Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

アナログゲームショップ経営者がTRPG(D&D)の扱いについて語る

静岡県にあるアナログゲームショップ、マスターズギルド(http://www4.tokai.or.jp/mguild/)の経営者の方から、経営者視点による、店舗、ユーザ、企業との間でのTRPG(ここではD&D)の扱いについての考え。マスターズギルドさんでは、D&Dエンカウンターが開催されています #DNDJ *おそらく重要:#DNDJタグで話されているとおり、D&Dについての話題です。TRPG一般の話題とは分けて考える必要があると、まとめ主は考えます。 *20110726追記、opendiceさんのコメントを受け、タイトル及び説明中の“TCGショップ”を“アナログゲームショップ”へ訂正いたしました。また、上記の判断からTRPGタグを削除し、文中での“TRPG”がD&Dを指すことがわかるように補足しました。
80
とむやんぷ~ @tomyampoo

個人的にはD&Dはサポートなどがしっかりして非常にいいと思っていますが、それ以上に求める部分というのはユーザー側はそれ以上に求めるものが多いんだなあと思ってます。でも本来ユーザーとメーカーの間にあるショップがほぼなにも語っていないのが不思議に思います #DnDJ

2011-07-24 01:51:22
とむやんぷ~ @tomyampoo

ショップとしての本音を書きますが、TRPGユーザーは「これを扱って欲しい」と簡単におっしゃるのですがそれによる儲けがどれだけあるのかという話がガッツリ抜けていることが多いのです。たとえばウチの場合TCGの売り上げでTRPGを扱っているというのが正直なところです。#DnDJ

2011-07-24 01:53:45
とむやんぷ~ @tomyampoo

TRPG1冊とカードゲーム1BOXの価格を比較しその粗利として計算した場合粗利としてはどっこいどっこいとなりますがTCGショップでは書店と違い再販制度に入ってない場合がほとんどです。ですからもし商品が売れなければそれはデッドストックになります。#DnDJ

2011-07-24 01:56:26
とむやんぷ~ @tomyampoo

TCGの場合シングルカード販売という技があるしそれによって粗利が稼げる場合がある(もちろん売れなければ意味はない)TRPGにはそういうものがない。なんとか売上をださないと正直つらいのです。実際そういう問題でTRPGを扱うのをやめてしまったショップがあるのです。#DnDJ

2011-07-24 02:06:19
とむやんぷ~ @tomyampoo

そのショップさんはTRPGが好きな方でしたが「正直商売としてなりたたない」と宣言してしまいました。確かにビジネスとして成り立つ方法がなければ普通の感覚からすれば撤退するでしょう。その点ウチの場合はまだお客様が良質だから助かっているだけです。 #DnDJ

2011-07-24 02:11:06
とむやんぷ~ @tomyampoo

実際問題TRPGのユーザー数はどんなものなのか、今後増えるアテはあるのかと考えると正直悩ましいと考えてしまう。でも、それでも私はTRPGを扱っている。なぜか。他に扱っているショップがない。さまようユーザーがいらっしゃるのが耐えられないから。でも、いつまで耐えればいい?#DnDJ

2011-07-24 02:15:47
とむやんぷ~ @tomyampoo

正直なところTCGショップでTRPGを積極的に扱っているショップはそう多くはない。ブシロードの影響もあってTCGのショップは雨後の筍のごとくふえましたが、あくまでも扱うのはTCGであってTRPGではない。アナログゲーム全般を扱うショップは逆に一昔より減っているのでは?#DnDJ

2011-07-24 02:19:26
とむやんぷ~ @tomyampoo

それでもメーカーが存在し、ユーザーが存在する以上できる限り、ウチの店としては「ショップとしての責任」は果たしたい。そのためにD&Dのサポートは出来るだけ行いたいと考えている。でも、そう考えているのはTCGショップではなく、TRPGが好きな「ショップの人」。#DnDJ

2011-07-24 02:26:10
とむやんぷ~ @tomyampoo

ウチの店を基準に考えるとどうしても他のTCGショップと意識が乖離しているのでショップの考え方とは違うかもしれませんが(苦笑 D&Dをどうしたら盛り上げることが出来るかを考える部分ではユーザーと同じです。でも盛り上げるためには「メーカーが儲かる状況」も必要なのです。#DnDJ

2011-07-24 02:34:21
とむやんぷ~ @tomyampoo

メーカーが儲かる、ショップも儲かる、ユーザーが喜ぶ状況がきちんと出来ていれば問題はない。でもTRPGはそれが出来ていただろうか。そう考えると「やめるショップ」があるということはそれがうまく出来ていないというのが現実でしょう。#DnDJ

2011-07-24 02:37:53
とむやんぷ~ @tomyampoo

だったら、全員で一度考えるべきではないかと。メーカーとショップとユーザーと。 出来ないはずはない。何故ならそれは他のアナログゲームを見たら判るはず。特にTCG業界をみれば。ヒントはたくさん隠れている。ただ、それを実現するには何か大きな代償が必要だと考えてはいる。#DnDJ

2011-07-24 02:40:29
とむやんぷ~ @tomyampoo

連投申し訳ないですが、一田舎のアナログゲームショップの運営者として申し上げました。都会とは違うので私の言葉が全てはないですし正解ではないとは思いますがそういうショップがあるということを頭に入れておいていただくとありがたいです。#DnDJ

2011-07-24 02:43:12
とむやんぷ~ @tomyampoo

TRPGについてもうちょっと。ウチのお客様を見ているとTRPG(特にD&D)は「とりあえず出たら買うから!」というような悲壮な覚悟を持っていらっしゃるようで見ていてつらい。毎月五千円程度の出費があるわけですから大変だなあと思いましたもの。もちろん仕入れるほうも。 #DnDJ

2011-07-24 12:29:40
とむやんぷ~ @tomyampoo

でも買う人の絶対数が少ない。ウチの店の場合実数で4-5人。で、単純に5人としましょう。全員が買ってくださっても粗利としても知れています。再販制度がないため予約分だけ仕入れるという訳にも行きませんからある程度余計なものを仕入れる。それはデッドストックとなり利を削る。#DnDJ

2011-07-24 12:35:08
とむやんぷ~ @tomyampoo

TRPGの扱いを止めてしまったショップさんの話では「店の中でAmazonで買えば良いよと大きな声で言われたときに、もうTRPGを扱う理由がなくなったと思った」ということでした。Amazonの必要性は感じるけどそのショップさんの気持ちも痛いほどわかります。#DnDJ

2011-07-24 12:39:41
とむやんぷ~ @tomyampoo

Amazonをディスっているわけではないですよ(苦笑 ただ、厳しい中でTRPGを扱っていたそのショップさんにとってはユーザーの何気ない言葉も致命的になるほど状況はナーバスだということです。#DnDJ

2011-07-24 12:41:40

呟き後半部分。ショップとゲームコミュニティについて

とむやんぷ~ @tomyampoo

ウチの店に話を戻すと、どんな状況であってもユーザーのモチベーションをいかに維持するかという問題と、いかに新規の顧客を獲得するかを常に模索はしております。お客様も常にそういう意識を持ってくださっている。本当にウチのお客様は素晴らしいお客様で感謝の気持ちでいっぱいです。#DnDJ

2011-07-24 12:52:00
とむやんぷ~ @tomyampoo

幸いウチの店はある程度の広さのデュエルスペース(プレイスペース)があるのでFNMと同時に金曜D&Dが成立できている。で、お互いが、お互いの遊びを認めているしそれを当たり前としている。でも、これってほかのショップではありえないんだろうなあと考えてしまう。#DnDJ

2011-07-24 12:54:30
とむやんぷ~ @tomyampoo

たとえばTRPGにしてもTCGにしてもある程度のコミュニティになると排他主義に陥る場合があるのを感じませんか?たとえばD&Dをやっている人のなかで国産TRPGをこき下ろしたりしているのを見たりする場合があります。これはほかのショップで見たユーザーでしたが。#DnDJ

2011-07-24 12:59:27
とむやんぷ~ @tomyampoo

@y_alay ウチも隙間なく大会を入れてますよ。ただ、TRPGユーザーが「この日にやらせて」といったら「おう!」といってスペースを開放できなければアナログゲームショップとしてはどうかと。「TCGショップ」なら「ほかのTCGイベントがはいったらごめんね」なのでしょうけど。

2011-07-24 13:02:46
とむやんぷ~ @tomyampoo

遊び方は色々とあるし、コミュニティを大事にするのも悪くない。ただ、排他的なコミュニティは「あいつらは俺たちと違う」みたいになるのは孤立するのを深めているような気が。それは業界的にはプラスよりマイナスが大きいと思います。それを解消するのはショップの役割が大きいかと。#DnDJ

2011-07-24 13:08:00
とむやんぷ~ @tomyampoo

短絡的な考え方だとユーザーが悪いのか?メーカーが悪いのか?ショップが悪いのか?ということになってしまう場合があります。こういう考えは非常にまずいと思います。それより、どうしたら今より良くなるか、良くなる可能性を拓くことができるかを考えるのが一番大切だと思うのです。#DnDJ

2011-07-24 13:13:47
とむやんぷ~ @tomyampoo

@sirokurop 壊す以前にユーザーが離れるでしょう。でもそれでもそのショップがやっていけるのであればそれはそれで認めなければならない。他人の考え方を拘束することはできません。みんなが同じ考えをするのはかえって危険です。

2011-07-24 13:16:14
とむやんぷ~ @tomyampoo

私はショップとして「できること」をきちんとやっていくしかない。TRPGに興味を持っている人に積極的に話しかけるとか、ユーザー同士で仲良くできるように配慮するとか。最終的には全てコミュニケーションをいかに進めるかという話になる。ショップは潤滑剤にならなければならない。#DnDJ

2011-07-24 13:31:27
残りを読む(7)

コメント

芹沢文書 @DocSeri 2011年7月24日
TRPGが利を生まない商品だというのは恐らく構造的な問題でユーザにもメーカにもショップにも改善しようがないと思う。「1冊で長く遊べる」のがゲームとしての特徴だし、同様の特徴を持つボードゲームも恐らくはそれで絶版が早い。
1
柳田真坂樹 @D16 2011年7月24日
とむやんぷ~さんの呟きをさらに追加しました。あと、だれでも編集可にしてありますので、関連の呟きなど足していただけると助かります。 #DNDJ
0
Rick=TKN @RickTKN 2011年7月24日
TRPGのプレイ人口はどうなっているんだろうか。今は、ネットが使えればなりチャが出来るし、MMOだってある。「休日を一日潰して、一定数(概ね5人以上)の人間が集まり、必ずしも面白さが保障されていないゲームをプレイする」と言うのはかなりリスクが高いのでは? プレイ時間、参加人数、(最低限の)面白さの保証、この部分のイノベーションはどれだけ進んでいるのか?
0
にるば @nirvanaheim 2011年7月24日
「TRPGが利を生まない商品だというのは恐らく構造的な問題でユーザにもメーカにもショップにも改善しようがない」というのは実際大体その通りだろうし、ずっと語られつつも、日本で成功したと思われる「対策」はせいぜい「文庫で出す」くらいな気もします。
0
にるば @nirvanaheim 2011年7月24日
近年アメリカではWotCがその対策に成功しているように見えるけれど、この「対策」なるものは要は巨大化した立場を利用しての囲い込みなので、ショップの利になっているわけではないどころか圧迫している。もちろん、代わりの商品群があるわけですけど。
1
にるば @nirvanaheim 2011年7月24日
ルールブックの販売とかだけを考えるとメーカーサイドもユーザーサイドも「Amazonとか直販とか使って中間媒介を減らすと便利」とか言ってられるかもしれないけれど、その便利さが物理的拠点の存在という利点を代替するわけではない。イベント開くとかは端的な例ですが。
0
ヴァラドール @_Vorador_ 2011年7月24日
TRPGはMMOのみんなで協力するクエストよりもずっとハプニングの幅が広いんですが、準備そのほかに時間と手間と場所がかかりすぎるのが欠点だなあと思います サイコロ30個投げて判定するより一瞬の銃の撃ち合いのほうが早い
0
にるば @nirvanaheim 2011年7月24日
中小小売への寒風と言えばどこもそうですし、隣接分野で言えば中小書店の壊滅の危機が叫ばれたりしてるわけですが、書物一般における中小書店の重みよりも、RPGにおける専門ショップの重みの方が強いように思われるだけに、もうちょっと注意が向けられるべきな筈……
0
柳田真坂樹 @D16 2011年7月24日
「TCGショップ経営者がTRPGの扱いについて語る #DNDJ #TRPG」後半の呟きを加えました。TRPGが売れない、という話をしているのではなく“場を作る”お店の話、として自分は参考になりました
0
@mochi_arisa 2011年7月24日
文庫化……電子書籍とかどうなんかなぁ
0
S・シルバー @s5_silver 2011年7月24日
ネットが使えればオンラインセッションが出来る訳で、オンセ環境の普及&導入のための敷居低下で変わればいいんだけど。実際オンセをやって、時間はかかるけど利点もあって楽しかった。 今だと、TRPGリプレイ風紙芝居動画で知って始める人もいるように、別ジャンルからの新規ファンの獲得も望める。
0
NiKe @fnord_jp 2011年7月24日
これは多分ゲーマーの俗語なんだろうけど、英語で「FLGS」つまり「Friendly Local Game Store」というコトバがあります。プレイもできるような専門店のことですが、「あなたのFLGSを助けよ」と良く言われるようです。
0
NiKe @fnord_jp 2011年7月24日
TRPGやTCG,ボードゲームなどは人が集まってナンボなので、溜り場として機能する店舗は業界にとっても重要である、という認識がアメリカのメーカーでは共有されてるっぽいですね。
0
NiKe @fnord_jp 2011年7月24日
私の知っているところでは、Steve Jackson Gamesは「買うならまずFLGSで。通販などはそれが出来ない時にして欲しい」と言ってます。まあ北米のゲーム市場と日本では規模が違うのでしょうが、それでも。
0
沙子 @sunako_2 2011年7月24日
正論だと思いますよ。TRPGはよほどのマニアでないと一人が一冊しか買わないですから。ライトな層だとGMしか買わないこともありますし。ルールブックは。シナリオはマスターしか買いませんし。ボードゲームも1グループに1つあればいいですから。TCGは1人が複数同じ物買うので、その辺りでは比較にならないと思います。
0
柳田真坂樹 @D16 2011年7月24日
Twitter上での話題の広がりが、ちょっと誤解を受けていそうな気がしたので、以下のように解説補足しました”#DNDJタグで話されているとおり、おもにD&Dについての話題です。TRPG一般の話題とは分けて考える必要があると、まとめ主は考えます。” #DNDJ #TRPG
0
築地俊彦 @to_tsukiji 2011年7月24日
店に入ってゲームに囲まれたときの高揚感は、なかなか得難いと思うのだけれど、amazon派(っているのか?)には不必要なんだろうか。いや、高揚感は店で得て、購入はamazonなのか。
0
芹沢文書 @DocSeri 2011年7月25日
「プレイもできる店」が日本には(いや他国も知らんけど)少ない。大都市部にほんの数軒。回転率や料金設定など考えるとかなり採算厳しい。販売とで両立させるにしても、結局TCGのような採算性高いものを主力にせざるを得ないだろうと思う。
0
芹沢文書 @DocSeri 2011年7月25日
逆に考える:TRPGのプレイスペース貸しと販売だけで店を成立させるには。要するに売上が伸びればいいわけだが、多数のゲームを買ってもやる暇がない、使える金額にも上限がある、そもそも新商品の供給力が高くない。そして長時間遊ぶ構成。いずれも消費を抑える方向にしか働かない。
0
一天地六 @opendice 2011年7月25日
「アナログゲームショップの運営者として申し上げました」「TRPGユーザーにスペースを開放できなければ(『TCGショップ』ならいいが)アナログゲームショップとしてはどうかと」などのコメントを見る限り、タイトルは「『TCGショップ』経営者が~」ではなく「『アナログゲームショップ』経営者が~」のほうがより適切だったようにも思います。ご本人が違いを意識して使ってらっしゃるので。
0
西明寺弥生[Sophia Lindblad❖Garuda] @Saimyozi 2011年7月25日
余った分がデッドストックに~は新規ユーザーからしてみると有り難い事も多々あるんですけどねぇ…版元品切れになると先にAmazonとかから在庫が尽き始めるので。版元、Amazon共に売り切れでTRPGショップに行ったら運良く在庫があった って事がアルシャード集めてる最中に多々ありました
0
柳田真坂樹 @D16 2011年7月26日
>opendiceさん  もっともなご意見と考えましたので、タイトル及び説明文を修正いたしました。ご指摘、ありがとうございました。
0
合屋大 @Daiken50 2011年7月26日
TRPGオンリー者から言うと、R&RstってTRPG環境にとっては害悪だと思う。Daydreamが開店して、TRPGをする場所を用意するという商売が成り立つか、って実験してる中に業界大手が資本出して格安で同じサービスを始めたせいで、ゲーマーにプレイスペースに営業可能な対価を払う、っていう考え方が根付くチャンスを潰してしまった。結局大部分のゲーマーはコンベ程度しか金を払わない感覚のままで、TRPGゲームショップは他に収入源が無ければ経営できない状況のまま。
0
NiKe @fnord_jp 2011年7月27日
@Daiken50 それはさすがに言いがかりでは。
0
合屋大 @Daiken50 2011年7月30日
言いがかりかなあ。実際に、TRPGの販売だけでは店は成り立たなくて、人を集めるってことも店の収益方法に組み込まざるを得ないとするなら、その二つだけで基本的な経営が可能じゃないといけないわけで。ついでに言えば、今までそんな商売が無かったところに、新規の業種として【TRPGを遊ぶ環境を売る】というサービスウィを始めるとすれば初期のカラオケボックスとかみたいに、時間あたり1人1,000円弱くらいは取らないとどう考えても経営できない。そういう価格帯のサービスなんだとお客に認識してもらわないといけない。もちろんそこ
0
Husetsu @husetsu126 2019年7月29日
TRPGの販売が利益になりづらいのは言われる通りなんだろうけど、TCGは比べられたらそりゃ…ってなるような売り方だよね、
0