【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

マンガはなぜ社会的権威になれないのか?現場からの悩みと声

ゆうきまさみ先生のツイートをきっかけに、「賞」というものから見た、現在マンガというメディアが置かれた社会的権威や地位に関する問題の話です。 関連:『都条例問題:半世紀経っても昔と同じ批判に晒されるマンガと、今日では社会的権威となった小説の差』 http://togetter.com/li/92838
赤松健 出版 ゆうきまさみ 表現規制 漫画 芸術 伊藤剛
12827view 57コメント
58
ログインして広告を非表示にする
ゆうき まさみ @masyuuki 2011-07-15 10:50:33
思うに、小学館漫画賞でも講談社漫画賞でも手塚賞でもいいけど、そろそろ芥川・直木両賞のように、新聞一面の目次に大きな見出しが載るようにならんといけないのかもしれない。描き手の立場として、いつまでもそんな権威付けとは無縁に、サブカル的ゲリラ的でいたいという気持ちも理解るけどね。
ゆうき まさみ @masyuuki 2011-07-15 10:52:47
描き手は受賞目当てで描いてるわけじゃないし。
赤松健 @KenAkamatsu 2011-07-15 10:58:00
@masyuuki 確かに、市場規模的には小説より漫画の方がはるかに大きいですから、新聞の一面に載ってもおかしくはないですよね。(出版社が売りたいものが選ばれやすいという裏の事情も同じだし。) ただ、国民がマンガ文化を大々的には誇りに感じていないので、今後も難しいと思います。
赤松健 @KenAkamatsu 2011-07-15 11:06:36
こないだ、山田五郎さんの発言 http://t.co/n3hxlBj が話題になりましたが、日本では「文化を輸出する」行為は「恥ずかしい」(=慎ましくすべき)ものなので、漫画やアニメを規制することはあっても、膨大な予算をつけて「文化輸出」にまで乗り出すことは今後も無いのでは?
伊藤 剛 @GoITO 2011-07-15 11:12:18
マンガ・アニメを「恥ずかしい」「他より劣っている」とする見方は、公的な機関や大メディアよりも、当のマンガ・アニメ関係者のほうに強いように思う。ここ十年、仕事してきての実感。
赤松健 @KenAkamatsu 2011-07-15 11:26:59
@GoITO それはありますね・・・
伊藤 剛 @GoITO 2011-07-15 11:16:03
マンガで健全な権威として機能してくれそうな賞といえば、手塚治虫文化賞と文化庁メディア芸術祭があるけど、いまTLで名前がでてないのが悲しい。認知度まだまだなのね……。
伊藤 剛 @GoITO 2011-07-15 11:18:03
それは性格がまるきり違うから……。 RT @kozawa: @GoITO 「まんが甲子園」…は権威としては弱いですか…弱いですよね…
ゆうき まさみ @masyuuki 2011-07-15 11:20:36
@KenAkamatsu ただ、ならば小説文化に誇りを持っているかといえば、それもどの程度のものかと思うんですよね。僕の親なんか小説も読んでませんでしたから(笑)
ゆうき まさみ @masyuuki 2011-07-15 11:23:22
化けるとすれば出版社のひも付きではない「マンガ大賞」かなあ。
クー @rilakkuma_qoo 2011-07-15 11:01:23
@masyuuki 小学館も講談社も自分とこの雑誌に掲載された作品から順番に賞をあげてるだけじゃない?新聞に大きく載るようになるなんて、むしろダメなんじゃないかなぁ
ゆうき まさみ @masyuuki 2011-07-15 11:11:08
なかなか権威づかない理由の一つでしょうね。 RT @rilakkumapro: @masyuuki 小学館も講談社も自分とこの雑誌に掲載された作品から順番に賞をあげてるだけじゃない?
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto 2011-07-15 11:13:41
やはりそんなものでしたかw RT @masyuuki: なかなか権威づかない理由の一つでしょうね。 RT @rilakkumapro: 小学館も講談社も自分とこの雑誌に掲載された作品から順番に賞をあげてるだけじゃない?
ゆうき まさみ @masyuuki 2011-07-15 11:26:41
@atsuji_yamamoto 論功行賞的な意味合いが強く感じられて、どうしてもそう見えてしまいますよね。
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto 2011-07-15 11:37:10
私の師匠のはるき悦巳先生が1980年に双葉社の『じゃりン子チエ』で小学館の漫画賞受賞されてますが 、あれもスピリッツ誌?で『ガチャバイ』の連載がなかったらどうだったかですRT @masyuuki: 論功行賞的な意味合いが強く感じられて、どうしてもそう見えてしまいますよね。
マーガリン犬 @10chf 2011-07-15 11:18:12
@masyuuki 出版社を超えた「漫画の賞」があるとよさそうです。(もうありますか?
ゆうき まさみ @masyuuki 2011-07-15 11:27:50
「マンガ大賞」はそうですね。 RT @10CHF: @masyuuki 出版社を超えた「漫画の賞」があるとよさそうです。(もうありますか?
Masafumi SHINODA @kawaushi 2011-07-15 11:28:30
@masyuuki 出版社発じゃない賞という意味では、文化庁のメディア芸術祭大賞 とかがあるとおもうんですけど、お上の権威付けじゃあもっとダメなんですかね。
ゆうき まさみ @masyuuki 2011-07-15 11:32:48
@kawaushi 案外一番まともっぽいんですけどね(笑)。描き手送り手は若干複雑な心境を抱くかもしれませんが、もっとダメってことはないと思います。
マーガリン犬 @10chf 2011-07-15 11:38:32
@masyuuki それだと結局「マンガ」という枠の中なので、外部からの評価は変わらないと思います。「マンガ専門じゃない賞をマンガが受賞する」とかがないとダメかなと。
伊藤 剛 @GoITO 2011-07-15 11:30:28
あの……手塚治虫文化賞と文化庁メディア芸術祭がありますが。。。 RT @masyuuki: 「マンガ大賞」はそうですね。 RT @10CHF: @masyuuki 出版社を超えた「漫画の賞」があるとよさそうです。(もうありますか?
伊藤 剛 @GoITO 2011-07-15 11:31:59
あぁ!受賞者様が! RT @Shimatorax: 認知度ないですねーガハハ… RT @GoITO: マンガで健全な権威として機能してくれそうな賞といえば、手塚治虫文化賞と文化庁メディア芸術祭があるけど、いまTLで名前がでてないのが悲しい。認知度まだまだなのね……。
ゆうき まさみ @masyuuki 2011-07-15 11:34:35
失念してました。 RT @GoITO: あの……手塚治虫文化賞と文化庁メディア芸術祭がありますが。。。 RT @masyuuki: 「マンガ大賞」はそうですね。 RT @10CHF: @masyuuki 出版社を超えた「漫画の賞」があるとよさそうです。(もうありますか?
伊藤 剛 @GoITO 2011-07-15 11:35:33
社長まで手塚治虫文化賞をスルー。。。 RT @kawaushi: @masyuuki 出版社発じゃない賞という意味では、文化庁のメディア芸術祭大賞 とかがあるとおもうんですけど、お上の権威付けじゃあもっとダメなんですかね。
伊藤 剛 @GoITO 2011-07-15 11:37:57
朝日新聞の担当者に「もっと宣伝しなきゃダメ!」と言うだけ言っておこう>手塚治虫文化賞
残りを読む(8)
安心安全にみんなのツイートを残しておける。 今日の出来事をまとめて残そう。

ブックマークしたタグ

あなたの好きなタグをブックマークしておこう!話題のまとめを見逃さなくなります。

コメント

七海 鼠 @nanami_mouse 2011-07-28 20:14:58
1getズザーッ! 社会的権威を得る為には先ず、その分野が社会からの信用を得る事が必要なのに、マンガと言う分野は今までそれをろくろくしてこなかったからねえ。
蒼空真@はいふり系現場監督 @AozoraMakoto 2011-07-28 20:42:01
まず大切なのは、自分自身が作り出した文化に誇りと自信を持つという事だろうね。仕事に誇りが持てれば本気で打ち込めると思うし、さらに発展させようとも思う。また、もっといろんな所で周知する事も必要でしょう。この様な取り組みがあるという事をもっと周知してより社会的関心を高める事が大切だと思いますね。
川村賢一 @kkawa01 2011-07-28 20:55:08
>その分野が社会からの信用を得る事が必要なのに お前は何を言っているんだ?
はんぎうむ @hangium 2011-07-28 21:06:12
良くも悪くもこれまでのマンガ的なイメージから逃れるような作品がないのが問題なのでしょうか。読者の期待を良い意味で裏切るような良作が続けばいいのかなと思います。
(現在考案中) 皇族男系・原発推進を支持 @genzaikouanchu 2011-07-28 21:25:16
娯楽が社会的権威を得てどうするのか、という気がする。そういうのがあってもいいけど。一番の問題は漫画を低俗なものとしてしか見ない者達でもあるだろうし、低俗なものを認めようとしない者でもあるだろう #非実在 #hijitsuzai
tappyonMK2 @tappyonMK2 2011-07-28 21:26:37
@nanami_mouse 51 そりゃいくら何でも日和見主義的すぎやしませんか?少年誌はともかく青年誌あたりだと性や暴力的な表現がありその存在意義を娯楽でなく理解するのは簡単じゃない。反対派の役割としては確かにそうだけどそれはすべての人間が暴力について真面目に考えればの話で、そうじゃないとこちらの役割が増大するばかりだ
くろいつみ†ちゃんねる〔CV:浅川悠〕 @kuroitumi 2011-07-28 22:29:40
日本のアニメやマンガが成長したのは、子供をメインターゲットに据えながら、一方でアンチモラルであったり、反体制的であったりするテーマも含んでいたからってのが大きいだろうね。 逆に一時期、アメコミが衰退したのは、社会道徳や正義を過剰に押しつけたってのが原因だろうし。
i_say999 @Isay_BLUNIN 2011-07-28 22:39:46
文学マニアらしき人が「小説ってのは本来キケンでいかがわしいもんなんだよ!マンガとか目じゃない位にな!」って事言うのをしばしば見た記憶が有るので、決して無理筋じゃないかと
甲賀志 @hiroujin 2011-07-28 22:52:47
アメコミが衰退したのは「コミックコード」という大規模な自主規制の結果です。これが導入された原因も、マンガが社会的に認められていなかったからでした。こういう事を防ぐためにも社会的権威、社会的地位の確保は必要です。 RT @kuroitumi「逆に一時期、アメコミが衰退したのは、社会道徳や正義を過剰に押しつけたってのが原因だろうし」
i_say999 @Isay_BLUNIN 2011-07-28 23:16:23
小さい頃に初めてラノベ(ロードス島戦記)を買ってもらった時の「まあマンガ読むよりはよっぽどいいか」という親のつぶやきをとても良く覚えてる。そしてこの件もラノベはスルー。いいんじゃないかな権威。
甲賀志 @hiroujin 2011-07-28 23:29:55
「小説というメディア」の権威化によって最も恩恵を受けているのが、ラノベや官能小説でしょうね。マンガの様に「有害だから規制しよう」という声も無く、自由闊達に面白いものが書かれています。官能小説に至っては駅構内の書店やキオスクにも並んでいます。特にラノベの存在は、権威化がメディアの内容としての面白さとは、無関係である事の証拠でしょう。
セルフ執事 @SF_yomi 2011-07-29 00:58:46
ノーベル賞で良く言われる事ですが、賞の権威は受賞者が作るのです、権威の有る賞を与えられた受賞者に権威が付くのではないのです。芥川賞や直木賞が売れなくなったのはこれを間違えたからなのです。
岡一輝 @okaikki 2011-07-29 01:16:14
日本漫画家協会賞ってどうなんでしょう。 社団法人日本漫画家協会 http://bit.ly/pBPebX
岡一輝 @okaikki 2011-07-29 01:25:29
入れ替わりが激しすぎて、産業としては大きいけど、個々の作品や作者はなかなか残らないし。権威には時間が必要なんだと思います。百年前の小説は現役でバリバリ読まれてんのに、百年前の漫画は存在すら知られてないし……そもそも今の漫画とは別物ですし……
岡一輝 @okaikki 2011-07-29 01:30:11
そもそも漫画というジャンルのイメージが狭いかも。それこそ文学なら、竹取源氏記紀万葉、全世界の翻訳作品、時代も千年の単位で広がっていて、みな現役で読まれてる。では漫画は、と言うと、海外モノや、数十年前の作品を追いかけるのさえ、余程のマニアという状況で……
甲賀志 @hiroujin 2011-07-29 02:05:22
日本漫画家協会賞は歴史は最も古いのですが、社会に対し全くといっていいほどアピールしていないので、社会的な地位や権威どころか、一般にはほとんど知られていないと思います。これは協会賞だけでなく日本漫画家協会自体にも言える事です。日本ペンクラブとは全く対照的です。 RT @okaikki 日本漫画家協会賞ってどうなんでしょう。
minakita @samisima 2011-07-29 04:27:49
漫画家自体がエライさんと交流するのが苦手なのが一番の理由かと。
立野 @cyome_z 2011-07-29 06:19:22
本ミス大賞みたいに、漫画家の投票によって決めてみるとか?ただ漫画の場合、ストーリーがまだ途中だったりして最終判断がし辛いか。あと呼んでる時間が無いかな?
ザビ山★怒頭流 @dozre 2011-07-29 10:15:40
漫画が権威化したところで表現が保護されると思ったらそれはそれで違うと思うで。小説がそうだからといって漫画が同じようになるとは思えない。仮に社会的な権威を得たとしても表現規制はずっとついて回るだろう。
usukuzi @usukuthi 2011-07-29 10:16:57
漫画家ってホント、べしゃりが下手ね。
13号 @13gou 2011-07-29 10:52:22
誰か漫画家さんが都知事になってください
ヤマ森あスカ @hiroyamasuka 2011-07-29 10:57:31
(社会的)権威って何か、という一番肝心な命題がスルーされているのが気になる。 娯楽だから要らない、って言ってると非実在問題とか児ポ問題のときみたいに誰も話を聞いてくれないって言う事態になるんじゃない?もうのど元過ぎちゃった問題なのかな?
康芳英 @y_yoshihide 2011-07-29 11:45:45
アメリカのアイズナー賞みたいな賞が日本にあると面白いかも。
財前修 @piranhahungry 2011-07-29 12:01:19
なぜそんなに権威は欲しいのか理解できないなあ 年収だけで満足できないの? アダルトビデオはなぜ社会的権威になれないのか? と同じレベル
夕立雷太郎 @tks_rf 2011-07-29 12:15:23
漫画は快楽性の高い表現だからじゃないかな。権威性って楽しさに対して抑圧的にはたらくから相性よくないだけだと思う。本屋大賞みたいな評価ならアリだと思うけど、これも権威とは性格が違うし。
セルフ執事 @SF_yomi 2011-07-29 12:20:29
後、麻生さんの時に、当の漫画家が別に社会から承認して貰わなくても結構、言っちゃた(そんなつもりは無かったという人は甘えが過ぎる)からだとも思う。
康芳英 @y_yoshihide 2011-07-29 12:29:19
あと小説が社会的権威になったから猥褻な小説が問題にならなくなったんじゃなくて、トータルな内容から判断する文章から修正やモザイクやヘアと言った視覚的要素だけが猥褻の判断基準になったからだと思うよ。
Rick=TKN @RickTKN 2011-07-29 12:44:16
アメリカの映画に当たる物が日本では漫画だと思うんで、それくらいの評価はされてもいいと思う。
もるのがわ ちょうすけ @1983216 2011-07-29 13:54:59
こういうのはお金掛けて地道に宣伝するしかないんじゃないかなあ。TV局だって新聞社だって慈善事業じゃないし、出版社だってお金貰って色んなもん宣伝して雑誌運営してるし。
ChanceMaker @Singulith 2011-07-29 15:46:00
議論の流れとは違うけど、今の日本のコミックって、基本的に個人的な本音から描かれてるでしょう。「こんなダメな自分でも、女(男)には無条件で惚れられまくり、実は無敵の能力がry」 だからこそ面白いんですが、本音を剥きだしにしている人間が尊敬を得られないように、そういうテーマの作品に「権威」を与えるのは、原理的に難しいのではないでしょうか。
ヤマ森あスカ @hiroyamasuka 2011-07-29 17:02:37
本音が書かれることが権威化を阻害するとは思えないですね。 作品に権威が生まれるのでは無くて、やはり作者に付く属性じゃないでしょうか? 個人的な欲望や大衆へのカウンターを描く作品を上梓する作者が権威になることがない、というのは違うと思います。文芸では特に。  特定のコミュニティ内での権威を与える与えないというシステムを、外部の人に権威だと思わせられるか否かが、文化における権威の実際のように思います。作品ー作家ー文芸誌ー文芸賞ー新聞の関係です。 後発の漫画では、文芸誌に対応する各雑誌が各賞を上手いこと権威化出
ヤマ森あスカ @hiroyamasuka 2011-07-29 17:03:42
権威化出来なかったというのが一番の問題だったのではないでしょうか。
墨東P @bokutohP 2011-07-29 17:17:59
子どもや虐げられる者・マイノリティの気持ちを代弁してきた素地が漫画にあるわけなので、商業主義や宣伝に辟易したり権威化≒一般化に懐疑的なのは致し方ないとして、一般化≒露出されることによる更なる責務は免れないのは事実かも。他の表現媒体(特にテレビ)の凋落を見れば一目瞭然。ネット社会化し、その「代弁」の必要性が薄らいで、みんなが「私は皆の代弁者!」と言う時代。既存メディアに「権威付け」を求めるのは、それへの困惑や保守性が為すとも見える。もっと単純に「良い漫画はもっと読まれるべき!」と言った方がわかりやすい。
墨東P @bokutohP 2011-07-29 17:30:48
しかしここで注意しなければいけないと思うのは、「社会通念的に倫理的に認められない表現がある!」「いや、表現は制約されてはならない!」と語り合っている人々の前提としている基準と、権威化≒一般化された際に求められる基準は全く異なる点だろう。この話をしている誰もが漠然と「一般/エロ」と二分しているが、あなたの考える「一般漫画」は明日には排除の対象になるかもしれないことは覚悟しないといけない。一般化・マジョリティ化とはそういうことだろうと。
usukuzi @usukuthi 2011-07-29 18:01:23
ぶっちゃけ、「金はそこそこあるからあとは権威が欲しい」という老境の呟きではないですかね。 実社会で周囲の人間をひきたてて人生の面倒を見ていれば、いずれ「権威」とやらも身に付いてくるのではないですか
nekosencho @Neko_Sencho 2011-07-29 19:18:26
権威がつくようになったら衰退期って話がないわけでもないけど、今のような漫画アニメへの締め付けがきつくなる一方だと、対抗手段の一つとしての権威はほしいよね。
甲賀志 @hiroujin 2011-07-29 20:11:39
「悪書追放」を推進する人達、そして(漠然と)それを支持する世の中の大多数の人達は、「作品を読まない人達」です。こうした人々が「漫画というメディア」に対して抱く偏見を打破する手段は、「良い漫画はもっと読まれるべき!」でも「もっと面白い作品を作ろう!」でもありません。メディアとして、そして産業としての漫画の社会的地位を上げる事です。そして社会的権威化が、表現の切捨てに繋がらないのは官能小説の例を見ても分かる通りです。 @shojijo
こぱやじたけじ @toranosuke_ko 2011-07-29 20:36:19
権威が欲しいの? くだらない。堕落の始まりだな。
i_say999 @Isay_BLUNIN 2011-07-29 21:10:06
どーも誤解される方が多いようなので、マンガをフェミ活動家や警察官僚が画策する表現規制の魔手から守る「鎧」が欲しくてこんな話になってる的な説明を入れておかれたほうが良いのでは。
セルフ執事 @SF_yomi 2011-07-29 21:20:34
Isay_BLUNIN だから、麻生さんは児童ポルノへの国際的な批判がマンガへ向わないように、政策を打ったのに、当の漫画家とそのファンが見殺しにしたじゃん。20ー30代の投票率が30%代だったんだし。それで規制派が勢い付けたのが都条例で、その後石原勝たしたんだから。
セルフ執事 @SF_yomi 2011-07-29 21:24:46
規制問題の根っこは、国立メディア芸術総合センターの政争の時に、漫画家と少年誌が逃げた事にある。日本は民主主義国家なんだから、漫画という文化を守ろうと言った首相が選挙で負ければ、漫画なんて無い方が良いと言う人の言いぶんが通るのは当たり前だ。
ルル @after_zero 2011-07-29 21:29:44
漫画の「権威化」を嫌がる方が多いのは、「権威=権力」と混同しているのかも。大辞泉には「権威=ある分野において優れたものとして信頼されていること。その分野で、知識や技術が抜きんでて優れていると一般に認められていること」、「権力=他人を強制し服従させる力。特に国家や政府などがもつ、国民に対する強制力」とあるので、漫画が「優れたものとして信頼」され「知識や技術が一般に認められて」いないのは、児ポ法や非実在うんぬんと戦う上では決定的弱点だと思います。
セルフ執事 @SF_yomi 2011-07-29 21:30:03
当時漫画雑誌見ても、一冊も麻生さんを支持しようと呼びかけてなかったよね。あれだけ膨大な漫画が出ていながら、それ見て、へぇー漫画家(と雑誌)さんて凄い自信が有るんだとか思ってたのに、今になてこんな泣き言言ってるようじゃ、馬鹿だよ。真剣で。
ルル @after_zero 2011-07-29 21:42:43
この問題って実は江戸時代の浮世絵師v.s.権力者の構図と殆ど変わってない気もする。当時も日本国内では浮世絵を芸術や権威とは見ておらず、むしろ欧州で評価されていたし。違うのは、浮世絵が当時の民衆に支持されていたのに対し、現在は多くの大人が「漫画に興味がないor悪いものと決めつけて」いて、それが児ポや非実在やらを易々と通す遠因になっていると思う。
康芳英 @y_yoshihide 2011-07-29 21:58:26
四畳半襖の下張事件が1972年だからそこまで小説は社会的権威を獲得してなかったというお話でしょうかね。んなアホな。 文字よりも絵や写真や映像の方が「誰にとっても」わかりやすく直接的に訴えかけることができる媒体であると気づかれたからこそ批判されりやすくなったのだと思いますよ。 それに対抗できるのは権威化ではなくレーティングやゾーニングによる供給側の配慮しかないとも思いますよ。
ヤマ森あスカ @hiroyamasuka 2011-07-29 22:00:48
少し単純化しすぎな気がします。浮世絵を民衆に支持されていた、とすれば、今の漫画と同じレベルじゃないですかね。今と言うより80年代くらいかもしれませんが。あくまで日用品として使い捨て読み捨てのものだったからこそ海外に簡単に流出していったのだったと思います。 また、現代の大人が漫画を支持していない、というよりも、漫画を支持している大人が政治に参加していない、というのが一番大きいのでは無いか、と思います。 権威でないことが自由であることを保証している、という誤った感覚が、漫画がもつカウンターカルチャーとしての性
ヤマ森あスカ @hiroyamasuka 2011-07-29 22:03:38
漫画がもつカウンターカルチャーとしての性格から引き継がれてしまっているのが問題かもしれません。 現在の文芸のように矮小化してしまわないような、「正しい権威化」の仕組みを作れると、恒常的に漫画文化も守られるのでは無いでしょうかね。 また投稿失敗した……
俺@2016 @o_mina564 2011-07-29 22:09:36
すでに漫画を読んで育った世代が大人になってるのでこれ以上の権威付けは必要ないとおもうんだけどなぁ。漫画の潜在的信者は思った以上に多いと思うよ?都条例問題の時も都民が大賛成で成立したってわけじゃないし。業界のほうから権威に擦り寄ったり権威化したりするほうが弊害多くなるような気がする
康芳英 @y_yoshihide 2011-07-29 22:19:32
今の時代が一番幅広い世代に漫画が読まれ社会に浸透している時代だと思うんだけどなあ。ある意味一番漫画が権威化されている時代。多くの人の目に触れるからこそ問題が起ってくるわけで、同じ視覚媒体で世間に浸透している映画やゲームがどういう風にそこから自分達の商売を守ってるかというのを参考にするくらいしか解決方法はないと思いますよ。
i_say999 @Isay_BLUNIN 2011-07-29 22:27:03
権威化とゾーニングはあちらを立てればこちらが立たぬというものではないし、両者で望める効果も違うものなので、両方やるべき事かと考えます。
ヤマ森あスカ @hiroyamasuka 2011-07-29 22:30:42
いや、漫画自体が広く読まれていても、作家や出版社などといった人格が認められていない以上、権威にはならないと思います。漫画内もしくは漫画に関わる問題(児ポや非実在、少年犯罪など)が起こったときに対応出来る主体がありません。現時点では出版社、作家単位での対応のみで、問題が起こる作品は(因果関係関係なく)切り捨てられるのがこのところの傾向だと思います。 映画・ゲームが尻つぼみ(市場が縮小)傾向である以上、おなじ対策を取っても漫画業界も萎むだけです。
甲賀志 @hiroujin 2011-07-29 23:59:54
仰るとおりです。「権威化」とは社会的信用を得るという意味なんですよね。 RT @after_zero 「権威=ある分野において優れたものとして信頼されていること。その分野で、知識や技術が抜きんでて優れていると一般に認められていること」(略) 漫画が「優れたものとして信頼」され「知識や技術が一般に認められて」いないのは、児ポ法や非実在うんぬんと戦う上では決定的弱点だと思います。
minakita @samisima 2011-07-30 00:32:25
文化事業系は「社会的地位」や「補助金や助成金を得る」為に努力して権威化しているのですが、マンガは出版社的に権威化に努力する必要が非常に少ない部分があります。今も昔も自然と権威となる事は市井には無理なので、貴族なり官僚なりに利用価値がないと権威にはなれません。独立独歩で出来てしまったが故の結果かなと。
康芳英 @y_yoshihide 2011-07-30 10:01:25
まず大前提として文字だけよりも絵や映像の方が子供も含めた多くの人間が理解しやすいというのがあります。で、もう一つ漫画においてずっと何が問題視されてきたかというと「子供への悪影響」なわけですよ。子供にも理解できやすい表現だから影響力があるってだけの話なんですよ。だから子供の読む物と大人の読む物は別だとアピールするだけで良い。その方法として一番簡単な物はレーティングでありゾーニングだよと。
康芳英 @y_yoshihide 2011-07-30 10:16:00
漫画に社会的権威をというのは別に良いんですよ。ただそれを目的として何かやっても上手く行かないと思うよと。小説だって社会的権威を目指して何かしたわけじゃないしね。どちらにしろ肝心の漫画賞や各雑誌の新人賞が業界やオタク内でちっとも権威化・ブランド化してないんだからまずそこから始めないと。年に一回、ノミネート作品が発表され、それに対してみんなであーだこーだ言い、審査結果にまたあーだこーだ言うようなちょっとしたお祭りを漫画でも味わいたいしね。
太田カイ #武器輸出、戦争絶対反対 @KaiOota 2012-12-28 01:37:34
漫画の権威化・・・。そんなものいらないわいwアカデミー賞だって形骸化してるだろうしそういうものから無縁だから漫画が力があって良いのに。音楽だってクラシックは権威好きな人らからそれなりに評価されてるんだろうけど大衆はどうなのか?下品で即物的だからこそいいんだよ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする