Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

ホロコースト否定論のウソを紹介するまとめ

ホロコーストは日本だと特に言語の壁があってなかなかわかりにく話でもあり、それが却って日本にホロコースト否定を信じさせる要因になっている気がします。しかし数年前、山本弘氏が述べたように否定論はとっくの昔に海外では論破されているのが実情です。その実情を少しでも紹介できたらなと、外国語サイトの記事を翻訳したりしています。ここではそれらのうち、いくつかを紹介したいと思います。
6

ルドルフ・ヘスへの「暴行」は確かにあったようだが・・・

蜉蝣@ @mss2400

ホロコーストを否定するための具体的な個々の理屈は膨大だ。アウシュヴィッツのガス室の屋根の穴の話や、ゲルシュタイン報告の矛盾、ヒトラーの命令書の話、等々、大量である。 一つ示そう、アウシュヴィッツ司令官のルドルフ・ヘスの証言について、である。 #ホロコースト否定論の嘘

2020-12-18 14:20:23
蜉蝣@ @mss2400

ヘスは、裁判で非常に細かく虐殺に関する証言をしたことで有名である。何せ、アウシュヴィッツ司令官であった人物である。拘置中に回想録まで書いている。どんな内容かは、ほんの少しだけこちらにあるので参考に。明らかにばっちり大量虐殺の話をしているnote.com/ms2400/n/n68ed…

2020-12-18 14:20:23
蜉蝣@ @mss2400

だから否定派にとっては非常に目障りな存在だ。そこで否定派は、ヘスが逮捕された時に、イギリス軍憲兵に暴行を受けた話を見つけた。自伝にもすでに書いてあったのだが、それはさておき、『死の軍団』という書物にバーナード・クラークというそのイギリス軍憲兵の告白メモの引用があった

2020-12-18 14:20:24
蜉蝣@ @mss2400

否定派は言う「やった人間が自ら暴行を告白しているじゃないか。自白は強要された物であり任意性がなく信用できない。故にヘスの証言は証拠価値はない」と。もう一度いう、ヘスは自白時の暴行についてはとっくの昔に回想録で「自分で」書いていた、虐殺の詳しい内容と共に。

2020-12-18 14:20:24
蜉蝣@ @mss2400

しかもその『死の軍団』にはこうも書いてあった。「一度喋り出したヘスの口を塞ぐのは無理だった」のように。そして、ヘスに嘘を喋らせたとは一言も書いてなかった。さらにはヘスの自伝の方では酒を飲まされたことが書いてあった。つまり、

2020-12-18 14:20:24
蜉蝣@ @mss2400

ヘスは酒のせいもあって、ベラベラと自白しただけ、としか読めないのである。ちなみに否定派はこの「酒」のこともヘスのおしゃべりを止められなかったと言う記述も言わない。ヘスが自ら進んでよく喋ることは、ヘスの自伝の前書きで編者も書いている。否定派が言わないことがもう一つある。

2020-12-18 14:20:25
蜉蝣@ @mss2400

すでに60万人以上のユダヤ人を絶滅させていた死の工場が消滅した」とソビボル絶滅収容所のことも『死の軍団』に書いてあるのだ。否定派がつまみ食いしかしていないことが分かるだろう。こうやって、否定派はヘスが嘘をついたと捏造するのである。そんなことは一ミリも証明されていない。

2020-12-18 14:20:25
蜉蝣@ @mss2400

付記すると、ヘスの自伝では自白時の調書は何が書いてあったのか覚えてないと書いてあるが、調書の内容は裁判の証言と何も変わらないそうである。酒で喋ったから、飲み過ぎて覚えていないだけ、と普通の人ならそう解釈するはずだ。

2020-12-18 14:20:25
蜉蝣@ @mss2400

以上で、如何にホロコースト否定派が都合よくしか解釈せず否定論を捏造しているかが分かるだろう。ホロコーストを嘘だと言う否定派自身が嘘つきなのである。 続いて、「蒸気殺人」の話をしよう。

2020-12-18 14:20:26

トレブリンカ「蒸気」殺人って?

蜉蝣@ @mss2400

これは絶滅収容所で蒸気で大量殺人を行なっていたというニュースなどの情報があったと言う話である。実際にはエンジンの排ガスを用いたガス殺人だったのであるが、例えば、ニューヨークタイムズ1943.8.8で報道されている。 pic.twitter.com/PCd8l2dMlg

2020-12-18 14:20:27
拡大
蜉蝣@ @mss2400

これには「蒸気が殺すために使用されているとレポートされた」と書いてある。ニュルンベルク裁判でもこれとは別に蒸気の記述がある報告書が提出されたらしいが、否定派は「サウナで人殺し?あり得ない。嘘に決まってるじゃないか」と即断したようだ。だが、実はそうではなかった。

2020-12-18 14:20:27
蜉蝣@ @mss2400

実は、このニュースのネタ元が肝心なのである。このニューヨークタイムズの記事には、ロンドンで発行された「Polish Labor Fights」と言う出版物が情報源であると明確に記載されている。当時、ロンドンにはポーランドから逃れた亡命政府があったことは有名である。

2020-12-18 14:20:28
蜉蝣@ @mss2400

そしてポーランドにはいくつもドイツに抵抗するための地下組織があった。内戦軍やポーランドの地下政府などは有名であるが、ワルシャワ・ゲットーにもオネグ・シャベスというゲットーで秘密裏に文書記録を残すという活動をしていたグループがあった。これも知る人ぞ知る有名な事実である。

2020-12-18 14:20:28
蜉蝣@ @mss2400

もう一つ重要な要素としては、ゲットーなどから強制移送されたユダヤ人の中に絶滅収容所から脱走した人間が何人かいたのである。この脱走者がオネグ・シャベスに目撃情報を伝えたのである。で、実際にその脱走者の証言を記録した文書はリンゲルブルム・アーカイブと呼ばれる保管文書の中にあったのだ

2020-12-18 14:20:28
蜉蝣@ @mss2400

アーカイブは戦後にワルシャワの廃墟から発掘されている。その目撃者(複数)の証言を記録した文書の中に「蒸気」の記述があるらしい。もっとも「ガス」の記述もあったようだ。これらの仔細な経緯については長大になるし、流石に詳しいことは私もまだ知らないが、何れにしてもこの現地の情報が

2020-12-18 14:20:29
蜉蝣@ @mss2400

ロンドンのそれらの発行元に伝わったと考えられるのである。「蒸気」というキーワードは実はその情報が伝わっていた動かぬ証拠なのである。絶滅収容所などの情報がさまざまに伝わっていた記録は他にもたくさんあって、いちいち紹介しきれないが、「蒸気」は要するに

2020-12-18 14:20:29
蜉蝣@ @mss2400

目撃者が明確には殺害方法が分からなかっただけの話なのである。他にも「電気」や「空気(吸い出し)」などもあったが、親衛隊がいちいちパンフレットで殺害方法を教えてくるわけがなく、ガス室で自分で確かめたら死んでしまうわけで、推測する以外に方法がなかっただけなのだ。

2020-12-18 14:20:30
蜉蝣@ @mss2400

そしてそうした情報が当時のロンドンに伝わり、それらの発行物で公表され、ニューヨークタイムズに掲載されたということだ。ところが否定派は「蒸気」というキーワードだけに嬉しそうに飛びついて、捏造プロパガンダに決まってる、と幼稚なほど安易に考えているだけで、

2020-12-18 14:20:30
蜉蝣@ @mss2400

事実がどうだったかなど確かめようともしない。欧米の否定派はそれでもまだ「現地で捏造された」と言っているようだが、生死の関わる状況で現地で捏造などしてる場合か!と突っ込んでやりたい。日本の否定派はここまでの詳しいことはよく知らないようだ。

2020-12-18 14:20:30
蜉蝣@ @mss2400

故に否定派は、都合の悪い情報は無視するし、否定論に使える情報だけを特に深く調べもせず使っているだけであり、恐ろしいほどデタラメなのである。トレブリンカ蒸気の話は以下でまとめています。<続く(?)> note.com/ms2400/m/m1dd8…

2020-12-18 14:20:31

ディーゼルでは殺せない?

蜉蝣@ @mss2400

次は「ディーゼルでは殺せない」論。 証拠資料は豊富なので、この理屈だけで否定しようってのは無理がありすぎるのだが、今でもこの理屈を言う人が絶えないようである。 確かに、ディーゼルエンジンの排ガスでの殺害は、無理がある。自論だが、なぜ無理があるのか説明しよう。 #ホロコースト否定論の嘘

2020-12-18 19:35:56
蜉蝣@ @mss2400

まず、ディーゼルエンジンは殺人できるほどには一酸化炭素を排出しない特性がある。負荷を掛けるなり酸素不足にしてやれば致死量には達するが、しかし、ディーゼルが殺人に不向きであることは変わらない。そもそもがT4作戦から一酸化炭素を利用していた筈であるから

2020-12-18 19:35:56
残りを読む(21)

コメント

ゆゆ @yuyu_news 2020年12月19日
ホロコーストは、否定まではしないけど「人数盛ってない?」という疑惑が否めない。
3
蜉蝣@ @mss2400 2020年12月19日
yuyu_news 犠牲者数の推計については専門家に任せるしかないでしょう。『ホロコースト ナチスのユダヤ人大量虐殺の全貌』(中公新書)の著者である日本の芝健介氏も600万人と言っています。ヴォルフガング・ベンツが編集した1991年ごろの『Dimension des Völkermords』には犠牲者数に関する詳しい内容が載っているようであり、そこでも600万人です。それ以外にも多くの研究があるでしょう。誰がどうして「盛る」んですか? 
0