2021年4月1日

掌小説語り~自作つぃのべる集~77

自作つぃのべるのまとめです。 2019年9月分。
0
リュカ @ryuka511

太陽の光は好きだし野菜も食べる。しかし吸血衝動も沸き人を襲う事もある。私を襲った奴はなぜ私を完全な吸血鬼にしなかったのか。迷惑な。ある日、衝動のままに襲った女には子供がいた。私を父と思い込んでいるから、仕方なしに面倒を見ている。罪滅ぼしのつもりか?だから私は中途半端なのだ #twnovel

2019-09-01 01:22:51
リュカ @ryuka511

あの日、誰にも気付かれないよう君を連れ去っていたら良かっただろうか。親が決めた婚姻、相手は有力貴族の御曹司。敵に回してはいけない家だ。僕が消されるだけなら構わない。だが、君や家族にも被害が及ぶと考えると動けなかった。君は失望しただろう。許さなくていい。君の幸せを祈らせて #twnovel

2019-09-03 00:23:21
リュカ @ryuka511

愛を喰う魔物たちに人々の愛は喰らい尽くされた。愛を失くした人々は平然と傷つけ憎み合う。愛を知ろうとした魔物たちは愕然とした。愛とは、無尽蔵に湧くものではなかったのか。罪悪感と同時に失望した魔物たちは、喰らった愛を吐き出した。人々は憎み合い、魔物たちは愛し合い生きたという #twnovel

2019-09-04 00:00:22
リュカ @ryuka511

カフェから向かいの高層ビルを見上げる。窓に青空を映したビル群は、まるでグラフィックのようで現実味がない。そんなビルの一つで、君は仕事をしている。スーツを着て綺麗なビルで働く君と、ラフなシャツとジーンズで昼間からカフェで暇を潰す僕。釣り合うはずがないのだと、思い知らさせる #twnovel

2019-09-04 22:50:23
リュカ @ryuka511

彼は試験管で生まれ培養液の水槽で育っている。水槽を快適に保ち愛情込めて話しかける事数年。育った彼を水槽から出し反応をみる。私を見ておはようと微笑した。彼は実験体であり私の大切な子。優しい子との穏やかな日々。成功だ。さぁ、世界に問おう。科学から生まれた命は間違いでしたか? #twnovel

2019-09-05 22:33:43
リュカ @ryuka511

あの頃の日記を読み返せばそれは一目瞭然だった。君と僕が壊れるまでの過程が、そうとは気付かないままに綴られている。もう無理なのに、繋ぎ止めようと必死で。悪あがきの末に、先に終わりを告げたのは君だ。傷だけを残した恋だったけど、君との恋に後悔は無い。君も同じだといいのだけれど #twnovel

2019-09-06 23:26:42
リュカ @ryuka511

パーティ会場で、彼女に真っ赤なバラの花束を抱えた男が近づく。危ない!と叫ぶ間も無く銃声が響いた。花束に隠されていたナイフが落ちる。彼女の手には、銀色の銃身が美しい拳銃。「今私の手で死ぬか、依頼主に消されるか、選びなさい」張りつめた空気の中、微笑んだ彼女のピアスだけが揺れる #twnovel

2019-09-07 23:38:22
リュカ @ryuka511

魔族の騎士は焦る。十人足らずの人間に魔王軍が押されていた。中でも魔法陣も無しに強力な黒魔法を駆使する奴に苦戦する。「お前、本当に人間か?」挑発も込めて問えば「さぁな」と自嘲され興味が湧いた。「こっちに来る気は無いか?」「考えておこう」面白い奴、何としても手に入れたくなった #twnovel

2019-09-09 00:36:57
リュカ @ryuka511

「全ては私が画策した事。王子に罪はございません」暴君を討ち一刻も早く即位をと願う民衆に王子は立ち上がる。だが親を討つには君は優し過ぎた。だから私は立ち上がる。「だろうな。親殺しは大罪、お前には無理だ」王は私の処刑を王子に命じた。許しを君に、罰を私に。願わくば、王国に光を #twnovel

2019-09-10 00:04:12
リュカ @ryuka511

狼に姿を変え、匂いを辿ってあいつを追う。人間に恋をし悲嘆にくれてる、世話の焼ける奴だ。「お前らさっさとくっついちまえよ」「でも、私は吸血鬼だ」「種族の違いなんて寿命の差くらいだ。死がお前らを別つまで愛してやれ」「聖職者かお前は」呆れたように笑って奴は頷く。「ありがとう」 #twnovel

2019-09-11 00:43:33
リュカ @ryuka511

「どうして」震える貴女に首を振る。騙されていた貴女達が悪いのだ。私は暗殺者、命令のままに人を殺めるならず者。命令を遂行する為なら忠誠も愛もいくらでも偽れる。「嘘よ」尚も否定する貴女の唇を塞いだ。こんなはずじゃなかった。だがこれで解って。私の口づけは、血と罪の味しかしない #twnovel

2019-09-12 00:49:29
リュカ @ryuka511

逆らえば死だと思っていた。圧倒的な力の差、変えられない関係。僕の未来に希望など無い。死ぬまで支配され、虐げられるのだと思っていた。だが反逆の刃は、いざ振り下ろしてしまえばこんなにも簡単なことだった。動かなくなった女を蹴飛ばす。僕が大人になるまで待たなくて、本当に良かった #twnovel

2019-09-12 23:59:23
リュカ @ryuka511

ドラゴンは必死に飛んでいた。行方知れずの君と、君の剣を探して。君はドラゴンと共に、魔王を討ち世界を救う使命を負った。魔王軍の猛攻にドラゴンの背から落ち、行方不明となった君。君の落下点を中心に飛び回るドラゴンは、細く高い咆哮を上げた。君を守れなかった悔いと悲しみを響かせて #twnovel

2019-09-14 00:11:59
リュカ @ryuka511

城の最奥には、かつて魔王を討った勇者が使ったという剣が保管されている。勇者の子孫である王家は代々剣を守ってきた。魔王軍残党が剣を狙っている、決して奪われてはならない。次期国王となる王子に王はきつく言い渡す #twnvday なぜ魔王軍残党は剣を狙うのか。魔王は剣に貫かれたまま、生きている

2019-09-15 00:04:46
リュカ @ryuka511

猫を飼い始めたから色々教えてと頼まれた。君の部屋へ行くのは初めてだけど、緊張してるのは僕だけだ。君は猫にべったりで、僕には見向きもしない。心配だから絶対外には出さないそうだ。軟禁状態でも君に飼われるのなら幸せだろうね、なんて。猫にまで嫉妬する僕だから、君に愛されないんだ #twnovel

2019-09-16 00:14:55
リュカ @ryuka511

偉い科学者だというお爺ちゃん。成功だの失敗だの言ってるけど正直違いが分からない。でもがらくただらけのお爺ちゃん家はわくわくする。ある日見つけたロボットに興味が湧いた。失敗作だが気に入ったならやると言われ連れて帰った。あのお爺ちゃんの失敗作、ダメモトで僕が完成させてやるぞ! #twnovel

2019-09-16 23:41:15
リュカ @ryuka511

「狩りとは生きるに必要な生命を頂く事。生命をいたぶる事ではない」悪戯な人間狩りは後を絶たない。人間との共存ではなく共生を目指す、それが吸血鬼の始祖たる我々の役目。こいつらは誇りを持たない半端者だ。純血に拘れば我々の末路は見えている。だがそれにより誇りを失うのも考えものだ #twnovel

2019-09-17 23:05:35
リュカ @ryuka511

輪になって空を仰ぐ。同志の証の指輪が陽射しを受け鈍く光る。今こそ立ち上がる時。暴君を討ち正しい世界を作る。そのためなら手段を選ばないし、どんな犠牲も払う覚悟だ。世界が正しく在るため、犠牲は付きものなのだ。僕らは正義、恐れるな。戦え #twnovel 彼らは世界に君臨し、討たれた。正義とは。

2019-09-19 00:05:56
リュカ @ryuka511

「お嬢様の幸せを心より願っております」お嬢様の婚姻が決まった。分不相応な恋情は捨てねばならない。なのにお嬢様は首を振り「そんな風に笑わないで、泣きたくなるから」と仰る。「旦那様が選んだ方です、必ずお嬢様を幸せにして下さいます」私には、笑顔でお見送りするしか許されていない #twnovel

2019-09-19 23:41:48
リュカ @ryuka511

愛を知らぬ子供とは不思議なものだ。私の真の目的を知っても、幸せそうに己れの身体を差し出す。その血は格段に美味である。しかし、私の愛が偽りだと知っても絶望しないのは何故だ。従順なのはよいが物足りない。お前を謀った私を憎悪せよ #twnovel ある日解った。知らぬものの真偽など無意味なのだ

2019-09-21 00:30:10
リュカ @ryuka511

貴方と愛し合った事は、罪深い事なのだと思い知らされました。分不相応な想いの罰に王国を追放された私に、救いの手は望めません。それでも私は、貴方からの救いを密かに待っていたのです。私達の愛が本物なら、貴方は私を救って下さると。今でも、冥府の底で、貴方の手を待っています。 #twnovel

2019-09-22 00:18:12
リュカ @ryuka511

私の棺桶には霞草と君の涙があればいい。それさえあれば、迷いなく彼岸へ行けるだろう。もう戻れないのならば、先に進んで君を待とう。君がこちらへ渡った時には、この霞草を目印に私を探してほしい。私達の好きなこの花は、決して枯れないから。今はまだ、君の涙が乾くのを待つとしよう。 #twnovel

2019-09-23 00:33:56
リュカ @ryuka511

人間が己と異なるものを忌避するのは弱い生き物故の本能だと教わった。だが彼は違う。私は彼の高潔さに惹かれ、人間を装って彼と交流を持った。彼に忌避されるのを怖いと思った。 こんな想いは初めてだ。だが吸血し彼を穢すなど考えられない。私の偽りを知っても、彼は友でいてくれるだろうか #twnovel

2019-09-24 00:51:33
リュカ @ryuka511

大人は醜いから、綺麗な子供の内に死にたい。そう語る少女を死神は愛した。綺麗なままにと願う愚かさを、生命の醜さが許せない純粋さを、美しいと。少女の願いを叶えるべく死神は鎌を振るった。だが少女は死を恐れ拒んだ。失意の底で死神は嗤う。人間に、純粋さや美しさなど求めてはいけない #twnovel

2019-09-24 23:50:31
リュカ @ryuka511

「行ってらっしゃいませ」「あぁ。戦果を楽しみにしていてくれ」人間狩に向かう主を送り出す。吸血鬼の存続と誇りをかけた戦いである。私の身は半分人間だが心は吸血鬼だ。半端者の私を忌避せず受け入れてくれたのは吸血鬼だった。今はまだ従者の身だが、その恩に報い共に戦うべく鍛錬に励む #twnovel

2019-09-25 23:49:35
残りを読む(4)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?