はお金に困ってなかったおうちの出身ぽいもんな。手元に本を置いとけないとかテレビもないというような家庭環境では確かに難しいだろうな。 twitter.com/travis02130213…

2020-12-09 11:51:48
高橋けんじ(髪の毛の色がほぼ宇崎ちゃんなので遊びたい) @Q47SM9

雑学量に「都市部と地方の書店と古本屋のタイトルの圧倒的な差」が関係していたの思えば、必須条件だろうなー。首都圏に住んでいるって事は、適切な本屋を探する能力さえあればプラントや戦車設計の基礎等、本職間で使っている本を立ち読み出来たけれど、回線の自在さはコレに等しいと思う。 twitter.com/travis02130213…

2020-12-09 02:37:24
takajoy @takajoy

@travis02130213 自分も身の回りの子供がいる友人を見て、家に高速ネット回線とサブスクリプションサービスが有るか無いかが今の文化資本だなと思いました。

2020-12-09 08:06:50
はまりー @travis02130213

そうなんですよね。「手の届くところに本がある」「家に楽器がある」「親のジャズレコードコレクションがある」「早川の銀背がある」「よく映画に連れていってもらえる」。それが当たり前の環境に育った人には「それが何!?」なんですが、手の届かない人間には喉から手が出るほど欲しい資本なんですよ

2020-12-08 22:03:04
環境だけでもないけども
とちぷ @toocheap

わかりやすいけど、環境が全てを規定するとも思えないなー twitter.com/travis02130213…

2020-12-09 10:26:37
mytunes78to93 @mytunes78to93

@travis02130213 @C4Dbeginner 定められているというより、狭められてはいるんでしょうね。 運命の出会いへの間口は少しずつ広くなっていると思いますが、探さないと出会える可能性が少なくなるのは昔も今も一緒かと。

2020-12-08 20:27:38
けいり飯/業務フロー改善係 フローやExcelについてのご相談はDMで @foodsofaccount1

豊かさとは選択肢、知識とそこへのアクセス手段から生れるってことなんだろうな。 それをどう応用していくかはそこまで蓄積した「経験」からでないと作れないし、そこを経過しないと豊かさへは育っていかないけれどtwitter.com/travis02130213…

2020-12-09 09:42:37
酒溺ブラックバックイさん @aka_bare_arai

文化資本の差の恐ろしいところは、限られた文化資本の中で完結してしまうと「自分が文化的に豊かで恵まれている」と思い込むところ。そのまま歳を取ると自分を守るために他者を「インテリぶってる」とか「鼻持ちならない」とか言って貶し始めるので目も当てられない twitter.com/travis02130213…

2020-12-09 13:04:45
ネットの存在はどうなんだろうか
はまりー @travis02130213

ただ、これってインターネットという軸がひとつあるとどうだろう? マンガ図書館Zやスキマがあれば古いマンガにも親しめる。映画も音楽もサブスクリプションは貧困層でもなんとか払える額だ。となると「ネットの固定回線があるかどうか」がいまだと真の階級差をかたちづくるんだろうか?

2020-12-08 19:28:47
なべきょう@過眠症 @wata_nabekyo_ko

@travis02130213 貧困層は固定回線で文化どころか ・お金払えないのでWi-Fiスポットに行く ・基本料の安さに騙され従量制プラン、使わないのにiPhoneで銭を捨てる(LINEくらいしかしないのに携帯代は月1万超え) ・動画なのに文字のやつばかり見る ・「ネットで真実」にコロッといく という感じがごろごろです

2020-12-09 07:53:25
残りを読む(12)

コメント

agegomoku @nekofurio 2020年12月9日
低学歴層と高学歴層に同じ写真を見せたら評価が見事に正反対だった、というところは「おおー」と思いましたね…
69
井下真 @828eenyade 2020年12月9日
こういうなんでも階級や生まれのせいにしたがる風潮はなんなんやろ。
31
ピピン @jaijv64Sl1dBl5D 2020年12月9日
>ただ、これってインターネットという軸がひとつあるとどうだろう?←最近指摘されてるのはネットは大前提でPCの有無がデカイと言われてるな スマホが普及しすぎた結果ネットにはほぼ全員が触れることができるようになったんだけど問題はその先でスマホで満足してしまう生活環境の人はそれ以上ネットを活用できず消費しかできない スマホに飽き足らずPC使う層はよりネットを活用して生産するできる側に回る可能性が高い この差が大きいみたいだな
61
ピピン @jaijv64Sl1dBl5D 2020年12月9日
828eenyade 前聞いてなるほどなと思ったのは 左翼リベラルは上下の差や違いに敏感だし気になるが横の違いや差には関心がない 右翼保守は上下の差には関心がないが横の差や違いには敏感だし気になるものらしい つまりなんでも階級や生まれのせいにしたがる風潮ってのは左翼リベラル的な人が騒いでるってだけなんだと思う
56
Σさん(RC) @SigmaSan4536 2020年12月9日
出たよ文化資本…そんなものは無い。
3
れん @len34440908 2020年12月9日
番組見た人なら分かることだけど、「階級や生まれ」のせいにするって話じゃなくて、階級や生まれの影響を自覚することで「階級や生まれ」の壁を乗り越えていけるみたいな話だったよ。
206
wot-object @wot_object 2020年12月9日
ネットがあっても基礎知識がないと何を調べていいかわからないからね… 若くても驚くほどネットに疎い子はけっこういる
43
井下真 @828eenyade 2020年12月9日
jaijv64Sl1dBl5D 金がないと出来ない趣味があるのは確かだけど、農村なら虫や植物に触れる機会が多いし、漁村なら海洋生物やマリンスポーツ、降雪地帯ならスノースポーツなどの文化に触れる機会は高まるのに、そういうのは「文化資本」にカウントしてない気がする。
46
CD @cleardice 2020年12月9日
インターネットだって常時接続の太い回線があるところとパケ代気にしながらスマホ弄るしかない場所とじゃ得られる情報が全然違うしなあ
73
へくせんはうす @1618honey 2020年12月9日
オタクは趣味じゃなく種族なので金があろうがなかろうが文化に興味があろうがなかろうが、運命の作品と出会った瞬間に覚醒するんだよ。
3
sorakarajyosi @sorakarajyosi 2020年12月9日
環境格差がはっきり目に見えると感じるのは公立図書館の哲学の棚。カントやハイデッカーがある地域と、「ラクになる生き方のヒント」的なものしかない地域は、本だけではなく住民そのものが違う。
58
あづさ/kyoka👓眼鏡のエレクトーン弾き @azusa_Klavier 2020年12月9日
経済や地域によって生じる格差をちょっとでも縮めるために、小学校の芸術鑑賞会とかは必要なんだろうな
79
ろんどん @lawtomol 2020年12月9日
実家は、遊びに来た友達が「お前んち、本屋か図書館みてえだな」というくらい本で溢れかえってたけど、弟はぜーんぜん読書に関心がなかった。「こち亀は面白いけど、字が多いのがちょっと…」とか言ってた
26
ロベルタ @roberutaaa 2020年12月9日
無意識の内に大きな影響を受けているが、自分の意思で選択したと思い込んでることも沢山あろうよ。
67
memo @kosmosgarden 2020年12月9日
大阪で生まれなかったので大阪にはよう住まんかった者からすると、あの猫おじさん独特のセンチメンタルな感傷性というのがどうも苦手でした。フェイク大阪人であることはもちろん認めていらっしゃることでしょうが、鷲田先生の〈身体〉に群がるああいう人達というのがホントに意味不明でなんかいややってんよな。
2
memo @kosmosgarden 2020年12月9日
なんやろう、ショボエリートとでもいうのかなぁ、男子については知りませんけど、こういうおっさんの小遣い稼ぎでつけこまれるよりは『女子は宝塚大劇場へ!』といったことは『居場所ブーム』の時からそれはずっと思っておりました。
2
memo @kosmosgarden 2020年12月9日
猫おじさんが苦手、というそれが言いたかっただけです。雨宮さんも論外でした。
0
めめんと・頓服 @alchmistonpuku 2020年12月9日
コメントのとこに降雪地帯ならウィンタースポーツ文化に触れるって書いてる人いたけどそうでもないよ
47
sorakarajyosi @sorakarajyosi 2020年12月9日
828eenyade 目の前の海や雪山がスポーツの適地であると認識しノウハウと機材を手に入れる能力は後天的に身につけるもの。外部からの情報なしにそこに行き着くには、ウインタースポーツやマリンスポーツの発祥の歴史をなぞることになる。
9
ポン酢太郎 @ponzoo2you 2020年12月9日
それが普段からあったから興味を示さなくなった。とかそれがない環境で生きてきたからこそ 出会った みたいな話もあるしだからどっちがいいとかそういうことでもない
1
占い羊 @wHozrPpLuqR09za 2020年12月9日
828eenyade 漁村でマリンスポーツ…う、うーん。漁港とマリンスポーツ施設は矛盾する要素だと思うけど…あと水死事故が身近になるから逆に避けるパターンもある
53
ぺんぺんはんぺぇん @PenPenHanPeen 2020年12月9日
FC、SFC辺りのゲームでは著作権料がかからないからという理由でよくクラシック音楽がBGMに採用されていたため、今でも結構好き。女の子ボスをショットしたらイヤ〜ン❤と言うゲームでクラシック好きになるんだよ。凄くね?
15
らくだケイム @rakudacame 2020年12月9日
選択肢が増えるだけでも全然違うよね。
4
メニスカス @HatsudukiLens 2020年12月9日
日本ではあんまり階級で趣味が別れないって研究もあったはず。漫画ばっかり読む→ギャラリーフェイク読む→ハイカルチャーの美術鑑賞に進む、なんて自分の経緯もあるし。
44
ねがてぶ @negatebu_chu 2020年12月9日
超ド級に流行る物は、人数が多い下層に響くからなんだなぁ
2
とみゃ @QBvxWe4hElcmSzD 2020年12月9日
インターネットが格差を埋めるかどうかは、知らないものは検索できないというのがあるから、難しいと思う。 特にいまは、偉人を検索するとFGOコンテンツで埋め尽くされたり、検索結果があてにならないし。
32
マカロニッカ @mcrnftb 2020年12月9日
アフリカに生まれていたらヘヴィメタル聴いてなかったとは思うわ。
5
ぺんぺんはんぺぇん @PenPenHanPeen 2020年12月9日
QBvxWe4hElcmSzD FGOのアビゲイル・ウィリアムズって誰だろ…セイラム魔女裁判?なんこれ面白!!もっと歴史勉強したろ!となるポロロッカ現象もありえる
29
けがに @oishii_kegani 2020年12月9日
インターネッツを泳ぐにも、クリティカルに欲しい情報にアクセスするための検索ワードを知るにはある程度の知識が必要だし、 「いかがでしたか?系キュレーテッドサイト」を避けて良質なコンテンツを配信しているサービスを知るにも知識というかググり力みたいなのは必要だしなぁ…。なんでもかんでもインターネットが文化格差をフラットにしてくれるわけではないのだ。
39
Mongyang @taisyo_2015 2020年12月9日
回線の太い細いは関係ないよ。検索で普通にやると当たりが出てこない。初期の2chで釣られたりで鍛えられた人はあと10年は戦える
7
吉祥天 @sarutas2000 2020年12月9日
インターネットでは本屋で本を選ぶのに比べたら階級外の知識に出会える機会が段違いに少なくなりそう。おすすめされるものばかりの情報で。
3
ゆきるん @yukirun 2020年12月9日
なるほど。著書を読んでみよう
1
denev @_denev_ 2020年12月9日
len34440908 いやー、無理でしょ。人間の文明は、代々の巨人の肩の上に乗ることで成り立っている。
3
めがねすきー @R18gMeganeski 2020年12月9日
インターネットは間違いなく優秀なツールだよ。それは使い手の無能さとは関係ない話だ。プロが使う和包丁を素人に持たせたら手を切ったみたいな話は不毛。インターネットは知らなければたどり着けないが、知るための学習の機会も山ほど見つけることができる。意欲にたいする即応性が高いツール
18
がー @unaaaaaaaaaa_G 2020年12月9日
alchmistonpuku sorakarajyosi 降雪地帯だと冬の体育で最低1回はスキーやウィンタースポーツをすると思うんだが。
12
かもしれない。 @kamomoshi 2020年12月9日
貧困家庭の肉体労働階級だと「インターネットは贅沢品、遊びの道具」世代の親が手強い。なまじインターネットやPC使えなくても生きてる人達だから子世代にとっては必須スキルなのだという認識が無い。文化資本なんて発想ももちろん無い。なので子にも与えない。贅沢品だから
26
ドライブ院鳥@サバゲローディー @drive_in_tori 2020年12月9日
ブルデューと言えば知能のラシズムで後々インテリにぶっ刺さるヤツ
1
ちみみ @tiea_1192 2020年12月9日
面白そうなので読んでみよう
0
タカー @VVkcu 2020年12月9日
傾向としては当然あり得るよねと納得できるんだけど、具体例が極端でうすら寒い。プレゼンが失敗してるのでは。 あと日本は漫画ドラマアニメ雑誌で随分と橋渡しされてたんだなぁと。
3
HWS Mk-1 @HWShosii 2020年12月9日
東京だと新国立劇場に招待して演劇見せたりとか国立劇場で歌舞伎体験教室とかやって子供たちに触れる機会とかを設けてたりするんですよね…おのれコロナ(今年は中止) 他所は知らん
2
Kongo @kongo_kirishima 2020年12月9日
音楽には聴く人の文化や言語を超えた普遍性がある、ということは言われているし、研究もあるんではなかったか。なので教養というか文化的蓄積がないと、ふとラジオから流れてきた音楽に感動することはできない、という主張には疑問だな。
2
sokuoku @sokuoku 2020年12月9日
>全国調査で文化の調査を行った結果、日本のエリート層の多くが、正統文化と大衆文化の両方を好む「文化的オムニボア(文化的雑食)」になっていることが明らかになった。 エリート層はクラシックも好きだが、一般大衆と同じようにカラオケをも楽しむ。https://synodos.jp/society/23895
38
sokuoku @sokuoku 2020年12月9日
>同じ学歴や職業が2世代続けば、文化の世代間蓄積となるのだが、なぜかそれは女性にのみ顕著に現れた。さらに父親が高階層出身の女性はたとえ夫が労働階層であっても、出身階層と同程度かそれ以上の高い文化弁別力を保持するのである。しかし男性はそうではなく、出身階層に関係なく現在の職業地位の平均的な文化弁別力に同化してしまい、文化弁別力は世代間で伝達されない
33
ルル @after_zero 2020年12月9日
「ggrks」という単語がはるか昔からあるように、ネット環境が整備されていても検索のやり方という文化資本がなければ目の前の箱や板は単なる暇つぶしや連絡ツールに成り下がるのよな
3
ヘリオドール @heliodor_ruby 2020年12月9日
文化背景、教養、生活環境などによって出会う趣味の範囲も違うし、好みにも影響は出るとは思う。ただ、人の好み・趣味が環境要素で「定められる」と断言できるのは何故? 本能的に好きと感じるものだってあるし、教養等のいらない趣味だって多々ある。0か1かの思考に囚われてる気がする。
1
ヘリオドール @heliodor_ruby 2020年12月9日
「音楽を日常的に聴く環境下に居なければラジオからたまたま流れてきた曲に感動することはできない」とありますが、例外ありますよね。私、普段絵を見る習慣もない、芸術にも全く疎い身ですが、たまたま買物に出かけた際に、買物とは全く関係なくたまたま展示されてた絵(可愛い動物の絵)に一目惚れしてしまい衝動買い+その作家さんのファンになりました。そういうこともあるのです。
9
ヘリオドール @heliodor_ruby 2020年12月9日
まぁ、まとめ内のツイートにはあまり賛同できないけれど、文化資本等に触れる経験・環境が趣味への出会いを「広げている」のは間違いないと思う。図書館・博物館・動物園その他諸々、お小遣いレベルの対価でいろんな文化資本に触れられる環境ってすごくありがたい。おかげで趣味が広げられるし新しい趣味も見つけられる。
13
あおつき @Aotuki9999 2020年12月9日
この話を聴いた結果、自虐風自慢と差別のオンパレードにしかならない世界もあるだろう
3
ウォロイッツ夫人 @mrswlwzz 2020年12月9日
小学校ってもっと褒められて尊敬されていい制度で場所だと思う。勉強以外の時間もあるおかげで色んな事を身に着けられるし、そういう基礎が無ければ本当にきっかけすらなくなる・・。
32
レモンカード @S7qUuC1HgifKlLq 2020年12月9日
heliodor_ruby そのような「例外」すら集めたら結構な数になるはず。我々が例外だと思っていることすら実は用意されたルートの一つに過ぎず、すで多くの人が通ってきた道ではないのか?という話じゃないかな。
18
山の手 @Yamano_te 2020年12月9日
日本はそれでもまだ差というか違いは小さい方……という気が一瞬したが、そもそも文章コミュニケーションと無縁の存在もいるんだよな。そういう層は棘なんて七面倒臭いところは勿論、Twitterにも出てこない。
2
カズマサみんC @mskazumin 2020年12月10日
現代日本なら日常的に小売店へ買い物してれば多くの芸術資本に浴せてると思う。店に入れば音楽も、パッケージという名の美術も、商品という貨幣経済も、文字も、美味という情報も全部経験できてるはず。
1
ヘリオドール @heliodor_ruby 2020年12月10日
S7qUuC1HgifKlLq 該当コメントの前に書いたとおり、環境により影響は同意ですし仰りたい内容も大体同意です。ただ「(前略)たまたま流れてきた曲に感動することはできない」と断定した部分について”だけ”は例外がある以上断定できないよと申しているだけです。
1
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年12月10日
現代日本ではネットの普及で低所得層でも様々な情報に容易にアクセスできるようになったが、情報取捨選択や内容理解、抑々考えが及ばないなどそういう教育の格差までは(義務教育制度があるとは云え)どうしようもないな。そしてそれは環境や収入の影響を受ける。
5
キナス・ドメスタイティス @HSDomestas 2020年12月10日
828eenyade 確かに農村の方が虫や鳥や花に溢れているけど、昆虫採集も野鳥観察も金持ちや都会人の趣味になりがちだね。動植物からの実害に追われることなく物語とか詩とか工芸品とか図鑑の知識で対象を愛でれるからかな、と思う
1
団扇仙人 @uchiwamaster 2020年12月10日
「海辺だからってマリンスポーツするわけじゃない」「降雪地帯だからといってスキーするわけじゃない」という言い分、それこそ「都会にいるからって~」ってのと同じで、後者だけ過大評価して前者をなかったことにするのはおかしいんじゃないのって話だと思うけど。
2
mocilol @mocilol 2020年12月10日
ブルデューが観察したのはヨーロッパの階級社会だからそのまま日本に当て嵌められるわけではないよ。 今はもう違うかもしれないけど一億総中流社会というからには文化資本もヨーロッパに比べれば差は小さいんじゃないかな。 貴族が嗜むハイカルチャーと江戸時代から庶民の愛した大衆文化という重心の違いもあるしね。
33
どろがみひかげ @dorogamihikage 2020年12月10日
人は親の価値観の元で育つ。教師の親の子は教師の価値観、医者の親の子は医者の価値観、建設業の親の子は建設業の価値観。接客業の親の子は接客業の価値観 「20歳過ぎたら自分の責任だ」何て言うけれど、大抵の人は20歳まで築き上げてきた価値観を変えること何てできず、そのままの価値観で人生を生きていく。
0
紺碧 @Konpekin 2020年12月10日
これ全4回だそうで、たまたま初回放送を見て超面白かったんですけど、ただ現時点では「育った環境や階級、家庭と学校が己の趣味嗜好を決める」という解説までとなっており、例えば『同じ家庭で同じ学校の兄弟でも趣味嗜好が異なったりするのに?』というような反論は簡単に出てきてしまうと思うので、ここから先どうなるか楽しみなんですよね…
6
紺碧 @Konpekin 2020年12月10日
なお全4回の大まかな内容と紹介が公式HPにあります。 https://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/104_distinction/index.html
2
ヘリオドール @heliodor_ruby 2020年12月10日
気になったので、nhkプラスで見逃し配信見てきた。 自分で選んだ、自分で好きになったと思っていることも、文化背景・教育・自分の経験なんかに傾向づけられてる・誘導されてるってことだった。でも、だからこそ自由があると(この辺の話は次回以降っぽい)。概ね納得できるし勉強にもなった。
5
ヘリオドール @heliodor_ruby 2020年12月10日
で、違和感を感じていた「(前略)音楽を日常的に聴く環境下に居なければラジオからたまたま流れてきた曲に感動することはできない」の部分は、プルドゥーの言葉ではなかった。で、前後の説明を合わせると芸術の下地がないと「全く感動できない」という主旨ではなく「自分が感じたような、稲妻に撃たれたような感動は得られない」ということに思えた。
4
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2020年12月10日
インターネットと光回線コンテンツが文化格差を狭小化したのは間違い無いと思う 90年代くらいまでは、都市圏限定でやってるイベントへの参加、テレビ・ラジオ番組の視聴、書籍類の入手など事実上無理なケースがたくさんあったし 僻地住まいの自分的には 死にたいくらいに憧れた花の都大東京やったな
12
TaKe @TaKe_asset 2020年12月10日
「趣味は乗馬です」って言われたら実家が金持ちか北海道出身が大半だろうし。 牧場のポニーしか乗ったことないよ…
12
ヘリオドール @heliodor_ruby 2020年12月10日
この感動についてものすっごく雑にまとめると「文化的下地があると、興味も持ちやすくなるしより深く理解して感動する事ができるよ(逆に下地がないと強い感動は難しいな)」って事かなと。
9
zaizeno @zaizeno 2020年12月10日
たまたま可愛い動物の絵を見て画家のファンになることは割と誰にでも起こりそうだけど、ゴッホやレンブラントやボッティチェリとなると環境が結構モノを言いそう。背景知識も必要だし。 音楽だって、ショパンやバッハやモーツァルトなどに親しんでいる愛好家たちは、楽しかった子供の頃の思い出と結びついていることが多い印象がある。だから心底楽しめる。身銭を切ってコンサートに通い続けるし、自分で楽器を弾いたりもする。
5
zaizeno @zaizeno 2020年12月10日
こういうのは育った家庭環境がやはり大きいと思う。10代半ばくらいまでに趣味は出来上がってしまうだろうし。
3
kumonopanya @kumonopanya 2020年12月10日
その分野の最高傑作に触れれば人は簡単に落ちる。
0
zaizeno @zaizeno 2020年12月10日
いわゆるハイカルチャーって、良さがわかるのにどうしても時間がかかるんだよね。むしろそれがゆえに自分が時間的・経済的に余裕がある階級の人間であることを誇示するために好まれ発達したという面もあるので、本来的・本質的に時間食いなので、どうしてもじっくりと接することのできる家庭環境がモノを言うと思う。ソナタやシンフォニーを一曲聞くのにも時間がかかるし、楽器を習得して曲の練習をするのにも時間がかかる。
18
zaizeno @zaizeno 2020年12月10日
その分野の最高傑作に触れても良さがわかるまでに何年もかかったりする。僕はバッハのブランデンブルク協奏曲はすぐに好きになったけれど、平均律クラヴィーア曲集の良さがわかるようになるには何年もかかった。あの名曲マタイ受難曲に至っては、通して聞けるようになるまで何年もかかった。モーツァルトのレクイエムもなかなかピンと来なかった。まあ、こんなもんだよね。
7
zaizeno @zaizeno 2020年12月10日
(あ、今ではマタイ受難曲もモーツァルトのレクイエムも素晴らしい人類の宝だと心底思ってます。大学時代に開眼しました)
0
zaizeno @zaizeno 2020年12月10日
結局、この「文化資本」てやつは、それだけたっぷりと時間をつぎ込める環境にいるかどうかがキモなように思う。それと、周囲の承認や励ましね。クラシック音楽なんかつまらない、どこがいいんだ、と思っている親の元ではクラシック音楽なんかに時間と労力を注ぐ気にもならないだろうし。(別に絵でも和歌でも科学でも文学でも何でもいいんだけど)
4
zaizeno @zaizeno 2020年12月10日
昔の(昭和の前半くらいまでの)日本だと、育ちの良い人たちの共通点と言えば、言葉遣いが丁寧、食事の仕方がきれい(特に箸使い)、姿勢が良い、字がきれい(特に毛筆)、あたりがあったようですね。こういうので階級がわかったそうなので、こういうのも文化資本なんでしょうね。
7
蠢犇 @ugmkhsmk 2020年12月10日
こういったある種の決定論に対して自らの体験や伝聞をもとに反論してるけど、理論を裏付けてるのが統計的証拠である以上反論になり得ないんだよね残念だけど
6
ごくらくにょきにょき丼 @a_fs 2020年12月10日
どハマりするでなくなんとなく好き程度の趣味として楽しむだけなら親が持ってる物関係なく学校教育からとかでもいくらでも興味持てるんだけど、そっから本格的に手を出そうとしたら親がどんだけ金使ってくれるかとか、居住地域の文化資本どんだけあるかにかかってるよね。本格的にどハマりするにはやっぱ都会の方が環境面で有利な事が多いんだよな…
9
蠢犇 @ugmkhsmk 2020年12月10日
20世紀の無垢な科学万能主義に代わるものが21世紀のインターネット万能主義だと個人的に思ってるけど、インターネットの普及があってもやっぱり文化資本の格差は埋まるどころか開くんだよね
4
蠢犇 @ugmkhsmk 2020年12月10日
なぜなら持つ者はよりインターネットでは得られないものへとその主眼を移していくから。そしてインターネット万能主義が広まるほど持たざる者はインターネットで得られない文化資本という物を認識できなくなるからますます縮まる余地がなくなっていく
2
ごくらくにょきにょき丼 @a_fs 2020年12月10日
絵画にせよクラシックにせよ、なんとなく好き!だけで鑑賞すんのそこそこ楽しめるけど知識が豊富な人ほどは楽しめてないだろうなとは思う。知識量って物事の解像度上げるし、解像度高い方が楽しめるポイントは増やせるし。どっから趣味と呼べるかみたいな話になってくる気がするけども。 どうでもいいけどファンタジー系RPGが好きな人とかだとオーケストラ演奏のBGMに馴染みがあるから、クラシックとかも普通に楽しんで聞ける人そこそこいるイメージある。
3
のぶたけ デレマス7th大阪両日参戦 @nobutake1102 2020年12月10日
百分で名著はマジでお勧め出来る番組なのでみんな見よう!!
11
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
ブルデューが取り上げているような話はその前にアドルノが全部書いてある、といったことであろうと。 それでな、フーコーてな、友達やお客さんを呼んだ食卓でな、古典詩の暗唱をしたりするのが趣味やってん。これを知った時にはうわっ!キツいなぁ、と思いましたが、ブルデューかてな、こいつメッチャいやなやつ、イヤミかお前?ぐらいはそれはゼッタイに思ってたと思う、もちろん私なんかよりもずっと(笑)。
0
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
なんせフーコーはな、そういうのは百も承知で知ってやっててんな。なんでかわかりますか?それはね、まあ『同性愛と生存の美学』でも読んでみて下さいといった程度しかこういうのは言いようがないですね。そやから〈非常識〉なんですよ。
0
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
日本での〈階級と文化〉というのでしたら湯川秀樹博士がまだ学生だった時に家族で住んでいた借家の隣に建つ大家さん宅から、そこのご主人が日がな一日横笛や笙の練習をする音色が聴こえてきては、いい御身分だな、と思っていたといった、まさしくその『いい御身分』の人達のみが演奏するのを許された〈音楽(=雅楽)〉というのがポイントであったりするのではないでしょうか。ちなみに湯川秀樹博士は和歌山県の武士の出だったので歌舞音曲(の視聴 、演奏、習い事)というのは基本的に禁止だったそうです。
6
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
それもあって、歌舞音曲をやりたいともそれほどには思わなかったのでしょうけれども。但し、後に招かれたヨーロッパの舞踏会(!)で踊らなくてはいけないとなって、奥様とは日本家屋での猛練習をなさったそうです。
1
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
オノ・ヨーコさんのお父さんというのは元々は新進気鋭のプロのピアニストで、実業家となって以降もシェーンベルクの音楽についてお父さんとお母さんは日常的な趣味として語り合える程、どちらも詳しかったそうです。
7
kartis56 @kartis56 2020年12月10日
len34440908 学問のすすめがまさにそういう本なのにね >階級を越える
16
kartis56 @kartis56 2020年12月10日
kosmosgarden 幼い頃は京都にすんでてひいきの菓子屋が直接売りに来るような家ですよね。湯川博士 自伝で読みました
0
まるい りん @maruirin 2020年12月10日
『>ネットがあっても基礎知識がないと何を調べていいかわからないからね』確かにそうだな。情報の取捨選択能力が人によって違う感じがする。
3
ゴロニャーゴ @nukopoint 2020年12月10日
インターネットは例えば遠隔地の文化資本にアクセスして地域格差を埋めるツールになり得るけど、ネットをそういうように活用できる人とできない人の差はまたどこかで生まれているんだろうな。
1
delig @delig72447944 2020年12月10日
kartis56 階級を上書きする学問に階級を付けてイタチごっこの形ですね・・・
1
六月(むつき) @mutsuki_june 2020年12月10日
鹿児島の果て(市内まで半日くらい)で産まれ育った我が子が、いつか出生を後悔したり恨まれたりするんでねぇかな、と思う程度には文化的施設がなんもないし、最低時給が東京より300円安いから、昔の外国の話とはいえ、まだ日本でも通用すると思うんだよね…
6
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2020年12月10日
日本は敗戦で、それまで法制度上も確かに存在した「階級」が、アメリカ式に全廃されたからな。昭和初期までの法・社会構造のままだったなら、今より文化格差は露わやったんやないやろか? その代わり、今は極度の横並び意識(しかも、低いレベルに合わせようとする)で、文化活動全てが抑えつけられてる気もするけどな (上の方で「右派は横ばかり意識する」ってコメがあったけど、然も有りなんやわ)
3
高瀬玲/タカセアキラ_清楚過ぎて天使系ビッチ🤔 @takaseakira 2020年12月10日
前提条件としてそれに触れる機会の多さとかから まあそういう傾向はあると思うけど絶対ではない ぐらいかなぁ
1
nekosencho @Neko_Sencho 2020年12月10日
ネットは、個人の嗜好の増幅装置ではあっても、新たな知見別の嗜好に触れる場ではないと思う。 好みのとこばかり見るじゃん? 雑誌やテレビならまだいろんな系統の情報がワンセットでくるけど、ネットじゃ見たいものしか見ないしさ
1
井下真 @828eenyade 2020年12月10日
wHozrPpLuqR09za 漁業の種類にもよりますが、養殖あたりはダメでしょうね。海まわりは大抵漁業関係者が仕切っているので、漁協が主導してるところも結構ありますよ。
0
UKB0927 @ukb0927 2020年12月10日
「接触したが関わりを持たずに終わった」はあっても「接触していなくて関わりを持つに至る」ということはない非対称性ゆえだな。
2
唯野 @tadano29 2020年12月10日
インターネットは、「知識のある人は効率的に検索できるが知識の無い人にはそれができないので、むしろ格差は広がっている」みたいな研究を最近見たなあ
7
ピピン @jaijv64Sl1dBl5D 2020年12月10日
828eenyade なるほどな確かにそれはあるかも 昔聞いた話で誰だったか凄い星付きの有名シェフが実家は北海道の漁村の金の無い家出身だったんだけど 海岸に山のようにホヤが打ち上がるからおやつにそれ食べてたらしいんだけどホヤって苦味だ甘みだ全ての味覚を刺激する味らしくおかげで舌が鍛えられえ結果シェフとして成功出来たとか言ってたんだけど 同じ下層でも都会と田舎では日頃の生活で子供の感性に与える影響考えると実は全然違うのかもな 逆に都会の下層こそヤバいのかも
2
ピピン @jaijv64Sl1dBl5D 2020年12月10日
kosmosgarden オノ・ヨーコに関しては経営の方も凄いもんな 明らかに経歴考えると学術的に学んでる形跡無いから生まれ育った家の影響だよな
0
うおどむ @walkingdome 2020年12月10日
[c8536648] まあオタクに笑いものにされてるのは大抵は社会学そのものじゃなくて社会学者(の皮を被った運動家)だったりもするので、日本の知的階級諸氏にはそこんとこ上手く立ち回っていただきたいなと。
12
あるはりーふ @al_harief 2020年12月10日
選ばない選択をするのも、その環境の影響を受けていることになりますからね。(漁村住みで海怖い→マリンスポーツ系統やらない選択をする)
0
おむすびくん295号 @omusubikun295 2020年12月10日
文化の好みが訓練で培われるというのはある。音楽でも、やっぱずっと聴くことで受容の下地ができてくる部分はあるし、味の好みも然り。が、それが経済格差とどれだけ関連するかはかなり差がある。すでに出ているように、日本でのブルデュー理論の適合性はあまり高くない。これはジョブ型の欧州はブルーカラーとホワイトカラーの差が世帯間格差として現れるが、年功型の日本は世代間格差として現れるという違いが一つあるだろう。東大卒でも初任給は安いのが日本。
0
かーぽ @xi8442 2020年12月10日
家庭の文化度の差を取り戻すには、公立学校の授業以外の部分て大事。でも部活はひとつしか入れなかったりするし、気軽じゃなかったりする。吹奏楽部に毎日音楽室を占拠させるんじゃなくて、図書室のように誰でも気軽に音楽に関われる部屋にするとかしてほしい。 フードコートの文化版みたいなのがあればいいなあ。
0
ささみくん @3_3_me 2020年12月10日
だからよお~~~ネットがあったとしても、プライムビデオしか見られないケチな家庭に生まれた子供と、hulu・Netflix・U-next・ディズニープラス全部と契約しても屁でもない金持ちの家に生まれた子供とじゃ得られるオタクインプット全然違うだろーが
1
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
昨年、指揮者(兼チェロの演奏)をされているそこそこ年配の方と弦楽器の演奏家数名でのミニコンサートとお話会(?)があった折、なぜ音楽の道へ進んだのか?というと、まだ小さかった時のある日実業家だったお父さんから「きみは音楽をやりなさい」と言われて、それから習うようになり、やがて音楽大学に進み、留学し、やがて何とかプロとして海外でもやっていけるようになり、そして気がつくとこの年になっていました、といったそういう内容だったのですが、
1
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
会場からの質問として、その成長する途中で疑問というかこんなに苦労するなら止めてしまおうと思ったことはありませんでしたか?といった問いに対し、しばらく考えた後に「なかった。それは考えたこともなかった」とお答えになっていたのが、私からすればある意味それは聞いたこともなかったような答えで新鮮でした。
1
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
「(6才ぐらいの時に)きみは音楽をやりなさい」と余り話したこともなかったお父さんが突然そのように言い、留学を経てどうにか海外での収入を得るようになるまでの歳月、(それほど特に音楽の趣味素養があるというわけではなかったにも関わらず)自分がかつてそのように言ったことに対しての責任を果たすべく惜しみなく援助をしてくれたからには「考えたこともなかった」ということらしいんですよね。
1
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
特別な音楽の素養はなかったにせよ、その講演があった某芸術大学に「自分がデザインをした石庭の寄付をしたことがある」とか何とかそれら辺が全くよくわからない世界でしたけれども(笑)、すでにおじいさんの年頃ではいらっしゃった指揮者の息子さんの方はいかにもアメリカでの海外生活が長かったようなフレンドリーで気さくな雰囲気の方でしたですね。
1
クイバチカ @quibachika 2020年12月10日
「宝塚とか全然知らなさそう」という文化資本でぶん殴る文句は聞いたことあるわ。。(しかも小学生)
2
ひなたろ @pitakon1 2020年12月10日
だから「○○なんて無駄!□□を義務教育にしろ!」に安易に賛成できないんだよね。
6
takuya.risemara @TRisemara 2020年12月10日
20世紀のフランス人による分析なので、インターネットは当然考慮されてない。それでも環境は大きな要素だと思う。 今の日本でも「メルカリの中古よりAmazonの新品の方が安いが、それを知ることができずメルカリで買う」ようなのが親かもしれないわけで…
1
ヘリオドール @heliodor_ruby 2020年12月10日
[c8536648] 正しく検証・考察してる社会学は勿論有用ですよ。妄想や検証もしてない仮説を、「これが正しい」と言ってる”自称”社会学者&自称学者が掲げる「似非社会学」を馬鹿にしてるだけで。
5
かじ @micking_bird 2020年12月10日
NHKのHP見たけど、どう読んでも「趣味は、階級や学歴や経済格差により定められている」とまで言い切ってないと思うんだけど(実際の番組内では言い切っていたのかもしれないが)。むしろブルデューの主張は、「我々が普段階級の差によると考えていない分野でさえも、階級は影響を及ぼしている」というもので、これを「定めれている」という決定論に読み替えてしまうのは、学術的に非常に厳しい。
10
かじ @micking_bird 2020年12月10日
micking_bird 決定論は、二つの関係性の中でも最も強固(逆を言えば立証がむずかしい)なモノなので、特にこういう人間社会の現象に関して決定論が持ち出されたときはまず疑った方がいいです。これは生得的決定論も今はやりの社会構築主義的な社会文化決定論においてもそうです。
0
nn @bobobomoh 2020年12月10日
豪雪地帯に住んでると雪は厄介者扱いで家の前の雪に毎日散々苦しめられてうんざりしてるからわざわざスキー場に行ってまで雪を見たくないという人間が多い 通勤通学圏内にスキー場があったり体育で毎週スキーするような恵まれた地域はごく稀
1
fff @ffffdark 2020年12月10日
そりゃあ「自分の意志」とか「たまたま」みたいなのは遺伝やそれまでの環境が作るものなのだから、結局同じこと言ってるだけだと思う。というかこれ突き詰めると『因果的決定論』の話になって「自分の意志」とか「たまたま」というもの自体存在しないという話になってしまう
0
fff @ffffdark 2020年12月10日
なので普通に生活するうえでは「人間の人格・意思というものは緯線やそれまでの環境、因果によって定まっている」なんて議論は無視して、それらは『本人の意思』に含むのが一般的だと思うんだけど
1
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2020年12月10日
HWShosii 自治体でやっている文化講座も、首都圏は大物や将来の有望株に出会える機会が格段に多くなります。そういう積み重ねは大きいですね。
1
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
kartis56 私はその昔の『(子供向け)偉人伝』の方が先だったので、いくら幼い孫がポロポロと涙を零して泣こうとも夜中に漢籍の素読指導を行う祖父(元・武士)というのが何だかあり得ない程に非常識的かつ怖い存在のように思えて仕方がありせんでした。
0
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
後に読んだ自筆エッセイの方によると、ロンドンから届けられる英字新聞を毎朝そのおじいさんは読んでいたとか、武士といっても紀州のお城で毎日何をするというというわけでもなく仕方がないので(若き日のおじいさんは)そこで日がな一日中そこらへんにある本を読んでいたらしいとか、兄弟姉妹一人一人に対する講義は当然ながらせいぜい15分〜30分程度とか、
0
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
一番上のお兄さんに対しての気合いの入った英才教育に比べれば手抜き同然での全然マシだったとか、年の離れたお姉さんたちの方がすんなりと覚えが良くて賢かったので、覚えの悪い弟を助けてよく可愛がってもらったとかの回想を読むと、それはそれでその人達にとっては(英字新聞はともかく)当時としては特に珍しくもない案外普通の家庭の光景でもある話だったんだろうな、と、それでようやく思い直すことが出来ました。
0
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
(実はお父さんの方こそが結構とんでも博士というか何と言うか。。。研究が、ではなくてそのエネルギッシュな学究生活ぶりがやや過剰な風にも、いかんせん凡人の私には思えて仕方がありませんでしたね。)
0
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
jaijv64Sl1dBl5D ジョン・レノンはそういうことが全く出来なかったから仕方なしに、といった側面も大きかったでしょうが、ジョン・レノンといったそれこそビッグネームであってもポピュラー音楽業界経営陣のえげつなさというのは相当だったみたいですね。
1
memo @kosmosgarden 2020年12月10日
文化移行の話というのであれば、稀代の労働者階級のポップスタージョン・レノン自身が前衛アーティストヨーコ・オノを取り巻いていたハイカルチャーの雰囲気というのに触れて以降、実は非常に憧れていたんですよね。 (リトアニアからアメリカへ移民してきた映像作家ジョナス・メカスとの交流の話とかはなかなか感動的です。)
0
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2020年12月10日
つまりご先祖が積み上げてきた文化で今の生活をしてるってわけだ。感謝しかないな。
0
Mongyang @taisyo_2015 2020年12月11日
sokuoku IT系で財を成したり年収1000万超えな人たちが、もつ煮うめ~とか将棋おもろいとかって表明するのはどうかと思うよ
0
Mongyang @taisyo_2015 2020年12月11日
ブルデューが元のテキストとして広く知られるのは初めてじゃないか。この方向の紹介をやってたのは編集者から作家の橘玲(上田高史)。アナール学派つながり掘り下げたい。速水融や鬼頭宏。日本で大人気なEトッドで。「21世紀の資本」のピケティもこの流れ。この流れではないけど、国内状況では佐藤俊樹の2000年頃の著作。ジャーナリスティックには河合雅司
1
memo @kosmosgarden 2020年12月11日
と、いうことはブルデューというのはジャーナリストがテキトーに都合よく悪用しがちである、ということなんですね。なんか思い出した。ちょっと前の一時期なんかドメスティックなビジネスマン向け安っぽいアート教養書みたいなのがTUTAYA書店によく並んでいました。美術書コーナーではなくて。
0
memo @kosmosgarden 2020年12月11日
猫おじさんは重婚勧誘セクハラパワハラ証言付地方アートプロデュースをしていた人をどう思っているのかしら。人助けのつもりなんか、東大教授の。なんかそういうのはちょっと人間性を疑うわな。猫おじさんやから、仕方ないんかな。ふふん。
0
渚稜 @nagisaryou 2020年12月11日
sokuoku 面白い文章。ただ文化を「クラシックやオペラや能のようなハイカルチャー」と「風俗、パチンコ、スポーツ新聞のような即物的大衆文化」に二分化するのに違和感。80年代以降の日本においてはその中間層、つまり「アニメやゲームやJ-POPなど、ハイカルチャーにルーツを持ちつつも大衆化した文化」が一番力を持ってると思うんですよ。問題はその接し方で。「アニメ見てルーツに興味を持って古典を漁り出したりワンピース歌舞伎を見に行く層」と「エヴァのパチンコやる層」に分かれてしまう。
1
渚稜 @nagisaryou 2020年12月11日
sokuoku 確かに日本のサラリーマンって、ある時期まで「仕事以外は政治と野球の話しかしない」みたいなのがデフォだったけど。それって昭和の話だから。
0
ふみすむ @Fumisme 2020年12月12日
喜べポストモダンの民、構造主義と主体論の対立が令和のネットでも観測できたぞ…
1
花田 鉄平 @teppih 2020年12月12日
否定してる。皆、お店で蛍の光流れ出したら「あ、会計済ませて帰らないと」てなるんだろ?
0
Nowhere Ashen One @fsfworld1942 2020年12月12日
Fumisme 今、泣いて喜んでます。これが、これが私の見たかった議論だと
0
ND=san @Ndebris_deux 2020年12月12日
PenPenHanPeen パロディウスだ!で「冬はつとめて」の部分が「冬は……」で途切れるのが気になって仕方なかったな。中学で枕草子をやったときに元ネタを知って枕草子に興味が湧いたわ。
0
ND=san @Ndebris_deux 2020年12月12日
番組を見ても元ネタの本には当たらないだろうと言われても知識の下地がないときちんと読めないと思うんだよね。
0
zaizeno @zaizeno 2020年12月13日
「生まれ育った環境に関係なく良い作品に出会って好きになることもある」という主張は全くその通りで、ブルデューもそれは否定していないと思うんだけど、傾向としてその選択にも階級性があらわれるという話ですよね。誰にでも文化との邂逅の機会はあるのだし、実際に自分の好みのものを選んで愛好し続けたりするのだけれど、本人も気づかぬうちにその選択や好みに階級性が出る傾向があると。
0
zaizeno @zaizeno 2020年12月13日
昔から、あらゆる階級の人々に文化との出会いがあって、農村部の庶民なら、村祭り、盆踊り、神楽、田楽、民謡、絵馬、など。ハイカルチャーなら、花道、茶道、書道、和歌、詩吟、能、など。むしろ文化との出会いが無いというケースの方が少なそう。でも昔は文化の階級性が今よりも強かった。(武家の娘が三味線で都々逸などあり得なかった。) それが今では昔ほどではなくなった... という状況が前提にあってのブルデューなわけで。
0
zaizeno @zaizeno 2020年12月13日
昔ほどではなくなったにもかかわらず、今でもふと出会って好きになるのがジョットーだったりパーセルだったりするケースはやっぱり限られていて、意識するしないにかかわらず、選択にあらわれる階級性は傾向として有る、と。
0
zaizeno @zaizeno 2020年12月13日
日本の伝統文化との出会いについて考えてみると、現代の都市部の(特に新しいまちの)住人が、伝統的な農村部の文化に触れる機会って本当に少ないですね。祭りの音楽とか耳にする機会が無いし、御神輿すら見たことが無かったりする。都市部の伝統的な庶民文化についてもそうで、三味線も都々逸も知らずに育ってしまうのが普通かな。文化的な断絶があるようで、このへんでは環境の違いが相当大きく影響してそうです。
0
しろうと @sirouto 2020年12月13日
「今はインターネットがあるから、格差が広がらない」だって!? いやいや、たとえば「英語」スキルによる差は、逆に大きく増幅されている。だって、近年の金持ちは、シンガポールで起業してたりするでしょ? 国による税制の違いは大きく、一年で何千万円とかになるので、とても労働だけで追いつけない。しかも、少子化による人口減によって、この傾向は年々大きくなるだろう。将来的に、人口五千万人切るような時代は、大学の教科書も英語になってる。というかもう、欧米に留学しないと、エリートじゃなくなってるだろうし。
2
しろうと @sirouto 2020年12月13日
日本でも90年代頃に構造主義ブームがあり、スレタイは周回遅れの何を今さらな話。だけど私自身は、「構造主義(~ポスト構造主義)」の流れを汲み、「文化資本」やそれによる階級形成はある派。たしかに今は、金持ちでもジーパンをはくとか、アニメやゲームをするとかで、文化資本の差が分かりにくくはなってる。けどたとえば、プログラミングを小学生に教えて大衆的になっても、英語で資料を読めるかとか、数理的モデルを構築できるかとかで、大きな差が付くはず。だから、日本に文化格差がないというのは、「見たいものを見る」態度。
2
ものけし @oekakiathume 2020年12月14日
xi8442 楽器の管理は本に比べて繊細なのがネックなので、「音楽室に出入り自由で放課後ふらっと一吹き」みたいな環境は厳しい気がしますね…。
0
とぅる @twulu_sibna 2020年12月14日
日本には士農工商などの建前上階級のようでも実質はただの職業分類だったものや、様々な事情による収入格差以外は欧米での意味と同じ「階級」というものは存在しません。ちょっとズレてるツイートだな、と感じました。 ただ、自分も地方の田舎者なので同人イベントにはあまり深い興味はないかもとは思います。地元の祭りにも興味がないので元々人の集まり自体が好きでない可能性もあります。はっきりとは断定できないです。逆に中年になってそれまで集めたこともないものに興味を持って集め始めたりもしています。
0
煮玉子ちゃん @2tama5love 2020年12月14日
子供にバイオリンとピアノ習わせたかった~ってツイートにうわ…ってなってしまった。偏見だけどこのタイプの親が文化資本を整えられるとは思えないんだよなぁ…子供がやりたがったならともかく短絡的に子供に習わせよう!ってなる人は本人が勉強してこなかった癖に自分の代償として教育押しつける親タイプっぽくて微妙
1
煮玉子ちゃん @2tama5love 2020年12月14日
環境として整えるならまず本人がクラシックに親しむとかでもいいし、別に大人になったって楽器は習える。そうやって自然に触れさせた結果子供が興味持つとかならともかく、自分を置いて一足飛びに子供に!ってなんかなー
0
tanabekei @tanabekei1 2020年12月15日
はい、家が超ビンボーだったので図書館でひたすら本ばかり読んでた俺が通りますよ
0
Ⓜ️™@被苛虐圧搾 @HaikuinTokyo 2020年12月16日
そういう傾向が見られる、という確率的な話であって当然例外なんて腐るほどある。
0
Ⓜ️™@被苛虐圧搾 @HaikuinTokyo 2020年12月16日
sirouto アメリカのあの惨状をみて今後もアメリカが世界をリードしてく国であり続けると考える人間も随分減っただろう
0
冶金 @yakeen4510 2020年12月16日
国際結婚なんてまさにそうだな。「人を好きになるのに国境なんて関係ない」とかいいながら、白人黒人と結婚しているのは女ばかりという現状。世界的にみて「白人男・アジア女」の方がその反対よりずっと多く存在する現実。国際結婚の裏にあるのは「人種差別と経済格差」に他ならない。このことをずっと指摘し続けているが、反対意見ばかり返ってくる。
0
memo @kosmosgarden 2020年12月16日
quibachika 『言葉と物』と『ディスタンクシオン』。昨日ルネでチラッとブルデュー新刊の立ち読みをしてきました。これぐらいは古典詩の暗唱をしながら『フフン』て思ててんで、ミシェル・フーコーは。なんか知らんけどそれぐらい自信と自負があってんな、若い時はフランス国家代表としての威信を背負って。 ル・ポアゾン プロローグ https://youtu.be/J95uA6DeagQ ル・ポアゾン パレード https://youtu.be/fNmr9Ma2do0
0
memo @kosmosgarden 2020年12月16日
第4巻間もなく発売決定! ル・ポアゾン 愛の媚薬 https://youtu.be/K_wduLI1p0c
0
イーヤ @garnet_wish 2020年12月17日
yakeen4510 貴方の意見はそもそも歪んでいて間違っていて価値がないし、こんなとこで喚くような内容ではないからね
0
memo @kosmosgarden 2020年12月17日
先日来Dschinghis KhanとBONNY MをYOUTUBEで楽しくダラダラと交互に視聴していて今日気付いたのですが、誰かさんは絶対これらの曲を知っている!というか、MOSKAU懐かし~とか、えっ?エっ!?なんで私がジンギスカンの末裔と(笑)とか、これらの動画をたまらぬ涙を流しつつ見はるのと違うのかな?と思うと、 何かこう<運命>の存在すら覚えていささか厳粛な気持ちとなりましたですね。
0
memo @kosmosgarden 2020年12月17日
BONNY M 西側の、それも西ドイツ在住のジャマイカ人のグループがタルキッシュリズムでもって世界史に残る大事件を叙事詩にした英語の曲を、第二次世界大戦後はじめて鉄のカーテンの向こうの国であったソ連(当時)で公演をした時の映像 https://youtu.be/kvDMlk3kSYg 歴史ドキュメントhttps://youtu.be/DSqQDsh78sY 最高 https://youtu.be/_AaTvyIuvE0
0
冶金 @yakeen4510 2020年12月24日
garnet_wish 貴方の意見はそもそも歪んでいて間違っていて → 国際結婚が経済格差と人種差別によるものだという意見のどこがどう「間違い」で「歪んでいる」のか、説明できないんじゃ反論にならないね。
0
ナハト@ナイセン団 @motto_tokimeki 2021年1月29日
内田樹先生の「街場の現代思想」に「文化資本とは何か」に詳しく書かれていましたね 文化資本を前にして取る「姿勢」にその人が属しているであろう「階層」が如実に現れるということが書かれてました
0