2021年4月1日

NHK【歴史探偵】初回「参勤交代」を原案本の編集者がリアルタイムミニ解説してみた!のまとめ

NHK総合「歴史探偵」初回放送「参勤交代」(2021/03/31 22:30)の原案本『三河吉田藩・お国入り道中記』の担当編集者による、リアルタイムミニ解説のまとめです。 再放送が、4月2日(金)の午前0:52~午前1:38と、午後3:10~午後3:55にあるそうです。
11
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

本日22:30~NHK「#歴史探偵」初回放送です。 弊社刊『#三河吉田藩・お国入り道中記』(#久住雄一郎 ←出演します!)が原案となっています。 担当編集者がミニ知識をつぶやきます。 (歴史の専門家ではないので、その辺りはご理解頂けましたら幸い) よろしかったらご一読ください。

2021-03-31 22:28:09
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

#三河吉田藩 ですが、なぜ単に「吉田藩」じゃないの? 三河以外に伊予(愛媛)に宇和島藩の支藩の吉田藩があるのです。 今回の舞台は三河国吉田に藩庁を置いた吉田藩。現在の愛知県 #豊橋市 です。 #NHK #歴史探偵

2021-03-31 22:37:44
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

番組で紹介されている古文書は藩の目付などを務めた大嶋家のご子孫のお宅に残されていたものです。 #目付 は、役人たちの勤務状態から家臣団の日常生活にいたるまで監察するが役目です。業務が多岐にわたるため、多忙で働き盛りの有能な人材が配置される花形ポストだったそうです。 #NHK #歴史探偵

2021-03-31 22:36:39
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

古文書を残した大嶋左源太ですが、彼は若殿様の幼少期に教育係をつとめていました。その若殿様の初参勤交代の統括マネージャーともいえる目付を命じられたのですから、張り切らないわけがありません。 #NHK #歴史探偵

2021-03-31 22:38:42
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

今回の参勤交代の主役の若殿は松平信宝。「のぶとみ」と読みます。8代目藩主だったお父さんは信順(のぶより)。みんな、信、信ばかりでわかんない!という方のために、略系図をUPします。 #NHK #歴史探偵 pic.twitter.com/SJlUGi14fh

2021-03-31 22:41:22
拡大
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

病の藩主・#松平信順 ですが、#天保の改革 で知られる #水野忠邦 と仲が悪くて、そのために老中をすぐ辞めちゃったともいわれています。でも本当に身体の調子が悪かったようです。「不仲説」のほうが話としては面白いのですが… #NHK #歴史探偵

2021-03-31 22:41:56
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

若殿様・信宝(のぶとみ)は江戸生まれの江戸育ち。大名の妻子は幕府の「人質」として江戸で暮らす決まりでした。ですので、大名の若殿様は根っからの都会っ子。今回の参勤交代まで、一度も国元へ帰ったことがなかったわけです。 #NHK #歴史探偵

2021-03-31 22:48:59
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

サンキュー! 大名行列に欠かせなかったのが派遣されてくる中間(ちゅうげん)と呼ばれる武家奉公人。彼らを手配する派遣会社(人宿)も存在しました。 三河吉田藩では、三河屋九衛門、通称「サンキュー」(!!!)という人宿を使用していました。 #NHK #歴史探偵

2021-03-31 22:43:37
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

家格の高い大名しか許されていなかった虎皮の鞍覆(馬の鞍カバー)。藩としては若殿の初お国入りを豪華に見せたいので、使用を幕府に問い合わせると…。水野忠邦からけんもほろろな返答が。あえなく撃沈。 奢侈禁止の天保の改革のあおりを受けてしまったのです…。残念! で、ラッコ! #NHK #歴史探偵

2021-03-31 22:52:31
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

三河吉田藩の松平伊豆守(いずのかみ)家は、#松平信綱 を藩祖としています。彼は頭の回転が速く、俗に「#知恵伊豆(知恵出ず)」と呼ばれていました。(官職が「伊豆守」のため)。 #NHK #歴史探偵

2021-03-31 22:58:52
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

藩祖#信綱 は、島原の乱や由井正雪の乱の鎮圧や、明暦の大火後の復興など江戸幕府の創業期に辣腕をふるいました。 酒井忠勝は「信綱とは決して知恵比べをしてはならない。あれは人間と申すものではない」と評したといいます。「人じゃない」とは、ちょっと怖いですね。 #NHK #歴史探偵

2021-03-31 22:59:14
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

松平伊豆守家は、譜代大名で幕府の老中をつとめるようなお家ですが、時代劇ではよく悪役にされてしまいます。映画『超高速!参勤交代』では陣内孝則さん演じる4代目藩主・松平信祝(のぶとき)が思いっきり悪役として描かれていました。 #NHK #歴史探偵

2021-03-31 23:00:02
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

東海道の最大の難所は“大井川”。架橋・渡船が禁じられていて旅人は必ず人足を雇って渡らねばなりませんでした。なので「越すに越されぬ大井川」などと言われていました。 ところでロケハンで訪れた冬の大井川の河原があまりにも寒くて風邪ひきかけたそうです(久住さん談) #NHK #歴史探偵

2021-03-31 23:03:32
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

東海道 #二川宿 は江戸から数えて33番目の宿場町。東海道53次の中では規模は小さく、この参勤交代が行われた天保頃の記録によると、人口は42番目、家数では41番目、旅籠屋の数では36番目だったそうです。 #NHK #歴史探偵

2021-03-31 23:05:54
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

#本陣 は身分の高い人が宿泊や休憩をするための施設。幕府の役人や参勤交代の大名、公家などが利用しました。 #NHK #歴史探偵

2021-03-31 23:06:53
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

きゅーん! 若殿・信宝(のぶとみ)が5、6歳のころに大嶋左源太に宛てた書状が残っています。 「左源太や おとなしくするから かちんお(を)やいてくれろよ」 (おとなしくするから餅をやいてくれ)なんて若殿に甘えられたら、「きゅーん!」ときちゃいますよね。 #NHK #歴史探偵 pic.twitter.com/3muYG2VxvV

2021-03-31 23:11:36
拡大
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

当時、#三河吉田藩 の財政難の原因は、不作もありますが、藩主 #信順 (のぶより)が寺社奉行→大阪城代→京都所司代→老中と順調に出世したことも一因です。幕府の要職を務めることは、お金もかかるということ。出世貧乏、なんだかなぁ。 #NHK #歴史探偵

2021-03-31 23:13:04
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

若殿・信宝(のぶとみ)は、老中首座を務め「小知恵伊豆」とも称された7代藩主松平信明(のぶあきら)の再来として、「英邁な藩主になるのでは?」と藩の期待を一身に集めていました。 ところが… #NHK #歴史探偵

2021-03-31 23:13:56
インターナショナル新書編集部 @i_shinsho

若殿・信宝は初めての参勤交代を成功させて江戸へ戻ってくると、父・信順の隠居に伴い藩主の座に就きます。 ところが、信宝は病に倒れ21歳の若さで亡くなってしまうのです! 三河吉田藩はここで知恵伊豆・信綱の直系が途絶え、養子を迎えることになるのですが、お家騒動などが起こり… #NHK #歴史探偵

2021-03-31 23:14:47

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?