2021年5月5日

30年以上のベテラン腐女子たちが疑問「一次が”BL”で二次が”やおい”と呼ばれていた時代に覚えがない。歴史改変なのでは」…「かつては『june』と呼ばれていた」の反応も

わかる
198

「腐女子でもBLが苦手な人がいる事実は知られてほしい」ツイートを巡って議論勃発

ひろ @akaneiro_0000

引RTで定義を間違っている人が多過ぎる。 “本来恋愛関係にないキャラ同士(特に男性キャラ)の恋愛を妄想する”思考が腐っているとして「腐女子」と称され、二次創作は好むが元々男同士の恋愛関係が成立する・している(商業)BLは苦手な腐女子だっている。 必ずしも腐女子=BL好きという訳ではない。 twitter.com/misetemiso/sta…

2021-05-05 14:51:10

元ツイート主は謝罪

髙崎順子 @misetemiso

一連の腐女子に関するツイート、認識不足と稚拙な書き方をしてしまったと省みつつこれから削除致します。スクショや魚拓なとされているかと思いますが、元ツイに問題があったことを認め削除したことをご理解いただけましたら幸いです。やりとりやご反応ありがとうございました。

2021-05-05 16:29:14
髙崎順子 @misetemiso

当然ですが、ツイートを消したところで私が発言した事実は消えないと思っています。ツイ消しは拡散による飛び火のご迷惑をこの先少しでも減らしたく行いました。稚拙なツイートで失礼しましたこと、恐縮しつつお詫び致します。

2021-05-05 16:47:57
ゆきん子 @piru__piru

@misetemiso 自分も意味を測り兼ねてる側でしたが、「腐女子」の意味の遷移を知る良い機会になって良かったです。ありがとうございました。

2021-05-05 18:43:54
青りんご🍏 @aoringogreen

@misetemiso 古の腐女子としては面白い話題だと思いましたが燃えてしまうのですね… ドンマイです!

2021-05-05 17:08:53
るちあ @Lucia_002opc

@misetemiso 色々とお疲れさまでした。 私は色々と考える内容だなぁと思いました。 貴重な呟き本当にありがとうございました😊

2021-05-05 16:32:58
tomoa @tomoa1268

@misetemiso 「BL」が表に出てきた今だからこそ、みんなで使っている言葉の意味を確認するのはとても大事な作業だと思います。貴重な機会と、冷静で知的な対応をありがとうございました。

2021-05-05 16:43:16
白練 @shironeri1201

@misetemiso 言葉、特に社会現象を表す言葉って年月と共に定義がかわってしまうことがありますよね。 私も欧州に住んで10年経ちますが、日本について10年前からアップデート出来てないかも。 日々ネットやSNSでチェックするだけでは足りないのかもしれませんね。 お互い、日本を語る時は慎重に行きましょう

2021-05-05 20:07:45

一部界隈ではそんなローカルルールがあった

うにょ @unyocom

何を言ってるんだ…?と思ったら、一次=BL、二次=やおい、と呼ぶ文化圏の人だった。(多分世代が古い)。いわゆる女オタクを腐女子と呼ぶ人々もいるし、逆にそれをやるとめちゃくちゃ怒る層もいるので、この辺り自分の定義が絶対と思わずにローカルルールだと思った方がいいと思う… twitter.com/akaneiro_0000/…

2021-05-05 15:29:32
うにょ @unyocom

「BL」「やおい」「腐女子」はどれも定義にゆれのある言葉なので、場合によっては語弊が生じることがありますよ、という意味でツイートしたので、「正しくはそういう意味だったんだ!」という理解はしないでいただけると嬉しいです。正しくはないです。そういう人もいるよ(いたよ)という話です。

2021-05-06 09:40:39
うにょ @unyocom

「いにしえの腐女子だけどそんな文化しらない」「歴史改変しないで」 →たぶん想定されてるよりは最近の話です。(古い世代って言ってごめんなさい)あと歴史は一本道ではありませんので、そういう派閥もあったんだなとご理解ください。怒らないで…。

2021-05-06 09:42:59
うにょ @unyocom

世代間による「BL」という単語についての認識の違いについては、こちらのツリー内に興味深いアンケート結果がありますので、よかったら参照してください。 ついでに、「現状、どういう認識が多数意見なのか」を知る参考にもなるかと。 twitter.com/tarte41/status…

2021-05-06 09:49:46
このツイートは権利者によって削除されています。
このツイートは権利者によって削除されています。

そんなローカルルールあったんだ

ごん🦁 @gon194

いや30年以上腐女子やってるけど「一次がBLで二次がやおいと呼ばれていた時代」に覚えがなく、一部の界隈ではそういうローカルルールだったんだなぁと今初めて知ったので、若い子が「そんな時代があったんだなあ」と納得してるの見ると歴史改変やめろ!って反発心を抱いてしまう歴史改変やめろ

2021-05-05 18:22:08
ごん🦁 @gon194

私の方が一部界隈にいたのかもしれない、そこの多寡は分からないけど、少なくとも私は知らないです

2021-05-05 18:23:40
ごん🦁 @gon194

しょーもないバズり方をしたので、腐女子歴二十数年目で書いたBLじゃないファンタジー小説を読んでってください pixiv.net/novel/show.php…

2021-05-05 20:54:11

共感

笹ノ葉みけ苽🌗(旧名:夜月)垢名変更しました。 @mikekosasano87

@gon194 私もほぼ同年数腐女子やっておりますが、私もそんなルール知りませんです。そもそも「BL」という単語自体2000年以降に出てきたものですし、一次二次でカテゴライズするのはおかしいですよね。あべこべです。自分ルールをさも昔からあったかのように語るのは違うと思います…本当に歴史改変よくない。

2021-05-05 19:37:25
ごん🦁 @gon194

@mikekosasano87 区別に使っていた、というのは、少なくとも私のいた界隈とはルールが違うんですよね。やおいという語が廃れて、同義のBLに移行した…という感覚でした。いやあでもそっちの界隈からすれば自分たちの使い方が常識なので、そしてもう20年は前の話なので今更ですね

2021-05-05 20:22:03
笹ノ葉みけ苽🌗(旧名:夜月)垢名変更しました。 @mikekosasano87

@gon194 なるほど…長く界隈にいると20年なんてつい最近のことくらいに思っていましたが…そうですよね…言葉の定義が変わるようにカテゴリーの定義もまた変わっていくものなんですね。何となく新鮮なような、それでいて寂しいような…不思議な感覚です。

2021-05-05 20:32:04
残りを読む(11)

コメント

肉・ローステッド @Roasted_Meat102 2021年5月5日
あくまで男女共にオタクはオタクでしかなくて 男同士のカップリング好きなのは「やおい/腐」で、 女同士のカップリング好きなのが「百合厨」 だと思ってたわ
51
のろ🦍人生大波乱系オタク @saru_don 2021年5月5日
昔はBLを薔薇とも表現されてた気がするけど最近聞かないね。百合は今でなお現役なのに。
69
砂手紙 @sandletter1 2021年5月6日
コミケでは「創作(JUNE/BL)」という表現が使われているようです。
93
pekoe_tw @peckoe_tw 2021年5月6日
30年じゃジャンルで知らない人もいておかしくないと思う。せめてあと5年くらい。オリJUNEとか廃れてきたあたりでしょ
20
キャンプ中毒のドライさん(Drydog(乾)) @drydog_jp 2021年5月6日
saru_don 薔薇はどちらかというと男性向けの男性同士の恋愛物を指していたかと。
134
@123123abc_z 2021年5月6日
saru_don 薔薇族っていう男性を購買対象にした雑誌から、薔薇ってガチムチ系を指す隠語があったような?JUNEは耽美系?母の書庫にあったバックナンバーからのおぼろげな記憶なので不確かだけど、多分そんな語源。
79
きさら@冬が来た @m_kisara 2021年5月6日
saru_don 薔薇は薔薇族ってゲイ向けエロ本由来なんです。
141
のろ🦍人生大波乱系オタク @saru_don 2021年5月6日
薔薇関係はにわか知識しかなかったからすごく勉強になりました。ありがとうございます。
17
@minato_k_celes 2021年5月6日
歴史改変云々の前段階のまとめはこちら→ https://togetter.com/li/1709863
17
tnnrak @nrak_t 2021年5月6日
ちょっと調べたら百合は薔薇族の百合族の部屋ってコーナーが発祥なのか。こっちはよく定着したなあ
27
筐ヶ瀬 巻飴 @KATAMIGASE_Mai 2021年5月6日
sandletter1 コミケで「創作(JUNE/BL)」というジャンルが出来たのはC82(2012年夏)のことで、それ以前は「創作(JUNE)」という名称だったようです。
63
rambda(仮) @rambda_kari 2021年5月6日
Roasted_Meat102 百合が好きなだけの人間を百合厨とは呼ばんやろ。「厨(房)」って、かなり侮蔑的な言葉やで。
43
いぶし @robodama 2021年5月6日
やおい表記が浸透してたのはファンロード読者を中心にしたコミュニティだと思う
11
砂手紙 @sandletter1 2021年5月6日
KATAMIGASE_Mai 「やおい」って言われてた時代はなかったんだ? JUNEが生まれる前の呼び名を知りたいです。
0
人間ジェネリク @DividedSelf_94 2021年5月6日
プラグマティズム案件じゃん。両者正しい。
4
八潮 @yashio_kuyo 2021年5月6日
sandletter1 やおいは二次創作での男性同士の恋愛ものに対して使われていたのでジャンルにはならないです 「(○○ジャンルの)やおい本」みたいな感じで、その場合ジャンルは○○そのものになります 対して、一次創作の男性同士の恋愛ジャンルをJUNE/BLとしているのでこちらはジャンルコードとして成立します 私個人は一次というか商業をBLというコミュニティに近かったので、当時のJUNEとBLの使い分けは時期による&各コミュニティごとの方言みたいなもんかなって感じを受けますけど
65
TOIさん(17)☆🌥️ @1983Y 2021年5月6日
rambda_kari 蔑称でもあるし自虐としての百合厨(百合豚)もありますね。百合女子百合男子や姫女子姫男子というよりネガティブではない呼称もあります。
15
Fatalwedge @Fatalwedge 2021年5月6日
sandletter1 「耽美」じゃないかなぁ。 あくまで主観だけど、耽美/JUNE→絵綺麗目、少女漫画寄り、ストーリー重視。やおい→少年漫画(アニメ)寄り、(パロ)ネタ重視。BL→オリジナル強め。という変遷をしている気がする。
15
マセカワ キチヱモン☆印度映画はいいぞ @DiscoDancer_K 2021年5月6日
ネットがない時代だから、今よりローカルルール強かったかも。「関東の腐女子しか使わない用語」「関西の腐女子しか使わない用語」「北九州の腐女子しか使わない用語」云々。
93
tnnrak @nrak_t 2021年5月6日
sandletter1 やおいは特に当初は自虐を含んだスラングなのでジャンルコードレベルの公式性のあるところでは使われるようなものではなかったと思う
73
ちりがみ @wastedpapers 2021年5月6日
BLもやおいもJUNEも、インターネッツが一般する前から存在していたものだしある程度のローカル言語差みたいなものがあってもおかしくないですね 情報源は雑誌、同人誌、ペーパーに文通…
38
へくせんはうす @1618honey 2021年5月6日
件の議論に関しては「じゃあJ.GARDENのJはなんなんだ」で解決する気がしてならなかった。
18
ペインターマン @lOcPkk2VM7serTu 2021年5月6日
やさいとかくだものとか言ってたのはファンロードだったかなあ…
51
むう @nyal1999 2021年5月6日
JUNE系とアニパロ(多分当時やおいともあんま言われてなかった)系は、それはそれでジャンル違ったよなあ。耽美系もJUNEとも違うっていうか、山岸涼子とか白泉社系列のアートワークから派生してたと思う。Wingsあたりのごった煮から女性向け男性恋愛ものが商業市場として立ち上がって専門誌ができたころじゃなかったっけか、BL(ボーイズラブ)ってワードが出てきたのは
10
mikunitmr @mikunitmr 2021年5月6日
「オリジュネ」なんて言葉もあったなあ。「ジュネ」「やおい」どっちが古いか知らんが。
18
空府 @kusorypchan 2021年5月6日
ゲイ向けホモエロ→薔薇 腐女子向けホモエロ→やおい 耽美少年愛→JUNE ってイメージだった
85
hizen31415 @hizen31415 2021年5月6日
30年前ならインターネットも普及してないので、界隈ごとにルールが違ったのではなかろうか。一次二次でBLやおいを分けてたのはその界隈のローカルルールに過ぎなかった。そしてその界隈にしか所属してなかった人間が、それを全体のルールと誤解したのだと予測する。 例えば二次創作の略称はSSだけど、エヴァ界隈ではFFとよばれていたみたいなアレだ。
23
みさ @misa_exchange_ 2021年5月6日
今の大多数の感覚でいくと大まかにオタクの中でBL、801(男性同士の恋愛、エロは含んでも含まなくても)を好む一部の女性が腐女子って認識でいいのかな。つまり腐女子はオタクではあるけどオタク=腐女子ではないし必ずしもエロが絡むわけではない。今でもガチムチ系はBLではなくゲイ向けってジャンル分けになってたりするし、商業をBL、二次創作を801(ヤマナシ落ちなし意味無しの自虐)って言っていたのも覚えはあるなぁ。曖昧なうちに狭義や広義でごっちゃになってる部分もありそうだな
23
aomakerel @aomakerel1782 2021年5月6日
saru_don 逆にBLはよく聞く一方GLはあまり聞かなかったりも
2
hizen31415 @hizen31415 2021年5月6日
当事者の証言は重要だが信じすぎてもいけない。当事者はあくまで自分が経験したことを述べているだけで、グループ全体の代表例を話しているわけではない。 しかし大抵の当事者は自分の経験以外の事例を過小評価し、自分の経験を代表例のように思い込んでいる。そこに罠がある。
76
フロッグ @thefrog1192 2021年5月6日
やおいって日本だと最近はあんまり聞かない(部外者としてはBLの方をよく聞く感じがする)けど、海外だと今でも現役な言い方なんだよね 不思議
2
ほうちょ本陣 @houchop 2021年5月6日
地元の紀伊國屋は『JUNE・耽美』というコーナーがあって、気がつけば『BL』になってたね。 やおいは当時もあったはず。
31
サディア・ラボン(ドラクエ10ではヒエロサロメ) @taddy_frog 2021年5月6日
ガンダムZZでレズビアンからエル・ビアンノとか、男の同性愛からジュネ・コクという名前を作ってたので、JUNEという言葉はその頃からあったんでしょう。 やおいはそれより数年後に初めて聞きました。
0
masano_yutaka @masano_yutaka 2021年5月6日
DiscoDancer_K lOcPkk2VM7serTu 地域というより読んでいた本でどう表記されてたか?説のほうが近いと思う。 
33
未来人類 @LNzSK1uVQp8ldZg 2021年5月6日
「性的な二次創作を、同性愛か異性愛かを問わず”やおい”と呼んでいた」という時期があったのではないかと思っている。オタク界隈を取材した部外者のマスコミが「男性の同性愛を扱ったフィクションを、一時創作か二次創作かを問わず”やおい”と呼ぶ」と間違って広めて、本来の用法が失われたのではないか。
0
かつまたいさ(永世日直📛) @kamiomutsu 2021年5月6日
少なくとも昔はBLなんて使われてなかったよなあ。界隈の人間ではないけどそれにしても記憶がなさ過ぎる。あと「腐女子」もネット発じゃないかな。
19
かつまたいさ(永世日直📛) @kamiomutsu 2021年5月6日
やおいがエロ二次創作全般を意味してた時代ってあるのかなあ。私は当時から明確に「やおい=男同士のエロいやつ」と認識して、あくまで女性向けの世界だと思っていたよ。ただ語源がもともと「山なしオチなし意味なし」だと聞いたので、初期の使われ方がどんなだったのかは正直分からない。
36
宇治金時 @uzikin 2021年5月6日
だいたいBLが先だったら2ちゃんねる(現5ちゃんねる)のカテゴリがBL板になるはずだけど801板で、しかもそれの暗語が「数字板」、転じて「数字でごめんなさい」ってならないでしょ、やおいが先です。先だったら青光板とかになるはず。ローカル言語は否定はしないけど、板の名前が付くぐらいには共通化はしてました
124
☆☃ @sternneige 2021年5月6日
二次創作はやおい、商業でも耽美な絵柄のやつはJUNE、そうじゃないのはBLだった記憶があるのでやっぱコミュニティによるんじゃないかな…。ローディストではない一般地方在住オタクの2000年代前半くらいの記憶
5
みみつき @mimiduki 2021年5月6日
「やめてよ おしりが いたいから」の略だ、なんてネタもあったくらいだから、(性行為込みの)男性同士を指す言葉だって共通認識は有ったんじゃないかなあ。 男性向けでは広まらなかったのは、そもそも男性向けエロ自体が「山なしオチなし意味なし」で普通に通用してたから自虐とかの入る余地なかったからと邪推。
25
辻マリ@にゃんもっく @tsujiml 2021年5月6日
まず前提としてJUNEは角川から出ていた雑誌名である共通認識は有るんですよね…?(まとめ内で言及されてないので不安になった)
5
இ Kanna☆ケンタウロス ʕ•̫͡•ʔ🐈 :|| @ospf_area0 2021年5月6日
tsujiml JUNEは角川じゃないぞwww すでに色々証言があるように、90年代半ばまでは「やおい」がまずあり、そこから特にオリジナル志向の強いものがJUNEや耽美と呼ばれてた。ただ、「耽美」もやや浮いていて、雑誌JUNEで93年前後くらいにわざわざ「耽美特集」なんてのもやっていた。BLという言葉が台頭してきたのは99年から2000年くらいかな。
36
aioi_au @aioi_au 2021年5月6日
「山なしオチなし意味はなし」の略であるから、好きなシーン(エロだけ)で成立する作品を指すとか。 漫画はストーリーが無いといけないという常識を崩した衝撃は凄かったとか日航機墜落で亡くなった同人作家への回顧録で見かけた覚えが。
4
aioi_au @aioi_au 2021年5月6日
da3_vx ospf_area0 角川で単行本出てたと思ったんだけど。 図書館で借りた角川スニーカーでちょっとエッチな作品だなと思って読んでたらあとがきでJUNEの作品と解説があって男女のセックスシーンと思っていたのがそうではなかったという体験をしたので覚えてるぞ。
0
なが @k_watarase 2021年5月6日
オリジナルをBLと呼んでたというより、商業で「女性向けの男性の同性愛を扱った作品をBLと呼称して売っていた」と言うのが近い
41
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2021年5月6日
外野席からなので定かではないけど、June誌の中では「薔薇」も「耽美」も使われてたような気がする。「薔薇」って表現は、その昔そっち系の方々に梅毒が流行ってて、皮膚に出た「梅毒疹」を薔薇の花に見立てた、という説もあったような。 脇道逸れると、大正期は百合を「エス」といったとか。『マリみて』みたいなジャンルが流行ってて、「シスター」転じて「エス」になったとかなんとか (耳学問すまん)
1
ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ @5rilla_5rilla_5 2021年5月6日
同時期にいくつもの界隈でそれぞれ独自に使われていた方言的な隠語を、共通語として無理矢理カテゴライズしようとするから訳の分からないことになるのであって、別にその当時の人たちがそれなりの判断基準で曖昧に使い分けたりそもそも使わなかったりしただけですよ。
11
CAW=ZOO @CAWZOO 2021年5月6日
あーそうか。商業は全部BLと言ってた感じだったな。でもそれもやおいだけど。何か勘違いしたんだろうな、初めに言った人。
22
麻樹・あるいはまお @maki_miquette 2021年5月6日
saru_don それ同人じゃなくてガチホモ関係に使う呼び方だから…『薔薇族』も今は昔になってるから分からん人も多いだろうが。
8
み(Togetter) @Togetter11 2021年5月6日
LNzSK1uVQp8ldZg それだけはないな。やおいはあくまで男子間のものだよ
72
後藤羽矢子 @hayakogoto 2021年5月6日
aioi_au JUNEが出ていてのはサン出版(現マガジン・マガジン)です。当時サン出版には単行本の部署がなく、単行本化は別の会社にしてもらっていたのでした。
28
இ Kanna☆ケンタウロス ʕ•̫͡•ʔ🐈 :|| @ospf_area0 2021年5月6日
aioi_au JUNEの小説に関しては、角川書店が角川ルビー文庫というレーベルを作って(ただし、初期は角川スニーカー文庫から出ていたものもあった)そこから単行本化していた。 こういう、掲載誌と単行本の出版社が異なるのは美少女系コミックでも多く、小規模出版社には珍しいことではない。
5
空府 @kusorypchan 2021年5月6日
LNzSK1uVQp8ldZg 異性のエロはふつうにエロ(18禁、成人向け)で通じるからわざわざやおいと呼ぶ必要もなくない?
41
yuki🌾㊗️6さい🎉⚔ @yuki_obana 2021年5月6日
一次がBLというよりやおいが雑誌連載って性質に乗っかりにくく、すでにある傾向としてのJUNEなどの商業連載からはみ出してしまうとやおいと呼称が当てはめられる傾向みたいな認識(´・ω・`)んでそういうのから吸い出しでBLにスライドしていった感。CIELとかあたりからはもうBL区分みたいな認識でいるけど当時はまだやおい呼びも多かった感はあるの。あの頃うじゃうじゃ出てきて僕の好きなもの増えてるぅ〜♪感あったなと
2
ノイズ @sksikubu0 2021年5月6日
あんまり覚えてないけど確かにジャンル表記でオリJUNEとか言ってた記憶あります
11
膝栗毛 @g_hzkr 2021年5月6日
やおい呼びはいつ廃れたんだろう 個人的にはとなりの801ちゃんが嫌いだったからあれが出始めたあたりからなんとなく使わなくなったけど
35
三景夕子 @YukoMikage 2021年5月6日
10代の頃、JUNE編集さん?が「うちに原稿もちこんで没になったからといって、『薔薇族』さんに原稿もちこんだりしないようにお願いします。うちとは読者層も求められてるものも違います、失礼ですよ」みたいな注意喚起を書いてらしたのを読んだ覚えがある…
22
み(Togetter) @Togetter11 2021年5月6日
薔薇呼びについては、薔薇族という雑誌があるという知識だけあったんだけど入手できるルートがなくて地に足のついたゲイ事情を知らなかったのと石原豪人先生が初期juneにもイラスト描いてたのとあって割と気軽に男同士は薔薇なんだってーと使ってたな。一般知識的に
1
三景夕子 @YukoMikage 2021年5月6日
夏休みのときに午後の主婦向け情報番組で「やおい同人誌」のことを「やめて・おしりが・いたいわ、の略で男同士の性行為を描いた同人誌」って説明してて爆笑した覚えがあるw「ヤマなし・オチなし・意味なし」より強烈で面白いから、そっちがテレビに伝わってしまったんだろうか。
1
ばしにぃ @hiro_orso_viola 2021年5月6日
この手の用語では「BL」は最後発だと思うんだが…? 少なくともやおいとかやさいとかJUNEとか言われてた頃にBLなんて表現は無かったよ。
110
ばしにぃ @hiro_orso_viola 2021年5月6日
客観的な証拠が必要ならコミケパンフかファンロードかAPCあたりを探すしかないな…
13
あずき @karutenoido11 2021年5月6日
BLを意味する単語だったんだ自分の作品を自虐する意味で二次創作全般を表す語だと思ってたわ、BL見ないけど色んな所でこの単語使われてたから
0
ろんどん @lawtomol 2021年5月6日
「聖闘士星矢のやおい本」みたいに使われてたよーな気がする
24
堕天し王国を籠絡するいつき @ituki_s 2021年5月6日
JUNEというのはもともとが雑誌のタイトルで、80年代には耽美系の唯一の雑誌だったので女性向け男性同性愛作品の代名詞として使われるようになったのよ。そこから二次創作ではないオリジナルの作品の同人誌のジャンルコードが「オリジナルJUNE」になって今も続いてる。BLは90年代にJUNEを出していた出版社でもない他社が商業で同性愛物を出版する際に他社の雑誌名からきたジャンルを設定できないから作った造語。初出は90年代半ば。
30
まるい りん @maruirin 2021年5月6日
『やまなし・おちなし・いみなし』なので、やおいの最初は同性愛要素のないものもあったんじゃない? https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q125107797
2
み(Togetter) @Togetter11 2021年5月6日
g_hzkr 801板が最後の砦だったかもしれない。私は2ちゃんが5ちゃんになって行かなくなってから概念も消えたって感じ
11
堕天し王国を籠絡するいつき @ituki_s 2021年5月6日
やおいはもともとが上にあるように「やまもなくおちもなくいみもない」好きなキャラを描いただけの同人誌の自虐からできた言葉。80年代中盤の翼☆矢時代くらいには既にやおいという言葉が二次創作BLという意味で広まっていたと思うのでかなり古い言葉ではあるね。当時のコミケの状況なんかは流石に知らんが、ふぁんろーどなんかの雑誌や同人アンソロで知った記憶があるよ。
37
堕天し王国を籠絡するいつき @ituki_s 2021年5月6日
百合は薔薇に対応する言葉として作られたんじゃかったけ。なお、商業BL草創期には「純一」というBL漫画雑誌が存在していた(本当)。
6
み(Togetter) @Togetter11 2021年5月6日
maruirin まず同性愛要素が最初にあって、それが「山なし意味なしオチなし」と言われたという噂が広まってやおいになったの。ギャグは山がなくてもやおいじゃない。 私の記憶だと山なし~と言ったのは高橋陽一先生ということになってたけど他の説もあるのでは
7
blade0@オッ㌠ @blade0 2021年5月6日
インターネッツ老人会及び、それ以前から勢による検証作業が続いています。現場からは以上です(´・ω・`)
22
堕天し王国を籠絡するいつき @ituki_s 2021年5月6日
そういえば耽美はどこよ?みたいな「STOP劉備くん!」が最初に連載されていたのもJUNEだったわねとか思い出した。なんであれJUNE連載されてたんやろ。
7
まるい りん @maruirin 2021年5月6日
Togetter11 やおいの語源を辿ってみたら漫画家坂田靖子さんが出していた同人機関紙『らっぽり やおい特集』の中に出てくる磨留美樹子さんの作品「夜追」が最初だと言う説がでてきました。と言うことは、おっしゃる通り男性同士の関係性がある前提かも。http://www.kudan.jp/nikki/nikki1610-12.html
15
まるい りん @maruirin 2021年5月6日
maruirin あ、「夜追」はラブリなので、メンバーは重なってるけど坂田靖子が主催じゃなかった。
5
焔纏いしモノ☆アオサギ @aosagin 2021年5月6日
BLが一番後発はいいとして、ヤオイとJUNEはどっちが先だかはわからないな…。ヤオイのほうが全体的な男✖️男ものを指すようになったのは確かなんだけど、ヤオイより前に男✖️男のやつってあったはず…
2
辻マリ@にゃんもっく @tsujiml 2021年5月6日
ospf_area0 あれ、角川ルビーじゃ無かったっけ…?記憶違いでしたらすみません
0
焔纏いしモノ☆アオサギ @aosagin 2021年5月6日
私がJUNE先って思ってるのは図書館とかでそっち先に見た記憶からだろうな…
0
堕天し王国を籠絡するいつき @ituki_s 2021年5月6日
tsujiml もともとは違う出版社が出していた雑誌。スニーカーから女性向けのピンク帯→ルビーができた際にJUNE掲載作品を刊行したのが角川。権利関係がどうなってんのかは知らん。
9
まるい りん @maruirin 2021年5月6日
https://ekizo.mandarake.co.jp/auction/item/itemInfoJa.html?index=561857 夜追が収録されてる『漫画研究会ラヴリ』が1977発行で、JUNEの創刊が1978なので、やおいがギリギリ先だけど、JUNEは耽美系、やおいはもっと範囲が広い、って言うのはあるのかな?
5
まるい りん @maruirin 2021年5月6日
関係ないけど、雑誌「薔薇族」が創刊されたのが1971年で、思ったより古かった。
8
しろがねさん @whitebellsweet 2021年5月6日
JUNEを図書館で見た世代がいるんですか(衝撃 私は創刊号から買ってたくちです…OUTの増刊号としてALLANもありました。
9
柘榴 @GarnetJan_ 2021年5月6日
JUNEが公称、やおいが蔑称(自虐的な意味で)だったのが、BLが出てきてJUNEが耽美系、BLが学園ものとかの明るい感じのやつってカテゴライズされて、耽美系が減ってJUNEがBLに統合された、ってイメージで認識してる。やおいはずっとやおいのまま、「やおい好き」に市民権が与えられて言葉が消えてったような。
27
かわいいこねこ @pilimykingdam 2021年5月6日
だよなぁ。 やおいのほうが古いよ
21
あおい @aoichopper 2021年5月6日
JUNEは竹宮恵子先生の表紙もあいまって耽美系の先駆けになったと記憶。ヤオイが広く知れたのって80年代頭のアニメブームきっかけなのかなぁという感じがあります。六神合体ゴットマーズ…ALLANなんて雑誌でもヤオイって言葉を使っていたような
8
かにかま @kanikama_surimi 2021年5月6日
各種細分化の定義はしらんけど、BL・腐女子って言葉自体は昭和・学生時代晴海イベントいった自分からしたら新しい表現で、ネット世代になってくらいにできたイメージ。
7
@maryallyman 2021年5月6日
saru_don 薔薇は男性向けのガチムチで女性向けガチムチは『ばおい』って言われてませんでしたっけか
1
かにかま @kanikama_surimi 2021年5月6日
んで、二次創作サイトでも"ホモ・男性同士の同性愛(今みたくホモは差別用語だから使わないとかあんまなくて普通にホモレズいってた時)を扱う女性向け""腐女子向け"サイトです、みたいに個人サイトインデックスの注意書きでよく使われてた印象が強い。そんでやおいとBLを別物として使ってた時代は自分も記憶にない。
10
ざ わ ( H N ソ ー シ ャ ル デ ィ ス タ ン ス 対 応 中 ) @zawayoshi 2021年5月6日
やおいって単語、35年前にはすでにあった感じだからなぁ。「八神君の家庭の事情」でそれをもじったキャラクター出てた(八百井刺激)くらいだし。
12
かにかま @kanikama_surimi 2021年5月6日
逆にいつ、どの界隈でBL好きと腐女子が表題のように別物扱いになったのかが気になる。
17
ゾンビランドぼゆR @88_bou 2021年5月6日
他の方も言われてるけど、やおいは「やまなしおちなしいみなし」な蔑称もしくは自虐的な意味合いでつかわれてはいて、いつの間にかジャンルの呼び名に変わった言葉で、二次創作物だけでは無いよな。どっちかと言うと漫画はやおい、文字がジュネみたいな言い分けする人はいたけど
2
まっくろなねこ @blackcat009 2021年5月6日
二次創作で「やまなし、おちなし、いみなし」な、好きなカップリングのそういうシーンだけのモンを指して言ってたわけで、蔑称ではなかったわな。自虐「的」な意味合いはあったかもしれんが
32
コスモピアニスト @NikHarnoncourt 2021年5月6日
123123abc_z ガチムチの本丸は薔薇族ではなくサムソン。2000年代以降の言葉ですねー。
3
神宮寺(エーテル滝川)まこと @jingu77 2021年5月6日
(=-ω-) 耽美系と言うのは違ったのかね?
1
まち @machi_ueno 2021年5月6日
もっと古くから腐女子やってる人たちが引リツでガンガン突っ込み入れてんのにそっちは無視するんだな
4
moti @gomakich 2021年5月6日
thefrog1192 Boy's Loveは古代ギリシャや中東の少年愛というか女の代用品としてのショタなんで下手に使うと色々ヤバい
4
くるみ @kururumikuru 2021年5月6日
最初期のやおいは「山なしオチなし意味なし」で単に下手なマンガの事ですね。24年組のどなたかがコマ外で自虐的に使っているのを見た覚えがあります。「やめておしりがいたい」はパタリロのギャグです。
15
くるみ @kururumikuru 2021年5月6日
古すぎて記憶が曖昧ですが、80年代初頭、今でいうBLは「少年愛」「耽美」「薔薇」「HOMO(当時は蔑称ではありませんでした)」などと呼ばれていたような…。JUNEは一雑誌に過ぎず、JUNE派とALLAN派がいました。
16
おふ @una_lechuga 2021年5月6日
1978年連載開始の「パタリロ!」は開始当初から男性同性愛キャラの絡みのある老舗(?)で、しばしば作者が登場してメタ発言等しているのでそのあたりの用語の変遷が拾えそうな気がしますが……さすがに全巻持ってないので誰か……。
4
A.Ichiro@黙食するカエルの姿🐸 @Asobuyer 2021年5月6日
ごく初期の「やおい」は、例えばロボットの変形合体シーンで1ページとか、あのアニメのこのシーンが良かったで3ページとか、そういうのが「やおい」だった。そののち男性同性愛もののことになり、JUNEとなり、しばらくしてボーイズラブ。程なくBL。そして現在に至る、というのがワシの周辺の状況。PC通信全盛までは、書店の流通関係もあり、さらにコミケやSF大会が身近かどうかで、やおいとJUNEあたりの伝播時間は地域によって異なるのではなかろうか。
5
うちゅぎひのえ @uchugi 2021年5月6日
30年来腐女子だけど、90年代の後半にJUNEは特定雑誌のタイトルだから他社が使えんてことで出してきた造語がBoysLoveだったんだよ。その時点では商業の作品群だけを指してたし、JUNE系はBLに含まないみたいな考え方もあって、同人誌の一次BLも当時は創作JUNE系つって耽美系が主流だったからそれもBLとは違うというふうに主張してる当事者も少なくはなかったよ。定義されてるものではないから地域ごとに振れはあったと思う
59
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2021年5月6日
( ´H`)y-~~あの人がまだ棘でも現役ならなあ
0
nels1000 @nels1300 2021年5月6日
LNzSK1uVQp8ldZg 男性向けのエロ系同人を指す『面妖』という言葉があったのでヤオイという言葉は使われていなかったはず (『ミンキーモモの面妖本』『アニメよろず面妖』みたいな使い方)
17
さばみそ @FFPZInYOSSkJBcW 2021年5月6日
25年くらい前の音楽雑誌に「〇〇(某バンド)のやおい」って書いてあるお耽美な絵が投稿されてて、そのバンドのメンバーは笑いネタにしてたけど当時の自分は『やおい』の意味がわからなくて国語辞書ひいたけど載ってなくて親に聞(以下略
6
蛸足16本 @takoasi16ponn 2021年5月6日
1990年代にやおいという意味でボーイズラブは見たけど、それを省略してBL(ベーコンレタス)と読んでたのはある
5
うちゅぎひのえ @uchugi 2021年5月6日
やおいは現代用語の基礎知識に掲載された頃(90〜93年あたり)にキャラと起承転結の大部分を原作によっかかって書きたいとこだけ書く二次創作BLみたいに再定義されてほぼ定着してたんで、一から全部書く創作JUNE系の人は、うちはやおいじゃないしと主張してた人もわりといる。 過渡期の時代に商業BL新作を網羅紹介するサイトとかメーリングリストがいくつかあったけど、JUNEじゃないしやおいでもないしBLの名称はまだ定着してないしでどこも呼び方に苦慮してた記憶がある
30
M鶏肉店 @ichigotosubuta 2021年5月6日
風と木の詩やトーマの心臓で、少女漫画ってそんなジャンルもあるのかすげえと思った。その後、ヤマトの古代島やプリンスハイネルやシャーキンでそんなジャンルはやおいと呼んでるのかと学びました。
0
3HA @XxHhha 2021年5月6日
これの発端になった人、なんか意味わかんないこと言ってたよね
11
うちゅぎひのえ @uchugi 2021年5月6日
自分の二次BL個人サイトを今のドメインに引越し再構築したのが2011年だけど、その当時は腐女子向けって言葉も定着してなかったし二次サイトにBLって使うのも違和感があったからトップページの注意書きにBLとは書かなかった(2015年くらいにはBLサイトですって書き直しをしてる)から、界隈によるだろうけど2011年あたりにはまだ二次をBLと呼ぶことに違和感を持つ界隈もあったんだと思う
20
nnmr @7th_guard 2021年5月6日
BLは(初出はともかく)ビブロスとかフュージョン辺りが専門誌出した辺りで界隈に定着した気がする……
10
うちゅぎひのえ @uchugi 2021年5月6日
なので、まとめの人のいう「一次がBLで二次がやおいと呼ばれていた時代」はなかったわけでもないんじゃないかなと思う。11年当時でも新しいジャンルはBLで違和感のない人が多かったのかもしれないけど、自ジャンルは初出が昭和の終わりで平均年齢が高いので新語の取り入れは全体に遅い
27
nnmr @7th_guard 2021年5月6日
仮に昔一部界隈でやおい(二次)とBL(商業)と使い分けられていたにしても、腐女子という呼称はその頃より相当後だよね。(頭腐ってるとかは初期から言ってたけど)
3
堕天し王国を籠絡するいつき @ituki_s 2021年5月6日
uchugi それ以前の時代だと「いわゆる女性向け」という表記で「ここはやおい扱ってるよ」という意味になっていたはず。
17
うちゅぎひのえ @uchugi 2021年5月6日
ituki_s そうです。11年に再構築した時とその前07年くらいまで持ってたサイトでは「女性向けでやおい作品のあるホームページ」という表記でした
10
maxUNKO @max_unko 2021年5月6日
誰が決めたかもわからない曖昧なものだから正解の定義なんてもんはねえのに 勝手な定義で勝手に発狂して草も生えんぞ
1
うちゅぎひのえ @uchugi 2021年5月6日
ネットが普及して情報の伝播が広く早くになる前は旬ジャンルのカプ名でさえ地域によってブレがあったくらいなんだから、自分の観測範囲外のことは自ジャンルでも全然知らない『常識』がたくさんあったんだから、「自分の周りではそうじゃなかった」を「そんな歴史はなかった」と言ってしまうのはあやうい
32
観月伽耶 @MidukiKaya 2021年5月6日
lOcPkk2VM7serTu なっつかしい、ファンロードもその呼び方も懐かしい!やおいだと『ヤマなしオチなし意味なし』の侮蔑になっちゃうから自称するならともかく他人の作品をやおいというのは…ってニュアンスもあってやさいって言ってた気がするけど見事に死語になりましたね。
8
肉・ローステッド @Roasted_Meat102 2021年5月6日
rambda_kari 腐女子というのも蔑称的なニュアンスで捉えてるので、対比させるとしたら同じく蔑称的なニュアンスの言葉だと考えたんやで やおいも、やまなしおちなしいみなしと馬鹿にしたニュアンスあるでな
5
えみ @emikurochan 2021年5月6日
げんしけんの公式二次創作で、咲「BLはオリジナルでやおいはアニメとか漫画のでしょ?」大野荻上「それは合ってるようで間違っている」というネタがあった。げんしけん自体が20年近く前だから大分前になる。
4
生ハムばなな @Namahamu_BANANA 2021年5月6日
個人的な体感はJUNEは雑誌の完全な廃刊後にズルズルBL呼びが強まってった気がする、特に雑誌がガッと増えたあたりで他社雑誌名をジャンル名に使うのには問題あっただろうしBLがちょうどいいよねって 「やおい」は2ちゃんとニコニコの衰退に引っ張られてBLに取って代わられた感あるかな、あのあたりにインターネットの旧文化が断絶した感
27
えみ @emikurochan 2021年5月6日
サラリーマン同士でもボーイズラブって呼ぶの冷静に考えたら変だけど、単語ってそういうもんだからでこれからも使われていくのかな。
5
藤吉 @swnfjys 2021年5月6日
80年代後半のアニメあたりから踏み入れた自分の記憶(地方住まいで雑誌等で情報を仕入れるしかない)では、キャプ翼星矢とかの商業アンソロが出てきたあたりで、すでにそういうのをやおいと呼ぶのはあった。原作にない関係性をねつ造するという意味で「腐ってる」という言い回しもあったことを覚えている。今で言うところの商業BLがJUNE系と言われていたのもそのあたり。腐女子という自虐的蔑称はそれよりは少し遅れて出てきたのではなかったか。
9
かつ丸 @katumaru8000 2021年5月6日
もともとは「やまなしおちなしいみなし」と、女性同人界隈で作品を自虐そる用語だったような。そいでそういう人たちの好みが男男カップリングだったから、そっちを指す言葉としてシフトチェンジしていったような気がする。 ワシが最初に「やおい」という言葉にふれたのはアニパロコミックスだったが、別にBLじゃなかったような。
3
藤吉 @swnfjys 2021年5月6日
商業単行本でオリジナルの男性同士の恋愛関係を主に扱うものがJUNEしかなかったころから、そのあと別の出版社からもオリジナル同人誌の商業化などを皮切りにして出てくるようになって、その辺でBLという言い回しが出てきたのだったと思う。その前にBLとも普通の少女マンガともつかないような、やおい二次創作の作家がオリジナルマンガを描くような雑誌が複数現れてなんとなく消えていってたと思う。
2
うちゅぎひのえ @uchugi 2021年5月6日
emikurochan メンズラブでMLって呼ぶぞみたいな提案をしてる雑誌もちょいちょいあったけど定着はしなかった感がある。どっからどこまでがBでどっからがMやねんとか、片方大人で片方少年のときはなんて呼ぶねんみたいな問題がいろいろあって先定着してる言葉に集合してしまうのかな
22
えみ @emikurochan 2021年5月6日
メディアで電車男が話題の頃に腐女子もネタにしたかったのかも知れないけど、腐の字が蔑称の印象が強すぎるせいか、突然オタージョ呼びを流行らせようとしたみたいなことあった。
11
かわいいこねこ @pilimykingdam 2021年5月6日
uchugi 腐女子って言い方はむしろ男オタクの方がよく使ってた印象だな。 2chじゃ、げんしけんのアレが流行った頃にはもう頻繁に使われてたと思うわ。 観測地はν速
5
ティ @chiss_n 2021年5月6日
20年前の時点で「やおい」って既に古めの言葉だったよね 2ch同人板で使われていた主将翼や具、某☆漫☆画など作品を差す隠語が通じない的なまとめが数年前にあったと思うけど、特に意識せず見聞きしていた言葉が知らぬ間に死語化や意味が変わってたりするのが、実は歴史上でも普通に起こってることなんだろうなあと思う
24
えみ @emikurochan 2021年5月6日
「○○(作品名)で検索したら(○○の)BLが引っ掛かるの嫌」腐「BLが否定された!それをいうなら男性向けだって!GLだって!」みたいに文脈読めない読まない人が噛みついてるの何度か見たから、二次創作とオリジナルを分ける単語甦って欲しい。
2
ティ @chiss_n 2021年5月6日
欲望のまま同性愛の性行為だけを目的とする行為を自虐化した言葉が「ヤマなしオチなし意味なし」なので、同性愛性行為のために生み出されたオリジナルよりも同性愛一切関係ない原作のキャラを使用する方が特に「やおい」とされるという感覚は分からないでもないが、少なくとも対する言葉はBLではないね
1
nnmr @7th_guard 2021年5月6日
やまなしおちなしいみなしは同人誌によくある「描きたいとこだけ描いた」状態だと思ってた
13
秋葉 @akiba0123 2021年5月6日
「やおいがBLに置き換わっていった」=「やおいが少なくなり代わりにBLが使われるようになった(やおいが先)」という意味で書いているんだろうけど、書き方のせいか「やおいという言葉がBLの代わりに使われるようになっていった(BLが先)」と見えてしまうのでややこしくなってる。
18
えみ @emikurochan 2021年5月6日
そういえばやおいも意味が変わったから、昔の男性向け男女物同人誌を買うと前書きで「やおいだからオチなんぞない」みたいに描いてあったりする。
6
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年5月6日
サイバラが「ある時期までのエロ系雑誌はエロさえ入っていれば何でもありでサブカルの土台になっていた」てな感じのことを書いていたが、雑誌「JUNE」は男同士だったらとても異質な内容でもその雰囲気を意気に感じて掲載していた。だから物語が存在しない/ぶっとんだマンガや小説もあって、「ヤマもオチもイミもない」作品がどんどん作られた。
6
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年5月6日
私個人の印象で、JUNE関係ないけど「やおい」の最高峰はイトウセイコ「ダウン系」だと思っている。ダウンタウンの二人が、二人しかいない世界で深いところまで理解し合って醸している世界観は、超えるものがないと思っているし、雑誌JUNEに掲載された奇妙な世界観の作品もその系統だと思っている。
1
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年5月6日
吾妻ひでおだって男同士の性愛を描いたマンガを載せていたんだぞ、どれだけアナーキーなものだったか。逆に私は少年チャンピオン以降吾妻ひでおの作品はJUNEで知ったから、ロリコンの第一人者の吾妻ひでおを全然知らないw
2
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年5月6日
ボーイズラブは小説JUNEの刊行が始まって、既刊雑誌が大JUNEと呼ばれるようになってからってイメージ。
0
tama @tamama666 2021年5月6日
akiba0123 ああ、そう言う意味か! なんでBLがやおいの前みたいな話になってんだろってめっちゃ悩んだ
3
藤吉 @swnfjys 2021年5月6日
JUNEはなんか重かったんですよ。栗本薫が道場と銘打った投稿コーナー作ったりしてて、その門弟といわれる人の作風なんかは、やたら重苦しい人生とかいろいろ織り込んだテーマがないとJUNEじゃないって雰囲気があった。ラブコメ的なのもないではなかったと思うけど、そういうのはBL専門レーベルが出てきてからやっと増えてきたイメージがある。
34
めらんこりんこ @merancorinco 2021年5月6日
2000年前後に活動してた当時のジャンルでは「うちのサイトではBLとは表記しません」「私の作品はやおい、スラッシュであってBLではありません」って主張する人が多かった。個人的には「BLだと若くて綺麗めな少年って感じかな?おじさんだったりリアル寄りだとBLはちょっと違うかも」と思っていた。一次は何となくそういう意味でBLって感じはしてたけど、明確な区別は認識してなかったな。
6
undo(あんどー) @tolucky774 2021年5月6日
JUNEは実質死語になりかけてて、コミケなんかのカタログでジャンルを示すことでしか使われなくなりましたね。若い人だとJUNEは知らなさそう
26
くろぅど @Kuro_udo 2021年5月6日
学問になってない歴史というか民俗学がこうやっていろいろ変わっていく瞬間を見られて楽しい。
6
இ Kanna☆ケンタウロス ʕ•̫͡•ʔ🐈 :|| @ospf_area0 2021年5月6日
swnfjys その究極が、御大自ら書いていた、少年院モノの「終わりのないラブソング」ですね。 あれは毎回重かった……。
11
いんてり かたり いとをかし @anataniHonoZi 2021年5月6日
読解力が行方不明なまとめだった。 BLという言葉が出てきた時、商業側がやおいという言葉を使わなかったから、自ずとそういう区別が生まれたが、知らん間にやおいという言葉が使われなくなって区別されなくなってきているとかそういうことと違うの。 なんというか、「そこまで昔の話はしていない」といいたくなった。
6
えみ @emikurochan 2021年5月6日
JUNEは90年代後半ですら「JUNEってやおいじゃないの?古いジャンルか昔の人の言い方?」っていう認識が結構おった。
8
Yoshi_色々 @Yoshikun21c 2021年5月6日
JUNEと薔薇族・サムソンは読者層も内容も異なっていて、そういう男性同性愛を一括してBLと呼称するようになったのは21世紀もかなり経ってからと思われる。絵柄が少女漫画テイストの山川純一作品も掲載誌が薔薇族なのでやおいやJUNEとは呼ばれず薔薇と呼ばれていたような。
4
【わちゃっとピンボールDLよろしく勇気!】ねねっとテックダイナー @nenet_techdiner 2021年5月6日
「山なしオチなし意味なし」が「やるおかすいかす」のやおいに変化したのを聞いたのは1996くらいかな。その頃はBLの話ではなくヘテロな話だったはず。いつの間にやら。とは思う。(その頃は同人とかぜんぜん知らなかったので「色々あるのね」くらいの感触だった)
0
吐き捨て場 @da3_vx 2021年5月6日
私はやおいが男同士以外の意味で使われてるのは聞いたことがない。1992年ごろにはファンロードでやさい、くだものが使われていたと思うけどどちらも男同士=やおい→や○いからの派生だよね
19
しわ(師走くらげ)@決算でしんでるマン @shiwasu_hrpy 2021年5月6日
BL=一次、やおい=二次(R18)を最初におぼえたので世代一緒かね。当時のそういった新しいヲタ文化更新やコミュニケーションのためのツールがそういう雑誌巻末の読者欄(イラ文交換)やイベント(おでライ無料配布のカタログやJrなど)経由がメインだった覚えがあるねぇ。 …って懐古すると今のWebってほんまに便利になったなと思わず口調がBBAになるやで実際BBAだが。
13
ありよし/コアロン @TnrSoft 2021年5月6日
おれらのシマで「やおい」っつったらUFO研究に決まっているんだけどな。世界狭すぎだろう
6
堕天し王国を籠絡するいつき @ituki_s 2021年5月6日
swnfjys JUNE作品の時代は同性愛に対する禁忌感やそれに対する葛藤みたいなのがメインテーマに据えられていたせいもあるのかも。BLのレーベルが増えた頃以降はJUNEとの差別化を図るのとともに、書き手の確保のために二次創作畑から人材を釣り上げていたというので空気も変わったんじゃないかとも思うな。
20
柿木まめ太 @kakinokimameta 2021年5月6日
ローカルごとに認識ぜんぜん違ったりするねー。オリJUNEとかって、「ちゃんとストーリーがある」作品たちが「ヤルだけ」の作品と一緒にされることを嫌ってわざわざ「オリジ」とか「JUNE」とか名乗ってたと記憶してるが。だから名乗れるだけの「読み応え」を自ら課してた空気もあったかな。自分の観測してた範囲に限ったことだけど。で「山なし落ちなし意味なし」て半ば開き直ったことをやおい勢が言い出した、とかの噂を聞いたりして。でも人気だったのは昔からエロだったわ。
1
柿木まめ太 @kakinokimameta 2021年5月6日
「ヤルだけ作品」とか呼ばれてたのが「やおい作品」って呼ばれだした、と記憶してるけど「やおい」って名前が登場する前は何て呼ばれてたかは知らない。色んな言い方あったうちの一つが「ヤルだけ作品」だった、て記憶。
0
もじ茸@そして自由へ @mojibon69 2021年5月6日
話題の本質とはズレるんだけど、「古い感覚で言ってる」ことを何でもかんでも鬼の首を取ったように「アップデートできてない」ってせせら笑う風潮はちょっとモヤる。ホモみたいな蔑称については分かるけど、誰かを傷つけるわけでもない概念が古いままってのまであげつらうのはちょっとなあ。なるほどジェネレーションギャップね、でいいじゃないの 令和の先の年号になってまでハイネックをとっくりって呼んでたって、別にええやん
42
柿木まめ太 @kakinokimameta 2021年5月6日
とっくりセーター、懐かしい…。昔の男性キャラでちょっとヤンチャタイプだとかなりの率で照れ隠しに暴言吐くから、今の時代に公で紹介しづらいってのも考えもんだと思うんよ。勧めたいくらい良い作品なのに炎上可能性考えると、てなる。
1
のく @noc_turn 2021年5月6日
自分はオン活動が先で、BL系サイトの入り口は注意書きは「女性向け」が一般的だったと思う 世界で最初の名前変換夢小説のサイトは同ジャンルだったので行ったことがあるけど女性向けという言い方に夢等が含まれるのはその後のイメージ(BL系以外あまり見なかったので誤認してるかも) BLという略称が定着するまでは「ボーイズラブ」と書かれてたわけで、その単語だと商業感が強いイメージはあったかも…
8
MSL_Sanatorium @MSL_Sanatorium 2021年5月6日
てっきり武蔵と独歩ちゃんの言い合いみたいになってるとおもったら、ちゃんとJuneとBLとやおいになんらかの違いを見出してるようで良かった
1
nnmr @7th_guard 2021年5月6日
今回のは古い感覚で言ってるのともなんか違わん……????と古い感覚を知ってる人達が感じたゆえのまとめではないかと
31
இ Kanna☆ケンタウロス ʕ•̫͡•ʔ🐈 :|| @ospf_area0 2021年5月6日
ituki_s 確かに、JUNEの時代は葛藤や同性愛者として如何に生きていくか、というのが根底のテーマとして流れているものが多かったイメージ。あとはどこかとにかく切ないものなど。 それがいわゆるBL以降は「爽やかな」イメージのものが一気に増えた感じですな。これは旧JUNE系と対比づけるという戦略もあったと思う。
3
我乱堂 @SagamiNoriaki 2021年5月6日
ところでここのまとめの本筋とは外れますが、「やおい穴」ってオリジナルの創作でも適用されてた言葉だったりしますか?
0
気付かずは非常に野生の想像力を持っている @kidukazu 2021年5月6日
※欄で既出なように90年代から2000年過ぎの商業に触れていた人とそうではないジャンル遍歴の人の断絶ではないかな……。2000年頃はBLは商業を指すもので、2010年くらいになると「やおい」が廃れて二次もBLと呼ばれて当たり前という印象。2000年代のどの辺に転換期があったのかわからないけれど(私自身がその時期は商業専に近くて二次からほぼ離れていたため)。
8
金色たまごωプリン @tamago_pudding_ 2021年5月6日
「やさい」と「くだもの」だな…… #老ディスト 未だに二次創作=やおい 一次創作=オリジュネと言いたくなってしまうBBAだよ
6
むり @yattoraren_wa 2021年5月6日
SagamiNoriaki やおい穴はBLや百合みたいな性癖の1ジャンルとかじゃなくて第三者からの(やや蔑称に近い)呼称なのでやおい穴の特徴さえ備えていれば二次とか創作とか関係なくやおい穴じゃないですかね
13
ゆゆ @yuyu_news 2021年5月6日
BLは商業っていうのは、まさか商業側が「これは『やおい』!」って売れなかったけど、かといって耽美には程遠く、JUNEは雑誌の名前なので使えないし、もちろん同様に「薔薇」でも「さぶ」でもないし、ついでなので女性向けレーベルの男女カプを「TL」(ティーンズラブのはずだが成人同士も含む))と、BL(女性向け男性同士)にしとこ!!って感じの分類だと思う(ついでに百合……と言わせたくないあたりまで含む「GL」もいける!)って感じの
11
堕天し王国を籠絡するいつき @ituki_s 2021年5月6日
やおい穴っつーか、80年代から90年代あたりはエロシーンはエロシーンなんだが描写がふんわりしすぎて何してんだかわかんない小説とかどう見てもこれ違うとこに入ってねーか?な漫画なんてよくあったんだよ。別のとこに入ってないか?みたいのをやおい穴言い出したのはネット時代なってからだと思うけど、画力が不足していたり、参考資料が男女ものエロしかなかったりの結果なので・・・。
16
なが @k_watarase 2021年5月6日
ospf_area0 青池保子先生が「BLという概念ができたおかげで2人を幸せにできた」みたいなことをどこかで語っておられたように思います
6
かめのこ @kamenoko777 2021年5月6日
アレ系の同人誌を”ジュネ”、”やおい”と使ってた所に、商業でBLと使った。 だから商業と同人、分けて使ってたんだろ。 そこにBLから知った人が、アレ系を全て”BL”とまとめちゃったんじゃね?
0
サディア・ラボン(ドラクエ10ではヒエロサロメ) @taddy_frog 2021年5月6日
>>「山なしオチなし意味はなし」の略であるから、好きなシーンで成立する作品を指すとか。       ぼく自身はロボットの合体シーンや変形シーンや、合体や変形してる途中の中の機械の動き方とか、ロボットを作る場面とか設計図とかを延々と描いたりしてたから、メカやおいになるのかな。
0
undo(あんどー) @tolucky774 2021年5月6日
mojibon69 昔の感覚のまま調べずに買いちゃったこと、それは今は意味が違うよと指摘されてごねたことが炎上原因かと。昔の感覚のままアップデートせずにうっかり発言したら、批判はともかく指摘はされても仕方ない
18
もじ茸@そして自由へ @mojibon69 2021年5月6日
tolucky774 なるほど、ごねちゃったのは良くないすね。私が見たのが火元でなく元々の腐女子とかやおいの発祥は〜みたいなコメントツイに引用で「アップデートできてないw」みたいの多かったからモヤってた。元もとリプでも特定の誰かへの悪口でもないひとり言をあげつらうのが嫌いってのもあるんだけど。
0
てす子 @6QLtCeBvX0edKTB 2021年5月6日
1983Y 腐女子も自虐だし百合豚も自虐としてブヒるとかわりと聞くね。 こっちは特に何か文字るとかじゃなく男オタを豚と自虐・揶揄する呼び方が元々あったからでしかないけど
3
てす子 @6QLtCeBvX0edKTB 2021年5月6日
tolucky774 10年以上昔の時点で裏入口パスワードのクイズの答えの1つをjuneにしたサイトが「今時の人誰も知らないみたいであまりに問い合わせが多かったのでここだけ答え公開します」って言って表記したので初めてjuneという言葉を知ったわ
1
ピーラー @jearkey 2021年5月6日
薔薇をガチムチ雑誌と知らずに耽美的なイメージで使ってた人もいた気がする
3
水晶一輝@喪中 @Ikki_Crystal 2021年5月6日
30年以上前だけど、少年同士の恋愛モノ(1次)を「耽美」「JUNE」と詠んでたのは知ってる。んで、同時期に既存作品の男性キャラや男性アイドルグループの同性愛パロ作品を総じて「やおい」と呼んでたのも知ってる。BLって浸透してきたの、ここ20年くらいだよね。
6
むり @yattoraren_wa 2021年5月6日
mojibon69 なぜかジェネレーションギャップの話になってるけど元ツイのツリーで私が好きなのは崇高なブロマンスだから性愛を含んだ汚いBLと一緒にしないでほしいみたいなこと言ってたんですよ 反感買ってぶっ叩かれる原因になったのはそこかと
27
麻樹・あるいはまお @maki_miquette 2021年5月7日
ここで『Alan』『アラニアン』とか更に出して更に混乱をきたしてみる。
0
undo(あんどー) @tolucky774 2021年5月7日
tolucky774 訂正。昔というか、自分の思い込みのBL定義が他の腐女子の定義と著しく乖離してたのに、ウエメセで違うんだけどなあと言っちゃったらあかんやろと
15
coco @coco_too_ 2021年5月7日
翼☆矢あたりの二次は「アニパロ」という区分で本屋に並べられていて、時折とんでもない事故が起こったりしてたような… 当事者は「(ジャンルの)やおい本」と呼んでた。あと「薔薇」はJUNE系やブロマンス系の一般作品を指す隠語になってたと思う。かなり古い時代(大ジュネ・小ジュネの頃)だけど。
1
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2021年5月7日
関係の有り無しは分からないけど、ウリナリで武道館で「(ビーチボーイズとラブジェネをくっつけて)ラブボーイズてのはどうかしら。男同士の恋愛物絶対当たるわよ」と言われてたのが98年だった。
1
生ハムばなな @Namahamu_BANANA 2021年5月7日
「BL」って単語の場合言葉自体の生まれと旧「やおい」の新呼称として広まったタイミングのタイムラグがあるのがこういった振り返りの検証での混乱の原因の一つだよな 加えて界隈外でもネタにされてたしその場合テキトーな使われ方になってることも多い 一時期ネットでBLをベーコンレタス呼びでホモネタの通称で使われてたよな 大臓もて王サーガでも使われてたし
1
生ハムばなな @Namahamu_BANANA 2021年5月7日
まとめタイトルの「一次がBLで二次がやおいと呼ばれてた時代」ってなると00年代〜2010年前後あたりの比較的狭い時期かなぁ やおい呼びは古めだけど新呼称を求めるほどでもないって感じの時代 2ちゃんの板名の影響もあって平仮名の「やおい」より数字で「801」の方が言いやすかった感覚がある というかわざわざやおい呼びしなくてもジャンル名とカプ表記で「そういうものですね」って伝わってたし
6
Dolga @dolga0 2021年5月7日
やおいもBLも男同士物を指しててやおい→BLと徐々に移り変わっていったってのは大体あってるけど、一次二次区別云々の話はそれぞれの語が発生した下地が違ったからそれを定義と誤認したんじゃないかなぁ? 「やおい」って語は主に二次創作同人から出てきた語で、BLはその後商業で男同士物が出されるようになった時に出版社側でジャンルやレーベルとして創作して出てきた語だよね。商業で二次は当時はまだ難しくて基本一次創作だったから、その辺りの下地の違いが認識に現れたんだろう
1
騎士☆スクリーム @pkskf396 2021年5月7日
TnrSoft 「やおい」って言えば純一・・・ ちなみにモロ「純一」って名前のやおい雑誌がBL以前の時代にありましたw 特にUFO関係無い内容でしたが・・・
0
苦手@佐藤裕幸 討論の為に本名 @nigaemon 2021年5月8日
「男の娘」って言葉が無い時代、「ロリのようなショタ」→「ロリショタ」という名称だったこと、時々でいいから…… 思い出してください
0
mikaka @michando1 2021年5月11日
「男の娘」って最初に言った人にオタクノーベル賞を上げたい
1
けどろん/水踊(Khedron/mizuodori) @ アイマスとアニメと声優と特撮と文学と @mizuodori_alt 2021年5月12日
BLという呼称が定着したのはゼロ年代という印象がある。あとなんでもすぐ「歴史改変だ」と喚きすぎ。/
0
焔纏いしモノ☆アオサギ @aosagin 2021年5月12日
whitebellsweet 私の場合JUNEの雑誌が図書館にあった訳じゃないですwハードカバーか単行本になったJUNE小説が図書館にあり、後書きからそう呼ぶことを知った形。BL系だと炎のミラージュとかも図書館にありましたw
0