にくやさいいためさんのつぶやき

にくやさいいためさんの過去のつぶやき - http://togetter.com/li/169846 - http://togetter.com/li/111778 にくやさいいためさんのブログから 続きを読む
政治
1195view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
にくやさいいため @niku831
さて。すこし後に、WT案と児ポ法における年齢や定義の考察について、つらつらと述べていきます。
にくやさいいため @niku831
始めます。TL汚しご容赦ください。
にくやさいいため @niku831
【大前提】こんな考察をしているより、「自公案に折れるな」と動くほうが、政治的には大事です。WT案は練られている分、補完しあっているので、なにかが削れるだけで危険性が一気に上がります。
にくやさいいため @niku831
【結論】本来は、「児童福祉法」でやるべきです。児ポ法でやるなら、定義は「使用者」の有無により年齢の定義を分けるのがモアベターです。これは、「公共の福祉」に照らし合わせた観点です。児ポ法で年齢の引き下げを行うと、「使用者」があるものも同時に引き下げられます。
にくやさいいため @niku831
【前提情報】現行の児ポ法で、「水着(笑)」着用で児ポとみなされたケースは存在します。昨日村松せんせに紹介した例です。逮捕例は双方高校生の年代だったはずですが、児ポ法の本来の目的に照合して、公共の福祉として「然るべき」と私は判断せざるを得ない(搾取的虐待)ものかと。
にくやさいいため @niku831
【たたき台に使わせて頂いたもの】http://amba.to/qeIovC 田中大也さんの考察を使わせて頂きました。非常に良く出来た分析考察ですが、3号規定には、誤解があると思われます。
にくやさいいため @niku831
【必見参照】http://bit.ly/pHlkZP 上がWT改正案、下が現行です。
にくやさいいため @niku831
まず、3号について、「定義拡大」という批判は、率直に誤解があるかと。文面確認と、(この情報知識が判断に必要ですが)「現行法で水着着用での逮捕例がある」ことを知る必要があります。現行法で運用で判断している訳です。WT案は、その例と、いわゆる普通のグラビアを分けるものです。
にくやさいいため @niku831
WT案は、現行案の間に限定要因を入れた文面ですので、定義限定です。現行案が「AでB」に対し、「Aで、CかつB」になっていますので。ただし、現行案で曖昧だったからこそ、よっぽどじゃなきゃ手を出しずらかったと思われる「脱法」的なものについては(逮捕例のような)厳格になるとはいえます。
にくやさいいため @niku831
次に、「定義」について。一律に「18歳」を児童、とするのはおかしくないか?という点については同意ですが、「児ポ法」でやる場合、難しい部分があります。「児童」の定義になるので、「使用者」がある場合などは、「日本社会」においては「18歳」が妥当であるという見方があるのです。
にくやさいいため @niku831
第二次成長期等の考慮により、13歳以降の異性、同性(男性は女性へ、女性は男性へ、あるいは同性へ)へ性的関心を持つこと、劣情を催すことへの是非という観点からは、確かに18歳という枠組みはおかしいと思われます。が、ただ年齢を下げると、児ポ法の構成上、7条二項以降にも適用されます。
にくやさいいため @niku831
日本社会が、13歳で社会的に独立できる環境ならば、それでも良いのです。自分の意思で自らに由れますから。ただ、現状ではそうではないので、(この論点だと、他の多数の法律改正が必要です)公共の福祉として、搾取的虐待の防止という観点からの「18歳」という枠組みには一定の理があるのです。
にくやさいいため @niku831
「性的対象」として見ることの妥当性の年齢と、社会的保護の対象となるべき妥当性の年齢に乖離がある。これが、「児ポ法」でこれをやろうとすることの欠点と限界であり、先に結論として述べた「児童福祉法でやるべき」「使用者の有無」という発想になります。
にくやさいいため @niku831
最後に「私の感想」として、WT案を述べさせていただくと、「児ポ法」でやるという条件の上では、かなりベターなものになっています。後は、これについては「公共の福祉」での立ち位置の問題です。
にくやさいいため @niku831
甘くない見通しを先に言っておくと、現行で明らかに「販売が違法」なものの有償取得はアウトになります。また、現行で見逃されているであろう、「脱法」に近いジャンルのものは、壊滅する可能性が高いと思われます。WT案でも。
にくやさいいため @niku831
そうした販売者、業者、あるいは取得ユーザー、「又はユーザーでは無い者が法律の不備により被る被害の危険性」の、権利が無いわけではないのです。だから、無条件に叩いていいものではありません。ただ、その権利より、「児童」の権利が大きいとみなされれば、これは「公共の福祉」で制限されます。
にくやさいいため @niku831
だから、公共の福祉の立ち位置の違いによって、評価は分かれるのは、筋道が立っています。特に危険性回避の意義は大きなものですので、無条件に「児童の権利は絶対」という考え方は、大変に危険です。あくまで、公共の福祉です。
にくやさいいため @niku831
以上、現時点の私の考察です。TL汚し失礼しました。
にくやさいいため @niku831
立ち位置や考え方は、人それぞれですので、私の考察は「理論武装」の一つとして、覚えおき頂ければ幸い。違う立ち位置の人でもね。
にくやさいいため @niku831
ふたたびむくり。おはよーん
にくやさいいため @niku831
「手段を選ばず」という発想じゃなく、「手段」も選んだ上で、主張し、真っ当な賛同者を増やさねばいけない。罵倒じゃなく、批判し、改善させたいなら。手段を選ばないことも、自らに由るではあるけど、それで「目的」は達成できるのか。
にくやさいいため @niku831
http://bit.ly/pmwsZr 【児ポ法改悪】「法務委員会」と「児ポ法検討WT」に民主党案の方が順当である事をアピールしてください!