1
中村とうようコレクション展 楽器とレコードを中心に

会   期|2011年7月4日(月)ー9月24日(土)
         ※8月7日ー9月4日は休館期間
         ※7月18日、9月23日は特別開館(10:00-17:00)
休 館 日|日曜日、祝日、8月7日ー9月4日
時   間|10:00ー18:00(土曜日と特別開館日:17:00閉館)
入 館 料|無料
会   場|武蔵野美術大学 美術館展示室1
主   催|武蔵野美術大学 美術館・図書館
共   催|武蔵野美術大学 造形研究センター

監   修|柏木博(武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史 教授)
特別監修|中村とうよう(造形研究センター 客員研究員)

音楽評論家、中村とうよう氏の寄贈コレクションの中から、世界各国のレコードや楽器を本学独自の視点で紹介する。

展覧会概要

当館は、わが国のポピュラー・ミュージック研究の草分けのひとりであり、音楽雑誌「ミュージック・マガジン」(1969年創刊)の初代編集長である音楽評論家、中村とうよう氏の所蔵されていた音楽関連コレクションのすべてを、2006年にご寄贈いただきました。その内容には、ジャズ、ポピュラー音楽、民族音楽を含む世界各国のSPレコード、LPレコード、文献、民族音楽など、幅広く網羅されています。

 本展では、この中村氏のコレクションを通して、音とヴィジュアルが交差する新たな魅力を、美大ならではの視点で伝えたいと思います。特にLPレコードのジャケットは、1950年代から70年代にかけて、グラフィック・デザイナーたちが競って個性的なデザインを展開した表現の場でもありました。また、それに先行したSPレコードは、今では文化財として後世に伝えるべき音楽メディアの原点です。それらのレコードを聞くために作り出された蓄音機(オーディオ機器)も、音楽の歴史を伝えるのに欠かすことの出来ない道具であり、それらの在りし日の姿を顧みるのも、歴史の貴重な追体験となるはずです。そして、音楽を生み出すために作られた世界各地のさまざまな楽器は、先人の工夫の足跡を忍ばせてくれます。
 現代ではインターネットを通じた音楽配信の普及に見られるように音楽メディアの形態が変化するなか、そのモノとしての魅力のあり方も変容していますが、この展示を通してその役目を終えたアナログ・レコード音楽を身近に体験できる機会を提供することや、民族の誇りを象徴すべく機能的に作り出された楽器の魅力に直に触れることは、作家を養成しモノを作り出す大学としては大きな意義のある試みであると思います。

 なお本展は、造形研究センター近代デザイン研究プロジェクトの一環として、センターの客員研究員である中村氏自らが特別監修の立場でこれまでの研究成果をまとめて広く公開いたします。


URL   |http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/205
  Flyer|download (pdf)


CINRA.NET カルチャーメディア @CINRANET
音楽評論家・中村とうようのポピュラー音楽への愛感じる展覧会、自らが特別監修 http://t.co/0rKhgSd
96sawa3 @96sawa3
武蔵野美術大学美術館にて開催中の「中村とうようコレクション展」の関連企画として、ウード奏者常味裕司氏のスペシャルコンサートを本日開催します。アラブ音楽の生演奏を体験できる貴重な機会ですので、ぜひ会場にお越しください!詳細はこちら→http://t.co/XHGgB2T
96sawa3 @96sawa3
開催中の「中村とうようコレクション展」の関連企画として、7月18日に行われました「ウードによるスペシャルコンサート」の記録映像をアップしました。常味裕司さんのすばらしい演奏をご覧いただけます!  http://t.co/XHGgB2T

         ウードによるスペシャルコンサート 2011.7.18
         武蔵野美術大学美術館・図書館 美術館ホール
         曲名 : 永遠なるナイル(Mohammad Abdelwahab 作曲)

Ai @francisca_55
寝たのに体調戻らない…;; 今日は中村とうよう展の特別企画でウード奏者の常味裕司さんのコンサートがあります ムサビの展示もこれもだれでも無料なんだけどムサビ生でも今日のは知らない人多いだろな…  常味裕司さんのHPにある那覇のFMにでた時の音源がおもしろいです!
Ai @francisca_55
@savoytf 2時間位前につぶやいたんだけどムサビの美術館でやってる中村とうようコレクション展の特別企画だよ ウードってフレットのない弦楽器だよ 同じ展示で日程決まってないけどコレクションのレコードをかける企画もあるらしい ビートルズのレコードジャケット1枚飾ってあったね
kiyotaki tsutomu @keyotake
超絶演奏とともにアラブ文化と西欧文化に関するお話が素晴しかった QT @96sawa3: 武蔵野美術大学美術館にて開催中の「中村とうようコレクション展」の関連企画として、ウード奏者常味裕司氏のスペシャルコンサートを本日開催 詳細はこちら→http://t.co/XHGgB2T

しぎょういつみ @s_itsme
今日はこれから、スケジュールの合間を縫って、武蔵野美術大学の美術館で開催されている「中村とうようコレクション展 楽器とレコードを中心に」を観にいきます。
しぎょういつみ @s_itsme
「中村とうようコレクション展 楽器とレコードを中心に」(武蔵野美術大学美術館)到着。会場内の写真撮影はNGなので、入り口だけ。感想はあとでゆっくりツイートします。 http://twitpic.com/5sdzuv
 拡大
しぎょういつみ @s_itsme
「中村とうようコレクション展 楽器とレコードを中心に」(武蔵野美術大学美術館)。思いのほか小規模だったが、武蔵美まで足を運んだ甲斐のあるおもしろい発見や貴重な体験も。今回は総論的位置づけのようなので、近い将来の各論にあたる展示会を楽しみにしたい。くわしい感想は、帰宅後に。
しぎょういつみ @s_itsme
「中村とうようコレクション展 楽器とレコードを中心に」。今回はとうようさんの武蔵美への寄贈コレクションのお披露目という感じで、展示品もそれほど多くなく、中村とうよう入門編とでも言うべき内容。ただし、楽器とレコードに分かれた展示は工夫が凝らされていて、興味深かった。
しぎょういつみ @s_itsme
「中村とうようコレクション展」。楽器は、ナイジェリアのトーキング・ドラムとインドのウドゥッカイ、インドネシアのグンデルとブルキナファソのバラフォンといった似た構造のものをまとめて展示することで、楽器の伝播(おそらくインドネシアからアフリカへ)の可能性を示唆することに成功している。
しぎょういつみ @s_itsme
「中村とうようコレクション展」。ずっと興味を持っていてやっと見ることのできた楽器が、チベットのダマル。これは、男女の子どものホンモノの頭蓋骨をお椀状に切って、2つ背中合わせにくっつけて、人間の皮膚を張ったデンデン太鼓。触るのは禁止だったけど、至近距離でじっくり観察してきました。
しぎょういつみ @s_itsme
「中村とうようコレクション展」。レコード(LPレコードが中心)は、とうようさんの音楽評論家としての歴史に沿い、フォークやロック→ラテン音楽からアフリカ→ブルース→インドネシア→ヌスラットやテレサ・テン→ギリシアという流れで展示。ただ、稀覯盤のたぐいはほとんどなかったかな。
しぎょういつみ @s_itsme
「中村とうようコレクション展」。ただ、レコードの選択は、とうようさんの好みが出ていておもしろかったな。ロックは、ビートルズやストーンズ、ディランと並んで、フランク・ザッパ。日本ものは、岡林にエイプリル・フールにフォーク・クルセダーズに遠藤賢司。キューバはボラ・デ・ニエーベだし。
しぎょういつみ @s_itsme
「中村とうようコレクション展」。ちょうど入り口のところに、何枚ものピクチャー・レコードが飾ってあったのが楽しかった。フランク・ザッパの「ゴブリン・ガール」はマニアにはおなじみだが、テレサ・テンの15周年記念盤や、勝新太郎、そして、「荒城の月」や童謡ものなど、珍しかったな。
しぎょういつみ @s_itsme
「中村とうようコレクション展」。よだれが出るほど欲しかったのが、著作コーナーに置いてあった『とうようズ・クロニクル』(非売品)。2年前の喜寿のお祝いパーティー出席者へのプレゼント用に作られた自伝。実は会場にいた時間の半分は、これを立ち読みしていました(笑)。市販されるといいのに。
残りを読む(198)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする