2021年1月28日

弓術・打根術

まとめました。
14
某研究者 @boukenkyuu

santalab.exblog.jp/20273907/ >最後の時将門は威力([勢い])を得て一張の弓に八つの矢を番い、一度に矢を放つと八人の敵をば射ました。  トルコ的な引き方だと 3本以上は果たして放てるのかどうかだが

2020-11-08 15:34:14
某研究者 @boukenkyuu

twitter.com/boukenkyuu/sta… youtu.be/usmSXsyJJn8?t=… 左のアラブの射法だと 矢を10本同時に放つが 平将門等が 同様の射法をしていたのかだが

2021-05-27 19:58:51
拡大
某研究者 @boukenkyuu

youtu.be/9iy0WzXExgY?t=… トルコ・モンゴル的な射法では人差し指と中指の間では無く 親指と人差し指の間に矢を挟むが 此処に多数の矢は挟めるのかだが

2018-11-29 10:37:27
拡大
某研究者 @boukenkyuu

youtube.com/watch?v=79R1MP… トルコ的射法でも2本挟んで 放っている例は有るだろうか

2018-11-29 10:45:21
拡大
某研究者 @boukenkyuu

youtube.com/watch?v=B-Lq2x… 351年のムルサの戦いでアルメニアのメネラオスが3本の矢を同時に放っている例が有る様だが 彼以外はそうした例は有るのかだが

2018-11-28 20:12:54
拡大
某研究者 @boukenkyuu

ムルサの戦いで矢を3本同時に放ったアルメニア人射手は騎射をしているし トルコ的な射法をしていた可能性も高いのかだが

2018-11-29 10:50:49
某研究者 @boukenkyuu

将門も後世には身長7尺程度と見られていたなら そうした人間の大きな手なら トルコ式射法でも8本 通常の太さの矢が放てる可能性も有るのかだが

2020-11-08 15:49:35
某研究者 @boukenkyuu

youtube.com/watch?v=72bAV6… アーヴァイン的に4本の矢を指の間に挟んで同時に放つ例も有るが 現実に此れは無いと言う事なのかだが 精度もどうなのかだが

2018-11-29 11:31:16
拡大
某研究者 @boukenkyuu

twitter.com/boukenkyuu/sta… pixiv.net/artworks/17019… ベルセルクのアーヴァインの射法に似た形で 全ての指の間に2本ずつ矢を挟めば 8本矢を同時に放つ事は 手の大きい者なら出来得るのかどうかだが

2020-11-10 15:44:10
某研究者 @boukenkyuu

pinterest.jp/pin/3436106465… こうした技法で 8本矢を同時に放つ例は有るのかどうかだが

2020-11-08 16:05:36
某研究者 @boukenkyuu

同時多数の矢を放つ場合でも横方向に拡散させたいなら 威力は低下するが弓を伏せて放つ方が良いと言う事なのかだが youtube.com/watch?v=Ebe4rT… 左の様に寝て放つなら 威力は低下しないと言う事なのかだが

2020-03-06 17:41:23
拡大

高速連射技

市村弘 @kerpanen

和弓での連射、指導映像。「止戈枢要」の「射儀」を調べたら、サドルバックで撮ったこの映像のような射法を馬上(騎馬による渡河中の戦法)で実際に行なっていたと判明。「(箙から)五筋づつ繰り出して一筋は弦にかけ、残り四筋は弓に取り添えて射るべし」。日本の弓で本当にこんなことをしていたとは。 pic.twitter.com/msn2L0S6Ml

2020-02-06 18:50:10
市村弘 @kerpanen

一昨年、この射法をスポーツ流鏑馬に取り入れて、連射でたくさんの的を射る競技を作ろうと言う案があったのだが、難し過ぎて立ち消えに。徹底的に練習すればできないことはないと思うが、的が少なくても外したりしてるレベルの射手では無理。歴史的裏付けのあるこの射法、挑戦する人はいませんか?? pic.twitter.com/tYPfbK7DG9

2020-02-06 18:51:11
拡大
某研究者 @boukenkyuu

@kerpanen 11世紀のバイユーのタペストリーにも 似た様な射法が出て来るが 束ねた矢の鏃は上を向いている訳だろうか pic.twitter.com/tGdZxIddrT

2020-02-06 19:19:17
拡大
市村弘 @kerpanen

@boukenkyuu 上に向けるやり方と下に向けるやり方があるみたいですね。日本の場合はどっちなのか、実は不明。

2020-02-06 19:23:45
某研究者 @boukenkyuu

@kerpanen @manriki_ocho 黒田屏風(大阪夏の陣図屏風)に 矢を2本右手に持っている様に見える騎馬武者が描かれるが 箙から同時に矢を2本抜く様な例もあるのだろうか pic.twitter.com/5qhJzpdOGG

2020-01-29 16:16:53
拡大
市村弘 @kerpanen

@boukenkyuu @manriki_ocho なるほど、ホントに素早く、文字どおり矢継ぎ早に射る時には、複数の矢を抜いて、握っていたかも知れません。 海外の騎射では弓手また右手に矢を何本も握って速射するのは普通ですからね。 和弓で試みたこともありますが、うまくできなかったですね。個人の技量の問題というか、練習不足でしょうけど

2020-01-29 16:46:34
市村弘 @kerpanen

「弦に矢を番え矢一筋は右の手に持ち」弓道では甲矢(はや)を射る時、乙矢(おとや)を右の小指と人差し指で持つか、挟む。「止戈枢要」の「射儀」の項には騎射の速射心得として同じようなことが記されている。 だが小型の角弓を使う、海外の騎射では速射のために一筋どころか、手に10本くらい持っている pic.twitter.com/5WPjBvwq3R

2020-02-06 17:06:25
拡大
市村弘 @kerpanen

写真の甲冑騎射の右手に矢一筋はうまくゆき、史実を実証。でも、その後、もっと矢をたくさん持った速射を競技に取り入れようと言う話が持ち上がって、急に練習を始めたが、全然ダメでその案は立ち消え。 日本の弓は引き尺が大きいので、じっくり狙うにはいいが、その反面、速射には向かないようだ。 pic.twitter.com/UCJbRooNf4

2020-02-06 17:19:31
拡大
プロジェクト射 @nZ8JwGTq6QbKnnD

@kerpanen 弓道では一般的ですが、絵巻物などでは見たことがない。速射のための持ち方だったということでしょうか?

2020-02-06 17:34:06
市村弘 @kerpanen

@nZ8JwGTq6QbKnnD 明確に速射とは書いていませんが、前後の状況から見て、それ以外は考えられない文章です。その後は、箙から矢を順次抜いて射ろとあります。

2020-02-06 17:39:13
プロジェクト射 @nZ8JwGTq6QbKnnD

@kerpanen じゃあ、取り矢と箙が共存する絵があっても決しておかしくはないわけですね。

2020-02-06 17:50:30
残りを読む(424)

コメント

タカー @VVkcu 2021年1月29日
和洋問わず牽制、近距離の制限からは離れられないだろうな。 精密、貫通力増大には正規の構えが必要。10mくらいの距離で活躍する技だろうから、緊急回避や前衛必須の技なんだろう。
0