アインシュタインの本の翻訳がダメな件

アマゾンで紹介されたアインシュタインの伝記本の翻訳の一部がどうやら機械翻訳で内容がわけわからないとなった件 翻訳について少し考察してメモとして残します
42
ryugo hayano @hayano

推奨推奨 @Mihoko_Nojiri: ひいぃぃぃ(リンク先超推奨)RT @sato2: これは酷い(レビュー欄を読みながら)。 http://t.co/O6xxR3B

2011-07-28 16:32:54
拡大
Jun Makino @jun_makino

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4270006501/ カスタマーレビュー アインシュタイン その生涯と宇宙 下 。松田さんはさすがである。 F さんは、、、

2011-07-28 17:19:16
Dr. Ryo Ichimiya @ichimiyar

もうAmazon中古は3582円に。RT @lm700j: 逆にプレミアがつきそうなw RT @erkazm: 訳者がお詫びを!ひどすぎる『アインシュタインその生涯と宇宙』 RT @sato2: これは酷い(レビュー欄を読みながら)。 http://t.co/Tqc324j

2011-07-28 17:58:32
拡大
Dr. Ryo Ichimiya @ichimiyar

Amazonの中古書の値段が上がっているのは早野爆弾のせいか?(原著と並べて見てみたい)RT @hayano: 推奨推奨 @Mihoko_Nojiri: ひいぃぃぃ(リンク先超推奨)RT @sato2: これは酷い(レビュー欄を読みながら)。http://t.co/Tqc324j

2011-07-28 17:02:26
拡大
みほちゃん @Mihoko_Nojiri

本回収って珍しいよね。。。。

2011-07-28 19:17:50
\(^o^)/ @noname248779492

http://t.co/lGcJLNM なんとも、松田 卓也先生らしいエピソード

2011-07-28 14:47:02
bunogeto @bunogeto

(機械翻訳については、日本語がらみに関する限り私は法律で禁止したほうが良い、の意見で、同僚某氏はさほど悪くない、もっとこの技術を育てるの寛恕の心をもて、の意見で、http://amzn.to/nR1Z8a ←みたいのが出ると、明日の昼食会議での議題にせざるを得んわこりゃ)

2011-07-28 18:52:05
拡大
Kino @quinoppie

(翻訳ソフトは、マニュアルみたいなのものの翻訳には役立つけれど、事前に文を簡略化する必要があるそうですが、その手間を省いた? そういえば、Grammarian という文法チェッカが使いものにならないと怒っていた英語ネーティヴがいました。もともと英文の解析はむずかしいのかな)

2011-07-28 19:12:15
みほちゃん @Mihoko_Nojiri

ふうむ。RT @aki_1go: お詫びとお知らせで交換する旨出てます。しかし酷いなw http://t.co/zKfMioX RT @Mihoko_Nojiri ひいぃぃぃ(リンク先超推奨)

2011-07-28 19:16:42
みほちゃん @Mihoko_Nojiri

ああだから、「らんだむ」ハウスだからむちゃくちゃという落ちですか。

2011-07-28 19:25:38
笑い猫 @bokudentw

@bunogeto 今回のケースはヒドイですね。仕事で技術翻訳も少しやりましたが、専門業者さんでも機械翻訳は活躍していますし、辞書が充実していれば十分使えるしさすがに業者さんも校正は人間がやるらしいですしね。人工知能ソフトが発達して人間らしい翻訳もかなりできるようになりました

2011-07-28 19:23:20
みほちゃん @Mihoko_Nojiri

超推奨って書いた瞬間ちょっとまずったと思ったのだが、さらにボタンを押す人が。。。

2011-07-28 19:22:43
みほちゃん @Mihoko_Nojiri

いうとるいうとるRT @hayano: (だって本当に面白かったんだもん…)

2011-07-28 19:26:00
Kino @quinoppie

ぼくも特許明細書の翻訳バイトをしていたことがあります。20年以上前のことで、当時は使いものなるソフトがありませんでした。パソコンも PC-9801 でしたし。RT @bokudentw: @bunogeto …仕事で技術翻訳も少しやりましたが、専門業者さんでも機械翻訳は活躍…

2011-07-28 19:27:05
笑い猫 @bokudentw

@quinoppie @bunogeto 昔の翻訳ソフトはひどかったですからね。今回の件も問題はきちんと責任者が校正をしなかったこと。翻訳ソフトを使ったからというより使い方が悪かったのだといいたいかな。巻き込まれた形の翻訳者さんがかわいそう

2011-07-28 19:43:26
Susanna Yukari Oseki @niigatamama

@bunogeto 15年くらい前、翻訳ソフトの作成作業をしていたことがあります。限界だらけで無理だ~と思いながらも、しょうがなく作業していました。5年くらいかかって発売したのですが、私は買いたくありません。。。

2011-07-28 19:50:31
Kino @quinoppie

@bokudentw @bunogeto 数人で分担して訳すのも時には問題かな。『ユング自伝』にはえらく読みにくい数章が。かくいう自分も『モア・リポート』を3章ほどやっつけたことがあります。後から編集者が手を入れたようだけれど、1週間でお願いしますという乱暴な話でありました。

2011-07-28 19:51:02
Susanna Yukari Oseki @niigatamama

日本語でも英語でも、後付けの文法のルールに従って機械は翻訳するから無理があるのだと思います。文法を考えて文章を書いている人はいないですから。@bunogeto

2011-07-28 19:58:22
bunogeto @bunogeto

@quinoppie @bokudentw @niigatamama ちょっと自信が無いんで、という方の人間翻訳初稿でも、その人が機械翻訳から出発したのより校正しやすかったことがあります。今はもう少し良くなっているのかな。

2011-07-28 20:01:29
みほちゃん @Mihoko_Nojiri

手に入れたら編集神社とか作って埋葬するんですね、わかりますRT @Yam_eye: 欲しいです。まだ買えるのかな。RT @mihoko_nojiri: ひいぃぃぃ(リンク先超推奨)RT @sato2: これは酷い(レビュー欄を読みながら)。 http://t.co/O6xxR3B

2011-07-28 20:05:07
拡大
勝川 俊雄 @katukawa

俺自身、翻訳では、痛い思いをしたことがある。出版社や編集者が信頼できるかどうかを見極めるのが重要だとおもう。

2011-07-28 20:05:34
笑い猫 @bokudentw

@bunogeto @quinoppie @niigatamama http://t.co/ueSrnvg 人工知能アルゴリズムの進歩と辞書の活用でだいたい技術翻訳ならOkかと。これはNatureですけど辞書使ってないみたいですが、辞書があるとかなり正確。文芸翻訳は人間でも大変

2011-07-28 20:11:37
Susanna Yukari Oseki @niigatamama

@bunogeto @quinoppie @bokudentw よく東南アジアとかのレストランやお店で、機械翻訳のひどいのを見ますが、あれはあれで笑えるのでいいかなとも。。。基本的には、機械翻訳が乗り越えなければならないハードルは高すぎるので。

2011-07-28 20:12:43
Kino @quinoppie

@bokudentw @bunogeto @niigatamama その Nature はかなりまともですね。人間翻訳でも、なかには凄まじいのが。これ http://amzn.to/nMYsLY なんかまるで異星人が書いたような日本語で、ちょっと眺めて気が狂いそうになりました。

2011-07-28 20:21:06
笑い猫 @bokudentw

@quinoppie @bunogeto @niigatamama 日本は世界に冠たる翻訳大国で翻訳文化もすごいですよね。技術翻訳と文芸はチト違いますが。たくさん本あります http://t.co/Ict4hY5 http://t.co/x5fA3lR 誤訳ハンターで検索あれ

2011-07-28 20:26:03
残りを読む(37)

コメント

笑い猫 @bokudentw 2011年7月28日
松田卓也先生の発言は偉かったと思います。また出版社さんは回収を決めたのでとりあえずは誠意を示したといるのではないでしょうか?
1
Kino @quinoppie 2011年7月28日
ぼくの感覚では、出版しちゃった時点でアウトかな。やはり昔話、というか昔きいた昔話ですが、岩波の『志賀直哉全集』、ある巻を発売してから一つ誤植がみつかり、それを訂正したものにぜんぶ交換したことがあったそうです。岩波にそれだけの権威と余裕があった時代の話ですが。
1
{3,5/2} 大二十面体 @Polyhedrondiary 2011年7月29日
機械翻訳はドイツ語⇔英語とかだとかなり読めちゃうけど,和訳はやはりしっかり人手をかけないと。仕事でよく機械翻訳ぽい書類を見るけど,多くの人の目に触れる(というか読んでもらいたいはずの)書籍として出版されちゃうこともあるんだなぁ。出版社にもよるだろうけど。
1
笑い猫 @bokudentw 2011年8月24日
.@haruyo_y アインシュタインの伝記に五万円の値が付いたという記念というかすばらしい出版社のマーケテングを記念してまとめをしました
1