編集部イチオシ
2021年2月4日

初見&不明菌2020年

2020年に初めて見たキノコと不明菌だったキノコをまとめてみました。
29
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020 これは恐らくキアシベニヒダタケではないかと思ってます。ウラベニガサによく似ているのですが(最初はそう思っていた)、柄が黄色いのです。で、これ、結構大きく傘の径が7cm、高さが15cmほどありました。 2020.3.8 神戸 #きのこびと pic.twitter.com/8BnsrehUOf

2020-12-22 12:46:46
拡大
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(2) コザラミノシメジ属spだと思う 傘だけみるといつもハタケシメジと誤認しそうになる。 柄のまっすぐな感じや、傘の裏の感じはコザラミノシメジ系のそれ。「ザラミ」というだけあって柄はササクレだっている。 2020.3.15 大阪 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/simxkbRMYa

2020-12-23 12:28:47
拡大
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(3) 実はこれも今年初めて見たキノコ。 キチャワンタケ 少しオレンジに近い色をしているが、傷ついたところや老成化してくると緑色に変化する。同じ場所でヒイロチャワンタケは見たことがあったが、今年はこればっかりでした。 2020.4.4 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/0vJLD9sIQX

2020-12-23 22:59:53
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(4) 結局調べても分からなかったやつ。 材から傘を上向きにして発生している。傘の大きさは1~2cmでヒラタケの仲間かな?と思っているが、はて? 2020.4.4 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/N5tz5Fjokd

2020-12-24 12:48:32
拡大
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(5) 念願かなってやっと見ることが出来たハルニレの下に発生するハルシメジ。 ハルノトガリイッポンシメジ(Entoloma aprile) だと思われるものです。 2020.4.18 大阪 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/opmwRRvDoj

2020-12-24 12:52:28
拡大
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(6) ウッドチップに発生していたキノコ ツバナシフミヅキタケか?とも思うのだが、結局分からなかった。この時期、ウッドチップ上にはいろんなキノコが発生する。キノコにとっては住みやすいのか、それとも住み心地わるいのか・・・ 2020.5.9 大阪 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/DyWEbZnxkL

2020-12-25 13:01:14
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(7) ミズベノニセズキンタケよりもかなり小さく、ミズタマタケとは形が違う極小子嚢菌。 たぶんヒメミズベノニセズキンタケ(北陸のきのこ追補)ではないか?と思っております。 2020.5.17 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/D2V14l56uH

2020-12-25 13:28:47
拡大
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(8) コガネカレバタケと思われるキノコ。 カンムリタケを見に行ったスポットで菌輪を描くように発生していた。 柄は頑丈でこれぞ「モリノカレバタケ属」と思わるものであった。あれ、大菌輪に載ってないのはなぜだろう? 2020.5.17 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/GbAknDJuHI

2020-12-26 14:41:11
拡大
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(9) 不明菌 湿った土や苔が生えているところから発生。傘の径1.5cm。傘の周辺は白っぽく、柄は上部が黄土色では下部に行くにしたがって色が濃くなる。やや中空。 チャムクエタケモドキとかその辺かなぁ、、? 2020.5.17 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/FEguapF75v

2020-12-26 16:45:09
拡大
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(9) アミヒダタケ属? 春に神戸あたりでよく見るキノコ。 傘の径は5mm~1cm。白色。柄は偏性または側生。ヒダには連絡脈らしきものがある。 ネット上にはアミヒダタケとして同じような写真がある。 2020.5.17 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/CjkaQ0P4hH

2020-12-28 13:43:08
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(10) ヒロハシデチチタケ 通称「ヒロシ」(笑) かなり古い子実体だったので、いつかは綺麗なのをみてみたい。傘に環紋があり、ヒダを傷つけると白い乳液がでる。シデの木と共生しているらしいが、どれかわからず。 2020.5.17 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/6wfnQBsseO

2020-12-28 20:54:05
拡大
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(11) キサケツバタケ としておこう(いいのか?) 主に傘の色目で判断。キサケツバタケへサケツバタケに比べて華奢なのですが、ウッドチップ上では巨大化しがちなので、そういう公式は当てはまらないかも。 2020.5.23 大阪 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/bLCfjuKrA0

2020-12-29 12:58:30
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(12) ベニヒダタケに似ているキノコ。 ウッドチップ上なのでもしかしてヤマブキウラベニガサとかかもしれない。ただヤマブキウラベニガサは柄に粒点があるので区別できるがこれは・・・? 春になったらまた観察しに行こう。 2020.5.23 大阪 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/eN3q4tbLRR

2020-12-29 13:05:54
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(13) ハイイロイタチタケ? 傘の径5cm。傘全体は灰色で中央部が濃い灰色。周辺部に条線あり。表面は綿屑繊維状。ヒダが薄いからなのか、綺麗に波打っている。柄は中空。上下同大。 2020.6.6 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/PCvD968gJd

2020-12-29 21:08:48
拡大
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(14) トガリベニヤマタケ? 傘の径3cm。円錐形~中高扁平。中央が橙色で周辺が帯黄色。柄は橙色で下部に行くにしたがい白。縦の条線あり。 2020.6.6 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/kEQQk66Mx2

2020-12-29 23:05:52
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(15) 不明菌 傘の径3cm。オリーブ褐色(菌友はラクダのパッチ色と言うてました w)。傘の縁にわずかに条線あり。材上に束生して発生。属の検討もつかず。はて? 2020.6.14 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/Izhdr4ZZHT

2021-01-02 00:28:53
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(15) シロコナカブリ近縁種 傘の径5~8mm 白色。 傘に粉状の鱗片があり、全体に条線あり。 透明な柄には薄っすらと微毛がありました。 2020.6.20 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/xN8pE9gUos

2021-01-02 00:34:07
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(17) Mycena sp. 傘の径1.5cm。中央部が濃い鼠色をしており周辺部は白っぽくなる。条線が頭頂部まで伸びており柄の長さは地上部で約10cm。柄の基部に微毛が生えている。落ち葉から発生している様に見えます。 2020.6.14 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/9anA2crWUY

2021-01-02 10:43:45
拡大
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(18) Mycena sp. 傘の径0.8cm。中央部が濃い鼠色をしており周辺部は白っぽくなる。高さ約5cm。柄の基部に剛毛?が生えている。こちらは落ち枝から発生しています。 2020.6.14 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/gDQD55fwJc

2021-01-02 10:46:57
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(19) オリーブサカズキタケ 傘の径1.2cm。中央部凹み、杯型、全体的にオリーブ色をしている。高さ8cm。ヒダは垂生。落ち枝から発生しています。 2020.6.14 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/rVfpqU348k

2021-01-02 10:53:12
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(20) アセタケの仲間(コブアセタケ??) 傘の径2.5cm。中央部尖り、傘全体にササクレ鱗片あり。中央部がやや濃い褐色。高さ5cm。ヒダは上生~離生。土の上から発生しています。 2020.6.14 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/NIXoKxNQrr

2021-01-02 11:02:33
拡大
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(21) Inocybe sp. 傘の径1.5cm。傘全体にササクレ鱗片あり。中央部がやや濃い褐色。高さ5cm。柄は白っぽく小さな鱗片が付着。ヒダは直生。土の上から発生。 2020.6.14 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/KofwEzBu3g

2021-01-02 11:08:09
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(22) モリノカレバタケの仲間? 傘の2~3cm。傘中央が凹み、平滑。中央部が濃い褐色。高さ6cm。柄は白っぽく繊維状の鱗片が付着。エセオリミキかと思ったけど中央が高くなってないので除外。 2020.6.14 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/NMTzEmZgSC

2021-01-02 11:20:12
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(22) キクモンクヌギタケ 傘の1cm。全体的に透明感。傘中央に白い粉状の鱗片。中央部がやや濃い鼠色。傘全体に条線高さ5cm。柄は透明、繊維状の鱗片。柄の根元に剛毛あり。束生して落ち枝などから発生 2020.6.14 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/FhbLfWZklm

2021-01-02 11:25:26
拡大
拡大
拡大
拡大
きのこびと @kinokobitonet

初見&不明菌2020(24) ヒメワカフサタケ?アカヒダワカフサタケ? 傘の4cm。傘中央がやや高く、乳白色。中央部がやや濃い褐色。柄も乳白色でふにゃふにゃした質感。中空。ヒダは密。色は薄い紫(なのでアカヒダの方かな?)。 2020.6.20 神戸 #初見不明菌2020 #きのこびと pic.twitter.com/j2HEmxRkRP

2021-01-02 11:46:10
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(66)

コメント

よぴのすけ @yopinosuke 2021年2月5日
きっと採集者はおらが町のキノコ王子、和田匠平君だろうな。もし彼なら、大学合格おめでとう。これからもキノコの研究頑張ってください。
1