茂木健一郎さん連続ツイート2011年8月

「友人」「にんげん」「爆発的なははは」「男の子パワー」「透明ランナー」「カードが揃うこと」「変化率」「金言」「キャリア・パス」「受け身」「ぐん!」「ネット・アスリート」「アウェー」「夢」「空白」「受験の罠」「民主党の代表選は誰でもいいよ」「創造の秘密」「風」「コンプレックス」(2-5抜けあり)「個人の歴史」「笑いの政治学」「混ざった状態がここちよい」「島田紳助さんの引退」「いいところをのばせばいい」「筋肉混乱(まっするこんふーじょん)」「涙」「『政局』報道の『属人』的性格」「私と車」「民間と政治」「言葉にとらわれずに飛翔すること」
0
茂木健一郎 @kenichiromogi

「連続ツイート」をお届けします。文章は、その場で組み立てながら即興的に書いています! 今朝は、人生で一番大切なものの一つについて。

2011-08-01 07:31:36
茂木健一郎 @kenichiromogi

とも(1)友人は、人生における大切な宝物である。男にとって、同性の友人は、かけがえのない絆になる。尊敬し、バカを一緒にできて、そして時にはライバルとなる。友がいることで、どんなに人生は豊かになることだろう。楽しみが増すことだろう。

2011-08-01 07:33:11
茂木健一郎 @kenichiromogi

とも(2)友人は、利害関係とは関係ない。ただ、一緒にいることに意味がある。一言にはっとしたり、共に笑ったり、同じことに怒りを感じたり、ふたりで走ったり。友といる時のその時間の流れは、交響曲のひびきのようだ。

2011-08-01 07:34:48
茂木健一郎 @kenichiromogi

とも(3)ともは、一番苦しいとき、つらいときにさっと手をさしのべてくれる。まっさきに連絡をくれる。しかも、そこで発する一言が、事態の本質と、それに対する自分の性質のあれこれをつかんでいる。友は、自分の鏡である。難事において、自分の姿を見ることで心が落ち着くのだ。

2011-08-01 07:36:01
茂木健一郎 @kenichiromogi

とも(4)友は、自分の本質を見抜いてくれる。いつも自分が大切だと密かに思っている価値観、こう行動すべきという倫理基準を、友は酒を飲むそのひとときの中で言い当てる。時には、自分が気付かなかったことも、さらりと言ってくれる。そのことで、より絆が深まる。

2011-08-01 07:37:04
茂木健一郎 @kenichiromogi

とも(5)深く結びついた友には、そう頻繁に会う必要はない。もうわかっているから。半年くらい会わなくても、平気である。しかし、だんだん会いたくなってくる。会うと、「よう!」とまるで昨日の続きのように、すぐに深い話に入れる。あるいは、ただたわむれているだけでいい。

2011-08-01 07:38:48
茂木健一郎 @kenichiromogi

とも(6)ある人の友がどのような人かを見ると、その人がどんな人がだんだん見えてくることがある。何を大切にしているか、どのように世の中を見ているか。友の選択が、その人の社会に対しての一つの価値観、感覚のステートメントとなっている。

2011-08-01 07:39:48
茂木健一郎 @kenichiromogi

とも(7)他人の成功に対して嫉妬する心が人間にはある。ところが、友の喜びは、本当にうれしい。どんなに苦労しているか、知っているから。風に向かって立っていたことをわかっているから。そして、友の喜びは、自分の喜びにもなる。なぜなら私たちはある種の運命共同体だから。

2011-08-01 07:41:07
茂木健一郎 @kenichiromogi

とも(8)私は昨日信哉と飲んでいて、真の友とは何か、もう一度思いだしたような気がした。「こんな純粋な人はいないからな」「でも、お前は誤解されやすいから気をつけろ」。酒を飲みながら、信哉が肩をつついてくる。おまけに、よっぱらってツイートしやがって。ありがとう、信哉。

2011-08-01 07:42:37
茂木健一郎 @kenichiromogi

とも(9)信哉だけじゃない。大切な友人がいて、本当に恵まれて、幸せだと思う。お前ら、分かっているよね? 尊敬しています。困った時は、助けます。助けてくれて、ありがとう。星の友情は、人生の最高の宝ものだと思う。これからも、よろしくね。オレもがんばるぜい!

2011-08-01 07:44:09
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、「友人」についての連続ツイートでした。私の友人たちよ、みんなありがとう!

2011-08-01 07:44:28
茂木健一郎 @kenichiromogi

「連続ツイート」をお届けします。文章は、その場で組み立てながら即興的に書いています! 今朝は、「にんげん」について。というよりは、「にんげん」に託した、ある紀行文であります。ああ、ゆったりと歩いて、旅してみたい。

2011-08-02 05:55:55
茂木健一郎 @kenichiromogi

にんげん(1)武者小路実篤の「新しき村」が、まだ存在していると知ったのは、学生の頃だった。埼玉にあるという。ある日、私は東武線に乗ってでかけてみた。小さな駅で降りて、てくてく歩いていく、やがて、細い道をめぐって、田んぼに出た。

2011-08-02 05:58:47
茂木健一郎 @kenichiromogi

にんげん(2)たんぼの向こうに、「ひょっこりひょうたん島」のような緑の塊がある。そこが、新しき村だった。あぜ道を近づいていくと、次第に、桃源郷に至っているような感覚になってきた。村の道に入るとすぐに、養鶏場があって、たくさんのニワトリたちがこっここっこと言っていた。

2011-08-02 05:59:47
茂木健一郎 @kenichiromogi

にんげん(3)進んでいくと、やがて、「新しき村」の中心に来た。広場のようなものがあって、その横に「食堂」と書いてあった。「食堂」には、野菜や卵が置いてあって、代金を置いてもちかえってよいようになっていた。野菜や卵の横には、板きれに書かれたメッセージがあった。

2011-08-02 06:00:59
茂木健一郎 @kenichiromogi

にんげん(4)「新しき村」の食堂に置かれた板きれには、「にんげん」がたくさんあった。「下の畑に行っています。 にんげん」「代金は箱の中に入れておいてください にんげん」呼びかけられている私も、またにんげんなのだろう。武者小路実篤の理想郷には、にんげんがたくさんいた。

2011-08-02 06:07:05
茂木健一郎 @kenichiromogi

にんげん(5)「新しき村」は、晴耕雨読を目指している。「村人」たちは、畑仕事のかたわら、芸術活動をする。村の中には、武者小路実篤の画賛や、「村人」たちの作品が置かれた美術館があって、中に入ってながめてみると「にんげん」として、心豊かな気持ちになるのだった。

2011-08-02 06:08:50
茂木健一郎 @kenichiromogi

にんげん(6)私は、「新しき村」がすっかり気に入ってしまって、何度も通った。そのうちに、周辺の地理にも詳しくなった。村を散策した後、歩いて、毛呂山に出る。そこから八高線で小川町に移動するという「必殺ルート」を開拓した。小川町には、大いなる喜びが待っていたのだ。

2011-08-02 06:10:24
茂木健一郎 @kenichiromogi

にんげん(7)小川町のよろこびと言えば、「忠七めし」で有名な「二葉」。山岡鉄舟が、当時の主人の忠七に、「調理に禅味を盛れ」と言ったのがきっかけで生まれたという、「日本三大名飯」の一つ。この忠七めしが、すさまじい旨さなんだよ、これが、さあお立ち会い。

2011-08-02 06:12:36
茂木健一郎 @kenichiromogi

にんげん(8)「二葉」の料理は、本当に技術水準が高くて、おいしい。最後に出る「忠七めし」は、あれこれ腹一杯食べたあとでも何杯もおかわりしてしまうという、信じられない旨さ。女性でもおかわりしてしまう。ある種のお茶漬けなんだけど、ただのお茶漬けじゃないんだなあ。

2011-08-02 06:14:04
茂木健一郎 @kenichiromogi

にんげん(9)にんげんとして、ゆったりと田園を歩いて「新しき村」に出て、「にんげん」の看板を見て、そこから毛呂山まで歩いて、八高線で小川町に出て、「忠七めし」を食べて帰ってくる。この必殺わざの楽しみを、最近やっていない。いろいろ大変な日々の中で、なつかしく思い出す。

2011-08-02 06:15:27
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、「にんげん」について、ではなかった、「新しき村」から「忠七めし」に至る、私のおすすめの小旅行についての連続ツイートでした。

2011-08-02 06:16:05
茂木健一郎 @kenichiromogi

「連続ツイート」をお届けします。文章は、その場で組み立てながら即興的に書いています! 今朝は、私たちを元気にするあるものについて!

2011-08-03 08:05:45
茂木健一郎 @kenichiromogi

ばは(1)昨日、新潟に本拠を置くお笑い集団NAMARAの江口歩さんと話していて、爆発的な笑いの持つパワーを思いだした。もう腹を抱えて、苦しいほど笑っている時、私たちは何かから開放されている。もっと自由になっている。空気を読むのではなく、空気をつくっている。

2011-08-03 08:07:26
茂木健一郎 @kenichiromogi

ばは(2)川柳川柳師匠の「ガーコン」を末広亭で最初に見た時の衝撃は忘れられない。軍歌を大声でがなりたてる。日本が勝っていた時は明るいが、負け始めると暗くなる。そして終戦とともにジャズの洪水。爆発的に笑ったのは、それで何かから開放されたからだろう。

2011-08-03 08:08:51
残りを読む(290)

コメント

みよしと もこ(ニョロニョロ)おおらかお直し部 @kobesea 2011年8月3日
モギケン連ツイ更新しました。お題は「にんげん」「爆発的なははは」
0
みよしと もこ(ニョロニョロ)おおらかお直し部 @kobesea 2011年8月4日
モギケン連ツイ更新しました。今日のお題は「男の子パワー」。
0
みよしと もこ(ニョロニョロ)おおらかお直し部 @kobesea 2011年8月22日
モギケン連ツイ更新しました。8月4日分あたりからw
0
みよしと もこ(ニョロニョロ)おおらかお直し部 @kobesea 2011年8月25日
モギケン連ツイ更新しました。今朝のお題は「いいところをのばせばいい」。
0
みよしと もこ(ニョロニョロ)おおらかお直し部 @kobesea 2011年8月31日
モギケン連ツイ更新しました。今朝のお題は「言葉にとらわれずに飛翔すること」。 今月分はこれで終了(のはず)。
0