作家・我孫子武丸氏「商品にはお金を払うのが当たり前」

我孫子武丸さん(@sukiyapotes)のツイートを中心にまとめました。「図書館問題」に関する以前のツイートはこちらに。→http://togetter.com/li/92747  http://togetter.com/li/93992 我孫子さんのツイート、続きはこちら。http://togetter.com/li/171450   関連:「「図書館で本を借りて読みました」と言う人に対する、作家・福田和代(@ kazuyo_fuku)さんとその周辺の呟き」→http://togetter.com/li/171097
書籍 文学 読書 図書館
89
あびこ @sukiyapotes
福田(@kazuyo_fuku )さんの話で思い出したのが先日の毎日の読者投稿。「『下町ロケット』が直木賞を受賞したけどそれより先に図書館で借りて読んだからすごく嬉しかった。これから貸し出し希望が増えるでしょう」だって。思ってもいいけど投稿せんでいいし、毎日も載せんでいい。
あびこ @sukiyapotes
RT @0oo0oo0oo0oo: 現実を直視しろ。面白いかどうか判らずに購入しなければならない作品。面白いと思っても読み返すとは思えない作品。こんなものに対価を払う価値はあると思いますか?図書館や新古書店の繁栄こそが現実。自分の価値を過剰に思い込むプロは消え去るのみ。
あびこ @sukiyapotes
あまりにあまりな反応が返ってきたのでRTさせてもらいました。たいていの商品は買ってみるまで値段分の価値があるかどうか分からないものだと思いますが本は特別扱いしろという意見みたいですね。こういう人はまずいラーメン食ったら金払わずに出ればいいと思います。
a @0oo0oo0oo0oo
@sukiyapotes「 商品は買ってみるまで値段分の価値があるかどうか分からないものだと思います」には同意。本が一回だけ読む為のもので二回目以降読むときは新しいものを買うべきならですが。
あびこ @sukiyapotes
何をおっしゃっているのか分かりません。RT @0oo0oo0oo0oo:「 商品は買ってみるまで値段分の価値があるかどうか分からないものだと思います」には同意。本が一回だけ読む為のもので二回目以降読むときは新しいものを買うべきならですが。
こめ @I_R_8
@sukiyapotes まずいラーメンでも食ったら腹は膨れますが、つまらない小説って読んでもむしろ時間の無駄なだけじゃないですか?
あびこ @sukiyapotes
「だからタダで読ませろ」とおっしゃりたいのなら、ぼくのツイートをたどってまとめを読んでください。RT @I_R_8: まずいラーメンでも食ったら腹は膨れますが、つまらない小説って読んでもむしろ時間の無駄なだけじゃないですか?
あびこ @sukiyapotes
「商品にはお金を払うのが当たり前」っていうだけの話がどうやっても理解できない人たちがいなくならないのはどういうこと?
穴ぐら虫 @anagramshi
@sukiyapotes おそらく永久に平行線の議論でしょうね。僕は図書館や古本屋は新刊で買えないときの代替手段と捉えていますが、ただで読むのが当然みたいな人もいるのですね。ヤフーニュース的な感覚かな。
あびこ @sukiyapotes
というわけで図書館についてのまとめは、基本が http://togetter.com/li/92747 で、その後にまた書いたのが http://togetter.com/li/93992 です。twilogが読みにくいという人はこちらをどうぞ。
こめ @I_R_8
@sukiyapotes 読んできました。やっぱり食べ物に例えるのは変な話です。飯はどんなにまずかろうが食べれば最低限役割をこなしますが、面白くない娯楽商品は大抵の人にとって害なだけです。
こめ @I_R_8
@sukiyapotes http://t.co/38A03uxの最後の方には「面白くない本でもこんなに役に立つ」と言われてますが、こじつけですよね。同じことは面白い本でも出来るし、そもそも大概の人の一番の目的は面白い物を読むことです。
こめ @I_R_8
@sukiyapotes 面白くない本を読んだときの「もし読まなかったら、この後一生『あの本面白いのかな』と思って生きることになる。つまらないことが分かったからもう気にしないですむ」って考えだって、無理矢理自分を納得させてるだけですよね。
こめ @I_R_8
@sukiyapotes (もしも実用的にそんなことが制度化できるのなら)読んだ後で面白かった時だけ金を払う方が、やっぱり健全に思えます。
こめ @I_R_8
小説だってやっぱり、つまらないもの、好みじゃないものにお金は払いたくない。ただ小説ってよほど気に入らなければ繰り返し読むものじゃないから、たとえある程度気に入っても一度読んだ後に金を払う気にさせるのが難しい。だから買う前に全部試し読みさせろ、とは言い難い。制度的に難しい。
こめ @I_R_8
だからWeb上で数十ページを公開するなんてことは出来ても、全部公開して「面白かったら買ってください」というのは難しい。それでも買う人は買う(ってかネット発の小説が実際に売れてる。凄く)だけど、間違いなく売上は落ちる。
こめ @I_R_8
ただ、だからといって「つまらない小説でもまず金は払え」というのは、あまりに不健全。
あびこ @sukiyapotes
あなたの誤解の一つは「自分が面白くないものはみんな面白くない」と考えていることです。RT @I_R_8: 読んできました。やっぱり食べ物に例えるのは変な話です。飯はどんなにまずかろうが食べれば最低限役割をこなしますが、面白くない娯楽商品は大抵の人にとって害なだけです。
こめ @I_R_8
@sukiyapotes 「自分が面白くないものはみんな面白くない」なんて考えてません。そして、個々人が面白いものには金を払い、面白くないものには金を払わないとすれば、問題になるのは個人にとって面白いかどうかだけです。
あびこ @sukiyapotes
それを「健全」だと思う人がいることに呆れますね。RT @I_R_8: (もしも実用的にそんなことが制度化できるのなら)読んだ後で面白かった時だけ金を払う方が、やっぱり健全に思えます。
あびこ @sukiyapotes
ギャンブルしたくなければ、最初から読まないことです。RT @I_R_8: 「自分が面白くないものはみんな面白くない」なんて考えてません。そして、個々人が面白いものには金を払い、面白くないものには金を払わないとすれば、問題になるのは個人にとって面白いかどうかだけです。
こめ @I_R_8
@sukiyapotes ギャンブルしたくはないけど、面白い小説は読みたいです。
あびこ @sukiyapotes
誤解する人もいるので補足しますが「図書館で本を借りて読むこと」は全然責められるべきことではないですよ。図書館が新刊を大量に置く必要はないし、そういう新刊を税金でタダで読めるのが当たり前と思うのは間違いだという話です。
あびこ @sukiyapotes
本を読むのも映画を観るのも全部ギャンブルですよ。ご自分でも書かれましたけど、つまらない読書は時間を失うんですよ。時間は賭けられるのにお金は嫌なんですか。RT @I_R_8: ギャンブルしたくはないけど、面白い小説は読みたいです。
穴ぐら虫 @anagramshi
@sukiyapotes 何が不思議かって、その人我孫子さんをフォローしていないのに、どうやってか見つけてケンカ売ってきてるところ。自分のTLと関係ないところで何がつぶやかれてようが、普通無視しませんかねぇ。
残りを読む(50)

コメント

愛・蔵太(素人) @kuratan 2011年8月6日
福田和代さん周辺の呟きをまとめました。「「図書館で本を借りて読みました」と言う人に対する、作家・福田和代(@ kazuyo_fuku)さんとその周辺の呟き」→http://bit.ly/ppMVRV
Chack'n @Chackn 2011年8月6日
自分がアニメBDの購入に金を惜しまないのも最後の、自分が欲するモノを維持するためだなぁ。それを人はお布施というのかもしれないが。制作側にこういうモノを欲してるんだという気持ちを伝える一つの方法ではあると思っている。
防人因果@ラズパイドラレコ @IngaSakimori 2011年8月6日
うーん、これは本で飯食ってる人の傲慢というものじゃないかなあ・・・「図書館で読みました」に何の問題があるのだろうと、私は思ってしまうし、もちろん「ネットで落としてよみました」とも違う。
コンガル(JP) @kongaljp 2011年8月6日
言いたいことは分かるし正しいと思うけど、かみつく場所を間違えてる印象を受けました。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2011年8月6日
「本だけ特別扱いするな」やぁ、図書販売の再販制度終了ですね??
K3@FGO残6.5 @K3flick 2011年8月6日
冒険したくないなら人の感想を読み漁って安牌拾えばいいだけじゃないか。
轟[GOH] @TPL_TODOROKI 2011年8月6日
「本」とか「商品」に対する評価って今の時代色々な所で見れると思うのだけど、買って損した、て思いたくないのであればそう言った評価を見てから買えばいいんじゃないだろうか? 面白ければ金払うというのはその買った人の「選択した責任」を他所に転嫁する行為だと思う。嫌なら買わなければいいのだし。
汀こるもの@探偵は御簾の中 @korumono 2011年8月6日
どんな職業の人にだって言ってはいけない言葉はある。それを不愉快に思うというのに「私は違うと思います」と言われたって困る。
kyo_k @kyo_k 2011年8月6日
事前情報を聞いてワクワク、本屋で表紙を見てドキドキ、読んでみて楽しかったorガッカリ、それを他の人と話し合って共有、それら全ての経験が対価だと思うのですよ。「面白くなかった。損した金返せor金払いたくない」てのは過剰請求だと思うなあ。
とんとかいも @_tontokaimo 2011年8月7日
ここの主題は「面白くない物にもお金を払うべきか」ではなくて、「面白い物(あるいは名作)を無料で読むことの是非」でしょう。対価を払わなければ作品は生まれない、タダ見で満足している人にはそのことをよく考えてほしいです。
たーさん @tenpai86 2011年8月7日
労働の結果に対し対価として金を差し出すのが貨幣経済。だから労働の結果生まれたラーメンや本を金と交換する訳で。ただ支払った金額と交換した物の品質は主観が入るから必ず一致しない。まぁタダ村だけの事だよなーと思ってます。出して失敗したとしても経験値になるし。それに今は中古買取多くて金のリカバリも楽なので面白そうなら何でも買うし、そうで無けりゃ頼まれても手を出さない。それ以上無い気もするがなぁ
しりんぐ(鷺) @sarasasol 2011年8月7日
例示としてはラーメンよりケーキとかのほうが良かったのかもな。同じ娯楽の範囲の方が話がしやすそう。
こめ @I_R_8 2011年8月7日
とりあえずは金払わずに読んで面白かったら買うということが実際に可能で、もし今後電子書籍が普及すればそれがより簡単になっていくだろうってのが問題。いくら「商品には金を払うのが当然だ」と言ったところで、さほどリスクなく金払わずに読めるなら、面白かったときだけ自分でも買うという人は出てくる。もっと進めば面白くても金払わないという人も出てくる。
入院 a.k.a. つくばもん @sho_youma 2011年8月7日
まとめようと思ったら、既に他の方がまとめていたでござるの巻。 "ギャンブルしたくはないけど、面白い小説は読みたいです。"には衝撃を受けた。 時を同じくして、ゲームセンターCXをYouTubeで見ました、って有野氏にtweetして、本人から窘められていた人もおりました。 世の中の仕組みが分かっていないのね。
ディービィー @AsmodeusDB 2011年8月7日
じゃあ、買わなきゃ良いじゃんw テーマパークは満足度に合わせて入場料を払うのが良いと、そういうことでしょ。通らないよ。感情レベルでは解らなくはないけど。
ディービィー @AsmodeusDB 2011年8月7日
映画でもそうだけど、面白くないなと判断した時点で観るのをやめれば良いじゃん。そしたら時間も取られないよ。時間を使うかどうかは自分にある。
俺@2016 @o_mina564 2011年8月7日
図書館で小説とか読んだことのない人から言わせてみれば「邪魔」の一言。普通に調べ物をしようとしても席混んでるし、文学系の棚が他の本棚のスペースをとってたりとかね…文学系の本が嫌いな人も図書館に置かれるのは嫌な人も多いのでは?
関屋 @Seki_yuki 2011年8月7日
なんで「商品に対価を払うか否か」というまとめにたいして「図書館で文学系の本とか邪魔、うざい」って話をしてる人がでてくるんだろう。「俺がイラナイものは邪魔、俺が好きな置け」ってのは他人の権利を否定してるんだとなぜ気づかないんだろう。「おもしろくないものには金を払いたくない」と同種のワガママだと思うんだけど
だりむくれ @ayamiyananatsu 2011年8月7日
小説でもどんなに不味くても役割は果たすんだけど、そういう読み方が出来ず、「面白かった」「つまらなかった」でしか物事を把握できないと、こういう発想になるのか……
だりむくれ @ayamiyananatsu 2011年8月7日
この人の場合、評価軸が面白いか否かしかない(従って「面白くない」ものに金を払う価値はない)、という点と、プロの存在価値は(長期的に見ると)ない、という二点で他の人と認識がズレていて、前者はともかく後者は確実に多勢を占めつつある発想だと思う。でも、果たしてどうかな。たぶんこれからは、プロの価値が再認される時期が来ると思う。
こめ @I_R_8 2011年8月7日
いえ、俺もプロの価値はこの先も消えないと思います。ただ、今の弱小、もしかしたら中堅あたりまでは消える可能性があると思います。
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年8月7日
>ギャンブルしたくはないけど、面白い小説は読みたいです。  どこまでクレクレ君なんだよ……
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年8月7日
@I_R_8 2氏は「”当たり”だけ的確に引くのが面白い、正しい人生」だと思ってるところに根本的な間違いがあるんじゃないかな。 テスト勉強じゃねーんだからさ。面白い、面白くないは個人の趣味だと多様性は認めているのに一方では絶対的な「正解」の存在を無意識に信じてるっぽいよね。
こめ @I_R_8 2011年8月7日
>どこまでクレクレ君なんだよ でも倫理とか抜きにしたら、少なくない数の人の正直な気持ちじゃないかと思います。
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年8月7日
@I_R_8 1,つまんないと憤る気持ちがマイナスにしか成らないという、そもそものお子様思想。 2,感情論を直接制度化すべきと言う短絡。   酷い言い方だが、あなたの理想論を現実化したら「子宮」になっちゃう。
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年8月7日
@I_R_8 と言うか、もっと安直に言うと、好物のおかずだけで構成された弁当って旨いの? って話にもなるなぁ。   ちなみに「作り手側」のロジックは外してます。あくまででユーザー側の話をしたいようなので。
こめ @I_R_8 2011年8月7日
好物だけの弁当……え、美味しくないですか?
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2011年8月8日
ええと、「出版物は何故体験を確認したあと後払いする形式で収益を得てないのか?」という話でしょ。でも、TVだったらそういう形式のコンテンツだよ、叩かれる謂れが分からない…
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2011年8月8日
深夜アニメは放送後にセルソフトを欲しい人だけが買うでしょ?普通のTV番組だってスポンサーの商品に宣伝料が上乗せされてて、視聴率大≒商品が売れる、という構図を取るならほとんど後払いだよね。TV番組と本、何が違うのかという問いは充分立てられない?
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2011年8月8日
その上で何で本がそうなっていないのか、というと単純に今の多様性と規模、値段を保ったまま形式を変更できないからだよ。DVDなんかのセルソフトが如何に高いかは知っての通り。いや、ホントは成り立つ形式があるのかも知れないけど、業界全部をポシャらせる危険のある決断なんか誰もできない。
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2011年8月8日
今後は分からないけど、少なくとも今はそう。これは図書館や再販制度についても同じことが言えて、どちらも多様性を保つためのパーツなのではない?もし、図書館でのフリーライドが問題ならちゃんと損害を評価しないと意味が無い。
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2011年8月8日
「商品にはお金を払うのが当たり前」なんて理屈で『読者の』図書館の利用に対する責任を問うことなんかできないと思う。作家が個人的な感情を表出するのは否定しないけど…
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年8月9日
テレビ放送の方が特殊な商品ですね。 あと1~2ツイート目の作家の感情を逆撫でするようなことはかかんでいいという処と、中、後半の流れは微妙に違います。
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年8月9日
だから、後半込みで図書館が否定されているわけで無いと思います。 中~後半も、実際、貴方のように、何らかのサイクルを提案してくれれば中~後半も話が建設的になったのだと思うのですが、残念ながらフリーミアムを拡大解釈したわがままの域を出ていなかった。 
i_say999 @Isay_BLUNIN 2011年8月10日
え?物品購入はギャンブルこそが本道みたいな論だけど体験版否定主義者です?マスプロモーション万歳なレギュレーションだね。「わしの若い頃はケータイなんて便利なもんは無かった」的な印象を受けざるを得ない
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年8月10日
いや、むしろマスプロも寿命が尽きかけてるんで、新しいシステムの話なら凄く聞きたいですよ。米欄の方お二人と個人的にTLで話しましたが、思い付けなかったので…… 善意の只乗り論ならアレですが。
maro @maro0 2011年8月10日
RT @sukiyapotes: 自分がもっとそのジャンルの商品を欲しているなら、そのクリエーター達が儲かることを望むべきだということだ。「もっと面白いゲームがやりたい」などと言いながらマジコンを使うのは自分の首を絞める行為だし、恥知らずもいいとこだって気づかなきゃいけない。
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2011年8月26日
云いたい事は解るけども、「図書館(図書室)」という制度がある限り、対価を払わないで本を読む人は実存する。問題にすべきは制度であって、制度を利用する人ではないでしょ。
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2011年8月26日
法的に問題のない制度を利用した事に対する批判って、結局生活保護を貰っている人間を揶揄するのと同じ事だと気付くべき。そこに法的に問題のある行為があって、初めて批判が機能する。
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2011年8月26日
まして、ここで我孫子氏の批判の論拠が図書制度を問題とするものであるならば、元々レンタルされていないゲームは無関係。
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2011年8月26日
そしてアニメビデオやDVDorBDのレンタルに関しては、ずっと以前からレンタル用製品やPPTシステムなど、ロイヤリティ制度が存在している。みそくたに混ぜて解釈するのは明らかに的外れ。
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2011年8月26日
自分が望む読者=自腹購入の読者という前提で「配慮して欲しい」という主張なら理解するが、図書館を利用した読者に対し「商品にはお金を払うのが当たり前」っつー批判を正当とするのはさすがに無理がある。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする