Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

凡人と天才がテーマの漫画『アイシールド21』の考察まとめ

骨折れて1ページ丸々真っ黒になってるところとか地味に好き
187
鈴木宏 @saxblue13

アイシールド21。ジャンプ読者の殆どがルールを知らない競技(しかもルールが難解)でルールを理解させた上で楽しませるという超難関ミッションをクリアしたバケモノ作品。

2021-02-07 16:32:06
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。まずは主人公選択。アメフトの花形は(たぶん)ぶっちぎりでQB(ヒル魔)なんだけど、そこは避けてRBのセナを主人公に。理由は、素人主人公であるメリットと「光速の脚」というわかりやすさ。

2021-02-07 16:35:07
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。マイナー競技なので、「素人主人公が成長する過程でルールを学んでいく」形が自然。ここには「とにかく足が速い」のセナがジャストフィット。タッチダウンの時に画面に映るポジションだしね。

2021-02-07 16:39:09
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。そのかわり、花形であるQBには「何でも知ってる」「何でも段取り組める」「誰でも脅せる」無敵カードであるヒル魔を配置。作品の無茶は全部彼に担当させる。これを主人公にやらせるわけにはいかない。

2021-02-07 16:44:54
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。ヒル魔は「作者の分身で贔屓されてる」ではなく「物語の無茶を成立させるための権能のほぼ全てが集約されてる」が正しい理解だと思う。

2021-02-07 16:47:15
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。セナが強敵を次々とぶち抜いていく、という縦軸を作り、ヒル魔が全てのお膳立てをして、アメフトを構成する要素をロジカルに並べていく、という構成が見事。

2021-02-07 16:49:19
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。残る初期メンバーは栗田。彼の初期からの重大な役割は「一人で戦線を維持する」。パワー無敵のラインマンなので、彼以外は助っ人の初期ラインでもライン戦に押し勝つ。ラインの重要性に物語の焦点があうまで、そこをスルーさせとく役割がある。

2021-02-07 16:53:42
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。セナがヒル魔に見い出され、即公式戦。光速の脚で初戦をブチ抜けると、早速、最大のライバル進と対決させる。「セナを止めるポジション」としては、作中通しても進以上のライバルは出てきてないのだから、思い切りが良すぎる。

2021-02-07 16:58:30
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。セナが進に一矢報いつつも、王城に負けて序章終了。並行して「桜庭の成長物語」も開始させているのが、シナリオの非凡さを際立たせる。

2021-02-07 17:01:44
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。序章が終わったところでモン太登場。アメフトのもう一つの花形である「パスを捕る役」WRの加入。パスと走、攻撃の二枚看板を立てて読者をワクワクさせる。

2021-02-07 17:04:16
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。「キャッチは超上手いけど投げる打つが全くダメな野球の外野手」というキャラメイクもシンプルかつ天才で良かった。セナとモン太のダブルエースが強敵と戦っていくシナリオだからこそ、試合描写に深みが出る。

2021-02-07 17:10:08
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。セナとモン太が揃ってチームとしての根幹ができた後、レギュラーキャラ大量追加イベント。小結、3兄弟(兄弟ではない)、雪光が一度に加入。そしてスフィンクス戦へ。作品として人気が安定したところで、地味だが絶対に軽視できない「ライン戦」を描く。

2021-02-07 17:15:06
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。太陽戦に先んじて、西部登場。ショットガン。パス主体のフットボールスタイルも早くに見せておく。強いチームの早出しに余念がない。ナーガの双子だって最初の王城戦で出てるもんな。

2021-02-07 17:24:19
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。スフィンクス戦。地味な対決に華を添える形で「不良トリオの意地」があるのが良い。ラインの一人ひとり個性与えるのも蛇足なので、3人ひとまとめも無難。

2021-02-07 17:26:51
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。そしてNASA戦へ。NASA戦の一番の目的は「そこまでやれるかはわからないが、やれるならラスボスをやる」パンサーの顔見世である。(振り返ってみれば)セナより才能のあるランナーだが、まだ経験不足なので未知数、というキャラ付けで、世界編をやってもやらなくても良い塩梅の出番。

2021-02-07 17:34:45
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。アメリカの人種差別というやべえ題材に突っ込んだのも、それが、原石であるパンサーを原石のままセナと対戦させる(その後ラスボスとして成長する余白を残した上で)という重大なイベントのために最適な処理だったから。

2021-02-07 17:37:14
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。NASA戦。パンサーと並行して、アメフトの華である超ロングパスとそれを阻止するための後衛突撃(ブリッツ)でフィールドを縦に揺さぶる楽しみを読者に提供する。抜かりがない。

2021-02-07 17:49:40
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。NASA戦終了後流れるようにアメリカ合宿編。ここでトレーナーどぶろく、セナヒロイン鈴音、そしてなんでも屋であり一番説明が難しそうなポジションTE要員として瀧を加入させる。西部との友好イベントも入れて因縁も作る。シナリオに無駄がない。

2021-02-07 17:54:13
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。前後するが、太陽戦直後の王城×神龍寺の一戦。王城をエース、アゴン抜きで一蹴する「関東」無敵の神龍寺。アゴンの底知れないヤバさ。ライバルの演出として最高級。

2021-02-07 18:02:27
鈴木宏 @saxblue13

アイシル。神龍寺の恐ろしいところは、この時点で「チーム名がドラゴン」「金剛兄弟双子同時投入で昨年大逆転」「雲水はQB」「アゴンは左利きでボールを投げる」という情報を開示し、詳しい人には十中八九「ドラゴンフライ(実際するQB二人の戦術)」をやるだろうなと、予想させたこと

2021-02-07 18:07:00

クリスマスボウル予選

鈴木宏 @saxblue13

アイシル。秋大会開幕。アミノを成長実感の噛ませに使い、ガッツを瀧のお披露目と格下の美学に使う。そしてダークホース、ポセイドンの登場。まっさらな所から強敵が出てきた。

2021-02-07 18:14:41
鈴木宏 @saxblue13

ポセイドン。憎らしいのが、大会前にトーナメント表を開示して全チームについて戦力分析と短評をつけた上で、「背が高いのは軒並み控えなのが惜しい」とヒントをぶちまけていたこと。設定とかデザイン大好きだもんなこのコンビ、と思ったら伏線もねえ。

2021-02-07 18:23:01
鈴木宏 @saxblue13

ポセイドン。長身チームという特徴をつけて、チビラインマン小結のイベントも。フゴフゴしか喋らない小結にきちんとエピソードを立てる手腕はビビる。同格のチームと一進一退の攻防をして勝つ、というイベントもきちんとこなす。

2021-02-07 18:42:45
残りを読む(63)

コメント

めがねすきー @R18gMeganeski 2021年2月8日
顔が良いだけの凡人桜庭いいよね。「勤勉な天才に 凡人はどうやったら敵うっていうんだ」はアイシールドで一番好き。凡人だから勝てないと自覚しながら、それでも諦められないという姿が良い。
43
ナノル @slustouskty 2021年2月8日
巨深ポセイドン戦ほんと好き。こちらも向こうもギリギリの戦いだからゾクゾクする。ヒル魔が必死の顔で「タイムアウトオオオオ!」って叫ぶのめっちゃ印象残ってるわ。
20
petton @n_petton 2021年2月8日
モブ扱いされる奴ですらタダでは退場しないのが良かったな。だからこそ世界編でアメリカ以外の国が明らかに噛ませになったのは悲しかったが。
13
aa @aa60006342 2021年2月8日
チームシャッフルした大学編もみたかった
5
aa @aa60006342 2021年2月8日
ところで今度アニメ化する灼熱カバディって漫画が雰囲気似てて面白いのでアイシールド好きな人は読んでみてほしい
0
鍛冶屋 @00kajiya00 2021年2月8日
みんな大好き小判鮫先輩
5
草丸 @uduki_fuyo1 2021年2月8日
アメリカ編は劇場版と思えば納得できるから
14
とけいネコ @tokei1974kuro 2021年2月8日
バトル漫画の必殺技のまねはしなかったけど、デビルバットゴーストを出すステップとか石を蹴るやつはやってた。
2
xi @accountLINKonly 2021年2月8日
滝とか桜庭とか高見とか小判鮫パイセンとか好きだし小判鮫パイセンを慕ってる巨人たちも好きだしサムネ回の相手もすごい好きだしハゲとらずに他部要員とるエピソードも好きだしあとえーとね
10
ねがてぶ @negatebu_chu 2021年2月8日
おもしれーよね ヒル魔好きだった
3
Nasoa @Nasoacollet 2021年2月8日
無いモンねだりしてるほどヒマじゃねえ あるもんで最強の闘い方探ってくんだよ 一生な けだし名言
15
すらすら @sraim2 2021年2月8日
ナーガ戦以後は蛇足だと思ってるけど面白かったよ
3
イベリコ豚のリコ @jt0MTsl4UUeY13r 2021年2月8日
夕陽ガッツの助っ人連中好き(数学の単位目当てに出場してたのに最後は単位捨てて控えの正部員を出場させた)
2
hizen31415 @hizen31415 2021年2月8日
帝国戦はちとあれだけど、60ヤードマグナムは良かった。 セナの2点狙いが多くてムサシが空気化してたところに満を持しての投入。
2
ふうみい @game_scshot 2021年2月8日
このアメフトの漫画がね、絵と話別ってのがもう熱いよね
1
やっすん @YassunET 2021年2月9日
アメリカ戦、国内では天才サイドに位置づけられていた峨王進阿含らが人種の壁に阻まれて凡人サイドとして足掻くって構図なんですよね
5
斬theザーン @ZANTheZARN 2021年2月9日
ドクターストーンやトリリオンゲームを読むと「天才と凡人のバディ」っていう一面は見逃せないですね
1
しの @_sieraden_ 2021年2月9日
ドクストのセンクウの口調が特徴ありすぎてモヤモヤしてたけど、ヒル魔さんだよ!と言われて納得した。
0
影山影司 @apto117 2021年2月9日
面白い、熱い話って制作側から見るとものっすごいロジカルに作られてるんだなって感じるよね。
6
秒刊思考記録帳 @KVaP4L72O4i5Uiq 2021年2月9日
ヒカルの碁が『ルールわからないけど面白い』ってずっと言われてて、確かにその通りなんだけど少しもやもやしてた。 『ルールを把握させた上で面白い』もやっぱりあるよね。どちらが良いのかまではわからないけど、読者にはルールを理解させないまま進めた方が良い、というわけではない。
8
狐謡 @Towa_towa_to 2021年2月9日
KVaP4L72O4i5Uiq ヒカルの碁は、「ルールを説明してないのに攻防の魅力は描けてる」って点が白眉な作品なのでそれはしょうがない。 ルールをきちんと説明する事で得られる魅力もあるってのはそのとおりなんだけど、そこら辺の話になると、ルールに付随する陣形とか駒の役割とかがパキッと決まってる将棋の方がルールを解説するってプロセスを魅力的に描きやすくて、ルールがべらぼうに単純過ぎて駒の役割が単一の囲碁は不利ってのはずっとあって、ヒカルの碁はそこを敢えて説明しないことで成功した作品だった。
9
さまな00g @00g0933 2021年2月9日
hizen31415 ヒル魔「1万3千297時間と49分遅刻だ」
2
団扇仙人 @uchiwamaster 2021年2月9日
Towa_towa_to 「ルールそのものは単純であるがゆえに複雑な攻防の魅力を描きにくい」っていうのだと卓球漫画なんかもそうかなあと思う。本当は複雑な駆け引きが魅力の競技なんだけど、シンプルなルールからそのプロセスへのつながりを描くのが難しくて、結局ピンポンみたいに競技内容そのものにはあまり踏み込まなかった作品が一番成功しているという。
2
@plumblooming 2021年2月9日
準決勝の王城戦が初期からの因縁の決着や試合展開的にも最高すぎてそこで燃え尽きてリタイアしてしまったなぁ。最後まで追えた人が羨ましい。
0
Horihito.M @CP_Clown 2021年2月9日
uduki_fuyo1 ここまで納得できるアメリカ編のあり方は初めて見た。ありがとう。
3
カミ @kami2805 2021年2月9日
個人的には神龍寺ナーガ戦がピーク。王城も帝国も敵が爽やかスポーツマンだから、負けても別にいいんじゃないって感じがある。
2
てつ @tetsu_in_bottle 2021年2月9日
すっごい良い考察、解説。文句の付け所はないと思う。けど口調というか語り手の雰囲気がサウスパークの食べログ回のアレに見えて駄目だった
0
筋トレナースマン@鍛えろ筋肉、滅びよ人類 @m2_tanaka 2021年2月9日
ヒカ碁は実際に囲碁人口増やした(持続したかどうかは知らない)し、アメフトと違って誰でも比較的簡単に同じモノを体験出来るって強みがあったとしてもすごかった。
0
まり @sugi_marie 2021年2月9日
アイシールド21合間でやってたC.C.レモンのCMのアメフトのアニメ調の方が迫力あったのを覚えてる…。
1
nekosencho @Neko_Sencho 2021年2月9日
セナとヒルのコンビってのがなんか悲しいんだよな…… いや漫画キャラの話じゃないんだすまん
0