2021年1月16日

動画『グリーン・ニュー・ディールの真相』を訳してみた。

最近よく耳にするグリーン・ニュー・ディールという言葉。それは現実的な政策なのか? 私たちは豊富で安価な電力を手に入れ、より住みやすい地球で暮らせるようになるのか? アレックス・エプスタインが解説します。
11
tarafuku10 @tarafuku10

動画『グリーン・ニュー・ディールの真相』を訳してみた。最近よく耳にするグリーン・ニュー・ディールという言葉。それは現実的な政策なのか? 私たちは豊富で安価な電力を手に入れ、より住みやすい地球で暮らせるようになるのか? アレックス・エプスタインが解説します。 youtube.com/watch?v=Wtc_L0… pic.twitter.com/EeFphHDtG4

2021-01-11 19:14:09
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

人類は存続の危機に瀕している。現在の暮らしは風前の灯だ。たった12年の間にすべてを変えなければゲーム・オーバーである。 これは、指導的立場にある多くの政治家が「グリーン・ニュー・ディール」を正当化するために使う恐ろしいシナリオだ。グリーン・ニュー・ディールでは、… pic.twitter.com/fDAmkTXTiU

2021-01-11 19:15:20
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

…エネルギー産業に焦点を合わせ、過去に例がないほど政府に権力が与えられる。グリーン・ニュー・ディールの中心にあるのは、政府は化石燃料エネルギーの使用を速やかに禁止し、ほぼ太陽光と風力からなる「100%再生可能エネルギー」を有無を言わさず推進すべきだという考え方である。 pic.twitter.com/3FS1fREKm0

2021-01-11 19:15:21
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

魅力的に聞こえるかもしれない。しかし、これがどのような結果を生むのか考えてみてほしい。 pic.twitter.com/qJoxEVNBVl

2021-01-11 19:15:22
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

今日、アメリカ人が家で暖を取り、農地で作物を育て、工場を稼働し、車を運転するために使う電力の80%は、 石炭、石油、天然ガスなどの化石燃料によるものだ。風力と太陽光による電力はたった3.4%。何十年も前から、その利用を奨励するための政府の補助金や指令が出されているにもかかわらずである。 pic.twitter.com/kHeR6M2Uh3

2021-01-11 19:15:22
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

太陽光や風力をそれほど活用されていないのには理由がある。それらは、太陽が輝くときだけ、または風が吹くときだけに機能する信頼性のない燃料だからだ。だからこそ、電力の100%どころか50%近くを太陽光と風力でまかなった町、都市、国はこれまで存在しないのである。 pic.twitter.com/O51e2ri9PZ

2021-01-11 19:15:23
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

しかし、グリーン・ニュー・ディールの支持者たちは、エネルギー産業や、運輸、製造、農業などの主要な電力利用者をコントロールする権限を政府に与えることができれば、不可能を可能にできると言うのである。 pic.twitter.com/5IBN8pRYwc

2021-01-11 19:16:34
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

これらすべては、CO2 レベルの上昇という「存続の危機」に対して「何かしなければ」という必要性によって正当化される。化石燃料の利用をやめなければ壊滅的な被害や大量死が発生すると、国連などの権威ある組織が予測したというような話を、私たちは毎日のように耳にする。 pic.twitter.com/ty8Q8EXySj

2021-01-11 19:16:35
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

しかし、私たちに知らされていないのは、こうした予測が何十年にもわたって間違い続けているということだ。しかも、ダーツ競技でダーツ・ボードを完全に外すぐらいに間違っているのだ。 pic.twitter.com/YIqsbGy10s

2021-01-11 19:16:36
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

たとえば、1989年、AP通信は「2000年までに地球温暖化を止めなければ、海面の上昇によりすべての国が地上から消えてしまう」という国連の予測を記事にした。2000年を過ぎて20年が経ったが、失われた国はない。人類は歴史上最も長寿で、健康で、豊かな人生を楽しんでいる。 pic.twitter.com/IqHssWfIGr

2021-01-11 19:16:37
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

しかし、事態は悪化しているのではないか? CO2は温室効果ガスであり、地球の温度上昇に影響を与えていると科学者たちは結論付けているのではないか? そのとおり。しかし、その影響は全体の中のほんの一部に過ぎない。 pic.twitter.com/7N8g4zMHqY

2021-01-11 19:16:37
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

CO2が温暖化にまったく関係ないわけではないが、一般に言われているよりもはるかに影響は少ない。私たちが化石燃料を大量に利用し始めたのは19世紀の半ばだが、それ以来、大気中のCO2の割合は0.03%から0.04%に上昇しただけである。 pic.twitter.com/MQsnQep59f

2021-01-11 19:18:13
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

平均温度の上昇は華氏で約2度 (摂氏で約1.1度)。CO2は植物の栄養なのだから、地球緑化にも大きく貢献している。 これらはすべて私たちの地球が体験してきたことである。CO2レベルが現在より少なくとも10倍あったこともあるし、平均気温が華氏で25度 (摂氏で約14度) 高かったこともあった。 pic.twitter.com/vF7xS5EPze

2021-01-11 19:18:14
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

実のところ、人類が今ほど気候から守られている時代は過去になかった。国際災害データベースという無党派の組織がある。これは、酷暑、洪水、暴風、干ばつなど、気象関連の災害に起因する死者を記録している組織だ。 pic.twitter.com/BmFUHS647g

2021-01-11 19:18:15
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

その調査によれば、CO2の排出量が上がるにつれて、こうした災害による死者数は減少している。 なぜそんなことが可能なのか? CO2を排出する化石燃料のおかげだ。暖房、空調、堅牢な建物、大規模な灌漑、気象警報システムなどで、私たちの生活環境を気候から守ることができるようになったからである。 pic.twitter.com/yjLZEtHIpp

2021-01-11 19:18:16
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

化石燃料エネルギーは、自然の状態であれば安全な気候を人為的に危険にしようとしているのではなく、自然の状態であれば危険な気候を人為的に安全にしようとしているのである。化石燃料は存続に関わる脅威ではなく、存続に関わるリソースなのだ。 pic.twitter.com/aELZDPVz8u

2021-01-11 19:18:17
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

大気中のCO2の上昇よりも大切なこと、すなわち、人間ができることの幅を広げることに役立ってきたからだ。平均余命、収入、余暇時間、教育レベルの上昇は、化石燃料の利用の増加と密接に関連している。 pic.twitter.com/9JXgJVY3HW

2021-01-11 19:19:32
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

これはすなわち、炭素排出量の少ない代替エネルギーを探さなくてもいいということなのか? もちろん違う。しかし、代替エネルギーは、より豊富で、より信頼性のあるものでなければならない。 最も有望な形式の代替エネルギーは、信頼性を欠く太陽光や風力ではなく、… pic.twitter.com/rCStFFi881

2021-01-11 19:19:33
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

…信頼性があり、炭素を排出しない原子力エネルギーである。スウェーデンは電力の40%を原子力に頼っている。フランスの場合は70%を超える。原子力エネルギーは安全ではないと中傷されているが、実はこれまでに開発されたエネルギー形式の中で最も安全であることが研究によって何度も示されている。 pic.twitter.com/kp1KIVNSWy

2021-01-11 19:19:34
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

ところが、CO2レベルの上昇から地球を救うには12年しか残されていないと言い募るグリーン・ニュー・ディールの支持者たちは、化石燃料のみならず、原子力の利用にも反対している。 pic.twitter.com/7bufyS5B3R

2021-01-11 19:19:34
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

安価で、豊富で、信頼性の高いすべてのエネルギー形式に反対するグリーン・ニュー・ディールは、私たちを存続の危機から救ってくれはしない。グリーン・ニュー・ディールこそが存続の危機なのだ。 pic.twitter.com/42SDoAZUAk

2021-01-11 19:19:35
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

『The Moral Case for Fossil Fuels』(化石燃料の道徳的真相) の著者であるアレックス・エプスタインでした。(了) 英文スクリプト: ↓ prageru.com/video/whats-th…

2021-01-11 19:20:06
tarafuku10 @tarafuku10

『The Moral Case for Fossil Fuels』(化石燃料の道徳的真相) の著者であるアレックス・エプスタインでした。(了) 英文スクリプト: ↓ prageru.com/video/whats-th…

2021-01-11 19:20:06
リンク PragerU What's the Deal with the Green New Deal? There’s been a lot of talk about The Green New Deal. Beyond the headlines, what is it really? Given our energy needs, is it practical? Can we have an abundance of energy and a clean planet? Alex Epstein, the author of The Moral Case for Fossil Fuels, cons 12309
残りを読む(1)

コメント

ꗣ𝖺𝗒𝖺𝗆𝖺𓊝 @Yuzoh1976 2021年1月16日
ニューディールという言葉が使われている通り、大きな政府を目指している。その点では原発推進派も自然エネルギー推進派も同類である。石油にとって変わるのは、天然ガスだろう。
0