イギリス式の『建物の階の数え方』が他の国とちがう理由を考察してみた→確かに理にかなっているかも?

今まで謎だったけど納得したかも!!
82
YUKA@英検1級2ヶ月合格🌈 @YukaKohno

@DB_Daijiro ヨーロッパ圏は基本イギリス寄りですよね。

2021-01-04 00:11:09
reiza @reiza6939

@DB_Daijiro 香港にいた時はやはり一階がG階表記でしたが、エレベーターホールだけのところが多くて、地面って感じがしてました。

2021-01-04 00:18:49
golf @Horcrux000

@DB_Daijiro 東南アジアで建物によってイギリス式だったりアメリカ式だったりで混乱する

2021-01-04 00:26:31
デセンブラーナ悦子 @etsu_desembrana

@DB_Daijiro フィリピン在住です。こちらでは米式、英式混在です。1階はGF、加えてUpper Ground, Lower Ground もあります。地面に面して出口がある階はGround が付くのかも。でもエレベーターはlift ではなくelevator、懐中電灯はtorch ではなくflash light、でもオーバーパスはflyover.

2021-01-04 10:00:12
Nakaguro Masato @assamusic

@DB_Daijiro Bostonにいましたが、日本で言う2階が1st floorのビルもありました。どちらもあるという事を考えると階というものに対する感覚が日本人とは違うのかもなとも思いました。

2021-01-04 00:12:40
INF @_infr

@DB_Daijiro 線というか何回階段を上がるのかに着目してる気がしました

2021-01-04 09:40:16
たけ~~ぞ! @takenzou

@DB_Daijiro UKによく行きますが、彼らと話すと、floor=浮いてるものだから、との理由を言われました。日本は湿度が高くて一番下も床が浮いてるから、それを 1st floorと呼ぶのは正しいとも(笑)。で、北欧に行くと日本と同じく 1階からスタートで、話が合わないやん、何て漫才してました。

2021-01-04 10:24:24
サイエイゴ @saieigo

よく考えたらイギリス式の方が数学的には親和性高いね アメリカ式の場合、地下含めると..., B2, B1, 1, 2, ... とせざるを得ず、ゼロが使えないため、1Fから2階下がってと言われたときに1-2で計算できないよ twitter.com/DB_Daijiro/sta…

2021-01-04 11:36:01
ルークス @tanashin1108

イギリス式では、グラウンドをゼロと表現したのか。 インド数学を彷彿とさせる、自然数では表現できない世界。 twitter.com/DB_Daijiro/sta…

2021-01-04 00:25:18

コメント

さどはらめぐる @M__Sadohara 11日前
ヨーロッパ式の1階は1回階段を上り下りするぐらいの意味じゃないの?
7
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 11日前
ホテルとかで車寄せが2階にあるケースだと混乱
0
のび @Novifam 11日前
アメリカにもグランドフロアある建物もあるけどな 日本はほぼないけど
1
カクヘニソムス @Kakhenisoms 11日前
[c8637130] それはどっちの方式でも1スタートの前者より0スタートの後者が長くなるんじゃない
1
Mock_Hatter @Mock_Hatter 11日前
ドイツもフランスもそうなんだけど。
3
達入玉 @tatsuiritama 11日前
フランスは地上が0階だった
0
タム @inthe7thheaven 11日前
屋根裏部屋を1フロアと数えるか否かだったりしないか?
0
蓮華ちゃん @hasuhanachang56 11日前
昔勤め先が調子こいて自社ビルイギリス式にグランドフロアを作ったんだけど、混乱がおきたんでやめてほしかった。、
1
B.A.Y.W.A.T.C.H.E.R. @BYWTCHR 11日前
土間かスラブかで呼び分けているということですか?
0
紫サラミ @2210ieofkome 11日前
仮に0階の意味なら、素直に0階としてくれ…
3
紫サラミ @2210ieofkome 11日前
ところでn階建てのn=1は1階建てを平屋と呼ぶけど、イギリスではなんて呼ぶんだろ。
5
ひふみよいつ @hihumi_yoitu 11日前
階段の場合は床を一段目とは言わないから上がったところが一階というのが実は正しいのかも。
4
かずひろ @kazuhiro_art 11日前
ヨーロッパの方の建物は(日本で言うところの)1階を貯蔵庫にして、居住スペースを2階から上にしていたというような事を読んだことがあって、それが元になっているのかなと思った。まぁ詳しく調べた訳じゃないけども。
1
スグモドル @tktogs1972 11日前
ゼロの無いアメリカ式のほうこそ、自然数的に各階が分離したものとみなしているかと思ってた。
0
よもぎ(よう、もぎ) @cataildragger 11日前
floorは床なので、建物の第一階層の床を地面からわざわざ床を持ち上げて作る高床式でなければfloorはないと考えるのは一理あるかと。 2210ieofkome 1 story house/buildingですね。
2
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 11日前
あと、ローマ的に奴隷の作業場が地階(住居じゃないとしてカウント外)、みたいな記事をどっかで見たけど、なんだったっけかな...
0
バラライカ宮崎 @b_miyazaki 11日前
確かに「三階」はフランス語でも'deuxième étage'で、ドイツ語でも'zweite Stock'なので、ヨーロッパの言語としては、アメリカ英語の方が異端みたいだなあ。
0
tester @tester65281616 11日前
配列が0から始まるのと同じ思考なんだろうか
3
かーぽ @xi8442 11日前
地下1階を地下2階と呼ばないからなんかアンバランスだよね。
2
名無しζ(連携+情報収集) @nise_z 10日前
エレベーターを考えるとイギリス式の方が都合良い気がします。 大規模ビルにある2階建て(ダブルデッキ)エレベーターは、ダブル運転の場合、例えば偶数階へ行くには2階からEVに乗る必要があります。 これに乗ったとき、地下階と地上階で奇数偶数の対応が変わって一瞬混乱した事を思い出しました。 >ダブル運転(例えば上カゴは偶数階、下カゴは奇数階のみ止まる運転方式) https://www.toshiba-elevator.co.jp/elv/technology/newtechnology/co05/
1
yuki🌾㊗️6さい🎉⚔ @yuki_obana 10日前
西暦も0年、0世紀作成してほしかったの(´・ω・`)期末に合わせるのは合理的なんだけど…
0
すいか @pear00234 10日前
そんなもん「Floor」って言葉の意味と、数える起点の違い、の二つだけで話が済むのに。
1
すいか @pear00234 10日前
1st floor = 1番目の床、それをどこから数えるかの違いに過ぎないでしょう。英国だと地面がゼロでその次が1、アメリカだと今自分がいる地面が1、と数えるってだけじゃない?
1
マシン語P @mashingoP 10日前
yuki_obana 西暦(AD,BC)が定義された時代のヨーロッパには、まだゼロの概念が伝来していなかったから仕方ない。それどころかゼロの概念がインドで発見されたのは西暦の定義より1世紀後なのでどの道無理筋という。
0
ウラリー㌠ @urary777 10日前
北欧で地階が一階なのは「雪害があるので高床だから」なのでは(雪国民並感)
0
太田拓也 @ef510df200 10日前
Dam_midorikawa Novifam 地形の都合で入口が2階になる建物こそGF表記にすべしなんでしょうが、宝塚市役所くらいしか例が無いんですよね。
0
太田拓也 @ef510df200 10日前
ところで4階が嫌われがちなマンションの場合、「G」「1」「2」「3」「5」「6」の順番にするのはどうだろうか?
0
あたぎ @totogetter 10日前
G階からの数え方に納得できないときは、階段の1段目ってどこ?って考えるとわかりやすいんじゃないかしら
0
suzuki suzume @suzuki__suzume 10日前
ゼロの概念は意外と深い。音楽の理論もゼロの概念で失敗している例だと思う。日付は0月も0日もないけど、それ以前に繰り上がり複雑だからなのか、あまり問題にならない。
0
Ayuha @aymhtnk 10日前
割と納得できる考え方だった。 個人的にはGF(0階)表記の方が美しくて好き。
1
太田拓也 @ef510df200 9日前
G階の考え方は理解できるが、PS5の×ボタンが決定なのは理解できない。
4