2020年12月14日

今すぐ大阪府に出来る事〜保健行政の破綻を救うために〜

大阪府は新型コロナ行政上の「保健所業務の効率化」のため、2020年11月16日から「個票」を廃止した。しかしその結果、発症日データが国に伝わらなくなり、大阪府だけデータが出ないという(おそらく予想外の)結果になっている。そこで以下、素人考えで申し訳ないが、この窮状を「救う」(改善する)ための「提案」を考えた。なぜなら、このまま放置する方が余程「非道い(ひどい)」と考えるからである。
5
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

提案:大阪府に今できる事 1)行政上必須のデータ入力さえできなくなった大阪府。危機的である。しかし私は府民の一人として、他人任せにするわけにはいかない。真剣に考えてみる。よく考えると、他府県に応援を頼むのは、困難であることが分かる。なぜなら予測(計画)ができないからである。

2020-12-14 11:28:20
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

2)なぜ予測できないか。仕事が感染状況に依存し、量と期間が計画できないからだ。例えば原発事故後、福島県で出会った人々の中には、滋賀県から出向で来ている、という人が長期勤務されていた。あるいは民間の建築系コンサルから都市計画課に3年出向の例。しかし感染症の入力業務はそうはいかない。

2020-12-14 11:42:48
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

3)こういう場合は、Excelが使えるレベルの、例えば入力アルバイトで「急場」を凌ぐのが、良いのではないか。このような予算枠は、費目上必ずある。一定程度は確保しておくのが常識だ。これを使うのが最も簡単だ。仮に使い切ったなら予備費で調整するなど、その気になれば臨時予算確保は可能な筈だ。

2020-12-14 11:50:58
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

4)行政の方々は事務処理のプロである。だから素人が何か言っても、それはこういう理由で出来ない等、出来ない理由をいくらでもお考えになる。それは分かっている。そこでまずは、適切な入力アルバイトを想定した。それは申請して、上司が了解すれば事務決済可能だし、予算枠もある筈、だからである。

2020-12-14 12:09:39
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

5)次は予算見積りだ。作業量を推測する。図から大阪府の保健行政の処理能力が100人/日(緑色)程度であることが分かる。図の青線の左は大阪府の検討会議11/11、11/16が報告を停止した日(青色右)。国のシステムHER-SYSは府のKintoneより面倒で、第二波で可能でも今回は限界で破綻したと推測される。 pic.twitter.com/Yc2zpSVPFv

2020-12-14 14:09:02
拡大
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

6)大阪府と愛知県を比較する。大阪府の人口は約880万人、愛知県は750万人、大阪市は270万人、名古屋市は230万人で同程度。大阪府の保健行政は破綻した。愛知県は、していない。(維新が、の後出しジャンケンを私は言わない)。大阪府に今できることは何か。あと少しの臨時対応だ。規模も想定可能だ。 pic.twitter.com/4k9gFZiZGx

2020-12-14 16:25:05
拡大
拡大
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

@dokin_you いや、今すぐにでも「入力アルバイト」(数名)で急場を凌げば、何とか対応できるレベル、の筈だと思います。 ですが、戦場でしょうし、すぐには対応出来ないのかもしれません。(そもそも、こんな結果になるなんて、予想していなかった可能性が高いと思います。)

2020-12-14 16:55:31
MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno

@Martha708 何ともかんとも。大阪府民がこれを知ったら、大変なことになるでしょう。しかし私の立場は、結果的に、改善されればいいだけです。 このまま、入力アルバイトを10名程度雇えば、いいだけだと思います。これまでの遡及入力だって、これからだって、対応できると思います。

2020-12-14 17:08:35

コメント

MIZUNO Yoshiyuki 水野義之 @y_mizuno 2020年12月14日
apribi コメント、多謝。こんなことになっていたんですね。確かに、HER-SYS、なんですかこれは。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200803/k10012548681000.html 「入力する項目がおよそ20だったのに対して「HER-SYS」は279項目あります。 厚生労働省は、279項目すべてを入力するよう求めていない(中略)項目が多いと入力するかどうか判断するために、医療機関や保健所の手間がかかるのではないかと懸念」
1
nao @parasite2006 2020年12月14日
厚労省の接触確認アプリCOCOAはHER-SYSシステムに患者データを入力した際割り振られる8桁の処理番号を陽性登録に利用していますが、医療機関でのデータ入力ができずFAXで送られてきたデータを保健所が代わりに入力している現状では、陽性結果が電話連絡された時アプリユーザーが即座に処理番号発行を請求してもその時点でHER-SYSへのデータ入力がまだだと終わるまで処理番号が届かず陽性登録できないという事態が生じています。
0
nao @parasite2006 2020年12月14日
「入力されたデータが集計も公表もされず、対策に使われていないのであれば、これ以上入力する必要はない。」https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201213/k10012761661000.html?utm_int=all_side_ranking-access_005 と言うのは簡単ですが、HER-SYSのデータ入力が止まると接触確認アプリCOCOAによる陽性登録も止まります。
0
nao @parasite2006 2020年12月14日
日本の接触確認アプリCOCOAによる陽性登録率が伸びない理由の一つは、検査から陽性登録までの各段階が人手頼みでタイムラグが生じやすいため。
0
nao @parasite2006 2020年12月14日
陽性登録システムのネットワークに検査機関を組み込んで検査対象登録から結果の確認、陽性登録用処理番号の発行請求から陽性登録の実行までスマホアプリの操作だけで人手を介さず完結するドイツの接触確認アプリhttps://github.com/corona-warn-app/cwa-verification-server/blob/master/docs/architecture-overview.md と大違い。
0
nao @parasite2006 2020年12月14日
いっそこの機会に接触確認アプリCOCOAによる陽性登録システムをHER-SYSに依存せず人手を介さないものに改修したら?とも考えますが、ドイツの接触確認アプリの陽性登録システムのように検査機関をネットワークに組み込んで、検査結果を出る端からアップロードして蓄積しておくサーバーを用意する必要があるでしょう。
0
三毛猫 @EnterFree 2020年12月15日
たかだか数百人のデータ入力がなぜできないのか、入力方法に問題があるような気がしないでもないのねぇ。
0
Hornet @one_hornet 2020年12月15日
都構想のために大阪府市の精鋭70人を遊ばせてるんだからバイトなんかに頼る必要無いよ。
0