Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2021年3月22日

『うっせぇわ』は40年前のチェッカーズの曲のオマージュ?歌詞を比較してみると40年間での若者の心情の変化がわかった

まとめました。
162
木下真 @kinomaco

『うっせぇわ』(2020)が『ギザギザハートの子守唄』(1983)へのオマージュだという指摘はよくあるけれど、改めて両者の歌詞を並べてみると、どちらも若い世代の心情を歌っているにもかかわらず40年近くの隔たりを経た結果、最終的にまったく正反対の内容になっていることがよくわかって興味深い。 pic.twitter.com/cHRcLUmERa

2021-03-21 18:52:31
拡大
木下真 @kinomaco

『うっせぇわ』の歌詞の最初のブロックにタイポがありました。 ×気づいた大人になっていた ○気づいたら大人になっていた

2021-03-21 19:08:05
三代目【\】市民 ≧病気は人の数だけ健康は一つだけ≦ @ndc_mol

@kinomaco @horikyo_isa FF外失礼します。なるほど、昭和世代、かの尾崎豊サンが歌われた♪卒業 を今の若い世代が聴いても共感しない理由がわかった気がしました。

2021-03-21 19:17:34
TABIBITOSAN🐾Ver.E @detomas56243725

@kinomaco @icecream_sukida オマージュと言うより昔の打破 タイトル通りの反抗、抵抗だったので、特に問題気がするけどね

2021-03-22 07:11:26
あべれいじ @miz_Qun

それぞれが各世代の標準例であるかはさておき、ギザギザハートの10代を過ごした人が50代を迎えたいま「うっせぇわ」って言われる側になったのだとしたら反抗って面白いな。 歴史であり文化だ。 じゃあ2060年に50代を迎えたかつてのうっせぇわ10代は、その時代の若者に何を言われるんだろう。 twitter.com/kinomaco/statu…

2021-03-22 09:13:06
ヨンディス @WhiteAudley

ギザギザハートの子守唄がサビの『ああ』を除いて全て七五の繰り返しなの凄くね? twitter.com/kinomaco/statu…

2021-03-22 09:10:21
Shunsuke TANAKA @tanakashunsuk

1983の若者の心情に共感してしまうな…… twitter.com/kinomaco/statu…

2021-03-22 09:02:09
BBちゃん息子は1y5m🧸 @BB04696648

うっせぇわ歌うとストレス発散になる私は誰と戦ってるんだろう。 上の世代に対するというより、色々言ってくる人に対して言いたい事たまってるんだきっと。語彙力ないからとりあえず「うっせぇわ」と言いまわりたい笑🏃🏻‍♀️ twitter.com/kinomaco/statu…

2021-03-22 09:01:26
みとけた @taketo1812

ギザギザ世代ですけど、当時でもこの曲はフィクションでノスタルジーだったと思います。複数の歌手がリリースした歌謡曲で、チェッカーズの中では異質な作品。テレビの中にいる不良の歌で、我々の世代全体に共感されていたわけではない。 逆に「うっせぇわ」の現世代の共感度合いが知りたいです。 twitter.com/kinomaco/statu…

2021-03-22 09:01:23
(´・ω・`p|ユウ@サイファミなFD2乗り |q @yuu_FD2_3131

なるほど。関ジャム完全燃焼で解説されても可笑しくない分かりやすい内容ですな~! twitter.com/kinomaco/statu…

2021-03-22 08:52:58
0149 @0149itadaku

表現が違うだけでほぼ一緒にも見える。 結局、大人が子どもを感情的に同調させようとするから子どもが全く同じことを大人にしてる。 twitter.com/kinomaco/statu…

2021-03-22 08:46:43
まわる@ @mawaru123

これじゃおっさんは共感できないわけだわな。おっさんは遊べる時期は卒業するまでのもんだと思ってたんだもの。 twitter.com/kinomaco/statu…

2021-03-22 08:42:16
犬の警察官 @haikakingame

じっくり2つの歌詞を読んでみると、若さって羨ましくもあり、なかなか恥ずかしくもあるなぁ😷 twitter.com/kinomaco/statu…

2021-03-22 08:39:14
masuda @masuda39

『ギザギザハートの子守唄』はいずれ大人になるとわかっていて大人に反抗する子供の歌。 『うっせぇわ』は、期待通りに大人しく振る舞ったのに益の小ささに不満が有るという歌。 子供は明らかに進歩したのに、大人はなけなしの権威や実力さえ落ちてきて信用しようもない状況になってる。そういう変化。 twitter.com/kinomaco/statu…

2021-03-22 08:23:54
中受ママサポ(チワワ)@オンライン合同学校説明会主宰。AIによる学校おすすめ「学校選びナビ」実施中 @c_mamasapo

秀逸な分析。 中2娘も言ってました。うっせぇわの歌詞を読んでみたけど、あれって、最終的に考えることを放棄したってことだよね?って。 twitter.com/kinomaco/statu…

2021-03-22 08:11:47
スノーイーラッフ🦊(snowyruff) @snowyruff

あら、娘に「ギザギザハートの子守唄という曲があってだな」と説明していた内容と同じだわ! それにしても「うっせぇわ」は閉じていて、万能の子どものままでいたい欲求の歌なのね。そこまで子どもの頃から情報過多で抑圧的な状態でいて、追い詰められているということの現れか。 twitter.com/kinomaco/statu…

2021-03-22 08:07:08

コメント

殻付牡蠣 @rareboiled 2021年3月22日
歌詞が違って見えても中身はそんなに変化ないと思えるけどね
22
白石玄人 @ShiraishiGento 2021年3月22日
こうやって尾崎だチェッカーズだ上世代から講釈のたまわれることがこれが沁み入る若年層には「うっせぇわ」だろうよ。
108
白石玄人 @ShiraishiGento 2021年3月22日
そして「うっせぇわ」にああだこうだ言いたくなる世代も、かつては若い頃大人世代に相似形の葛藤や怒りを抱えていたわけで。回る回るよ時代は回る。
61
kaind @kaind_ 2021年3月22日
10代の流行歌って、そんな歌詞の内容まで精査して歌ってないよ。 ただ、カッコいい音が出るから聞く、歌う。そういうもの。 https://news.yahoo.co.jp/articles/458121dcbffc0652fff668c2af29464ff14a9e7c
54
naruto,tousen @narutousen 2021年3月22日
「ギザギザハートの子守唄」なんて一部の人たちにしか受けていない、というのは構いませんがそれって自分は反抗期がないまま大人になりました、って言われているようでちょっと怖い。
2
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年3月22日
1980年代は、'70年代の偏差値偏重・詰め込み教育・管理教育の流れがまだあって、けどそれらへの反省も始まってと過渡期で、暴力教師はまだいた時代なのよ、いわしげ孝「ジパング少年」というマンガが1988年に始まって暴力教師/熱血教師の雰囲気を伝えているんだけど、尾崎が過ごした学生時代ってその頃よ。今の若い人には想像つかないだろう。暴力教師が一掃されたって、学校はパラダイスにはならん、会社も同じ。
19
むりじろう @mgonhs011 2021年3月22日
ボカロ系の曲の歌詞は文学性が無いんだよね
27
nekora2520 @nekora2520 2021年3月22日
なんだ、懐メロからのパクリだったのか。
16
むり @yattoraren_wa 2021年3月22日
20代後半でどっちも世代じゃないから門外漢だけどギザギザハートの子守唄が当てはまらないと主張すると反抗期通ってないことになるの?該当世代荒みすぎでは?
32
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年3月22日
暴君がいればストレートに文句も言えるけど、社会が暴君を取り除いてくれて「まぁパーフェクトじゃないけどこれくらい許容できるだろ、あとは自分でやってくれ」ってなると、文句を言いたくても言えなくてフラストレーションが内に貯まって、実は外に出してない「うっせぇわ!」がよりどころになる、そういうことだろ。セクハラパワハラなら怒れるがマナーをいちいち言われて相手に怒れるかどうか。
16
trycatch777 @trycatch777 2021年3月22日
narutousen 反抗期ないまま…じゃなくて、もう中坊の頃からいわゆるヤバい「不良」が先輩や同世代にいっぱいいたし、実際に授業の邪魔されたりしてたし。 そいつらのバイブルが尾崎だったりして、見てる方は共感できなかった。
46
殻付牡蠣 @rareboiled 2021年3月22日
yattoraren_wa 荒んでたっていえばすさんでたけど、どの世代でもそれなりに問題抱えてるわけで。表現方法が違うだけと言った方がいいんじゃないのかなと。
3
ふるたか @furu4914 2021年3月22日
尾崎の主人公は反抗期の象徴みたいなふりしてるけど、いじめっこ視線なんだ。普通の人が共感できないのは当然。
23
Earwax @Earwax97409510 2021年3月22日
成長というか時系列?に連れてギザギザは醒めてつまらなくなっていくのに対してうっせえは殻に閉じ篭もっていくのが面白い。
3
ひろっぴ@(自称)鉄道記録屋 @hiroppi1969 2021年3月22日
昔は学校とか地域とか限られた母集団からの干渉に対して反発してたんだけど、今はスマホとかネットのおかげで様々な母集団に関われるんだけどそれぞれから干渉を受けるもんだから反発するより「うっせぇわ」って言いたくなるのかもしれない。
15
tnnrak @nrak_t 2021年3月22日
ギザギザハートのオマージュって話自体知らなかったけど流行歌の歌詞ってこうして並べないと明確な違いに気づけない程度にしか意識されてないってことでは
4
スジモンヨトウ @armyworm157 2021年3月22日
世に出てる音楽に対して比較して色々述べてみることすらうっせえわ、というのはあまりに狭量すぎでは?
64
ハドロン @hadoron1203 2021年3月22日
ボカロ曲じゃないってのに、区別つかないバカがまだいるのか。ボカロはもっとエグいし、もっと生々しいよ。この曲の作曲者は、ボカロPとして成功して有名になった訳じゃない。
16
金目の煮付 @kinmenitsuke 2021年3月22日
「うっせえわ」にあーだこーだ言ってるのは大人世代ばかりではないですもんね。
8
sake @sake_ne_ku 2021年3月22日
しかし、大人はどうしても「うっせぇわ」という絶妙なダサさ、陳腐さ、若さ受け入れられないから、こういう考察に走るんだろうなとも思う そうでもしなければ納得も理解もし得ないものが、どうやら若年層で流行っているっていう事実がセンセーションなんだろうね
2
蓮華ちゃん @hasuhanachang56 2021年3月22日
上から目線で批評するのが好きな人というのは世代関係なく居るんだけど、好きな歌を上から目線で批評される人の気持ちになってあげてほしいとちょっとだけ思うのであった。
22
六月(むつき)@泡吹いてます。 @mutsuki_june 2021年3月22日
ギザギザハートの流行が小学校低学年で、うっせえわの流行が40代な私は、大人に理解を求めたりムカついたりせず、愛し愛され生きたりテトラポッドにのぼったり手首を切り落としていました。
38
達入玉 @tatsuiritama 2021年3月22日
hadoron1203 エグくて生々しいボカロ曲…のぼり棒かな
3
_ @readonly6582 2021年3月22日
「うっせぇわ」はPも歌い手もギザギザハートの流行よりずっと後の世代なんで、ここでギザギザハートをオマージュしていること自体が、親世代への皮肉なんだと思いますけどね。
26
toget9999 @toget9999 2021年3月22日
遅ればせながら先日初めて聞いたけど内容より何よりよくこんな歌い方が出来るなぁとそっちの方に関心が行ってしまった ここまで感情載せる演技しながら声だけはしっかりメロディーに合わせるの難しくない?
24
TOPNEP @nepnofan 2021年3月22日
kaind_ そもそも実際この歌はどの世代に流行ってるのかな? 歌詞だけ見てると歌ってるadoのようなというより歌詞書いてる人くらいの年齢なんだろうけど
1
むり @yattoraren_wa 2021年3月22日
hasuhanachang56 これだけ強い言葉を使えば反論なり批評なりの当たりが強くなるのはしかたないと思うの ファンやそのメイン世代までまとめて批評するのはどうかと思うけどね
17
はげはげちゃびん @hagehagechabin 2021年3月22日
社会への反抗は歌のテーマとして普遍的だけど、売れた曲の歌詞の内容を見ると反抗のスタイルが変化している、という指摘は非常に面白いと思いました
46
ashen@一週間のご無沙汰でした。 @Dol_Paula 2021年3月22日
「ギザギザハートの子守歌」はチェッカーズのデビュー曲で、次作の「涙のリクエスト」の大ヒットで初期のメロディ路線が確定したから、あの曲だけちょっと異質で尖ってるんだよね。まぁ大人がここでどうこう言うこと自体「うっせぇわ」だとは思うけどねw
3
フラスケ @birugorudi 2021年3月22日
ShiraishiGento 「若年層はうっせぇわと思っているに違いない」って、勝手に気持ちを想像して代弁するのは一番の「うっせぇわ」案件なのでは?
72
けっぱうえあー @keppaware 2021年3月22日
あれは恋でした ↔️  恋じゃねぇ  の類似案件ですね?
0
TAR556@ユーザ企業社内SE兼中小企業診断士 @TAR556 2021年3月22日
そのままそれぞれの曲でそれぞれ入れ替えて歌えそうなのがおもしろい。
0
ナイススティック @nicestickmilky 2021年3月22日
「若者のみんな~聞いて聞いて~」って擦り寄ったり説教しようってもんでもないただの歌詞の考察だしうっせえいわれるようなもんでもないと思うけども
5
みずの とんび @lunatic_tonbi 2021年3月22日
「反抗」と「拒絶(分断)」の違いかな
1
マンボウ☆ロマンボウ (別名アルカディアー) @Fv0Manbou 2021年3月22日
「チェッカーズが元ネタだ!」って自分で気づいてツイートしてた若者とかも居たので、「チェッカーズが〜って言われたらうっせえんじゃない?」っていう感想は、若者に対する偏見では。
38
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年3月22日
子が親を乗り越えるのは宿命なので30〜40年で価値観は塗り替わっていく 社会のレールの見方の今昔とか分かりやすいよね まあどちらの歌も結局の所「反抗してるのに全く勝ててない」という致命的なとこだけは一緒なので、40年後のうっせえわがどうなってるか楽しみに待つことにする
24
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年3月22日
しかしストーリーの落とし込みの上手さは流石康珍化やな
6
sorakarajyosi @sorakarajyosi 2021年3月22日
面白い仕掛けですね。元ネタにはメインターゲットが知らない古いものを仕込んで、歌詞は若手社会人風で歌は女子高生。それを子供が真似して歌う。
13
sorakarajyosi @sorakarajyosi 2021年3月22日
「うっせぇわ案件」全方位に使えて便利。濫用注意。
2
フローライト @FluoRiteTW 2021年3月22日
過去のヤンキーソングと違い、相手の否定、コミュニケーションの拒絶になってるのが一番良くない。表の態度と違い、口に出さないけど溜めて内心はドロドロ。何を言っても芯のところに言葉が届かない。そういう奴はいつ寝首かかれるかわからないからビジネスでのつきあいすらできない。
8
白石玄人 @ShiraishiGento 2021年3月22日
birugorudi 最初そういうことも書いてたんですよね、残しときゃ良かった。
1
ハク @hgt963 2021年3月22日
mgonhs011 そうかなあ?ハチといい古川本舗といい、DECO27といい、歌詞もいいけどねえ(出せるPが古め…
30
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年3月22日
もしかしたらギザギザとうっせえわの間に筋肉少女帯の「蜘蛛の糸」とか入ったりするのかも
5
Sorano @Sorano03797030 2021年3月22日
ギザギザハートの子守唄は10代の視点でうっせぇわは20代の視点だと思ってるからうっせぇわを中高生が共感できるのか疑問
12
犬だよ @yaju5123 2021年3月22日
この手の抑圧への反抗っていつの世代も一緒だな。ただ、条件反射的に抑圧を嫌うのか、自分の幸福の追求にとって邪魔だから嫌い、そのギャップを認識出来てるかでかなり違うとは感じる
4
藤井秀明 @boc1211 2021年3月22日
「うっせぇわ」が「ギザギザハートの子守唄」のパロディなことは存じ上げなかったが、「ギザギザハートの子守唄」のパロディの「ちっせぇわ」なら知ってる(関西人並感)
1
slips @techno_chombo 2021年3月22日
FluoRiteTW 仕方ないんじゃないですかね。それこそ80年代の「ツッパリってのは「オレらのコトも分かってくれよ!」発露だったのに、オトナ側は対話じゃなく抑圧で対応策した。だから今のコたちは「アイツら言っても無駄」と表向きオリコウを装うコトを会得しちゃったワケですよ。
30
しめじちゃん @simiej01722872 2021年3月22日
歌詞の内容が「正しい優等生の私に何か足りないのは誰かのせいだ。愚かな奴は頭の出来が違う私に構うな。でも問題起こしたりはできないんで心の中でうっせぇわと思ってる」なので、不良が締め付けから解放されたかった歌とはそりゃ違いますよね
25
むぎちゃ @mugicha_gbf 2021年3月22日
若者そっちのけで老人たちが若者はこう思ってるに違いないって言い合ってるの草
2
半猫人(はんにょじん) @hannyozin 2021年3月22日
最後の方は考えの放棄というよりは、何やっても文句言うやつはいるんだから好きに生きてやる!って開き直りというか、至らないことがあっても自分は自分だしその上で足掻くしかないって感じだと思ってた。
1
占い羊 @wHozrPpLuqR09za 2021年3月22日
ニコニコ動画によくあるキャッチーな単語並べただけのやつじゃねえのって感じ。あの歌とかあの歌とか、いちいち意味や由来を考えたりするのか?
0
musomuso1234 @musomuso1234 2021年3月22日
単なるネタ曲なのになんでこんな大騒ぎになってるのかよくわからない
10
大時野終身名誉女児。 @dosukoitarouEX 2021年3月22日
ほんとに拗らせているやつは日本のおうたなんかきいていまちぇん。 意味どころかリスニングもできてない洋楽を聞いてるんです。 かくいうこの俺様はGreen dayを聴きながらアメリカはクソだなと思っていまシタ・・・。 日本語聴いてるうちは外野や当人がどうあれだいぶ真っ直ぐなモンデスワヨ。
8
電池切れ @hainankaidan 2021年3月22日
ギザギザハート世代をそういう社会だったんだよって擁護する大人はいるのにうっせぇわ世代をそういう社会なんだよと擁護する大人がいないのって色々透けて見えるな。 子供のままで甘えたい、いいこぶってるだけで信用できない、そういう子供を育てたのが今の大人だぞ。 子供は大人を反映してるだけなのに責任を子供に押し付けるなよ。
4
まるい りん @maruirin 2021年3月22日
なんだかんだ言って現状を肯定してる歌なんだな。いつも聞き流してるから、今歌詞を見て初めて知った。
0
マンボウ☆ロマンボウ (別名アルカディアー) @Fv0Manbou 2021年3月22日
中高生でも共感してる層はいる。自分も無職だけど社会人ネタに共感できる部分があるし、理屈より感情?って感じかなあ。サビもキャッチー。それに社会人でも中高生の歌に共感する場合はあるでしょ。
4
tera045 @tera9719 2021年3月22日
記憶が定かじゃないけど、チェッカーズはそんなに反抗の象徴みたいな扱いはされてなかったような気がする。ファッションでそういう感じを出しているとかそんな感じ。
13
キケリキー @KIKERIKI17 2021年3月22日
YAZAWA BOOWY 銀蠅 他にもいっぱいあったけど、歌詞繋がりでPOPSのギザギザが反抗歌にされ、尾崎だけが語られる。現象としては面白いよな。
1
ギ=サン @doceneve 2021年3月22日
ojisan_think_so オーケンは尾崎豊と同年代だから、あの時代も『陰キャ』は大人しく色々溜め込んでたって歌ですからねえ、オーケン自身は『ふざけるんじゃないぜ』的なパンクっぽさを見出してた
11
梨 佳 @rkrikark 2021年3月22日
尾崎豊やギザギザハートの子守唄も世代じゃなく、今の曲も世代じゃなく、その間だけどキレる若者と言われた世代(金八五期とごくせん一期が自分と同学年設定)な自分のこの手の曲ってなんだろう、と。
2
краб @kani_viiv_ 2021年3月22日
チェッカーズも横浜銀蝿も明菜の少女Aも、別に反抗心なんてない田舎の小学生でも歌ってたよ。歌詞に共感して流行った歌なんてあった?
4
あるふど @1WCzPF0jcLKan43 2021年3月22日
なんでこんなにいつまでも、鼻息荒くこの曲に構ってるんだろう 思春期の何かはあるだろうが香水と同じでみんな何となく聞いて消費してるだけだろ なんか悔しい要素でもあるの?
7
朝倉 @SN_Error 2021年3月22日
「ギザギザハートの子守歌」自体、当時30代半ばのプロデューサーのおっちゃんが考えたコンセプトにおっちゃんの作詞家とおっちゃんの作曲家をつけて"与えられた"お歌なので……
33
み(Togetter) @Togetter11 2021年3月22日
ギザギザハートの子守唄ってそこまではヒットしなかったイメージあるのであの世代の叫びみたいに語られることにちょっと戸惑う気持ちはある。チェッカーズの2曲目が涙のリクエストなのっていわゆる路線変更なんじゃない?
1
団扇仙人 @uchiwamaster 2021年3月22日
SN_Error まあその点はうっせぇわも似たようなもんでしょ
9
柿木まめ太 @kakinokimameta 2021年3月22日
ちっちゃな頃から→ギザギザハートの子守歌 言葉の銃口を→TrainTrain 代弁者→15の夜 チェッカーズだけじゃなく、いろんな反抗ソングのパロディ入ってると思った。
8
また凍結された @310203ts 2021年3月22日
とりあえず若者は歌詞の内容とかストーリー性とか気にしていないと思うしどうでもいいのでは。
0
ネオニダス a.k.a. 2Pac @Neonidus 2021年3月22日
うっせえわの歌がギザギザハートのオマージュから始まってるのは、それを聞いた大人世代が「これはちっちゃな頃から悪ガキで〜のインスパイアだね」とかわかったツラで言ってくるのを誘ってそういう奴らに対し心の中で「うっせえわ」って言うためのトラップやと思ってる。あるいはそれで篩にかけてるというか
15
ヴァラドール @_Vorador_ 2021年3月22日
うっせえわになるのは元ネタがどうのよりそのアプローチ方法だと思う
1
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2021年3月22日
昨日の笑点の大喜利で「うっせえわうっせえわ」の歌の歌詞につづけて気の利いたことをいってください、的なお題が出て、無事オワコン化が確認できたのでした。
7
ちゃたろう @ido_chatarow 2021年3月22日
むしろポリコレやらリベラルやらでやたらとお行儀よくさせられる社会に対してうんざりしてる人多くて、経済の停滞で諦め感も漂ってるわけで、それなりの大人でも「うっせぇわ」って共感するんじゃないかなーと思ってたんだけどな。それとこれとは別で、大人がこの歌の感想として小言言ってるのは残念。
6
フ一口 @fu_hitokuchi 2021年3月22日
おじさんがおじさん向けに「うっせぇわはギザギザハートの子守唄のオマージュ」って言ってるのを横から入ってきてうっせぇわって言う若者も余程自過剰ですよね。Twitterの良いところだと思います。
9
baloonfight @houseslestaque 2021年3月22日
1WCzPF0jcLKan43 「不良」という「モラトリアムにしか存在できないバカみたいな存在(by宇多丸)」が昭和の時代にしてたような叫びを、現在の社会人(という想定)が恥ずかしげもなく改まって主張してるのがイタ面白いからでしょ
3
和@三流ボイロ動画投稿者 @S7d03gI3AR0a9nN 2021年3月22日
うっせぇわの方は5年もすればだいぶ解る人減りそうだなぁ。良くも悪くも子供の感性の曲だ。
0
ROM用 @ROM1tgbud 2021年3月22日
反抗期の歌っていうより、反抗期に反抗出来ないまま大人になっても内心十代でうっせえわ連発してる歌なのな。
1
ドラゴンチキン ネリウマ⭐︎いさお @dragonchicken19 2021年3月22日
拒絶とか言ってるけどイントロで(聴き取れない)(聴き取れない)「見せつけて〜やれ〜」って言ってるよね。かまってちゃんの歌。
0
キケリキー @KIKERIKI17 2021年3月22日
存外、作詞した奴がただのチェッカーズファンで、「作詞の人そこまで考えてないと思うよ」案件な可能性もあるよね。
4
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年3月22日
rkrikark 氣志團がそのへんのはずだけどアレはヤンキー文化のリパッケージだしなあ その当時見たドヤンキーはバリバリの族バイクでMy Little Lover爆音で流してたけどそういうことじゃないんだろうな
1
蓮華ちゃん @hasuhanachang56 2021年3月22日
yattoraren_wa なので、私もこれだけ強い言葉のものがこれだけ流行れば何か言ってくる人が出てくるのは仕方ないという気持ちは同じように持ってはいまして、 だからってそういうのが今現在進行形で 好きなファンまで傷つけたりするようないい方書き方はちょっと気持ち考えてあげてほしいなと。 そこまですっかり同じ気持ちだということですね。
3
Ikunao Sugiyama @Dursan 2021年3月22日
関ジャムを見に来ました
0
カズマサみんC @mskazumin 2021年3月22日
年齢問わずあーだこーだ言いやすい歌だからこうやって話題になったのかな?これより高尚でも低俗でも話題にする人狭まっちゃうような絶妙さがある。
3
おろろ @fYe39CoQsPrbZVK 2021年3月22日
今の大人は皆、白のパンダを並べてお尻を見たら齧り付き毎日鉄板で焼かれて悪そな奴は皆友達だったすけの。歌とはそういうもんて感じるのもしゃーない
0
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2021年3月22日
敢えて言うが、本当の優等生はマナーや礼儀作法を注意されたくらいでは「うっせえわ」という崩しに崩しまくった言葉遣いはしない、というかできないと思う。「うるさいな」と思うことはあっても、本当の優等生の言葉遣いとしては崩しすぎてる。親と大喧嘩して家出するくらいの荒んだ心境でないと、こういう言葉遣いは出てこないんでないかと思う。
1
Sugiyama Satoshi/ DAHON Dash Altena2019/K3 2019 @satoshissatoshi 2021年3月22日
尾崎だのギザギザハートだの銀蠅だのに同調したことなんて一度たりとも無いわ。世代なんか代表していない。いじめっ子滅びろ。盗んだバイクは弁償して土下座しろ牢屋に入れ。
19
yomukipu @yomukipu 2021年3月22日
うっせぇわはいわゆるひきこもりが社会問題化してる現代の曲だから、やっぱり内向的なのかもなとは思う
0
memo @kosmosgarden 2021年3月22日
チェッカーズを知って『もしかして自分(たち)だって?』とソワソワと思い立ち素人バンドを始めた人はいても、それで不良になった人はいない、と思います。(最初から意図的に作られた) ノスタルジーイメージソングに賛成。
1
memo @kosmosgarden 2021年3月22日
「ララバイ」てそれはないやろう、というか。。。 小林旭とか渡哲也とかそういう1950年代~を風靡した不良青春映画に対してのオマージュ的イメージソング、あるいはパロディだと最初聴いた時は思いましたですね。 (正確には、あそこまでのスターではないながらにも映画主演をしていた俳優さんたちというのがいたのですが、ちょっと名前が思い出せないw)
0
memo @kosmosgarden 2021年3月22日
だって、とてもカラフルではっちゃけた可愛らしい格好をしてたんやもん、チェッカーズ。
2
しろがねさん @whitebellsweet 2021年3月22日
チェッカーズの真似をして制服や髪形の校則違反をし始めたのはド田舎の中学でもゴロゴロいたので、不良にはならないけどまねっこ程度を始める程度には影響力があったと思います。あの当時ベスト10とかに出てたら大体みんな見てたので。
1
memo @kosmosgarden 2021年3月22日
思い出しました。川口浩(1936~1987)映画デビュー作『親不孝通り(1958)』。
0
柘榴石(ざくろいし) @zakuro_ishi 2021年3月22日
uchiwamaster 『うっせぇわ』は作詞作曲20代だから、だいぶ違わなくね?
0
モサオ・バルカ @mosao82 2021年3月22日
この曲うちの子供(6歳)に刺さってる
1
memo @kosmosgarden 2021年3月22日
1984年『ギザギザハートの子守唄』の前の1982年に岩崎宏美さんによる『聖母たちのララバイ』というのが大ヒットしたのですよ。一時はそのアイドル人気もいささか下降気味だったのが火曜サスペンス劇場か何かの主題歌として徐々に知られてきての大ヒットとなりました。
0
ると。 @nec0lt 2021年3月22日
ギザギザハートの主人公は、父となり不器用ながらも娘の成長を見守った。その娘は、事ある毎に繰り返す父の武勇伝に「うっせぇわ」と内心毒づきつつも表面にはせず、両親の期待に成績で応えて、大学進学を機に1人暮らしを始めて、そして社会人となった。こういう事ですか?わかりません><
0
memo @kosmosgarden 2021年3月22日
で、その時にあの「ララバイ」が復活したわけですが、あえていえば『ギザギザハートの子守唄』は〈往年の不良青春映画〉が体現していた時代へのオマージュであると共に、ここで区切りをつけるための鎮魂歌のようにも思えましたですね。以上です。
0
み(Togetter) @Togetter11 2021年3月22日
whitebellsweet チェッカーズブームも涙のリクエストのヒット以降では
1
ハドロン @hadoron1203 2021年3月22日
tatsuiritama きくおさん、鬱P、ピノキオPとか。チェッカーズなんて、テレビで流せるレベルの歌謡曲だよ。
0
sorakarajyosi @sorakarajyosi 2021年3月22日
kakinokimameta それ楽しいですね。過去の反抗ソングの総括か。
1
しろがねさん @whitebellsweet 2021年3月22日
Togetter11 涙のリクエスト自体は、田舎の中坊にはあまり刺さってなかったですね。露出が増えて改めてギザギザハートの可愛いけどワルい感じがまず中女に受けて、そこからモテたい男子にウケたんです。民放2つしかない田舎のリアタイ事情です。
1
み(Togetter) @Togetter11 2021年3月22日
whitebellsweet ギザギザハートの子守唄がチェッカーズブレイク以降に評価された流れはありましたね。検索するまで3曲目くらいのイメージだったのでデビュー曲だったの意外でした
1
memo @kosmosgarden 2021年3月22日
所属芸能事務所としては特に売り出すつもりもなくていたにも関わらず、そのデビュー作を聴くや否や家出までしてしまうファンが続出したためにそれで社会問題とまでになったグループが80年代後半にいたんだけど、尾崎耳の人たちにとっては余りにも高周波すぎて(?)もしかして聴こえなかったのだろうかという、そういった疑問はずっとありましたですね。
0
memo @kosmosgarden 2021年3月22日
コンサート会場へ向かう電車に乗ったその時から、グループメンバーへの親しみを込めての軽口だろうが何だろうが殺されたくなければ絶対に言ってはいけない、というぐらい当時に緊張感に満ち満ちていました。あれからではなかったかな、地球を探して、特に日本人女性が海外各地いろんなところへ出かけていくようになったのは。
0
梨 佳 @rkrikark 2021年3月22日
ojisan_think_so あー…確かに流行ってたし高校の文化祭の後夜祭で毎年生徒会が踊るという謎の出し物があったけど、そういうことじゃなくて、その当時の思春期的な反抗期的な鬱屈に寄り添う曲ってなんだったっけなぁって。あの曲は前の時代のそういう文化へのオマージュ的な感じだったから。最近になって今日から俺はが流行った、みたいなノリだったのかなって
0
団扇仙人 @uchiwamaster 2021年3月22日
rkrikark 世代的にそのへんの「鬱屈ためた思春期ソング」ってだけならバンプあたりになる気がするけど、「反抗」要素が薄いですね
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年3月22日
rkrikark 下手したらそのへんで既に「反抗」ってテーマは死滅してて今回のうっせえわは現代風のリメイクなのかもね
0
ニックネーム @mackerels_saba 2021年3月22日
一部分のオマージュ見てほかは大して似てないのに全部結びつけて画像までつけてるところがうわあって思う。
1
たちがみ @tachigamiSama 2021年3月22日
コンビニに流れてたから聞いたけど こうやって何度も話題にする程の曲か? 社会への反抗っぽい歌詞というだけでどの時代にもあるような内容では?
6
たちがみ @tachigamiSama 2021年3月22日
流行りのエンタメを雑に分析()して持論を主張する山車にしているいつものやつ
7
オコックス @okox22 2021年3月22日
rkrikark SADSじゃないですかね、00年くらいで反抗と鬱屈といえば。IWGPやってますし。
0
キャンプ中毒のドライさん(Drydog(乾)) @drydog_jp 2021年3月22日
mgonhs011 文学性のある歌の定義から始めるべき案件ですね
5
🎀かつまたいさ🎀(一輪車📛) @kamiomutsu 2021年3月22日
俺は普通によい子だったのでギザギザにはまるで共感もなかったのだが、今の子だってうっせえわにまるで共感できない子の方が多数なのでは?この曲の主人公の荒み具合も大概やで。
3
ロセ @Cerro0405 2021年3月22日
流行りのものがでるたびにあーだこーだ分析めいたものが出る馴染みの風景
4
団扇仙人 @uchiwamaster 2021年3月22日
okox22 あれ「歌詞なにいってるか全然わかんないけどなんかかっこいい」の象徴みたいな曲だからなぁ…
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年3月22日
ルーザーで刺さる歌詞といえばイエローモンキーだけどアレは反抗っていうか鬱屈って感じだしなあ
2
omochi_mochi @omochim18747763 2021年3月22日
ギザギザだのうっせぇ言える世の中が続くほうがええわ 黙って働き笑って納税! お年寄りに優しく!年金忘れず収めよう! 消費増税喜んで!子供は3人、介護は4人! みたいな歌が流行る世の中のがヤバいわ
14
しょうさん@応援中♪ @shousan_na 2021年3月22日
尾崎が若者のバイブル扱いなのは凄い違和感があります。「卒業」の83年は、もう校内暴力が収まりかけた頃で、完全に後追いでした。しかも本当に売れたのは彼の死後で、オジさん、オバさんがヤンチャできなった若かりし頃を懐かしんで買ったのが事実だったりする。当時の若者は、すでに三無主義と言われていました。
6
もち @mchimochiokaki 2021年3月22日
たしかに年頃ってそう考えるし、その思いを代弁してくれる歌に惹かれるよねぇ。ぐらいに思って見てたけど、そこまであれこれ言うものでもないでしょ
1
うさが @Unlimited_SaGa 2021年3月22日
mgonhs011 いまだに「ボカロ曲」を一括にできると思ってる古い考え方の人間が生き残っていることに驚きを覚えます。おまけに、この曲って歌手がボカロ曲カバーで知名度上げただけで曲そのものはボカロ曲でもなんでもないんですよね。ボカロっていうのはジャンルではないし、その中には様々なレベル、ジャンル、考え方のアーティストや曲が星の数ほどひしめいてるんですよね。ポップソングがほとんどなので比較するとすればjpopでしょうが、その中に素晴らしく文学的な歌ってどれほどあるんですか?
4
〆tg-ak @tgak20 2021年3月22日
toget9999 歌い方気に入ったなら是非彼女の歌うボッカデラベリタと乙女解剖も聞いてみてくれ。もっと激しいから
1
うさが @Unlimited_SaGa 2021年3月22日
歌詞における文学というのは韻を踏む、曲に合わせるなど、独特な部分がありますが、その意味においては平均的なjpopよりも先進的、実験的な曲はたくさんあるんですよね。jpopにおいても音楽的文学的に高等でないものが流行るということは多々ありますし、爆発的に伸びを見せてきたボーカロイド使用曲にもそういう傾向はあります。個人的にそういうものの中に好きな曲は少ないですし、うっせぇわもどちらかと言うと嫌いでが、自分がよく知らないものに知識がないゆえの的はずれな罵倒をする人は看過できるわけでもありません。
1
梨 佳 @rkrikark 2021年3月22日
皆さんのコメント見て「反抗」含めるとピンと来なくなる世代なのか、とちょっと納得できました。どこかで「分かりやすく反抗する」「ヤンキー」をちょっとダサいというか笑いの対象として見てた世代だったのかも。 だからこそ鬱屈を溜め込んで「キレる」世代だったのかもしれないですね、私の若い頃って。
7
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2021年3月22日
こういう講釈を垂れるのは致命的()ってweb記事でライターが書いてましたし、 対消滅とかすればよくないすか
0
枯れた雑草 @sPEr54fuQYqCh3A 2021年3月22日
そもそも反抗するのに犯罪を選ぶ時点で救いようの無い馬鹿だなというのが同年代の大多数の意見だからね。 麻薬やって他人の家で死んだやつのことなんて当時の若者も対して気にもしてなかった。
0
左きき @FPLJqTTZqoTLLzd 2021年3月22日
オマージュと言われても関係性が見られるのは1番上だけで後は別物だし、遊びで組み込んだだけでオマージュの意識はないと思うよ。
0
せせり @alice638 2021年3月22日
hgt963 個人的にはジミーサムPさん・ささくれPさん・クロワッサンシカゴさん・shrさん・田中Bさん・BeatSeaさん・あえるさん・パトリチェフさん等も推したい
2
Shiro @shiromagenta 2021年3月22日
mutsuki_june 腕を切ってもいいけど切り落としちゃだめー!
0
Shiro @shiromagenta 2021年3月23日
omochim18747763 戦時中の歌みたいになってますね
1
うさが @Unlimited_SaGa 2021年3月23日
hgt963 alice638 BuzzGさんとかクワガタPとかのバンド系サウンドを作ってた人も上手に歌詞を作っていたと思いますね。八王子PとかKzさんもかなり好きです。ここ数年だとポリスピカデリーさんが音楽の幅、ボカロのチューニングのレベルともに最高だと思ってます。そこまで有名じゃなくても、全くの無名でもいい曲を作る人は本当にたくさんいますよね。
1
TOPNEP @nepnofan 2021年3月23日
yattoraren_wa なんか反抗期あるのが普通みたいに主張するのおかしくないか(笑)
3
六月(むつき)@泡吹いてます。 @mutsuki_june 2021年3月23日
omochim18747763 歌詞とかぜんっぜん違うけど「トリセツ」(西野カナだっけ?)にその匂いを凄く感じる。
0
ougontokei @ougontokei8 2021年3月23日
若者の理解者おじさんが尾崎憎しを若者に押し付けて陰キャだった当時の鬱憤を晴らそうとしている。我々の世代はそういう音楽すらもメディアに与えられていたから、そこに反発してただただマイナーなものを探していたけど、内容までわざわざ反抗的なポーズ取ってみるほどじゃなかったでしょう。ドブネズミなんてどっからどう見ても汚いわ、つってね。
2
ougontokei @ougontokei8 2021年3月23日
トリセツの頃はさだまさしとは違うんだよっておじさん達言ってたなあ。
2
島村鰐 @wani_shima 2021年3月23日
まあ私自身は全く問題なく悠々と生きているのでどっちも他人事なんですけどね
0
みなせ @minase_gawa 2021年3月24日
「うっせぇわ」は明らかに社会人になってからの曲なのに、高校生くらいがモチーフの「ギザギザハートの子守唄」と噛み合うところだけつまみ食いで並べてどうこう言うの不誠実過ぎやしませんかね?
1
みなせ @minase_gawa 2021年3月24日
飲み会のマナーを押し付けてきたり、思い出話を繰り返したり、妙に若いつもりでいたりする上の世代に対して、その世代が若い頃に流行った歌にからめてこれだけ明示的に不平不満を並べたら上から目線で若者劣化みたいな批評されるの、まさに「そういうとこやぞ」としか思えん。
0
みなせ @minase_gawa 2021年3月24日
自分のやるせなさを「わかってくれ」とも言えず、言語化できず曖昧なまま訴える「ギザギザハートの子守唄」と、上世代はクソだと、その理由を一つ一つ並べて懇切丁寧に言語化してくれてる「うっせぇわ」で比べると、世代がどうというよりも、子供と大人(若者)では社会の見え方や社会との関わり方が違う。という方がキモなのではないか。
0
フローライト @FluoRiteTW 2021年3月24日
techno_chombo そら違うやろ。そもそも今の子たちが80年代の流れなんて知ったこっちゃないわ
0
酔うかい?ウオッチ @midalixyseba 2021年3月27日
tera9719 むしろ発表時はそんな売れたわけでもなくて、次の涙のリクエストでアイドル人気が出たから「デビュー曲も聞いてみよう」の流れだし、ファンのメインは十代二十代の全然不良でもない女の子だったし、作詞したのはおっさんだし、等のチェッカーズは元々不良少年だけどギザギザハート渡されて「え…何なんこの演歌みたいなの」だったそうだし共感ってなぁ…と思う。うっせえわ側も別に歌詞に共感して売れてるわけじゃないんじゃ?
0
あきこ@考え中 @aki_1go 2021年4月1日
「うっせえわ」は究極の自虐歌詞なんだよなあ。わかって口ずさんでる子どもは少ないと思うが。 「もう見飽きた」「二番煎じ言い換えのパロディ」と揶揄しながら、自分がそれを歌っている皮肉に気づいた頃には、少し大人になっているっていうね。
0