2021年1月26日

ガダルカナル戦史について その2

ガダルカナル戦史について呟いたものです。
2
みきひでき@秘密結社ブランケット♪ @azulovesenshi

ガダルカナル攻防戦での兵力逐次投入、大本営の敵の過小評価、情報を都合よく解釈、補給の無視と言った批判するのは、様々な資料が見られる現在においては、それぞれ新たな考察が出来ることから、妥当ではない。

2021-01-20 13:13:00
みきひでき@秘密結社ブランケット♪ @azulovesenshi

ガダルカナルに来攻してきた海兵隊の兵数については、少なく見積もっていたことで大本営が悪く言われているが、その根拠となったものは現地の偵察報告。遠く離れた大本営が自己に都合よくしたわけではない。現地からの報告に問題があったのだ。

2021-01-20 13:30:57
みきひでき@秘密結社ブランケット♪ @azulovesenshi

補給の無視にしても、日本軍はガダルカナルへの補給に貴重な船舶や駆逐艦、潜水艦、航空機まで使用して補給を行なっている。この多大な犠牲を払ってまでやっていたことを忘れてはいないか。

2021-01-20 13:47:28
みきひでき@秘密結社ブランケット♪ @azulovesenshi

ガ島への日本軍進攻は作戦的に考えても間違いではない。ただ、ミッドウェー作戦の敗北による状況の変化への対処が、海軍が適切に行えなかったところに問題がある。

2021-01-20 13:54:59

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?