30
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
今日のNHKのクローズアップ現代で紹介されていた、食材宅配業者のOisixが行っている放射能汚染の全数検査の試み、これ、結論から言うと、なんの意味もない検査です。無駄なコストかけてるだけ。
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
Oisixのサイトの説明見てみましたが:http://t.co/rpI50rj この一次検査で用いている「コンタミネーションモニター」は、食物の表面に付着した放射性物質を検出するためのもので、チェルノブイリ事故やフクシマでは3月下旬の露地物の野菜くらいしかひっかかりません。
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
番組では、倉庫で箱を開けてこの「コンタミネーションモニター」を野菜に当てて測ってる様子を映してましたが、「オイオイ」、です。外部の自然放射線のバックグランドが多い環境なので、これでは怪しいものがあっても検出できずにすり抜けます。
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
Oisixの検査方法では、STEP 2のシンチレーションサーベイメーターを使った二次検査が本来の国の基準のスクリーニング検査なのですが、今騒がれている牛肉ではこれですり抜けたものがあって問題になっているのに、Oisixの検査ではほとんどこれにすら到達せずそのまま流通します。
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
ちなみに国の基準のスクリーニング検査、OisixではSTEP2の二次検査を真面目にやったら、一品目数10分かかります。とても全数検査なんて無理です。なのでOisixは「全数検査してる」と宣伝したいために、コンタミネーションモニターによる簡易的な一次検査を導入したんだと思います。
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
あとhttp://t.co/rpI50rj によると、Oisixは国の基準の500Bq/kgより厳しい370Bq/kgを採用してるのがウリのようですが、この差異はOisixのSTEP 2の検査では判別は難しいです。STEP 3の精度でなんとか、STEP 1ではまったく論外レベル。
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
ということでOisixの検査は、コストがかかるばかりであまり意味のない検査です。強いてメリットを言えば、「全数検査している」ということを宣伝文句として言える、ということでしょうが、実際のところはザルなので、他の業者がどこも採用してないのはこういう理由からだと思います。
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
とか書くと「誹謗中傷するな!」とクレームが来そうですが、それならOisixさんにSTEP1の検査で使っている測定機器のメーカーと機種を聞いてみてください。それでそのメーカーに「この機種はこういう検査は可能ですか?」と問い合わせてみてください。それで白黒がはっきりします。
まだお @izamayu
6月にオイシックスに、かなりしつこくメールで問い合わせた時、ベビーキッズ用のこの表 http://p.tl/zpNOの「検出せず」は「検出限界1Bq/Kg以下」という返事をもらってます。 RT @GeorgeBowWow: マシでは納得出来ない性分なので @kaztsuda:
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
ちょっとその対応は納得いかないですよね。「測定限界は何Bq/kgでしょうか?」と聞いてみてはどうでしょうか? RT @setsuhanag 私もoisixのスクリーニングのザルが気になって、全く同じような質問を投げています。(中略)「測定器は公開しません」。再質問には回答無。
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
Oisixの所有機器でその精度で検査できるものはないと思います。外部に委託してるんですかね? RT @izamayu ベビーキッズ用のこの表 http://t.co/9lRH9vQの「検出せず」は「検出限界1Bq/Kg以下」という返事をもらってます。@GeorgeBowWow
scentoflotus @scentoflotus
先程電話問い合わせしたら、STEP1で使用の機器そのものを外部機関に検査してもらい1Bq/kgまで測定できている事が判ったという説明でした。本当かどうか不明ですが。@kaztsuda @izamayu @GeorgeBowWow Oisixの所有機器でその精度で検査できるものはな
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
コンタミネーションメーターで?、それならSTEP2もSTEP3も要らないのでは ^^ RT @scentoflotus 先程電話問い合わせしたら、STEP1で使用の機器そのものを外部機関に検査してもらい1Bq/kgまで測定できている事が判ったという説明でした。 @izamayu
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
@scentoflotus 他の方(@setsuhanag さん)が問い合わせた時には、STEP1で使われている機器のメーカーと型番、教えてくれなかったそうなんです。なんだかよくわからない話ですよねえ。
@setsuhanag
@kaztsuda 一次スクリーニングの検出下限値がいくつか、例えば200bqは検出できるか?二次でも出来ない可能性があるのにできるのか?ベビー用はあれだけの数を本当に抜き取りではなか外部委託で数bqまで全品受入検査してるのか?聞いた答えなんですよ、あれが。あきれますよね
scentoflotus @scentoflotus
@kaztsuda よくわかりませんねぇ。電話対応を全くできていない点とか、いろんなマイナスポイントがあるので、もう今後はやめる予定です~
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
よく考えたら、OisixのSTEP1の検査で1Bq/kgの限界まで測定できるなら、STEP2やSTEP3の検査も要らないし、わざわざベビー&キッズとして特別な検査体制を設ける必要もない ^^
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda
@scentoflotus ううむ、ともかく情報ありがとうございました。なんとか色よい返事が返ってくることを期待してます。

コメント

我楽者 @garamon9999 2011年7月27日
問い合わせする際には具体的な質問をすべき気がする。「御社の○○という機種はキャベツ内部の放射線量は測定できますか?」等。測定時のバックグラウンドについてはどう質問すべきかな?
つき @itsuki4782_b 2011年7月28日
#oisix 測定器問い合わせ結果。 STEP1で使用しているのは精博工貿社製JB4040及びアロカ製TGS-133。食品の表面と内部の放射線量の違いに関しては、定期的な抜き取りによりSTEP2を実施しSTEP1の実施方法に反映  http://t.co/d8QhM25 #食品 
つき @itsuki4782_b 2011年7月28日
これらの確認は、青果物だけでなく精肉やその他対象アイテムについても実施。牛肉は検査に加え飼料についても確認。使用された稲わらは全て由来の追跡を行い安全性を確認との事。 測定器の確認までは、時間切れでしてません。 後日してみようと思います。もし詳しい片いらっしゃったら教えてください
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする