『躁鬱大学――気分の波で悩んでいるのは、あなただけではありません』(坂口恭平・著)感想&情報まとめ

もう悩まなくていい。 みんな、人からどう見られるかだけを悩んでいる。鬱のどうにもならない落ちこみ、自己否定をどう扱うか。はたまた躁の周囲を疲れさせてしまうほどに過剰なエネルギーをどうするか。自らの経験をもとに、ユーモアあふれる対処法を徹底講義! https://www.shinchosha.co.jp/book/335953/ 坂口恭平さんの新刊『躁鬱大学――気分の波で悩んでいるのは、あなただけではありません』(新潮社)の感想ツイートまとめです。
32

<著者インタビュー>

リンク 好書好日 坂口恭平さん『躁鬱大学』インタビュー 気分の波に悩むすべての人に贈る“読むクスリ”|好書好日 2009年、31歳で躁鬱病と診断された坂口恭平さん。2020年5月に自身のnote上に“開校”し、学長として自らの経験を通して見つけた躁鬱との上手な付き合い方を綴った『躁鬱大学』が本になりました(新潮社刊)。気分の波をコントロールす... 23 users 10
リンク 熊本日日新聞 生きづらさの悩み、助けたい 他人気にせず、思うままに 坂口恭平さん「躁鬱大学」刊行 | 熊本日日新聞 在熊作家の坂口恭平さん(43)が、自身が抱えてきた躁鬱[そううつ]病(双極性障害)の経験を通して見つ...
リンク 毎日新聞 気分の波、乗りこなし 「躁鬱人」 作家・坂口恭平の実践 | 毎日新聞 <土曜カルチャー> 作家・坂口恭平(熊本市在住)の勢いが止まらない。昨夏から『自分の薬をつくる』(晶文社)『苦しい時は電話して』(講談社現代新書)『お金の学校』(晶文社)『躁鬱(そううつ)大学』(新潮社)を相次いで刊行。昨年11月には画集『Pastel』(左右社)も出し、各地でパステル画の個展を
リンク 日本経済新聞 あの人も苦しんでる 著名人のうつ病体験記が伝えること うつ病やそううつ病を患っている人は文筆家や文化人にも多い。そうした著名人たちが自分の病気について明らかにし、日々の生活や心身の状態を細かにつづったエッセーの刊行が続いている。苦しみや悩みをあえて一般化せず、一個人の具体的な体験として読者に示そうとしているところに特徴がある。建築家で作家の坂口恭平が書いた『躁鬱(そううつ)大学』(新潮社)は、創作活動と結びつけ、自身を「躁鬱人」と名付けてコンディ 1 user
リンク 中央公論.jp 勇気が職業!? 躁鬱人な日々 坂口恭平【著者に聞く】|文化|中央公論.jp ─二〇〇九年、三十一歳で躁鬱病(双極性障害)と診断されています。躁鬱人(躁鬱病の人を指す坂口さんの造語)で良かったと思う時、また、非躁鬱人に妬みを感じる時はありますか。 非躁鬱人の妻に「俺はお前に変わりたいよ、波がないし」と言うと、「いや、私の世界...
リンク 毎日新聞 「死にたい」人たちを救ってきた作家の9年 透ける政府の無責任 | 毎日新聞 それにしても、生きづらい世の中になった。家族の間、学校や勤務先で生じた問題に悩む一方、新型コロナウイルスの感染拡大で社会からの孤立感も深まり、八方塞がりに……。自殺者が昨年増加に転じたのは、そんな人が増えたからではないか。そして今年も夏休みが終わり、憂鬱な子どもが不安定になる9月がやってきた。自身 2 users 71

<ブックレビュー>

リンク Book Bang -ブックバン- 開業カウンセラーの第一人者が、坂口恭平流『躁鬱大学』の門戸を叩く! | レビュー | Book Bang -ブックバン- 双極性障害(躁鬱病)に長年苦しんできた坂口恭平氏が、自らの経験をもとに「気分の浮き沈み」との付き合い方を綴った本『躁鬱大学』。… 27
リンク Book Bang -ブックバン- 「躁鬱人」にあった暮らし方を具体的に提案していく | レビュー | Book Bang -ブックバン- 驚いた。自分に向かって言われているように感じた。躁鬱病ではないけれど、時折、虚無感に襲われる。…
リンク NHK首都圏ナビ 中江有里のブックレビュー テーマは“世界を見る” | NHK 【NHK】シングルマザーがルワンダに移住しタイ料理屋を開くノンフィクション。話題のSF作家の魅力を詰め込んだ短編集。女優、作家、国際ジャーナリストとして活躍する88歳岸惠子の自伝。『星の王子さま』の作者を主人公にした長編小説。双極性障害の著者が試行錯誤しながら見つけたユーモアあふれる対処法。世界にはいろんな人がいて、心の中にも世界は広がる。そんな5冊を紹介します。
リンク 日本経済新聞 著名人の「うつ病体験記」 うつ病やそううつ病を患っている人は文筆家や文化人にも多い。そうした著名人たちが自分の病気について明らかにし、日々の生活や心身の状態を細かにつづったエッセーの刊行が続いている。苦しみや悩みをあえて一般化せず、一個人の具体的な体験として読者に示そうとしているところに特徴がある。建築家で作家の坂口恭平が書いた『躁鬱(そううつ)大学』(新潮社)は、創作活動と結びつけ、自身を「躁鬱人」と名付けてコンディ 1 user
リンク GQ JAPAN 【GQ読書案内】5月に読みたい「メンタルヘルスにまつわる本」4冊 編集者で書店員でもある贄川雪さんが、月にいちど、GQ読者にオススメの本を紹介します。 5
リンク ぶんしょう社 情緒不安定は病気じゃない!『躁鬱大学』の生徒になって学んだこと | ぶんしょう社 まずはじめに、筆者は情緒不安定です。 思春期の頃から、気分の波にのまれては溺れ、怒り、泣き、狂い、喜び、自分の喜怒哀楽の激しいことにいつしか悩むようになりました。高校生の頃に「あんたは躁鬱病だ」と親に言われてから、この情...

<メディア出演アーカイブ>

リンク www.tfm.co.jp 坂口恭平さん_Tokyo Midtown presents The Lifestyle MUSEUM_vol.683 | Tokyo Midtown presents The Lifestyle MUSEUM - TOKYO FM Podcasting 5月29日のゲストは、作家・建築家の坂口恭平さんです。 熊本から独自の活動を発信し続ける坂口さんの最新刊は「躁鬱大学 気分の波で悩んでいるのは、あなただけではありません』(新潮社)。 躁鬱病と診断された坂口さんが「気分の波」に左右されないライフスタイルを送ることができるようになったきっかけから「気分の浮き沈みに悩んでいる人」に向けたメッセージ、そして悩める人たちに向けてご自身の携帯電話番号を公開している「いのっちの電話」にまつわるお話を伺っていきます。
リンク radiko 2021年5月18日(火)13:00~15:00 | GOOD NEIGHBORS(PART1) | J-WAVE | radiko 作家・アーティストの坂口恭平さんが登場! 熊本での畑作りや、気分の波に悩む人へ贈る新刊『躁鬱大学』についてうかがいます。 ▼13:15頃~【MORI BUILDING TOKYO PASSPORT】 オ

<読者の感想など>

okoroffee. @surume1iku

躁鬱歴かれこれ10年目に突入するけど、最近読んだ躁鬱大学という本にほんとに助けられた👏自分勝手に心地よく生きることを肯定できた気がした☺️

2022-11-16 15:52:59
デルタン@双極性感情障害Ⅰ型 @derutanien

この本、めちゃくちゃストンと腑に落ちる。 まだ読了してないけど、こんな本が欲しかったんよ! 「躁鬱人は一人でいる時間を充実させることはできません。そのかわり、一人でいるときも誰かを頭に思い浮かべながら、その人たちのことを喜ばせられると思うと、どんなことでもできます。」 #躁鬱大学 pic.twitter.com/SJczRmbVXS

2022-11-13 18:48:20
拡大
しょこ @necoshoco

坂口恭平さんの躁鬱大学って本を読んだ。躁鬱じゃなくても、生きにくさを感じてる自分にとっては目からうろこ、心が救われるような本だった。専門用語満載かと思ってたけど全然そうではなく、スルスル読めた。折に触れて読み返したい。

2022-11-11 19:38:03
ハチハム a.k.a. 八干八△ @hachi_koooh

自分自身が生きやすくなるための術やマインドセットが書かれていた。これを読んでから、気持ちが随分楽になった。 躁鬱大学: 気分の波で悩んでいるのは、あなただけではありません amzn.asia/d/8QgZ9Ey

2022-11-09 18:34:36
美彩 ふみ世@グルホlog @midori_fumiyo

#躁鬱大学 」 頷ける部分が多い。これまで言語化できなかった部分、気付いていたけれど一般常識から考えて認められなかった部分、自分の信じていたものに反していて認められなかった部分。自分にとって辛いのに認められなかった。けれど読んでいるうちに仕方ないよね躁鬱だもんと思えた。

2022-11-08 16:17:34
1 ・・ 63 次へ