2010年4月24日

大学内外でのぼっちのありかた「ぼっち理論」

ぼっち理論!それは猫先生の専門としている大学でのぼっちのあり方である!
4
@ZEROWORKS

@neko800 江戸猫さんに少しだけ絡みたくて@飛ばしてみました。ごめんなさいです!

2010-04-24 14:30:39
@neko800

@ZEROWORKS おおお!なんで謝るんですかw絡んでいただけて嬉しいですよw

2010-04-24 14:32:21
ばぐすたったー名画座 @meigaza

@ZEROWORKS リプライ無しでも、猫先生!と叫べば彼は「呼んだ?」と返事をしてくれますよ。

2010-04-24 14:37:41
@ZEROWORKS

@neko800 実は、ぼっち理論の概要を知ることのできる著作や人物を教えていただきたいのです。というのも、個人事業主のぼっちが、業種を超えて連帯できるよすがを学びたいからです。ぼっち理論は学生さんの内部で流通しているように見受けられるので、その知見をお借りしたい、と。

2010-04-24 14:43:45
@neko800

@ZEROWORKS ぼっち理論の概要を知る著作や人物を知りたいですって!ぼくにそんなことを知っているほどの知見はないですよ!

2010-04-24 14:51:17
@ZEROWORKS

@neko800 けれども猫800さんはフロイトの著作集を全巻読破なさるような方ですし、不断から(おそらく)大学院生の方たちどうしで「ぼっち」についてつぶやかれておられますし、基礎文献のようなものでも教えていただければ……と。

2010-04-24 14:55:50
@neko800

@ZEROWORKS いやいやw基本文献をたずねられるとぼっちのための文献はなんだろうなって感じですよ

2010-04-24 15:03:30
@ZEROWORKS

@neko800 もちろん、おっしゃっていることはわかります。そこで、普遍的な教養なる観念とは無縁な、猫せんせいの個人史的に影響を受けた著作なり人物なりをお尋ねしたいと……

2010-04-24 15:07:07
@ZEROWORKS

@neko800 おもにぼっち理論と交錯しそうな著作を中心に表白していただければ、わたしが喜ぶフラグです。

2010-04-24 15:12:04
@neko800

@commonko そうなんですよねー。さっき『自我とエス』のなかの、フロイトは超自我の命令は定言命法だと言っているとこを読んで、興奮してた。

2010-04-24 15:15:45
@neko800

『ぼっち本』を作っていてなんだが、僕はあまり「ぼっち」という事象に批評的価値(そういうものがあるものとして)はないと思ってる。自分は疎外されているという感覚が言論活動の根底にはあると思うけれど、それを全面に出したらまずいと思う。

2010-04-24 15:21:32
@ZEROWORKS

@neko800 @ep_zero というかね、「ぼっち理論」の「コア」に触れるような著作なり何なり(もちろんブログの記事でも)をわたしは読みたいのですよ。で、思うところがありまして、そういうものを教えていただきたいと……

2010-04-24 15:22:43
@neko800

だから、『ロスジェネ』とか端的にくだらないとしか思えないんですよね。理論的には完全に疎外論の劣化コピーだし。しかも、その疎外論から革命が抜け落ちているので、「カフェイン抜きのコーヒー」でしかない。

2010-04-24 15:25:25
@ZEROWORKS

@neko800 では猫せんせいにとっては、70年代以後のセクシャル・マイノリティたちが築き上げてきたフェミニズム・ジェンダー・クィア・セクシャリティのような「理論」の構築が、必要ないという立場=生き方ですよね?それでは、猫せんせいは「ぼっち」ではないのではないですか?

2010-04-24 15:43:31
@neko800

@ZEROWORKS 「理論」が必要ないとは言いませんよ。けれども、疎外された者の「自己表現」がイコール「理論」にはならないと思います。だから、仮にぼっちの理論を組み立てるのだとしても、それはぼっちの「自己表現」から離れた形でやらなければならないと思います。

2010-04-24 15:54:03
@ZEROWORKS

@neko800 「客観的で道具的に利用可能な構築物としての理論」と、個々の「疎外」された「ぼっち」と呼ばれうる人々の自己「表現=展開」、あるいは実存とは区別せよ、と。そして猫せんせいは後者について問題に立ち向かう、というわけでしょうか?

2010-04-24 16:09:00
@neko800

@ZEROWORKS 立ち向かうのかは別にして、理論と実存の区別は必要だと思います。たとえ、実存から理論が生まれるのだとしても。

2010-04-24 16:11:53
@ZEROWORKS

@neko800 なるほど。理論と実存が「ぼっち」において区別されるとして、猫せんせいはこれからどこへむかおうというのでしょう?もちろん、具体的な将来の職業選択の問題ではなく、「ぼっちーず」として。ハッタリでも「ぼっちーず」を名乗り、多くのぼっちを「アジテート」した者として。

2010-04-24 16:17:17
@neko800

@ZEROWORKS 確かに『ぼっち本』はそういう理論的な面を目指すという試み(個人的には)ではありましたが、当事者としてまたは一読者としてもその試みは成功していないと思います。いわゆる大学改革との「ぼっち」という事象にはつながりがあるのではないかと考えていた時期もありました。

2010-04-24 16:24:15
@neko800

@ZEROWORKS だから、そのような失敗の負債を抱えつつ、より高度な形で理論化できればよいと思っていますよ。

2010-04-24 16:28:12
@ZEROWORKS

@neko800 近年の大学改革は「コントロール型の大学像」の完成をめざしたように思います。そのような動向の中でゾンビのように遊歩する学生ぼっち達に関心を持たれるのは立場によっては自明でしょう。しかし「ぼっち」が「大学」の外部にもいるという問題についてはどのようにお考えですか?

2010-04-24 16:30:25
@neko800

@ZEROWORKS そうですね。当初というか今でも、私自身、ぼっち=大学生というイメージの中にいると思います。

2010-04-24 16:36:46
@ZEROWORKS

@neko800 いや、糾弾でもなく総括でもなく、知りたいのです。僕は言葉の使い方が下手くそだから、不躾な印象を与えてしまい誠に申し訳ないのですが、自分にとっては「ネタ」ではなくて切実な問題なので、知っておられることを教えていただきたいのです。

2010-04-24 16:39:32
@neko800

@ZEROWORKS ネタとして言ってしまいました。すみません。できるかぎり、お答えします。

2010-04-24 16:42:53
@ZEROWORKS

@neko800 さんは、コントロール型の大学制度から生み出される「ぼっち」のひとりであり、また、そのような人々を連帯させたい、……という「理念」はわかるのですが、「ぼっち」は60年代以後に浮上した「大学という概念」と切り離して考えることの出来ない存在なのでしょうか?

2010-04-24 16:43:47
残りを読む(11)

コメント

ばぐすたったー名画座 @meigaza 2010年4月24日
ちょっと関係ないのや重複を削除
0
ばぐすたったー名画座 @meigaza 2010年5月4日
大幅変更+各種大事な所を強調表示!
0