2021年4月1日

掌小説語り~自作つぃのべる集~76

自作つぃのべるのまとめです。 2019年8月分。
0
リュカ @ryuka511

貴方は貴族ではなかったし、私も貴族ではなかった。舞踏会の日、それぞれの主のお供をしていただけ。最初から嘘八百の恋だった。それでもこの想いだけは、嘘じゃなかった。使用人ではなく、私が私でいられた時間。幸せだった。お嬢様が貴方を好きにならなければ。 #twnovel

2019-08-01 00:59:58
リュカ @ryuka511

「あまり軽率に町へ下りるのはお控え下さい」「何故です?」「どこで不遜な輩がお命を狙っているか」大臣にとって民衆に寄り添い絶大な支持を得ている王妃は、邪魔な存在だった。大臣の言葉に王妃は優雅に笑ってみせる。「そういう事にしておきましょう。白魔法は治癒だけではないのですよ?」 #twnovel

2019-08-02 01:18:52
リュカ @ryuka511

歳を重ね昔の様には踊れないと、君は表舞台から身を引いた。後進の育成に力を注ぐ君は、厳しくも温かい講師として若いダンサー達から慕われている。その姿はダンサーではない僕をも惹きつける。これからは若い子の時代だと、私などもう駄目だと言うが、それでも君は美しいのだと知ってほしい #twnovel

2019-08-03 00:12:15
リュカ @ryuka511

「全く、貴方って人は」突然テラスへ現れた怪盗に女優は溜息を吐く。「受け取れないと言っているでしょう」差し出された宝石をそっと押し返すと怪盗は微笑した。「往年のキネマ女優と怪盗の甥の密会、名画も霞む一場面ですね」「早く足を洗いなさい」「止めませんよ、貴女を手に入れるまでは」#twnovel

2019-08-03 23:13:19
リュカ @ryuka511

報告書の一文に頭を悩ませている。「人間はずるくて嘘つきで優しい生き物だ」とある。ずるく嘘つきなだけならば躊躇いなく滅ぼすのだが。情が移ったのではないか?公正な判断をせよと言うのに。再調査を命じると「人間は優しいがずるく嘘つきな生物」と報告が上がってきた。どうしろというのだ #twnovel

2019-08-05 00:15:44
リュカ @ryuka511

薔薇いっぱいのトランクを貴方に贈った。敢えて贈り主もメッセージも添えなかった。貴方なら解ってくれるはず。届いた頃を見計らって会いに行く。貴方の驚く顔が目に浮かぶようだ。999本の薔薇なんて困らせてしまうだろうけど。しかも全て黒。これだけの黒い薔薇を集めるのは大変だったんだよ #twnovel

2019-08-06 00:19:16
リュカ @ryuka511

偉大なる王、完全なる支配者。だがその治世もここで終わりだ。やっとここまで来たと包囲した城を見上げる。王が道を誤り、臣下がそれを正さぬなら、民がその役割を担うのだ。城を追われた元王族、民になり切れぬ私が、王と民を断ち切る事が出来たなら、私も王国の民と認めてもらえるだろうか #twnovel

2019-08-07 00:37:31
リュカ @ryuka511

「本当に行ってしまうの?」「あなたはもう独りじゃないでしょ?」困り顔の君に伸ばした手は、君の肩をすり抜ける。「あなたの孤独が埋まるまで傍にいようと思った。でも、あなたは独りなんかじゃないって気づいた。私は独りで死んだのに」#twnovel 冷たい君の手が僕の喉を掴んだ。「一緒に行きましょ?」

2019-08-08 00:07:14
リュカ @ryuka511

君が諦めた世界には、僕の守りたい人達がいる。君もその1人だったけど、君が僕らに刃を向けるなら、僕は戦うしかない。僕の言葉も想いも、君にはもう届かない。それは僕にも責任があるのだ。僕の守りたい人を守りきる。それは君を取り戻す事に繋がるかもしれないという、僅かな希望を胸に。 #twnovel

2019-08-09 00:29:04
リュカ @ryuka511

好きなものだけ集めて城を築いた。そこで私は王だった。少しでも不快にさせられたらすぐに捨てる。それの何がいけない?誰だって不愉快になりたくないだろう?捨てたもの達が冷たい目を向ける。そんな目で見るならなぜ私に優しくしない?先に私を裏切ったくせに。もう何も、信じられない愛せない #twnovel

2019-08-09 23:27:07
リュカ @ryuka511

「貴方は大丈夫だから、10年後の未来から来た私が保証する」君は奇妙な事を言う。大手術を控えた僕を励まそうとしてるんだろう。嘘などつけない生き物のくせに、そんな壮大な嘘をついてまで励まさなくてもいいよ。覚悟はできてるから。でも、10年後の君にまた会いたいから、騙されてみようか #twnovel

2019-08-10 23:03:50
リュカ @ryuka511

強大な魔王すらも操る悪魔がいると聞いた青年は、悪魔も倒すべく旅を続けた。だが、そんなものは存在しなかった。青年を恐れた人間達が、彼を遠ざけるべく流した作り話。青年がそれを知ったのは、魔界の奥深く、もう戻れない場所だった。絶望し、そして悪魔になった英雄の話を、誰も知らない #twnovel

2019-08-12 00:33:21
リュカ @ryuka511

貴方が生まれた日、私は貴方を守る為に遣わされた。毎夜貴方の傍で眠り、幼い貴方の遊び相手となる内に、貴方は私を友と呼んだ。この絡繰の身体に、心宿して命は宿さず。貴方の成長を喜びながらも貴方に置いていかれるようで怖かった。たとえ貴方が私を必要としなくなっても、私は貴方を守る #twnovel

2019-08-12 22:34:35
リュカ @ryuka511

身を焦がす激しい恋に憧れた。けれど、私は王国の利になる婚姻を求められる。数多の縁談の中、気になる人がいた。独立したばかりの新興国が後ろ盾に我が国を求めている。臣下は皆反対した。我々も刃を向けられるかもしれないと。王国を背負うにはそんな気概が必要だ。害意を愛に変えてみせる #twnovel

2019-08-13 23:47:27
リュカ @ryuka511

この試合は賭けの対象になっているらしい。控え室に突然現れた男は、机に大金を積み上げた。これで私に負けろと言う。私が負ければ大番狂わせが起きるのだと。冗談じゃない、と言いかけた時、胴元はこの闘技場の主だと言われ考えが変わった。私が負けて奴が大損すれば、私達は自由になれる #twnvday

2019-08-15 00:20:44
リュカ @ryuka511

これは私が恋した人です。こっちは愛し合った人、あれは私を憎んだ人。どれも美しいでしょう?心の熱量が最も高まった瞬間を狙ったのですから。愛も恋も憎悪も恐怖も、あるがままの人の心。醜くも美しいその瞬間を永遠に。さて、私が最も心を許したあなたは、どんな美を見せてくれるのかしら? #twnovel

2019-08-15 23:43:47
リュカ @ryuka511

幸せなこの夢を永久に見せ続けてあげる。だって、夢の終わりは孤独でしょう?覚めてしまったら、この愛に満ちた幸せな世界は消え失せて、あなたは独りぼっち。そんな世界に戻りたくないでしょう? あなたの望むものは、ここにしか無いの。辛い現実へ戻る扉なんて、壊してしまいましょうね。 #twnovel

2019-08-17 00:25:07
リュカ @ryuka511

天狗が子供を攫っていくと奉行所に数多の訴えがあった。天狗なぞいるはずなかろう。何者かが天狗を装っているに違いない。即刻捕らえねば。その時、風も無いのに行灯の火が揺らぎ消えた。胸騒ぎに外へ出ると、人ならざる大きな影が屋根を駆ける。馬鹿な。魑魅魍魎の時代は終わったはずなのに #twnovel

2019-08-18 01:12:45
リュカ @ryuka511

教会で孤児達を保護し育てている。子供達は我々を慕ってくれているが、彼らの純粋な笑顔は私を苦悩させる。我々は健康管理の為と称して穢れなき彼らの血を採取し、吸血鬼達に売っているのだ。これは街を、ひいては子供達を吸血鬼の魔手から守る為に、仕方のない事なのだ。 #twnovel 否、私は罪深い。

2019-08-19 00:16:48
リュカ @ryuka511

古い手紙に昔の日記や写真、過去を全て火にくべる。叶わなかった恋も夢も、美化され現実とかけ離れていくだけの思い出も、ぜんぶぜんぶ灰になればいい。戻れないあの頃を偲ぶのはもうやめよう。強すぎるそれは未来を閉ざす呪いになるから。追憶を飲み込んだ炎が、未来を照らしてくれるように #twnovel

2019-08-19 23:58:16
リュカ @ryuka511

倒れていた子供を手当してみれば、その子は吸血鬼だった。動揺したが痩せ細り弱った子供を見捨てられず、以後ずっと世話をしている。どうやら孤児のようで、自分が吸血鬼という認識は無いようだ。私を親と慕ってくれるが、身上を知った時この子はどうするのか。その時が来ないよう願っている #twnovel

2019-08-21 00:27:26
リュカ @ryuka511

秘密はパイの中に隠しましょう。あの人への想いのような、真っ赤なベリーのジャムの中に。知られちゃいけない大事な秘密。パイに秘密も包んだら、みんなで食べてしまいましょう。なんにも知らないみんなもこれで共犯者。あの子はいない。たくさんの美味しいパイに、あの人が笑ってくれました #twnovel

2019-08-21 23:52:21
リュカ @ryuka511

王国や惑星なんてちゃちなものじゃない、銀河1つを君にあげて僕は想いを伝えよう。君に相応しいものを何だって手に入れてみせる。僕にはそれだけの力があるのだ。何だって叶えてあげよう #twnovel 何でも手に入るのは、何も手に入らないのも同じ。何もいらない。私の望みは、貴方には決して解らない

2019-08-23 00:31:23
リュカ @ryuka511

夢は必ず現実になると信じていたあの頃。無邪気な子供の頃には、夢しかみなかった。今じゃ、夢を破り捨てる日々。もう大人にならなきゃ、現実を見なきゃ。そう言い聞かせて過ごす。現実はこんなにも暗く単調なものなのか。あの頃の夢が眩しすぎたのだろう #twnovel そうではないと、夢の欠片は叫んでる

2019-08-23 23:09:48
リュカ @ryuka511

容姿が似ていると王の影武者に抜擢され、少年が村を出てから数十年の時が流れた。戦に王朝は斃れ、役目を無くした彼は村に帰還する。自分を責めて泣く彼を村人は労う。危険な役目をよく務めたと、戦で王は覚悟していたはずと #twnovel 違うのだ。死んだのは影武者。私を庇い「生きて下さい」と微笑んで

2019-08-25 00:27:47
残りを読む(6)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?