Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展「銘仙」【中止】

銘仙 - 埼玉県立歴史と民俗の博物館 https://saitama-rekimin.spec.ed.jp/page_20201208055521 会期【中止】令和3年1月2日(土)~2月14日(日)
62

マイニチ・メイセン

埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

埼玉県立歴史と民俗の博物館(Saitama Prefectural Museum of History and Folklore)の公式アカウントです。展覧会やイベント情報をお知らせします。個別のご質問、リプライ等には対応しておりません。関係省庁、地方自治体、博物館などのみフォローします。

saitama-rekimin.spec.ed.jp

埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 始めます!】 臨時休館の延長に伴い、特別展「銘仙」の開会も再度の延期となってしまいました。今後の予定はホームページでお知らせします。そのかわり…になるかはわかりませんが、これから1日1点ずつ、展示されている銘仙を紹介していきますので、御自宅でお楽しみ下さい。

2021-01-08 09:45:50
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月8日】 (着物 青地帆船模様銘仙) 昭和から大正にかけて大流行した絹織物「銘仙」は、大胆な模様表現や鮮やかな色彩で知られています。こちらは、風を受けて航行する三本マストの帆船を意匠とした銘仙です。こんな船で旅に出られたら、素敵ですね。 #銘仙 pic.twitter.com/mJ7R2tVAjJ

2021-01-08 12:00:00
拡大
motohiro kakiage @motohirokakiage

埼玉県立歴史と民俗の博物館の公式Twitterでは今日から「#マイニチ・メイセン」が始まりました。特別展「銘仙」担当の若い学芸員たちが「どうしてもやりたい」と言ってくれました。#銘仙 #着物 #きもの お楽しみください。 twitter.com/saitama_rekimi…

2021-01-08 12:35:36
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月9日】 (単衣 黒地蜻蛉模様銘仙) シンプルな形をした、トンボ模様の銘仙です。同じ方向に向かって配置されることで、スピード感が生まれています。ウィルスも吹き飛ばしてほしい! #銘仙 pic.twitter.com/q7DYGZutcD

2021-01-09 12:00:01
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月10日】 (着物 薄桃地水玉模様銘仙) 薄桃色の着物に、赤・朱・白・水色の水玉が踊ります。水玉は均等に置かれていますが、大きさや形が異なるとリズミカルな印象になりますね。#銘仙 pic.twitter.com/8F6lMwYibP

2021-01-10 12:00:00
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月11日】 (着物 赤地幾何学模様銘仙) 赤の地色と黒の線の組み合わせが色鮮やかな銘仙。よく見ると、白地のマスには灰色や水色で細かな模様が表現されており、全体の印象を和らげています。色も技術も奥が深い…。#銘仙 pic.twitter.com/AU2rOhYpI2

2021-01-11 12:00:00
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月12日】 (着物 緑地葡萄模様銘仙) 黄色と白色の実をつけた葡萄がリズミカルに配置された銘仙です。葉の形は葡萄の葉の特徴をよく捉えてデザインされています。#銘仙 pic.twitter.com/V60Nl7Z6cp

2021-01-12 12:00:01
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月13日】 (着物 染分地花模様銘仙) 大胆な縞柄に、赤と白の花模様を散らしたデザイン。縞柄には、たくさんの色が使われています。とても賑やかで、パッと目を引く印象の銘仙です。#銘仙 pic.twitter.com/2sikgPRJrJ

2021-01-13 12:00:01
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月14日】 (着物 白地抽象模様銘仙) 担当者お気に入りの銘仙です。花模様をイメージしたと思われる抽象的な模様が配置されたデザイン。優しい色合いと、可愛らしさを感じさせる雰囲気がとても魅力的です。#銘仙 pic.twitter.com/4GnrGEmudT

2021-01-14 12:00:00
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月15日】 (着物 黒地破れ亀甲模様銘仙) 黒地に亀甲柄がシックな印象を抱かせる銘仙。よーく見ると金糸が織り込まれています。金糸・銀糸を織り込んだ銘仙は、昭和初期に流行したデザインと言われています。#銘仙 pic.twitter.com/nO5BwPqCrV

2021-01-15 12:00:01
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月16日】 (着物 薔薇模様銘仙) 写実的な大ぶりの薔薇と、小さな薔薇が何段も並ぶ、まさに薔薇尽くしの銘仙です。薔薇は、ハイカラなデザインとして、当時の着物や装飾品によく取り入れられました。#銘仙 pic.twitter.com/A05ziKLW2C

2021-01-16 12:00:00
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月17日】 (羽織 赤地洋花模様銘仙) 赤・黄・白色の大胆な縞模様に、様々な洋花を組み合わせた、華やかな銘仙です。背で組み合わされた柄がまるで大きな花束のように見えませんか? #銘仙 pic.twitter.com/3mX7N1ZJk8

2021-01-17 12:00:01
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月18日】 (着物 白地紅葉模様銘仙) 細かな紅葉が全体を埋め尽くしています。10色以上の色を使った手間のかかるデザイン、染めの着物のような絵画性に注目です。 #銘仙 pic.twitter.com/7HIEx0vpok

2021-01-18 12:00:01
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月19日】 (羽織 鼠地パイナップル模様銘仙) まさかパイナップルまでデザインに取り入れてしまうなんて! 南国の果物もしっくりなじんでしまう、銘仙の奥深さに驚きます。#銘仙 pic.twitter.com/NRRxXZN3S8

2021-01-19 12:00:00
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月20日】 (着物 黒地椿模様銘仙) 椿模様を引き立たせるため、ちょっとした工夫がされている銘仙です。椿模様に重なる部分だけ、よこ糸に白・黄・水色といった明るい色を使っています。 #銘仙 pic.twitter.com/8UAWqT54WJ

2021-01-20 12:00:01
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月21日】 (単衣 玉虫地梅模様銘仙) たて糸とよこ糸の色をかえ光や角度によって印象をかえる効果を狙ったものを、玉虫織と呼びます。この銘仙はたて糸に桃色、よこ糸に水色を使った玉虫織の銘仙。着用すると、立体感と動きで魅力が増す一点です。 #銘仙 pic.twitter.com/HNuFKKcVOj

2021-01-21 12:00:00
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月22日】 (着物 白地縞牡丹模様銘仙) 赤白の太い縦縞の上に、牡丹模様や幾何学模様を配置したデザインです。デフォルメされた牡丹模様と幾何学模様の組み合わせや、色鉛筆で描いたような線が柔らかい印象を生み出しています。 #銘仙 pic.twitter.com/bytV7Tb79S

2021-01-22 12:00:00
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月23日】 (着物 鼠地百合模様銘仙) 太さの異なる縞を斜めにはしらせ、赤色の百合模様を配置したデザインの銘仙。使っているよこ糸が太く平たいためか、少し光沢のある生地になっています。#銘仙 pic.twitter.com/Y22XtyWQxe

2021-01-23 12:00:00
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月24日】 (着物 鼠地パイナップル模様銘仙) この柄、見覚えがある…? 実は、1月19日の羽織と同じ、一疋の布から作られた着物です。ただし、羽織より着物の袖丈の方が長いので、組み合わせて着る目的では仕立てられていないようです。 #銘仙 pic.twitter.com/PTbauBwGd6

2021-01-24 12:00:00
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月25日】 (着物 紫地リボン花模様銘仙) 淡い色使いでおぼろげな花模様と、イラストのようにはっきりと表現されたリボンが組み合わされています。リボンの髪飾りが大流行し、その後、リボン柄が着物にも取り入れられるようになりました。 #銘仙 pic.twitter.com/J2CRLHEPjJ

2021-01-25 12:00:00
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月27日】 (着物 紫地矢羽渦巻模様銘仙) 細かな市松模様が印象的なこちらの柄、よく見ると、矢羽根であることがわかります。矢羽根に的のような渦巻模様を組み合わせた銘仙です。 #銘仙 pic.twitter.com/lOvwqjFb1G

2021-01-27 12:00:01
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月28日】 (着物 白地花模様銘仙) ペイズリー状の水滴模様の上に花模様を散らしたデザイン。背景の模様は、桃・黄・灰色のグラデ―ジョンを使い、色鉛筆で書かれたような柔らかい線で描かれています。 #銘仙 pic.twitter.com/9099YdqESd

2021-01-28 12:00:01
拡大
埼玉県立歴史と民俗の博物館 @saitama_rekimin

#マイニチ・メイセン 1月29日】 (着物 紫地椿模様銘仙) 大きな椿模様を全体に配置したデザイン。花弁の縁を白色で彩ることで、椿模様を引き立たせています。よこ糸に黒色を使うことで、落ち着いた色調に仕上げています。 #銘仙 pic.twitter.com/qHpytqhQnZ

2021-01-29 12:00:00
拡大
残りを読む(60)

コメント

どさんぴん @1junkana 8日前
柄合わせがうますぎて芸術作品
1
_ @readonly6582 8日前
かっこええなぁ……
1