2021年3月13日

「感受性の老化」傑作はたしかに世に存在するけどそれを感じられるかどうかは自分の若さも関係していそうだという話

いつまでもあらゆるエンタメから衝撃を受けたいものです
78
ガフの扉を開けたきもぴか @picca009

死に損ないのシャケ。赤っ恥リアルタイム実況中。投げ銭→ amazon.jp/hz/wishlist/ls…

https://www.flickr.com/photos/125152016@N03/

ガフの扉を開けたきもぴか @picca009

エヴァに限らずなんだけどさ 若い時のエネルギーって、たぶん発する方だけじゃなくて感じる方のエネルギーも大きくて、若い時に感じてしまった衝撃って、木の幹に刻まれた傷のように深く深く残りやすいものでさ、たぶんそれと同じ衝撃って老いてからだと得られにくいっていう構造があると思うの

2021-03-12 22:50:50
ガフの扉を開けたきもぴか @picca009

だから、「若い時に得たのと同じ衝撃を老いてからも得たい」と願っても、作り手がお出しするものの品質がいくら良くても、受け手が老いてしまうことで「その身のうちに強い衝撃が発生し得ない」という構造がどうしても存在すると思うのさ

2021-03-12 22:52:16
ガフの扉を開けたきもぴか @picca009

歳を取ったら薄い味付けじゃ味がしないみたいに。昔が舌がびりびりして到底食べられなかった苦いものが老いてから食べられるみたいに。鑑賞にも、そういう鈍り方ってあると思うんだよねえ。

2021-03-12 22:56:03
ガフの扉を開けたきもぴか @picca009

うちの父親は思春期に「2001年宇宙の旅」を浴びてしまって、それ以降それを超えるSF映画を探し求めて彷徨っては「これもちがう、あれもちがう」と悲しんでいる人だった。ので、この話は父の姿をベースに書いています。

2021-03-12 22:57:30
ガフの扉を開けたきもぴか @picca009

「傑作」ってたしかに世に存在すると思うけど、それを「傑作」だと感じられるかどうかには、その当時自分が若かったかどうか、も関係しそうだよなーーー、って思ったりしています。 どうしようもなく僕らは老いていくことを止めることはできないし。

2021-03-12 22:59:09

シンエヴァに衝撃を受ける中高生

エンゲル@どんどん隊 @sakae_san_2015

@picca009 まさにそう感じました トイレの個室に鑑賞後入っていると興奮した声の中学生、高校生くらいの人らの声が聞こえてきて、ものすごい世界観…泣いた…と衝撃の凄さを語っていて、なんかこう、終わったなあと感慨にふけっている自分との違いを感じました。彼らの物語というかこの年頃が一番刺さるよなって

2021-03-13 11:06:33

思春期の感受性

てっしーー @tessy0930

あ、なーる!セカンドインパクトってつまり第二次成長期特有のそういう…はぁ~完全に理解した~。 twitter.com/picca009/statu…

2021-03-13 13:42:14
ゆん @little_yunyun

今まさにひしひしと感じている。学生時代は貪るみたいに本も漫画も読んだしアニメも観たし音楽も聴いたけど、今新しいものに手を出してもあの時みたいな衝撃が感じられん、、 twitter.com/picca009/statu…

2021-03-13 12:36:35
chihiro @chihiro4300

あーわかる😌 私界隈の40代みんな「はだしのゲン」の衝撃覚えてる。 twitter.com/picca009/statu…

2021-03-13 13:07:24

好みがはっきりしてくるだけかも

トニーモリス,ザ・大場美奈推し @tonymorrisjp

老いていくにつれ選球眼が高まるだけで、感受性が低くなるって言うのとは違うと思うんですよね。 やられる時はチェーンソーでバッサリやられる。 twitter.com/picca009/statu…

2021-03-13 12:51:27
えめ @emerald7983

尤もなのかもしれないけど、自分40半ばになってもまだ感動が老いてる感じしない… 人によるんだろうけど twitter.com/picca009/statu…

2021-03-13 11:01:22

手塚治虫のエネルギー源説

澤宮千春 @chiharusawamiya

エピソードを伝え聞く限り、手塚治虫ってこの『感じる方のエネルギー』が死ぬまで衰えなかった人なんじゃないか、という気がする。 あれだけ他人の描いた作品に対抗意識と怒りを燃やし続けて「俺が一番だ」と言わんばかりに漫画を量産し続けたエネルギー源はそれでは。 twitter.com/picca009/statu…

2021-03-13 12:23:35
新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に

緒方恵美,三石琴乃,林原めぐみ,宮村優子,石田 彰,庵野秀明

コメント

白石玄人 @ShiraishiGento 2021年3月13日
分かる。最近いい曲聞いてもいい曲どまりで「あー…、多分この曲ティーンエイジの頃ならハマってた、マスターピースになってた」ってこと往々にしてあるんだよね。 「うっせぇわ」とか二十歳前後だったら多分どストライクよ。
8
白石玄人 @ShiraishiGento 2021年3月13日
衰えもあるかもしれないけど、蓄積による慣れとも言えそう。過去に近いものを経験した、見聞きしたから新鮮さがその点で損なわれてしまっている。一言で言えば、衝撃の鈍化。
42
flat @FzzVk 2021年3月13日
それに慣れてるかどうかが全てよ。自分ホラー苦手で避けまくって生きてきたから、今ホラー見たら小学生よりビビるだろうって自信ある(見ないけど)
19
銀色(毒吐き独り言) @SilverColor_01 2021年3月13日
昔泣けた作品で泣けなくなったこともある反面、何も感じなかった作品に心動かされることもあるし、なんなら初見の作品で泣くこと自体も、今の方が増えたという気すらする(私個人の涙腺が緩いだけかもしれんけど)。40近いけど小説、なんならアニメとかでも普通に涙出てしまったりするよ?(人からは笑われるけど…)。個人的には感受性の鈍化というよりは、感受性と視点の変化だと思ってる
57
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年3月13日
「2001年宇宙の旅」がだされているけど、日本初公開の時、特に日本のSF作家から酷評されていたのは、映画が早すぎたのか、作家たちがもう老境に入っていたのか、どっちなんだろう。
0
@MemeMmemeeeme 2021年3月13日
若いときは自分的最高ランキングがまっさらな状態だから、ちょっといいレベルのものでもいきなり1位に躍り出たりするけど、大人になるにつれてランキングは埋まっていくので、その中であらためて1位とるのはなかなか難しいってのはあるなと思う。ゆーてそれは今までの蓄積による結果なので、これを老化と卑下するのはもったいない気がするなー。
55
ろんどん @lawtomol 2021年3月13日
「刑事コロンボ」全作品中でも屈指の名作と評価される「別れのワイン」子どものころは何でそんな評価が高いのか不思議に思ってた。今、おっちゃんになってから観ると、しみじみと良い作品だと思います
7
ろんどん @lawtomol 2021年3月13日
「けものフレンズ」最終回、かばんちゃんを救うべく全フレンズ集合シーンを観たとき思わず涙を流していて、おっちゃんの私にもまたこんな感受性が残っていたかと嬉しくなったものです
15
フルバ @furubakou1 2021年3月13日
最近はむしろ涙腺が緩くなってるような感じがする。特に悪役に感情移入するようになった。ペテルギウスとか青髭のダンナとか。
9
tnnrak @nrak_t 2021年3月13日
好きになってジャンル押さえちゃうと制作側とバックボーン同じようになっちゃうからね…衝撃で不意打ちの初撃に勝てるはずもない
2
たか子 @takakomistumugi 2021年3月13日
うちの父だったら映画「ベン・ハー」だろうなぁ。自分だったらバック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズか。でも、昔見た漫画で感動したものが今では「あれ、主人公よかライバルのがまともでまっとう。なんでこれに感動できたんだ自分」もあるからな。
2
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2021年3月13日
他人にとっての傑作を否定したりしなければ、それはそれでいいのでないかしら。そうだとしてもまた出会う時には出会うものだし。
4
らんちゅう @Liar_like_ 2021年3月13日
殆どの人が「自分は感受性は衰えてない」って思っているから厄介な気がする。別に涙もろくなったからといって感受性が衰えていない訳では無い。これからどんどん「面白いっちゃ面白いけど…自分の期待値が高すぎたのかな〜」みたいなのが増えて行くんだと思う
5
たか子 @takakomistumugi 2021年3月13日
JOJOは幼少期、絵のクセとグロさで読めなかったけど、年齢上がって許容範囲増えて最初から読んだらめちゃくちゃ面白かったのね。漫画に関しては昔よか今の方が素直に読める。
17
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2021年3月13日
記憶容量の問題もあるかと。10代、20代の時は余裕で新旧作を詰め込み可能。30代に至り過去作の記憶が抜け落ちる始めるのだけど、おかげで新作を追記できる。40代で処理定低下しつつ「この新作は一過性のものだからチェックするだけで良い。あっちは永久保存版」などと選択をはたらかせたり、断片化していた情報をシリーズとして統合したり、若い頃なら何度も見返したものでも「記録が残ってれば後から見返せる」と時間優先で対応。しかし50、60でどうにも記憶の空き容量不足になってオテアゲとか。
0
ゆうな(南)@歴史(フル💉) @yuunachuraumi 2021年3月13日
10代くらいまではどんな映画を見ても衝撃的なんだけど、20代過ぎると知識や定石やパターンが蓄積されて衝撃の度合いが弱くなっていった記憶がある 防御力が上がりすぎて相手の攻撃力が相対的に下がってしまった
13
ろんどん @lawtomol 2021年3月13日
子どもの頃、母が今までに見たことがないほどに号泣し激賞していた「リバー・ランズ・スルー・イット」まだ私はそこまでの感慨はありませんが、なんとなく母の心情が分かるような気がしてきました
1
さしみじょうゆ @sashimi_shoyu7 2021年3月13日
10代の頃って新刊が出ても、それまでの展開しっかり覚えてて続きを読む感覚で読めたけど、20代半ばぐらいからは2、3巻読み返してから読まないと分からなくなんだよなぁ。うろ覚えだから衝撃も落ちるよね。 色んな作品読んでるから展開の文法みたいなものが分かってしまってある程度みえてしまったり、予想が外れてもなるほどそっちね、みたいなのもある。 あと衝撃が強いのがしんどくなってきて、衝撃の多そうな作品は避けてしまうというのもあると思う
12
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2021年3月13日
「2001年宇宙の旅」よりも「猿の惑星」のほうが面白いと感じるほど、当時の日本SF作家は若かったのです。自分も比較するなら「猿の惑星」のほうが面白い。
2
いしわたりさやか @tsukinosayakana 2021年3月13日
けど、歴史や流行が一周して、昔このパターンあったやん!てやつが大流行したりみんなどハマりしたりするよね。鬼滅の刃とかさ。
4
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2021年3月13日
単純に、長い年月で趣味嗜好が変わっているのに変わってないと思い込んでてズレたのばかり観聴きしてるのでは。
1
bluemonkshood @bluemonkshood 2021年3月13日
単純に60歳になると老眼になるし、大好きな漫画を1日中読む体力もなる。そして、好きな漫画家と一緒に老いていくのだ。
4
kusano @t_kusano 2021年3月13日
関川夏央「人は誰でも二十五歳までにすごした文化から自由になれない」に同意。いろんなことは若いうちに、まさしく二十五歳くらいまでにやっといた方がいい。
7
掃除をしろ @kinnikunikugo 2021年3月13日
若い頃は推し至上主義とか強火オタクになりがちだったけども今は作品を俯瞰して見れるようになって没入感は薄れたけど今のほうが作品をフラットに見れるようになった感じはある
3
eco bag( L_5yen) @ecobag_free 2021年3月13日
「それはそれとしてこれもいい!!」ってなれたら良かっただろうなあ。あれはもっと良かったって思い続けるのつらいだろうな…
2
skon @skonn96 2021年3月13日
自分も常々そう感じていて実際不感症チックになっているのを自覚していたが、去年から今年にかけてチェンソーマンと進撃の巨人が自分の漫画オールタイム・ベスト10を塗り替えてくれて嬉しい誤算だった。
7
生え際ピンチ @haegiwapinch 2021年3月13日
少年マンガ誌掲載作品につまんねとか下手とか言ってるのもこの類なんだろうか いつもまでもしがみついてるけど
2
駄文垂れ流し機 @dabunmachine5 2021年3月13日
本読んでて古典文学とかそんなに新しくない小説とかだと若い頃に読んどきたかったなというのはある
0
銀色(毒吐き独り言) @SilverColor_01 2021年3月13日
t_kusano 「歳を重ねたからこそ見えるもの」というのも「若い頃に身につけた知識経験という土台があってこそ」という側面もまた強いですしね。色々やりやすい、吸収しやすい若いうちにやれることをやる方がいいのはまさしく、ですね。
5
sorakarajyosi @sorakarajyosi 2021年3月13日
淡色の繊細な塗りや細かい書き込みが、すぱっと入ってこない。「おー」と言うまでに若干のラグが発生する。
0
ローリー・ポーリー @tX2TcmUZqhoNxUm 2021年3月13日
年を取ると何かにのめり込むと生活が大変なことになることを知っていたり、年甲斐もなく恥ずかしいという思いもあり、好きになりそうなものを警戒して距離を取ろうとする心の働きがあるような気がします。 若い時はノーガードで受け止めていたものを、今はふすまをちょっと開けて隙間から覗いている感じです。
2
稙田惟純 @ohgakorezumi 2021年3月13日
yuunachuraumi sashimi_shoyu7 展開だけでなくセリフまで読めちゃう事もあるからなあ、ジャンルによっては読めちゃう方が安心するって人もいるんだろうけど
2
まきにょ @makinyopp1 2021年3月13日
ジャンル変えてくしかないかなー、歳食っても新しいものは面白いよ。んで10年20年して他の物見てから戻ってくるとまた新しい発見があるかもしれない
5
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2021年3月13日
若いときは映画ってあんまり見なかったけど最近サブスクで見放題だからいろいろみてるけど、衝撃うけまくりだわ。映画っておもしろいのね。
4
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2021年3月13日
現代物に関しては「数年後には小道具とか背景の建物が古くなってるんだろうな」というのが見えて手を出せない、ってのもある。割と何度も読み返す方だから、リアルタイムの演出じゃ良くても、五年後に楽しいか、面白いかというのが。
1
moxid @moxidoxide 2021年3月13日
衝撃は減ったが知識や経験が増えて、それのおかげで散りばめられた元ネタやリスペクト、表現したいことが見えるようになって、楽しみの総量はむしろ増えたからまあいっかなーって。 そして涙腺は緩む一方。キャラの人生の足跡が見えると危険信号が灯る。
6
たか子 @takakomistumugi 2021年3月13日
食に関しては大人になって、旅先の名産を採れたて調理したてを口にしてから味覚広がったなぁ。特に北海道。あそこは基本飯テロと言うか。ビジネスホテルの朝食ビュッフェですら北海道名産もりもりだもんよ。某ホテルのパンナコッタは口にした瞬間、目をひんむくほどの衝撃であった。コロナ終息したらグルメ旅行してやる。今は近所の北海道アンテナショップで我慢しつつ北海道支援。
2
かつまた☆いさ(レディ女児ィ📛) @kamiomutsu 2021年3月13日
感情面は明らかに老いるというか、落ち着いてしまうからな。ツイ主のお父さんの話はまさにそう。心を揺さぶるにも相当のものが必要になる。創作に目が肥えるとかそういう話ではないと思う。
2
nekosencho @Neko_Sencho 2021年3月13日
感動なんてのは無理やりするものでもないんで、そのへん各自で好きにすればいいと思うけどね。 
1
六月(むつき)💉@固ツイ読んでー @mutsuki_june 2021年3月13日
若い頃展開やテンポが悪いなあと思ったものが、あ、これでいいのか、と思う場合もよくある。特に時代ものとかは。
3
和菓子 @nkltsl2 2021年3月13日
学生の時に2001年宇宙の旅を観て衝撃を受け、その色褪せない映像美に長らく宇宙SF映画最高傑作と思ってたが、インターステラーが同着一位に入ってきた。 若い時に受けた衝撃は確かに大きいしなかなか越えられないけども、老いてもなお傑作には出会えるものだよ。
3
柿木まめ太 @kakinokimameta 2021年3月13日
うーん、要求レベルが上がってるせい、という方が近いような気が…。それを過去の美化が手伝ってて、思い出の中の傑作が数倍ほど評価上がってるせいかな、と。しかも生きた分だけ傑作の数にも触れてるわけだし。
2
kartis56 @kartis56 2021年3月13日
まどマギでもウマ娘でも泣ける…
1
ヒッコリーのバット @m3sIUtQIFcjRebs 2021年3月13日
時間と同じで相対的なものじゃない? 今まで見た最高のものじゃないと衝撃は受けないが、初期で高レベルの衝撃受けると、それ超えるのがなかなか難しくなる 見た作品が多くなると目が肥えてくるというのもこれ
2
_ @readonly6582 2021年3月13日
あと、年取ってくると、だんだん世のクリエーターが年上から同期になっていくので、そうすると大体自分と同じ物を観て育ってるから、作品観たときに「あぁ、○○が好きなのね」「○○の影響受けてんのね」ってのが透けて見えちゃって、新鮮な目で見れないってのはある。
3
ろんどん @lawtomol 2021年3月13日
リアル中2の時、授業中も読んでいて怒られて取り上げられ、職員室に誤りに行ったら説教もそこそこに本について先生と盛り上がった「ジャッカルの日」は、思い出を大切にしたいので、あれから一度も読み返していません。傑作だという評価は重々承知しておりますが、それでもなお、あの頃の感動はもう味わえないと思うのです
4
コパ @ahirukopa 2021年3月13日
自分に合わなかったのか、いろんな漫画と比較してしまったせいかはわからんけど、「鬼滅めっちゃ流行ってるけど、ハマるほど面白く感じないんだが……」って感じてしまったのは感受性の老化かな。
3
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2021年3月13日
ahirukopa 鬼滅って漫画単体で読んだときは読みにくくて疲れちゃって、完結してから読もうと放置してたのでなんかわかるわ。(当時18巻くらいまで出てた) その後、子供につきあってアニメみたり映画みたりしてたら徐々にハマってしまって、映画でとどめを刺された感じなので、やっぱ映画がすごくよかったんじゃないかしら。(漫画との相乗効果という意味で)
2
静夏 @mPpmjpj 2021年3月13日
鬼滅は変化球少ないから漫画好きほど言うほどか?って思っちゃうのは仕方ない
6
くらたや書房 @kurataya_book 2021年3月14日
同じ刺激は慣れてしまうというし、感動を長く味わいたいなら色んなジャンルを雑多に取り込んでいくべきなんだろうなぁ
1
乾也春海 @kanbaru 2021年3月14日
新たな経験に興奮する世代と、自分の中にある似て非なる経験を重ねて浸る世代。周りの反応で好き嫌いが作られる世代に、好き嫌いがある程度定まっていて感じる前に考えてしまう世代。
1
masano_yutaka @masano_yutaka 2021年3月14日
同じものを見ても歳を取ると視点が変わるし、変わっていくと新しい見え方もする。 15で読んだ銀英伝と20歳で見たアニメと40代で見るリメイクアニメは別物だったし。 逆に言うと子供の頃見てあれだけ面白かった作品が子供じみて見えたり、よく分からなかった世界が見えてきたりもする。
3
鹿 @a_hind 2021年3月14日
新しい衝撃みたいのは減ってきたけど、知識の総量が増えたから描写から受け取れる情報量が増えて理解や察しがしやすくなったかな。同じジャンルずっと追ってるとパターンが頭に入り過ぎて新鮮味はなくなってくるのはどうしようもないけどね。そうしたら他に目を向けてもいいんだ、って思える様になったのも歳食ってから。
1
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2021年3月15日
昭和の末期、プロ野球の人気低下についての対談で。安部譲二さんが「ひと昔の前のプロ野球の方が面白かった」と語っていて。それだけならありがちな「年輩の昔は良かった」「最近の若いのは」なんですけど。終盤に「最近の巨人の選手にしても技巧や能力面ではむしろレベルが上かもしれない」と認めた上で「感心はするけれど感動はしない」と言うのに「上手いこと言い方だ」と思いました。クォリティの高さを評価できるけど洗練された結果、情感を揺さぶられない(粗削りな魅力が減ってしまう)
0