編集可能
2011年7月24日

日医総研シンポジウム実況ツイートのまとめ

2011年7月24日開催「日医総研シンポジウム『更なる医療の信頼に向けてー無罪事件から学ぶー』」の実況ツイートのまとめです。編集可能なので,不足分があれば随時追加をお願いします。
2
海野信也 @NobuyaUnno

さて今日は「日医総研シンポジウム『更なる医療の信頼に向けてー無罪事件から学ぶー』」で、当事者の医師及びその弁護人の話を聞く。参加希望者が多く、満員らしい。

2011-07-24 08:10:50
Takeshi Hasunuma, MD @drhasu

駒込なう。日本医師会日医総研シンポジウム。

2011-07-24 10:19:52
海野信也 @NobuyaUnno

日医総研シンポジウム 樋口教授の講演が始まった。刑事司法と医療 刑事処分は場当たり的で不平等、医療安全に資するところが少ない。

2011-07-24 10:58:17
中村利仁 @rijin_nakamura

日医総研シンボなう。相変わらずのお花畑。

2011-07-24 11:15:51
海野信也 @NobuyaUnno

樋口教授の講演:事故は起きるものだ。重要なのは事故をマイナスで終わらせない知恵、事故に遭った人(患者も医師も)への支援。

2011-07-24 11:16:55
Kimitaka TAJIMI @kimitakatajimi

@NobuyaUnno 医療事故を刑事で扱っているのは日本だけ、先進国では民事、と聞いたことがあります。

2011-07-24 11:19:09
中村利仁 @rijin_nakamura

樋口東大教授。医療界と警察の癒着の可能性を指摘。

2011-07-24 11:27:00
中村利仁 @rijin_nakamura

さて、それは医療界側の問題なのかね。警察利権の問題なんじゃないかね。

2011-07-24 11:30:10
Kimitaka TAJIMI @kimitakatajimi

医療事故をディスクローズするために、刑事扱いから民事扱いに、法制度を変えた、と。詳しくは知らないので、間違えかも。@NobuyaUnno

2011-07-24 11:32:21
中村利仁 @rijin_nakamura

医師法21条の解釈変更をしたのは、日医傘下の法医学会じゃなかったかなあ。

2011-07-24 11:35:41
藤田卓仙 a.k.a.おにぎり @tak1000

医師会なう。樋口先生は相変わらずでした。

2011-07-24 11:43:15
海野信也 @NobuyaUnno

日医総研シンポジウム午後の部:まず女子医大事件の弁護士さん。「刑事裁判の目的は、事実(事故原因)を究明することではない。判断対象は検察官の起訴(主張)のみであり、その正否を判断すれば足りるから、事故原因について判断する必要がない場合もある。

2011-07-24 12:47:35
中村利仁 @rijin_nakamura

佐藤先生。事故調差報告書発表の二つの条件。当事者の不同意権の確保。下から(現場)の視点。

2011-07-24 13:45:59
中村利仁 @rijin_nakamura

…無罪事件の患者遺族は来てるのかな、

2011-07-24 13:51:28
海野信也 @NobuyaUnno

RT @rijin_nakamura: 佐藤先生。事故調差報告書発表の二つの条件。当事者の不同意権の確保。下から(現場)の視点。

2011-07-24 14:07:02
原田正平 @drharasho

日医総研シンポジウム「更なる医療の信頼に向けて―無罪事件から学ぶ―」 http://ow.ly/5LRr2

2011-07-24 14:12:01
原田正平 @drharasho

横浜から駒込に移動し、日医総研シンポジウムに出席。午後の部の​シンポジウム、「Ⅰ.東京女子大事件」は終了、「Ⅱ.杏林大学割​り箸事件」の途中。耳鼻科医の立場からとして、長谷川誠先生(元​杏林大学耳鼻咽喉科教授)の報告。

2011-07-24 14:12:19
原田正平 @drharasho

大講堂が満杯で、3階の小講堂で。ついで「弁護人の立場から」小林充氏。元仙台高裁裁判官を退官後、弁護士登録したかた。どんな話か、興味有り。主任弁護人の奥田氏ではなく、副主任弁護人である小林氏。裁判官として40年の経験後、弁護士としては10年。

2011-07-24 14:15:18
原田正平 @drharasho

日医総研シンポジウム「更なる医療の信頼に向けてー無罪事件から学ぶ-」。日本医師会大講堂。現在シンポジウムⅡ「杏林大学割り箸事件」。次はⅢ「県立大野病院事件」で当事者の加藤克彦先生が発言する。その後は、Ⅳ「医療刑事裁判の現状と課題」、Ⅴ.プレスコメント(日本経済新聞社記者)。

2011-07-24 14:18:40
原田正平 @drharasho

Ⅵ.「医療事故調査委員会への取り組み」高杉敬久(日本医師会常任理事)、休憩をはさみ、パネルディスカッション「医療事故と刑事裁判」50分、パネリストによる討論。

2011-07-24 14:20:47
原田正平 @drharasho

さあ、いよいよ県立大野病院事件開始。最初は弁護人の立場から「平岩敬一氏」。ついで特別弁護人の立場から「澤倫太郎氏」、当事者の立場から「加藤克彦氏」。平岩氏の立場は「刑事責任を追及されるべきではなかった医師が、なぜ、逮捕・拘留され、起訴(公判請求)されたのか」ということ。

2011-07-24 14:48:02
io302 @io302

先生パワフルですねえ。たぶん先生らしき人お見かけしました。窪田先生の時に質問されてましたよね?RT @drharasho Ⅵ.「医療事故調査委員会への取り組み」高杉敬久(日本医師会常任理事)、休憩をはさみパネルディスカッション「医療事故と刑事裁判」50分、パネリストによる討論。

2011-07-24 14:49:35
原田正平 @drharasho

特別弁護人の澤倫太郎さんのお話「特別弁護人の苦悩:どう説明したらわかってもらえるのか?」オラリティ(話し言葉)もリテラシー(文字としての言葉)も通じない、ということ。また当事者の加藤氏も寡黙で、なかなか大変だったというはなし。

2011-07-24 15:23:23
中村利仁 @rijin_nakamura

院内事故調査報告書の発表の条件は、第三者機関の場合もそのまま当てはまるよね。

2011-07-24 15:35:11
原田正平 @drharasho

澤さん、「略式起訴」を思わず選んでしまうことが怖い。全国でそうした事例がおきていないか、調べたいと考えている。大野事件でなぜ逮捕したか。検察はどうしても「自白調書」をとりたかった。

2011-07-24 15:39:59
残りを読む(35)

コメント

POOH @DrPooh08 2011年7月24日
シンポジウムと無関係なコメントがありましたので1個削除しました。
0