2021年4月26日

PCRにベイズを適用するバカについて

検査拒否団の医クラはベイズの定理を二重に間違えています。根本的に理解していない。
5
🐽すまん寝@秩序回復 @sumannne

本邦医師によるベイズの定理の深刻な誤解とその流布について、数学者として行動せんといかんですかねぇ。

2021-04-26 16:02:43
🐽すまん寝@秩序回復 @sumannne

今研究室には教育目的で数理統計の教科書や専門書が7種類くらい揃えてありますが、ベイズの定理に関して、ウィルス検査を例題にしてるのは見たところ一冊だけですね。 実戦を意識した場合例題として実は不適切なのではないかという気もする。

2021-04-26 16:07:01
🐽すまん寝@秩序回復 @sumannne

例題:ベイズの定理 あるウィルスと検査方法に対し以下を既知とする。 ウィルス感染者率:1% 感染者の陽性判定率:90% 非感染者の陽性判定率:0.05% このとき、陽性判定を受けた者が感染者出ない確率を求めよ。

2021-04-26 16:13:30
🐽すまん寝@秩序回復 @sumannne

ここで一般の方が問題にしないといけないのは、この問題が解けることではありません。 医クラがベイズの何を誤解しているかです。 結論から言うと、検査拒否団の医クラはベイズの定理を二重に間違えています。 なお、上の例題では不要な情報はありません。必要十分な情報。

2021-04-26 16:14:27
🐽すまん寝@秩序回復 @sumannne

twitter.com/sumannne/statu… 医クラの誤解1: PCRはベイズの例題で想定される誤判定を生む検査ではない。特に原理的に偽陽性を出すことができない。 医クラの誤解2: ベイズでどうこう言うためには、真の感染率が判明していなければならない。検査を抑制しているので、この値が不明。よって計算不可。

2021-04-26 16:16:51
🐽すまん寝@秩序回復 @sumannne

なので、ここ数日繰り返し指摘しているように、ベイズの定理を使って計算する前提が大量の確定診断です。(PCRにはそもそもベイズが必要ないが。) 大量検査が先、ベイズは後 これが鉄則です。 医クラはこれを逆転させて人心を混乱させている。

2021-04-26 16:19:56
🐽すまん寝@秩序回復 @sumannne

大体、木下が「俺はベイズを分かってる」みたくイキがってんの、どうせ上の表だろ?医師国家試験の問題集に載ってる。 我々が言うベイズが分かってるは下を分かってることだから。 wikiにはごく簡単な特殊なケースしか載ってないけど。 pic.twitter.com/iTtJKKb68B

2021-04-26 16:29:47
拡大

コメント

dronesubscriber @dronesubscriber 2021年4月26日
安定のセルフまとめなのでコメント消されるでしょうけど、医クラは間違っていないですね。 感染者の比率を極端に甘く(0.5%)とった上の計算でも陽性判定が出たうちの7割近くは非感染者だと自分で出しておいて、なぜ大量検査しろという結論になるのか分かりません。
9
🐽すまん寝@秩序回復 @sumannne 2021年4月26日
dronesubscriber いいえ、ここは見本市ですので、医クラに賛成したという理由によって私の手で削除することは絶対にありません。
0
mailerdemon @mailerdemon3 2021年4月26日
これただの条件付き確率の問題では
1
mailerdemon @mailerdemon3 2021年4月26日
sumannne ベイズ統計学の話なら別に真の確率が判明している必要はないのでは
3
業務用 @gyomu_yo 2021年4月26日
mailerdemon3 真の確率が判明していないのに適当な仮定で話をすることにどう意味があるのか、って話でしょ。クロス表に値が書ける時点で真の確率が判明している訳で。ただの条件付確率を一般化・抽象化したのがベイズ統計だから、条件が変わると色々なパターンが現れるね、面白いね、って話ならともかく、勝手な値を入れて意味がない!とか叫んでどうなんの?
0
denev @_denev_ 2021年4月27日
アホですまんけど、「医クラの誤解1~2」で書かれている内容は、誤解そのもの(間違った内容)なの?それとも、誤解を正した内容(正しい内容)なの?どっちなのか混乱する。
1
ネワノ @One_of_Engineer 2021年4月27日
PCRは「原理的に偽陽性を出すことができない」ではなく、「原理の上だけでは偽陽性は出てこない(実用上は偽陽性が発生しうる)」なのでは?検体採取からPCR反応読み取りまでの「すべてが理想的に適切」を仮定すれば偽陽性は出ないけど、実際は検体汚染や機器汚染といった可能性が否定できないので、「偽陽性はあり得る」となるかと。https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t344/202004/565349.html
2
ネワノ @One_of_Engineer 2021年4月27日
まとめ中の表と数式を比較しているところで、何が違うか全くわからない。二因子の要素が2個の場合の条件付き確率だから、下の数式を2次元的に表したものが上の表だから、全く同じものの表現違いにしか受け取れないのだが。「小難しく見える数式記述方法を覚えているよ」と言いたいようにしか見えない。
1
火雛@香港加油 @HibinaKageori 2021年4月29日
原理的に偽陽性を出すことがない? つまりPCR検査においては「非感染者の陽性判定率:0.00%」だと言いたいの? それともそこまでは言ってない? どっち?
1