Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

即位する婿:ラピュタ王位やドラクエ11のユグノア王位などの継承法についての考察

夫の即位、歴史好きには有名かもしれませんがそれを知らない方々の反応などが面白かったので。ラピュタ王家は女系継承らしい。
58
ドラクエ11のユグノア王位継承について疑問をもつ方々が少なくないらしい

以下、王さまが実の娘エレノアではなくその夫アーウィンに譲位した件についての感想

リンク SQUARE ENIX ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて | SQUARE ENIX 11番目のシリーズ本編最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』PlayStation®4とニンテンドー3DS™で登場! 312 users 165
けめこ @al2o3dw

当事者間で極めて穏便に決定されただろうから異議を唱えるわけではないのだが、エレノアが即位しなかったのは何故だろう。単純にアーウィンのほうが向いてそうだったからかな。

2017-09-03 17:38:45
座敷 @akirassy11

11の世界で訳分からんのは、なんでアーヴィンが王様やってるの?てところなんだが。 お姫様と騎士団長の結婚は8オマージュだろうけども。

2019-10-02 17:12:23
Jade@ゼノブレイド @JadeSwitch_RPG

最大の疑問は、なぜエレノアではなくエレノアの夫のアーウィン(注:王族の血を引いてるわけではなく、騎士なだけです)が即位したしw って疑問。 結果的に国は滅びてるし、本来なら愚王とか暗君って言われてもおかしくないし私個人もアーウィンへの評価は低いです。

2020-05-24 19:10:19
mnnem @mnnem_pdnt

信用のおける騎士団長とはいえ凡愚の出の王配にユグノアの王位譲ったの個人的にかなり『マジかよ……』って思ったポイントなので元々エレノアさまは統治に向かない性格だったんだろうな〜と思ってます。あとアーウィンの血族が過去に全滅してるか何かで考えうる内のいくつかの心配が無用だったか。

2020-05-14 19:48:45
cookdododo @cookdododo1

ド11の謎としてシャールとマルティナには王位継承権があるのに、エレノアには王位継承権がない(配偶者が王配じゃなくて王として実権握ってる)、ってのは深い謎だと思うんですが、これは一体どういうことなんだろうか?

2020-09-03 00:42:59
cookdododo @cookdododo1

はじめロウの子どもがアーウィンだと思い込んで進めてた(マルティナは王をやる気満々だしシャール様がいたので、この世界では男女関係なく長子に王位継承権があると思ってた)ので、?????なんかロウとアーウィンの関係おかくしくね???ってなってた。

2020-09-03 00:46:58
そんなわけで書いてみました
財布を忘れて愉快なオーストリア大公妃 @Kakanien_Sazae

即位する婿たち:妻の代理としての君主 大昔は、女系で王位が継承されていたのではないかと考えられています。川中子弘曰く、「家の長として君臨し、財産の所有者だった」。しかし、女性自身ではなく夫が王位に即いたようです。#note note.com/fake_erzherzog…

2021-01-10 19:21:25
リンク note(ノート) 即位する婿たち:妻の代理としての君主|財布を忘れて愉快なオーストリア大公妃|note はじめに テレビアニメ『サザエさん』で、磯野カツオがクラスメイトの花沢花子に想いを寄せられていることは有名である。彼女の人生設計では、カツオが婿として「花沢不動産」の次期社長となることはほとんど確定事項だ。 『サザエさん』はフィクションにすぎないが、現実でも、民間企業の社長が実の娘でなく婿養子を後継者にすることは珍しくない。政治の世界でも、実の娘ではなく婿を後継者にすることはままある(例:池田行彦)。血筋がかなり大きく物を言うはずの旧華族の家督相続ですら同様だ(例:冷泉為人、徳川義宣、井伊直岳)。 藤原定 3 users 2
寺井 半兵衛《お城探検記》 @historyTeraiHan

@Kakanien_Sazae 茨城県の縄文後期の中妻貝塚から出土した遺体のうち、分析結果が出た29体の内17体が母系が同じ血族でした。 古い時代の古墳の被葬者も多くが女性で、新しくなるほど男性になるそうです。 日本も古代は女系だったのかもしれず、この記事は大いに参考になりました。

2021-01-10 22:45:37
リンク note(ノート) 傑作選|財布を忘れて愉快なオーストリア大公妃|note 奴隷堕ちしたアフリカの王子が南米で奴隷の王になった話、ナポレオン3世の出生の疑惑がDNA鑑定により深まった話、近代の自称フィリピン皇帝ほか都合13本
財布を忘れて愉快なオーストリア大公妃 @Kakanien_Sazae

記事中に『風の谷のナウシカ』のトルメキア王位継承法への言及があるんですが、そういえば『天空の城ラピュタ』でも旧王家傍系のムスカが嫡流のシータを差し置いて「言葉を慎みたまえ、君はラピュタ王の前にいるのだ」などと宣っていましたねえ(脚本の人そこまで考えてないと思うよ)

2021-01-10 22:31:55
財布を忘れて愉快なオーストリア大公妃 @Kakanien_Sazae

でも、考えてみるとシータの一族、確証はないけれども飛行石を女系で受け継いでいたっぽいんだよな。暖炉に隠すことを「おかあさんも、おばあさんも、おばあさんのおばあさんもみんなそうしてきた」と言っているのを思うとほぼ間違いないとは思う。マジで即位は夫だったのかもしれん。

2021-01-10 22:55:36
タシガミ @bonkurtz

以前、飛行石を手に入れた後はシータを生かしておく意味がないのに手元に置こうとするムスカはロリコンみたいなネタを見たけど、母系で権力が継承されその夫が即位し王を名乗る形式なら何としてでもムスカはシータを確保しておかないとならないよね。

2021-01-10 23:13:51
財布を忘れて愉快なオーストリア大公妃 @Kakanien_Sazae

即位する婿たち:妻の代理としての君主 更新しました。『天空の城ラピュタ』のラピュタ王位継承についての考察(※妄想)を加筆しました。他にも、『風の谷のナウシカ』のトルメキア王位継承などに触れています。よろしくオナシャス! note.com/fake_erzherzog…

2021-01-11 19:08:43
H.v.H. @hugo2249

だとすると、女系相続における王位継承者の王女は国を守るため、その力のある男を夫に選ぶのが至上命題であるのに、ともに国を滅ぼしてくれる夫(概念)を選んだシータの罪深さったらない。大いなるロマンだ(すき)

2021-01-11 22:18:44
H.v.H. @hugo2249

トルメキアはビザンツのような男系と女系のハイブリッドだったのかも。周辺国とは制圧と懐柔を繰り返す関係ぽいし、王子だろうが女婿だろうが、シチュによって武力ないし政治力を持つ者が王位を継ぐもしくは簒奪する。国民もそれを受け入れている。(氏はそこまで考えていないだろうが)

2021-01-11 22:22:28
take @take7777077

わたしゃわりと今まで、ムスカの「言葉を慎みたまえ、君はラピュタ王の前にいるのだ」の『ラピュタ王』はシータの事だと思っていたのだが…わりとこう、悪役の最終ビジョンを説明せずにふわっとさせがちよね御大>RT 後ろ手に縛って立たせておいて『ラピュタ王』かよという趣味悪いセリフだと…

2021-01-12 20:20:28
take @take7777077

(私の想像はトルメキア王家に関してはRT元の説に近い想像で、王家の主流に近い出の王妃と、傍系出身で自分の血筋だけで即位するのはやや強引かなという立場のヴ王。女性の即位は禁じられているわけじゃないけどあまり現実的ではない。なのでこの二人が結婚してヴ王が即位(したことで王妃のほうは

2021-01-12 20:37:40
take @take7777077

ほうは完全に王位継承者としてはリタイア。)。で次世代は、母親が違う=傍系の血しか引かない三人の王子と、生まれとしては申し分ないけど女なんだよなあ、な王女ひとり。と…(ヴ王の「再婚」という表現もたまに見かけるけど、そこは普通に一夫多妻がアリなんじゃないかなあ…)

2021-01-12 20:42:29
take @take7777077

御大に聞いたら「そんなん特に考えてないよ、書いてあること読んで!そういうことだよ」くらいふわっとしたヘソマガリな答えが返ってくる、に1000グレイン賭ける。

2021-01-12 20:46:10
いなんず/編集中 @inanzu

ラピュタ王家は最初から発音によって起動する王権を管理するトエル家(女系継承)と、文章によって起動する王権を管理するパロ家(男系継承)の2つの王家があって、それぞれの継承者が皇玉である飛行石を用いて王権を発動させないと城塞機能が動作しない仕組みだったんじゃないのかなあと……

2021-01-12 22:49:08
残りを読む(12)

コメント

かにたま大臣 @pokkaripon 2021年1月15日
エレノアの嫡子であるイレブンが王位に就いてカミュが継承する事はないと思うけど、カミュが産んだ子が男女だったとしたら女の婿に継承権がいくんだろうか
0
しろがねさん @whitebellsweet 2021年1月15日
日本の古代は女系というか母系。平安時代は通い婚で正妻の家が婿の生活を丸抱えする。官位だけは父方のものを継承する。
1
ざっぷ @zap3 2021年1月15日
ラピュタが女系王家というのと「実質的支配者である自分をラピュタ王だと称する」のは別に矛盾しないと思ってたからそこは疑問には思わなかったな(小説版も既読…ほぼ覚えてないけど)
5
ピピン @jaijv64Sl1dBl5D 2021年1月15日
血統的には娘なのに血統的に関係ないその旦那(婿)が王位なり帝位を継ぐってのは歴史上でも無いわけじゃないぞ 有名な歴史上のケースでいくと神聖ローマ皇帝のフランツ1世 (マリア・テレジアの旦那と言ったほうが通りがいい)なんかはただの婿だけど帝位を継いでる(相当揉めて領土まで奪われたが) このケースだと神聖ローマ皇帝は男しか成れないので皇帝の娘のマリア・テレジアは帝位を継げない だから旦那を無理やり皇帝にした(傀儡)
10
ピピン @jaijv64Sl1dBl5D 2021年1月15日
jaijv64Sl1dBl5D だから神聖ローマ皇帝の帝位以外のオーストリア女大公、ハンガリー女王、ボヘミア女王とか女でも継げる王位は全部マリア・テレジア自身が継いだのでそれらの領土においては皇帝の旦那は(マジで)一般人扱いw でその旦那との間に出来た長男に改めて夫婦で分散させて継いだ称号を全部継がせた 要は何が言いたいかと言うと王位は男しか就けないという条件がある場合血族の娘ではなくその旦那が(中継ぎ的に)王位を継ぐことは割とある話でこれもそのケースかもしれない
8
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2021年1月15日
王の血統は欲しいが、軍事国家ないし軍に依存する国家では、王が軍を率いる必要があって、軍を率いるのには女性より男性の方が体力的に向いているから、というのが「王女の婿が即位するのを許す本来の合理的理由」と思ってる。後は傍系ながら婿も王家の血を引いている場合、将来の王位継承問題を減らす目的もあるだろうね。
2
狂犬ちゃん @MadDogUnlimited 2021年1月15日
現実の例としてはスウェーデン王がフランス元帥のベルナドット(妻の姉がナポレオンの兄嫁)を養子にしてあとを継がせたりしてますね
7
イーヤ @garnet_wish 2021年1月15日
考えてもみれば型月もアルトリア(男装の麗人であったアーサー王)は戦乱の時期+おそらくキリスト教伝来後(でなけりゃ部下が聖杯探さない)だから表向きは男として即位してたけど、古い多神教の存続してる時期なら姉のモルガンか、女のなりのままのアルトリアの女王即位の目もあったわけで。
1
イーヤ @garnet_wish 2021年1月15日
原典におけるアーサー王だって王位の根拠はブリテン島の母権制の名残、主権を持つ女神的存在としてのギネヴィアとの結婚が大きかったとか
4
Kongo @kongo_kirishima 2021年1月15日
日本でも織田信雄が北畠家の娘婿になって北畠家の当主になる例があったし、織田信長だって斎藤道三の娘である帰蝶(濃姫)を娶って美濃国主の地位を得たとも言える。
0
辻豚 @tatoo_pig 2021年1月16日
王位継承権自体は母系にあって王として即位するのは婿っていう形式で思い浮かぶのは古代エジプトかな(まぁファラオ自身も王族ではあったが)おかげで兄弟姉妹間や親子間での婚姻とか凄まじいことになったんだが。とはいえ、実権が握れるわけでもないのに継承権だけあるってのも欺瞞に感じるなぁ
2
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2021年1月16日
そもそも日本の皇家は入婿継承で領域支配を広げた一族だよな。少なくともオオクニヌシ、ニニギ、山幸彦、神武天皇は明らかに嫁の父親から支配地の権益を継承してるぞw
3
月世界へ @IUVMYSpPZr5yv9q 2021年1月16日
息子の嫁が浮気したら間男の子にお家を簒奪され申すが娘の子供なら父親が誰であれ自分の孫に変わりないので代々婿取りし続ければ自分の遺伝子を確実に後世に残せるからな(的外れ)
2
マクガン @Makugan32 2021年1月16日
息子が有能であるかどうかは選べないですけど、有能な婿は選べなくもないですからね…
1
イーヤ @garnet_wish 2021年1月16日
IUVMYSpPZr5yv9q よしながふみの大奥で、声が草薙素子な吉宗様がそれ指摘してましたな
1
inti @inti87913544 2021年1月16日
古い年代ほど母権社会の痕跡があるからねぇ。例えばギルガメシュ王の父であるルガルバンダの叙事詩では、王権を与えたのはイナンナ女神とされている。ただギルガメシュ王はエンリル神からなんで、どうも時期によって違うみたいだけどね。
1
inti @inti87913544 2021年1月16日
ともあれ、勇敢で知恵のある若者が、苦難を乗り越えて王の娘を娶る類型の話は少なくないので、ラピュタのような典型的冒険譚なら、そら女系相続が自然よね。
1
ニャン太郎 @nyantaroo 2021年1月17日
宮崎監督に限っては「脚本のひとそんな考えてないと思う」は無いと思う。
0
ニャン太郎 @nyantaroo 2021年1月17日
「元は一つの王家だった。地上に降りた時に二つに分かれた」というセリフから、元から二つ王家があったって説は無し。またラピュタ小説版に「女系である」って文は無かったはず。小説版や準備稿で「シータは王国の広告塔としてウケが良さげだから生かしておこうと思ったが、思ったより反抗するので殺そう」という描写もあるので、シータの存在自体は王位にとってそんな重要じゃない
4