2021年2月13日

【心の問題】福間健二 #k2fact284

2月3日から2月12日まで。旋律で言えば、きれいに流れる箇所が欲しくなってきた。そこで思い出したのが、2012年に亡くなった詩人新井豊美さんのこと。彼女から「詩は美しいものだと思う」というのを何度も聞いた。そこからもうひとつ動いて、 美に広がりを求め、ドイツ文学者の大山定一と彼の訳したリルケの「あるとき」という作品を思い浮かべていた。それが7と8に現れている。 音楽は4で出した「美しい日」。Michael Bubléの「It's A Beautiful Day」。 https://www.youtube.com/watch?v=RglMIKG0GFw
0
福間健二 @acasaazul

遅れたわけではない。だれと抱きあう現実でも抱きあう以上は。過渡、過程の街を、はじめたことはやめないというだけの振り方で。その地図をどう作るか。脱皮できない。にせものだけがおびる電気、来るのを拒めない。しずかな態度、ほんとうにしずかな足に驚く。目を閉じて。(心の問題1)#k2fact284

2021-02-03 11:10:51
福間健二 @acasaazul

ブラームスの腕、長くなかった。その方が便利なこともある。行きつく先がわかっていないからこその、やさしさある処理。椅子をめぐる、感情をとくに出さない発言のあと、どう関係するのか。窓をあけてこの地上に鳴る音を分類する。冷静さを保つ人。きょうは可燃ゴミの日だ。(心の問題2)#k2fact284

2021-02-04 09:38:12
福間健二 @acasaazul

彼のズルさと彼女の怯えのアジア。逆もあるだろうが、確かめなさい。そんな梯子はけっとばせ、犬の日のTシャツを被せてけっとばせだと届いた箱をあけながら何を閉じたのか。表面の、変形する細胞。内面の、コンクリートの灰色。どこでも同じことがおこる。同じ荒れ方をする。(心の問題3)#k2fact284

2021-02-05 16:23:52
福間健二 @acasaazul

美しい日。失恋の歌だが、美しい日。その歌が流行る前の冬に亡くなった詩人の言葉を思い出しながら、このごろずっと工事中で歩きにくい三小通り。美しくなくてはならないと彼女は言った。体の自由がきかなくなって、筆談で。その心と詩。感情と雪。月が静かにしてくれる世界。(心の問題4)#k2fact284

2021-02-06 09:14:54
福間健二 @acasaazul

【訂正】 体の自由がきかなくなって、 ↓ 声が出なくなってからも、 (心の問題4)#k2fact284

2021-02-06 09:27:16
福間健二 @acasaazul

通過するということ。丈夫な機械を内側にもつこと。それは、できた。今夜の、月と自分だけ、じゃない世界。ついさっきまで、死者の気配。見たくないもの見る覚悟を、落葉を踏む音が追いかけている。廃墟への、反復的な弦の到達。ひとり、じゃない。小さな生きものの力に驚く。(心の問題5)#k2fact284

2021-02-07 11:59:52
福間健二 @acasaazul

感じる、そして考える存在。器を拒否する。だが、芸術対ビジネス。点火から爆発までの夢にその裸体と盲目のネズミは役割がわからなくなる。使われていない校舎に消えるのも簡単ではない。風の坂道、下りになってからの議論のわずかな成果を見知らぬ人に持ち逃げされることも。(心の問題6)#k2fact284

2021-02-08 15:27:47
福間健二 @acasaazul

しんぱい。うっくつ。硬い影、ざらつく壁にすべらせて抵抗するだれとの我慢くらべだろう。駅を通りすぎる。言っていいことを言わない。この季節、遮断機の冷たい血を耳で感じる人だ。でも、終わっている夢を生理で波打たせる人。明るい色を奏でる。パンの入った袋をあけて。(心の問題7)#k2fact284

2021-02-09 09:18:05
福間健二 @acasaazul

実は体の問題なんだよ、と夜明けの光のなかにあたたかな声がした。通りぬける管、割る器、もう尽きて、外国の詩をたくさん訳している大山さんだ。うしろ姿しか見えないけど、地には草、樹には葉。そして風が楽しそうに歌うのが、両手のふさがった人たちはためらっている。(心の問題8)#k2fact284

2021-02-10 10:39:59
福間健二 @acasaazul

【訂正】 楽しそうに歌うのが、 ↓ 楽しそうに歌うのだが、 (心の問題8)#k2fact284

2021-02-10 11:54:01
福間健二 @acasaazul

たいていの人は心にも体にも問題がある。ぼくもそうだが、大山さんの訳したリルケを読んだ。どこか遠い場所にぼくのために歩いている人がいて、もしかしたら泣いている人までいて、だから、この光、ぬれる靴、風の歌なのだとしたら、どうなる。少なくとも数時間は冒険だ。(心の問題9)#k2fact284

2021-02-11 11:57:28
福間健二 @acasaazul

どこにも通じない道に出て終わる。それを冒険とは言わせない頬骨のアジア、まだあって、ふりかえる人も、ふりかえらない人も、感謝だ。ぼくはだれのために歩くのか。発作、混沌、愛。人生とは実にくたびれるものだ。きょうは、そんなことをノートに書く少年と少女のために。(心の問題10)#k2fact284

2021-02-12 08:27:43

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?