Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

文章ヒルズ「夏がくれば思い出す」

夏休みというと、思い出すのは中華料理の魚の姿揚げ(甘酢あんがけのやつ)です。子どものころ、毎年母方の祖父母に海に連れて行ってもらった先で必ず食べたんです。骨までばりばり食べる祖父をながめるのが恒例でした。 今回は、夏の思い出をぜひ教えてください。子どもの頃の思い出でも、大人になってからのエピソードでも、もちろん今年に入ってからのことでもなんでもお待ちしています。 デイリーポータルZの投稿コーナー「文章ヒルズ」の2011/7/20 ~ 7/25のお題「夏がくれば思い出す」の採用ツイートまとめです。 続きを読む
0

投稿ありがとうございました! 新お題は7/26 11時発表です。

MVP

@usagi_yoppa

大学時代、実習で瀬戸内の島に行ったら、夜、宿のでかい網戸一面にセミが張り付いていた。こわかった。翌日、蝉時雨のなか、調査先のおばあちゃんが「今年はぜんぜんセミが啼かないわねー」と話してた。もっとこわかった。今夏はセミが啼かないという話をきくたび思い出します。 #dpz_text

2011-07-22 15:02:46

「一面に」というところで背中にぞーっときました。「今年はセミ、なかないねー」ってよく言いますが、そのたびにすごいこと思い出している人もいるんだな、と思い、MVPに決定しました。


クリームパンチくん @bokusatsusan

高1の夏休みに夜のコンビニでアルバイトをしていたんですが、それがかなり怪しい地域で。一晩中コピーをしてるおじさんがいて、お弁当とか食べながらコピーしてるんです。インクが一晩に2回切れました。朝おじさんが原本を忘れていったので見てみたら裏ビデオのチラシでした・・#dpz_text

2011-07-25 00:29:13

こんなに夏らしくない夏の思い出というのもまた珍しく興味深いものですな。

カニヲ @khaniiwo

#dpz_text ひと夏かかって集めたセミの抜け殻を妹(虫ギライ)の部屋のカーテンにびっしり這わせたこと。たぶん両手に山盛り一杯分はあったんじゃないかと。もちろん妹は盛大に叫んで、しばらくの間嫌われました。

2011-07-24 13:15:25

嫌われた期間が「しばらく」ですんでよかったです!

@emi153cm

ソフトボール部で真っ黒に日焼けしていた高校時代。私は女ですが、夏は18歳まで少年野球の男の子と間違えられていました。思春期だったのに。#dpz_text

2011-07-23 11:24:31

思春期って思春期なのに一番男子に間違われやすい時期ですよね。

mikiss @mikimiki0714

#dpz_text  高校生のころ、軟式テニス部だったわたしはとってもよく日に焼けていました。何年かぶりに、新神戸の駅で親戚と待ち合わせをしたのですが、ことばの通じない南国の方に思われたようで、目の前にいるのに素通りされました

2011-07-22 20:27:06

今度は日焼け2連発。よく焼けてると本気で人相が変わるというか、人が変わりますよね。

クリームパンチくん @bokusatsusan

高2の夏休みの初日にふと「そうだ、今日から無口になろう」と何故か思いつき夏休み中本当に一言も喋らなかった事があります。ちなみに彼女に気味悪がられてフラレれました。補導された時も一言も喋らず、お巡りさんに「こいつは大物だ」と勘違いされ、危うく退学になりかけました。#dpz_text

2011-07-21 22:22:02

なにそれすごい。夏休み明けにはまたしゃべりだしたのでしょうか。いや本当大物だと思います。

アサコ @thisisasako

#dpz_text 今でも毎年思い出すのですが、8/19は「ファイナルファンタジー7」の主人公クラウドの誕生日なのです。高校時代、夏休みにわざわざ集合し、「おめでとうクラウドくん」とプレート付きでケーキを買い、自宅で大いに盛り上がりました。そんな女子高生。

2011-07-21 12:37:47

おお、楽しそうだなあ。高校生くらいのときって、なんでも自分の好きなことやってればいいんだと本当思わされます。

えざ @ezacrophobia

夏が来ると、祖母宅に預けられたときに素麺でお腹を壊し、子供用のいすの下に入って動かないでいたのを思い出します。あーお腹いたい #dpz_text

2011-07-22 00:00:38

子どもは夏はおなか壊しますよね。小さくなってるのがいじらしい。私もピータンでおなか壊して一晩うめいたのを思い出しました。夏のおなか、こわい!

どりドリ@ピコリーノ @d_doridori

#dpz_text 高3の夏、当時、クーラーのない教室での授業中、蝉の鳴き声に英語の先生が「僕は蝉が嫌いでね」と言いポケットから輪ゴムを取り出し、蝉に向けて指鉄砲で輪ゴムをぶつけてた。暑さでボーっとしてる中、「暑さは人を狂わすなあ」と思った。いまだに蝉の声を聞くと思いだします。

2011-07-20 18:44:53

指鉄砲、当たったんですかね。猛暑すぎてもはや夢のような出来事です。

あすやん(大阪在住) @asuyan

以前住んでいた団地は自然がある程度豊かな場所だったので、夏(というか梅雨明け直前)になると大量の羽アリが網戸をくぐり抜け部屋中を乱舞。掃除機を夜中にかけていたのもいい思い出です。ビバ都会。 #dpz_text

2011-07-20 11:56:59

羽アリ、出る! そうえいば夏は虫と近しい季節でもありますね。掃除機で、というのがリアルです。

@zdoon

#dpz_text 夏が来れば思い出す、といえば「はるかな尾瀬~遠い空~」の歌。「夢見て咲いている水のほとり~まーなこつぶれば懐かしい」のところで、小さいときどうしても「なまこ」だか「まなこ」だかわからなくなって、3回に1回は「なーまこ」と歌ってました。夏が来れば思い出します。

2011-07-20 19:48:24

「なまこつぶる」になるとどこかの方言のようですな。

ゆんゆん@たまに在宅 @zo3guitar

夏フェス!おととし、初めて夏フェスに行きました。日焼け対策で、大きい帽子に大きいサングラスでエンジョイしましたが、帰ってびっくり。みごとに逆パンダ…。恐るべし太陽。日焼け止めも塗ってたのになあ…。ひと夏隠れて過ごしました。トホホ。#dpz_text

2011-07-20 20:57:41
残りを読む(1)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?