2021年3月11日

秘密結社についてとりとめもなく考えてみた。この仮説が正しければ私は消される笑

まとめました
0
ピゾナ @pizonat

1周回って、やっぱり日本を裏で支配しているのはフリーメーソン人脈なんじゃないかという気がしてきた。

2021-03-08 17:39:57
ピゾナ @pizonat

当たり前の話だが、能力も社会的地位もお金もある大人がそれなりの人数いて協力し合えば一国の政治に多少の影響力を持つことは可能なわけで。

2021-03-08 17:44:05
ピゾナ @pizonat

慶応大学のOB会の三田会なんかは入会のハードルが低すぎる。日本医師会も同じ。フリーメーソンは入会のハードルがかなり高いと思われる。

2021-03-08 17:47:26
ピゾナ @pizonat

そういえばゲーテがババリアイルミナティーの会員だったそうだが、かなり知性を重んじる秘密結社だったということかもしれん。単に権力を追及しているのみではないというか。

2021-03-11 17:28:36
ピゾナ @pizonat

秘密結社の内部で権力派と知性派の争いがあると考えられるとも思う。ま、どちらも究極的には政治権力を志向しているとは言えると思うが。本質的な違いがあり得るというか。youtu.be/SuvokBajvDk

2021-03-11 17:36:25
拡大
ピゾナ @pizonat

大学とかだって一種の結社じゃないかと思うよね。秘密ではないだけで。苫米地氏曰く、特に欧米の博士号なんかは論文が認められて教授たちの前で演説して認められた瞬間に教授たちと握手して君は仲間だみたくなって博士と認められるというんだけど、結社ぽい感じある。

2021-03-11 17:42:56
ピゾナ @pizonat

なので、欧米の博士号は取得のハードルが日本とは比べ物にならないくらい高いそうで、博士号は取れずに終わる人もわりといるのだとか。なので、欧米の大学で博士号を取得した日本人というのは有名人でもそんなにいない。一人有名な人がいて、それは鳩山友紀夫氏。

2021-03-11 17:54:02
ピゾナ @pizonat

承前)もしかしたら欧米の博士号には名家枠があるんじゃないかって気もする。亡きデイヴィッド・ロックフェラーも博士号持ち。結社としての力を増大させるために名家の人を博士号にする≒博士結社のメンバーにするという慣習があるのではないか。

2021-03-11 17:54:02
ピゾナ @pizonat

ああいう秘密結社って男の子的というか、子どもの頃の秘密基地作り遊びとかに通底しているんじゃないかと思う。男の子というのはなんかわからんけど基地が好きなんだよ。秘密結社のロッジとかにしたって基地みたいなもんだと思うし。男の子というのは秘密基地にワクワクするものなのだと思う。

2021-03-11 18:06:05
ピゾナ @pizonat

逆に女性はああいう男性中心の秘密結社についてどう思っているのだろうかとも思う。幼稚と思うのか、力を持つ男たちの集まりでありステキ!と思うのか。

2021-03-11 19:21:42
ピゾナ @pizonat

ツイッターは知のアソシエーションのプラットフォーム的なものではあるが、知のアソシエーションそのものではない。これこそはツイッターが可視化し、究極的には人類に突き付けられている課題ないしは社会問題かもしれない。

2021-03-18 22:29:59
ピゾナ @pizonat

アソシエーションに関連して言うと、フリーメーソンである高須克弥氏が過去に脱税が問題になったというのは示唆的であるように思う。ようするに、フリーメーソンを始めとする秘密結社というのは脱税を始めとする犯罪行為をボーダーレスに行う仲間組織なのではないかというのが私の仮説。

2021-03-18 22:36:54
ピゾナ @pizonat

わかりやすく言えば、ある資産をA国からB国へ移して徴税を逃れるとしたら、銀行当局の担当者とツーカーになるのが話が早い。それにはボーダーレスな秘密結社の会員どうしであるというのが手っ取り早い。ようするにボーダーレスな秘密結社の本質は徴税逃れ同盟ではないか?

2021-03-18 22:44:04
ピゾナ @pizonat

タックスヘイブンというのは、公開されている企業の徴税逃れ。公開されていない組織なり個人の徴税逃れが、いわゆる秘密結社の目的ではないかと思う。そう考えるとババリアイルミナティーやフリーメーソンの諸々の関係ないしは諸言説に整合性を見出せるようにおもうのだがどうだろう。

2021-03-18 22:53:04
ピゾナ @pizonat

一番の徴税逃れは秘密裏に外国に資産を移してしまうことだと思う。プライベートジェットとかだってまさにそのためのものだし、タックスヘイブンなんかもそう。外国に巧妙に資産を移されたら日本の国税庁なんか追えるはずないし。しかも巧妙に外国に資産を移すことに成功すれば資産運用もできる。

2021-03-24 17:30:29
ピゾナ @pizonat

これは私の勘なんだけど、秘密裏に外国に資産を移すときに重宝するのがボーダーレスな秘密結社の人脈なんじゃないかと思う。いい大人が単なる倶楽部ごっこで秘密結社なんてものを作っているわけではないと思う。過去に脱税で問題になった高須克弥氏がメーソンであるということからの私の連想である。

2021-03-24 17:34:01
ピゾナ @pizonat

国内の銀行と裏で話をつけて貸金庫に脱税したお金を預けておくとかしても国内の税務署に嗅ぎつけられる可能性はある(映画『マルサの女』はまさにそれ)。だが、国外の銀行に預けたら、税務署はもうお手上げだろう。

2021-03-24 17:42:36
ピゾナ @pizonat

日本国内のロッジに属するメーソンリーは米軍関係者が多いそうだが、米軍の輸送機で秘密裏に脱税した現金を運んだりしているんじゃないかと邪推してしまったりもする。現金でなければゴールドなどを運ぶことだってできる。徴税逃れと秘密結社、この観点からの考察が必要ではないか。#イルミナティー

2021-03-24 17:45:34
ピゾナ @pizonat

映画『イルミナティー』について、関連する話として、ロスチャイルドとロックフェラーの差異を話そうと思う。両方とも財を成す過程において、かなりえげつない手を使ったと思う多分。で、財を成してからの違いというか、ロスチャイルドは欧州の貴族に溶け込むことに成功したのだと思う。

2021-04-07 20:00:59
ピゾナ @pizonat

承前)それは、知性をまとい貴族と変化(へんげ)することに成功したということだと思う。対してロックフェラーは財を成した後もいつまでたっても「やんちゃ」というか、知性を身につけて貴族階級へと変化できなかったのだと思う。それはアメリカの金持ちらしいと言えばその通りなのだが。

2021-04-07 20:03:23
ピゾナ @pizonat

そして、それこそは映画『イルミナティー』において、知性を重んじる結社であるババリアイルミナティー及びフリーメーソンがロックフェラー系秘密結社に対して言いたいことであり、我々はお前たちとは違うと言いたいことなのだと思う。ようするに知性の有無という決定的な差異があるのだと。

2021-04-07 20:07:39
ピゾナ @pizonat

ロックフェラー系秘密結社って存在しない可能性あるんじゃないかな。単に緩く繋がり合ってるというだけであって。そういうものがあったらさすがに何らかの形で表に漏れ出ているはず。

2021-04-08 12:55:31

コメント

TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2021年3月12日
自分の認知が歪んでいると社会も歪んでいるように見え、その原因を別の何かに求めがち。しかしいくら探してもそんなものは見当たらないので、存在しない幽霊が存在するに違いないと思い込み始めるようになる。
0