2021年1月5日

すっかり負のイメージがついた「フリーター」という言葉も、昔は「自由の象徴」としてポジティブな意味で使われていた

時代とともに意味が変わってしまったのか…
62
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666

「フリーター」という言葉はバブル期にリクルートが映画まで作って流行らせた。今とは意味が180度違い、「会社にとらわれない自由な生き方」を示す新しい職業で、輝いていた。 pic.twitter.com/3WFMrQcvYX

2021-01-05 10:27:26
拡大
拡大
拡大
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666

80年代初頭にリクルートが「フロムA」というアルバイト情報誌を創刊し、これの販促のためにフリーターという言葉を流行らせたが、言葉自体はリクルートの造語というわけではないらしい。しかし流行らせたのはリクルートで間違いない。

2021-01-05 11:36:21
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666

本当はいい意味だった「フリーター」という言葉が「人生の落伍者」のように180度変わってしまったのを見た身としては、本来は丁寧語だった「貴様」が、いつのまにか罵倒語に変わってしまったようなものを感じる。

2021-01-05 11:09:24
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666

タルコフスキーの「ストーカー」が、いつの間にか変質者の意味に変わったときも同じものを感じた。

2021-01-05 11:11:14
リンク ダイヤモンド・オンライン 「フリーター」はいつから負のイメージを帯びたのか、“産みの親”が語る フリーターの第一世代は50歳を優に超えた。就職氷河期に正社員になれなかった新卒学生の“受け皿”ともなったフリーター。その産みの親である、リクルートのアルバイト情報誌『フロム・エー』の初代編集長に、フリーターが生まれた経緯や時代背景について聞いた。 5 users
久道秀作 @KudoShusak

昔「笑っていいとも!」の素人参加コーナーで職業をきかれた青年が「フリーの…アルバイト…」と言ったのを聞いてタモリが「フリーのアルバイター、いいねぇ」といいはじめ、番組中で「フリーのアルバイター」という言葉を何度も使っていた記憶があります。 リクルートはこれを拾ったのかも知れません。 twitter.com/kentaro666/sta…

2021-01-05 10:46:17
怒れる虎河豚𓆡 @redtexture1896

今で言う「個人事業主」とか「ノマドワーカー」みたいな使われ方なのね。 twitter.com/kentaro666/sta…

2021-01-05 11:33:14
東京八咫烏(TokyoYatagarasu)@赤坂Dominatrix @4IuAk33HbtrOcaz

「派遣」という言葉もそうだった。「職業は?」「ハケーン♪♪」 twitter.com/kentaro666/sta…

2021-01-05 11:20:24
平野啓一郎 @hiranok

これは本当にそうです。当時は、新しい生き方として評価されていたし、自分は企業や大学といった組織に属しながら、どう考えても不安定なフリーターという生き方を若者に唆していた人たちに、十代の僕は強い不信感を持ってました。じゃあなんで、自分はフリーターにならないのか、と。 twitter.com/kentaro666/sta…

2021-01-05 10:56:09
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666

@hiranok 今の大学生に「フリーターって、肯定的な意味で作られた言葉なんだよ」と言うと、信じられない、という顔をされますね。

2021-01-05 11:03:35
サカナカフェ @sakanacafe

今の若者には俄かに信じ難い話かもしれないけれど「フリーター」って自由の象徴みたいな言葉だった時代がありました やっかみ的に定職にも就かないで根無草がみたいに揶揄されましたがモラトリアム的ではありますが人生の選択肢としてフリーターは悪くない選択だった時代がありました twitter.com/kentaro666/sta…

2021-01-05 11:14:47
文月なのか @humitsukinanoka

昔はフリーターって、そんなにネガティブな意味のない言葉だった気がする。敢えてフリーターを選択する人もいたし

2020-11-20 20:24:44
なかにし@引越し準備 @suzukaxnyan

「フリーター」って言葉は、昔は「会社に縛られず、自由にアクティブに生きていく人たち」という意味だったそう。今でいうフリーランス的なニュアンスかな。

2020-02-05 13:35:02
太田康広 @yohta

そうそう、フリーターって昔はポジティブな意味だった。 nikkei.com/article/DGXMZO…

2019-03-16 16:35:01
リンク 日本経済新聞 30年前のコンビニ店員、時給いくら?(平成のアルバム): 日本経済新聞 日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。
安田理央 @rioysd

高校出てから、バイトして一人暮らしを始めた。バンドはやってたけど、別にそれで食っていこうとは全く考えて無くて、あの時の自分はこの先どうしていくつもりだったんだろう。でも、なんかそれが許される時代ではあった。 twitter.com/kentaro666/sta…

2021-01-05 10:44:39

コメント

nob_asahi @nob_asahi 2021年1月5日
個人的な記憶になるが「フリーター」は新しい価値観として取り上げられたが、当時から懐疑的・否定的な意見は多く、バブルの崩壊とともに「それ見たことか」と嘲笑の的になったと記憶している。だから流行当時から良い意味には採っていなかった人も多く、「考えなしに流行に乗るとバカを見る」典型例に持ち出す人も多い
64
北斗柄@野巫の六壬者 @hokutohei 2021年1月5日
流行らせようとしたのがリクルートだったので、『フリーター』の出現当初から「悪いオトナにだまされちゃダメ」って文脈で使われてた記憶があるけど、どうなんだろ?
41
北国の帝王 @gakushin_6 2021年1月5日
nob_asahi 出始めた80年代の時点で、不景気な時代を知っていた世代の人間からは 「こんな生き方は景気のいい時期しかできない」とは言われてましたね
31
ゆきの @yukino_senhime 2021年1月5日
バブルの頃はフリーターでも月40万とか稼ぐ奴もいたし、1つの会社や職種に縛られる必要がなかったわな
5
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年1月5日
好景気が若者的不安定な身分を支えていたのは高度経済成長期にもあって、日本演劇の「小劇場ブーム」を支えたのは高度経済成長で、〝(フリーの)アルバイター〟という言葉も高度経済成長期に定着したのではなかったのか。
3
渚稜 @nagisaryou 2021年1月5日
それ言うたらサラリーマンだって、昔はお気楽の代名詞だったんやで。
24
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2021年1月5日
当時も「プラプラしてないで定職に就け」とか「夢みたいなこと言ってないでちゃんとしろ」みたいな事言われてた覚えがある。「夢をあきらめず実現するためにフリーター」みたいな煽りがあったし。
8
神無月 @sanpai2929sii 2021年1月5日
「絆」と「やりがい」と「アットホーム」も印象が悪くなったな
56
あるふど @1WCzPF0jcLKan43 2021年1月5日
今で言うフリーランスとは違うのか?
0
KLEIN @klein_artifact 2021年1月5日
ノマドは初期から「スタバでノートPC広げて何かやってる、お洒落で有能な自分プロデュースが第一目的になってそうな自己愛先行型フリーター」みたいな扱いが多かったような。
16
窓辺 @madopen 2021年1月5日
こち亀の両さんが何かの大会とかに出る時の肩書きはいつもフリーターだったな
1
出世魚 @prism_in_wind 2021年1月5日
労働争議全くしないからあっというまに立場が悪くなってこき使われるようになった
6
ろんどん @lawtomol 2021年1月5日
各種メディアがこぞって「新しい生き方!会社に縛られる人生はつまらない!」とかなんとか煽ってたけど、大抵の人間は乗らなかった…というイメージ
11
みさ @misa_exchange_ 2021年1月5日
そもそも生き方という広義でみれば雇用形態で人生の貧富を測ろうっていうのもおかしい話だとも思う。やりたいことがあって、金銭的な事情が気にならなければ別にフリーターでもなんでもいい。ただそうはいかない現状に飲み込まれることが多いってだけで。フリーランスなんてそれ一本で食べていけるまでフリーターしたり正社員で貯金めっちゃ作って下積みとかザラだし。それでも健康に人生楽しいならそれでよい。一概にイメージの定着はよくないのでは
1
権力の狗 @daken3gou 2021年1月5日
当時から頭の悪い人しか踊らされてなかったと思うが…
16
犬連結マン @nekokoala1 2021年1月5日
1WCzPF0jcLKan43 フリーランスは会社組織から給与もらってない個人事業主、フリーターは給与もらってる正社員じゃない人。
7
Hiroshi Yamashita @HiroshiYamashi4 2021年1月5日
昔のプー太郎が今のフリーターに近いかな
1
娑婆助 @shabasuke 2021年1月5日
nob_asahi そういう側面もあるのだが当時24時間戦えますか?ってなフレーズが乱舞する時代だったのでフリーターが40万円稼ぐとして正社員なら倍の80万円稼ぐ事さえ夢ではない時代だった(バブル期なので所得は鰻登り)と言えば当時から自己紹介でフリーターを出すのは不味いって構図は一緒であった。無論銀行からの融資でローンは組めないし社会的ステージとして不安定で不利なのは今も昔も一緒。
3
田中幹生 @maniaxpace_mt 2021年1月5日
公務員よりフリーターの方が稼げた時代あったんだよ。やることも今ほど多種多様でもなかったのに。
8
娑婆助 @shabasuke 2021年1月5日
misa_exchange_ フリーターの平均所得/平均貯蓄額/平均資産総額を統計取ったらかなり悲惨な事になるからその意見大分ズレてる。金融庁は現役時代の2000~3000万円貯蓄しキャッシュ保有しなければ老後は無い!と公言したのだが実際自己実現出来るフリーターは一体どれだけいるのか。キャッシュフローをトレースしたら真実が見えてしまうのだから現実は残酷である(フリーターの実態は生活保護と隣り合わせ)
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2021年1月5日
公務員も、昔は「景気の良い時代に稼ぎの悪い職業になんで就いてるんだよ(笑)」と嘲笑され、今は「景気の悪い時代に楽な仕事でクビも切られない安泰な職に就きやがって…」と憎悪される。時代が変われば職業に関する見方なんてすぐ変わるってことですね。態度をコロコロ変えて毀誉褒貶繰り返すのもバカらしいですよ。
36
ほかほかごはん @gogogohannnnnn 2021年1月5日
会社に縛られないで稼ぐってなんかまだ左が元気だった時代を感じる 景気いいと反体制が元気で悪くなると保守が元気になる漠然としたイメージあるけど実際はどうなんだろ
2
み(Togetter) @Togetter11 2021年1月5日
昔のフリーターはバックパッカーと対のイメージあるな。具体的に夢を追うもだけど学校出たあと自分のでっかい夢を探すための立ち位置みたいな
3
コン蔵 @konzopapata 2021年1月5日
バブルの頃にも仕事よりも人生を謳歌しようよって風潮あったんでしょ?経済不安があるとやっぱりそういう空気は維持できないのかね
1
愚者@ワカマツヤオンリー参加断念 @fool_0 2021年1月5日
まあ言葉の意味が変わることは多々あるのでそれ自体は仕方ないのだけど、正直フリーターを元の肯定的な意味で使う時代は再来しそうにないなあ……
1
くおんみどり🖖Master_Asia 作品集単行本発売中&楽曲配信中 @midorik 2021年1月5日
言葉の時間経過変容は仕方がない。顔が「美人・カワイイ」の様式も、今と大昔ではぜんぜん違うって言うしね。
0
せいちゃん @seichan10920609 2021年1月5日
その当時小学生で、「フリーター」って未来を選択肢のひとつに選んでもいいんだ。「職業選択の自由、あはは~ん♪」なんて刷り込まれて人生踏み外した私が通りますよ。 過去に戻って自分を説教してぶん殴りたいよ……。
3
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2021年1月5日
デフレ経済を30年も続けたら「終身雇用公務員orインフラ系正社員以外=死」になるわな
0
nekonome @nekonom63385142 2021年1月5日
90年後半(就職氷河期)になっても「若者は選択してフリーターをやってるんだ」というイメージのせいで、氷河期救済が遅れた印象。 この言葉は本当に罪が重いと思う。
14
葉風 @bx3wQN80cdAx4ZW 2021年1月5日
北朝鮮を地上の楽園って言ってたのと変わらんな
3
五月雨山茶花蝉しぐれ @taken1234challe 2021年1月5日
むしろ「若者」を選択して生きてる人がたくさんいる気がする。若者(50代)とかね。
0
@kuraraK 2021年1月5日
バブル崩壊後の90年代前半だけど当時の22~30くらいのエネルギッシュなお兄さんお姉さんが4か月~半年フリーターで働いて、残り半年は失業保険と半年の稼ぎで遊んでたとか海外出てたとかよく見聞きしてたからそれができるだけの給料と寛容さはあったのかな・・・・。あとスキー場で4か月、夏は海で2か月働いて残りは遊ぶって人もいたな。
3
娑婆助 @shabasuke 2021年1月5日
どの時代に生きるドン底の人達も人生に相応の答えや価値が欲しいんだよ。答えや価値は願わくは自身の決断が最良であり最良の結果だと信じたい。無論それが最悪の決断と最悪の結果であろうと理解し虚栄虚偽の見栄であってもその欺瞞を妄信するという引っ込みが付かない状態。そして最後は欺瞞に自身が押し潰され裏切られ現実と直面し破滅するドン底な人達の人生はどれ見てもこれの繰り返しでしかない。彼らの人生最後の結末にはケジメと後始末が例外なく待機するのだから認めるべきは早々に認めるべきであろう(その方が楽に生きられる)
0
肉・ローステッド @Roasted_Meat102 2021年1月5日
金や権力持ってる人らが扱いやすい奴隷が欲しかったから、雑誌やらドラマやらで持ち上げて、正社員ではなくフリーターやハケンを増やしたんやろ 当時は正社員を見下す派遣社員結構いたものな
7
のび @Novifam 2021年1月5日
2年前ぐらいにノマドがどうたら言ってた人は今どうしてるの? 素振りで薪割りスペシャルでも閃いてんの?
1
娑婆助 @shabasuke 2021年1月5日
Novifam 2年どころではなくノマドの初出展はイケハヤ案件かれこれ8年前の話。饒舌な識者が集うBLOGOSの米欄で記事がボコボコに叩かれるもノマド構想を信じレクチャー通り実践した人から転落者が露見し構想が破綻その後サロン構想を練るもこれも破綻現在氏はサプリ屋。怪しい勧誘案件に引っかかる情弱は100%不幸になる弱者の最後は自殺か孤独死か生活保護しかないという結果だけを資本主義社会に齎した。
2
KLEIN @klein_artifact 2021年1月5日
whdanzi 文脈的に「ポジティブな意味だったフリーター」がノマドと同じと言っているようなので、ノマドって当事者たち以外にポジティブな意味で使われてたことあったっけ? と。 意識高い系自分大好きセルフプロデュース勢が飛びついた立ち位置(生き方)という意味で「同じ」ということなら分かるんですけど。
1
KLEIN @klein_artifact 2021年1月5日
Novifam 死体蹴りされまくってもうLP残ってないんだと思います。
1
筋トレナースマン@鍛えろ筋肉、滅びよ人類 @m2_tanaka 2021年1月5日
会社に縛られてるのではなく、命綱を括り付けているのだと理解出着なかった人たちの俗称かな?
0
縞工作 @joqufutyqec 2021年1月5日
当時から「若いうちは良いけど歳とったら詰む」「ボーナス等無く、ほんとに働いた分しか出ないからまともに暮らしたきゃ何重にもバイトしないと」「大きいローンは無理だから家は買えない」とか色々言われていたような。
1
ピグモン @gdtiomnbvf 2021年1月6日
初めてフリーターって言葉を知ったのは、子供の頃に読んだ初期のクッキングパパだったなあ 荒岩主任の妹の彼氏がカメラマン志望のフリーターだったけど、フリーのアルバイターじゃ体裁が悪いからフリーのカメラマン名乗ってて、当時からあまり良くない意味で使われてたこともあったと思う
0
Épouvante @epouvante 2021年1月6日
大学生だったけど、「自由はいいよね若くて健康なうちは。病気になったり歳とったらどうすんの? 結婚は? 子供は?」と嘲笑してたよ、みんな。
0
water20 @water20 2021年1月6日
この時代のフリーターって今は50〜60代だと思うけど今何をやっているのだろう?
0
eco bag( L_5yen) @ecobag_free 2021年1月6日
大体全部バブルで浮かれに浮かれまくったのがなあ…(当時テレビでフリーター持ち上げまくってたし)
0
フ一口 @fu_hitokuchi 2021年1月6日
結局みんな就職してしまったんですよね
0