2021年1月29日

火縄銃・砲術

7

○ 銃・大筒

  ○ 戦国期の標準的な銃

某研究者 @boukenkyuu

長篠・設楽原の銃弾は4匁以上の物が多いと言う事なのかだが 足軽でもこのクラスの中筒がこの時点では多かったのかだが pic.twitter.com/c87oOTarAD

2021-08-23 15:49:02
拡大
某研究者 @boukenkyuu

ameblo.jp/toudou455/entr… 4匁の銃でも墨縄と太郎坊・差取棹では長さが違うが 何れが標準に近いのかだが

2021-08-23 17:58:41
某研究者 @boukenkyuu

ameblo.jp/toudou455/entr… >宝暦6年(1756年)、仙台城二の丸兵具蔵に主力装備の4匁玉火縄銃だけでも6435挺が保管され,鉄砲玉は、395万9千余が所蔵されていたという。さらに、家中諸士にいたっては、3匁玉及び4匁玉筒を総計2万2千208丁を所持していたと仙台藩秘録は記録している。

2021-08-23 18:07:41
某研究者 @boukenkyuu

aucfree.com/items/h4413305… 左の仙台藩の4匁筒だと全長138.5cm 銃身99.7cmだが 太郎坊と同程度の長さの此れが 標準的な物なのかだが

2021-08-23 18:09:43
某研究者 @boukenkyuu

仙台藩だと3匁筒も数が有るが aucfree.com/items/r3289099… 左の全長137.3cm・銃身101.2cm程度の物が標準的なのかだが

2021-08-23 18:16:40
某研究者 @boukenkyuu

ameblo.jp/toudou455/entr… >雑賀衆などの鉄砲傭兵集団の好み,もしくはその要請からか,紀州筒の一般的口径は3匁と小口径で,他の地域の銃に比較すると細身で軽い。これは正確な射撃ばかりでなく、戦場までの長距離移動をともなう傭兵ならではの必要性が,このような特徴を形成していったのであろう。

2021-09-01 18:52:16
某研究者 @boukenkyuu

>また弾薬装填時間を短縮するため一射手が複数の銃を装備しようとの実戦的,経験的な考慮がなされた結果と思われる。  長篠だと信長軍の銃は4匁が多いと言う事かも知れぬし 紀州筒の影響は未だ無かったのかだが 第一次紀州征伐後は影響は有ったのかどうかだが

2021-09-01 18:57:08
某研究者 @boukenkyuu

1576年の天王寺の戦いで塙直政が 雑賀衆を含む本願寺軍にやられた後 高精度で発射速度も速いの紀州筒の影響を信長軍が受けていた可能性は有るのかどうかだが

2021-09-01 19:02:36
某研究者 @boukenkyuu

ikura.5ch.net/test/read.cgi/… 文禄役の島津義弘の軍だと2.5匁の 小口径の銃が多いと言う事なのかだが 此れとは別に腰筒も有るのかだが

2021-08-23 18:23:20
某研究者 @boukenkyuu

ameblo.jp/toudou455/entr… >薩摩藩士柏木源藤が,井伊直政を狙撃した鉄砲 全長100センチ 口径2センチ 此れは10匁以上の筒であるから 腰筒としては 標準より可也大型なのかだが

2021-08-23 18:33:27
某研究者 @boukenkyuu

paomaru.dousetsu.com/file/09_hinawa… >薩摩筒】 鉄砲伝来の種子島に近いことから、伝来当初の形を最も残していると言われる銃。長さは110センチメートル前後、口径は6匁のものが多いようです。 この程度が 腰筒の標準の可能性も有るのかどうかだが 足軽だと2.5匁の長い筒利用なのかだが

2021-08-23 18:37:48
某研究者 @boukenkyuu

regimentals.jp/detail_gun.php… 左の薩摩の6匁筒は全長114cmだが 腰筒なのかどうかだが

2021-08-23 18:46:02
ストライクフォース @kamaeatte

元和三年(1617)に津和野藩の坂崎氏が改易され、亀井氏に津和野城が引き渡された際の城付武具の記録が残っているが、それによると火砲がフランキ砲3、五十匁以上の大筒7、十匁以上の中筒120 、六匁以下の小筒889の計1019丁、弓545、槍445、

2018-12-22 11:27:17
ストライクフォース @kamaeatte

空穂148、火薬を入れる薬壺9、樽27、十両入りの具足箱25、忍び返し(高知城の忍び返しのような槍の穂先か)1700だったという(他に鋤、鍬、麻縄、兵糧等もあり)。津和野藩の石高は四万三千石だから、兵力は一万石あたり五百人として二千人ちょっとか

2018-12-22 11:27:33
ストライクフォース @kamaeatte

一方、日本戦史朝鮮役によると、文禄三年の島津義弘の巨済島城の城付武具は、兵二千に対して火砲が大砲1、大筒10、中筒12、小筒82の計105丁、煙硝400斤、薬400斤、弾4000、鉛400斤、硫黄40斤、弓100、矢2000、刀400、具足15、兜7、槍100となっている

2018-12-22 11:29:00
ストライクフォース @kamaeatte

兵力が同じくらいと思われる両者を単純に比較すると、まず目につくのがわずか二十数年で火砲が十倍に増えていること。戦乱の時代とは違って江戸時代には備蓄の余裕が出てきたとの指摘もあるが、それを差し引いてもこの増加は凄い。この時期の歩兵火力の増大ぶりがうかがえる。

2018-12-22 11:30:17
ストライクフォース @kamaeatte

慶長十四年(1609)の琉球出兵における島津軍の軍役では人数1500人に対して鉄砲734挺、弓117張だったという。仮に1500人の半数が非戦闘員とすると戦闘員のほぼすべてが鉄砲を所持できたことになり、驚異的な配備率と言える。

2020-11-23 13:50:35
サルマティアの蛮族-Sarmatian(半放置) @sabigatana2077

@kamaeatte もう時代的に完全に近世の軍隊なので 当たり前?ですが鉄砲がやはりメイン 弓は割合としては大分少ないんですね

2020-11-23 13:54:03
ストライクフォース @kamaeatte

@shogunate2020 島津氏の場合、かなり早い時期から鉄砲主力の軍隊を目指しているようです。他の大名軍よりも武士の鉄砲(持筒)所持率が異様に高かったのでしょう。 twitter.com/kamaeatte/stat…

2020-11-23 14:09:03
サルマティアの蛮族-Sarmatian(半放置) @sabigatana2077

@kamaeatte ほほう😮 伊達に俗説で火縄銃を最初に 日本で大々的に取り入れた戦国大名 と言われるだけはありますね島津家 秀吉軍の鉄砲隊を正面から竹束 持って駆け寄り粉砕した話とか対鉄砲 への戦術にも慣れてたみたいですし twitter.com/kamaeatte/stat… pic.twitter.com/Eqeu4rxwir

2020-11-23 14:14:01
拡大
ストライクフォース @kamaeatte

毛利輝元は宍戸元行・佐世元嘉・三沢為虎らに宛てた書状(年不明)で、沿岸部の警固のため門司に「てつほう百、其上肝煎次第中筒廿ほと、台なしハ有ましく候哉」、鍋と串崎に「てつほう卅」、秋穂に「てつほう五十」の準備を命じている。台の付く「中筒」とは口径の小さな前装砲の類だろうか?

2020-10-29 20:41:36
ストライクフォース @kamaeatte

lib.hiroshima-u.ac.jp/?page_id=6224 こちらで読める平賀家文書の642~645ページをもとに、慶長五年(1600)の毛利家臣・平賀元相隊の編成の円グラフを作ってみた。一万八千石の平賀元相の軍役は百石につき三人役で総勢551人。人数に対して騎馬武者と思われる「馬」の数が少なく、逆に鉄砲と弓の多さが目立つ。 pic.twitter.com/LEMmdY7Kiw

2021-02-08 19:16:26
拡大
残りを読む(1111)

コメント

GEL @GELGELGE 2021年1月29日
い、生きとったんかワレ…ってなった 懐かしすぎるコテ…
1